小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

フェリックス・メンデルスゾーンとはどんな人?生涯・年表まとめ

皆さんは「メンデルスゾーン」という作曲家・音楽家をご存知でしょうか?もしかしたら、メンデルスゾーンという名前やこの肖像画にあまりピンとこない、という方もいらっしゃるかも知れません。

フェリックス・メンデルスゾーン

彼の本名は「ヤーコプ・ルートヴィヒ・フェーリクス・メンデルスゾーン・バルトルディ」といいます。何だか難しい名前をしていますが、結婚式でおなじみのあの「結婚行進曲」など、実は私たちにとって身近な楽曲の作曲者です。その他にも、忘れ去られていた昔の偉大な音楽家を再発掘して世に広めたり、専門的な音楽教育のための学校を設立したりと、様々な功績のある音楽家なのです。

今回は演奏家である筆者が、「メンデルスゾーンの素晴らしさをもっと多くの人に知ってもらいたい」という思いから彼の魅力についてわかりやすくお伝えします。

メンデルスゾーンとはどんな人物か

名前ヤーコプ・ルートヴィヒ・フェーリクス・メンデルスゾーン・バルトルディ
誕生日1809年2月3日
没日1847年11月4日
生地プロイセン王国 ベルリン
没地ザクセン王国 ライプツィヒ
配偶者セシル・シャルロット・ソフィ・ジャンルノー
埋葬場所聖三位一体教会(ベルリン)

メンデルスゾーンの生涯をハイライト

恵まれた環境で育った

著名な哲学者である祖父(モーゼフ・メンデルスゾーン)と銀行家の父を持ち、裕福な家庭に誕生したメンデルスゾーンは、その恵まれた環境の中で才能を育んでいきました。両親が自宅で開催するサロンには多数の学者や音楽家が招かれ、メンデルスゾーンは知的で才能溢れる少年へと成長します。

彼は6歳からピアノを習い、また幼少期から多数作曲を手掛けたため、思春期を迎えるころにはすでに作曲家・指揮者・演奏家としてその優れた才能を認められるようになりました。

更に1829年メンデルスゾーンが20歳の頃、J.S.バッハの「マタイ受難曲」を自らの指揮によって再演しました。今日では「音楽の父」とも呼ばれるバッハですが、長くその存在は忘れられており、メンデルスゾーンのこの再演によってその価値を一般的に広めることになったといわれています。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

その後メンデルスゾーンはイギリスやデュッセルドルフ、ライプツィヒ、ベルリンなどで音楽家として活躍し、1843年にはライプツィヒ音楽院(現在のフェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ音楽演劇大学)という音楽学校を設立しました。晩年は過労による体調不良に苦しめられ、1847年に脳卒中で死去します。38歳という若さでした。

人種差別に苦しむことが多かった?

恵まれていたばかりの人生ではなかった

メンデルスゾーンはユダヤ人でした。宗教的には後にルター派のプロテスタント(キリスト教の一派)に改宗しますが、彼自身は自らの出自やユダヤ人であることに誇りを持っていたといわれています。しかしユダヤ人であるというだけで理不尽な差別を受けることは、メンデルスゾーンの人生の中では度々ありました。姉のファニーと外を歩いていたら石を投げられたこともあったようです。

裕福で恵まれた環境、数え切れないほどの功績、更には語学・美術の才能や容姿にも恵まれていたメンデルスゾーンは、同年代の音楽家たちの嫉妬の対象となったのです。それはしばしばメンデルスゾーンの作品評をゆがめるほどのものでした。

決定的なのがメンデルスゾーン死後3年後にR.ワーグナーが書いた「音楽におけるユダヤ性」という書評です。この中でワーグナーはメンデルスゾーンの作品を「繊細で美しいが心を揺さぶる奥深さがない」と評し、残念ながら現在においても音楽評論家やクラシック音楽ファンの中でこのような評価がベースとなっていることがあります。

ワーグナーは同書評の中で同じくマイアベーアというユダヤ人のオペラ作曲家も批判していましたが、はっきりと名指しで中傷したのはメンデルスゾーンだけでした。メンデルスゾーンの死後に書かれていることから(またわざわざ偽名を使ってその批評を執筆したことから)恐らく嫉妬心からの批判であろうと推測されます。

二度の世界大戦で忘れ去られた音楽家

二度の世界大戦は西洋音楽史にも大きなダメージを与えた

20世紀になって第一次世界大戦、第二次世界大戦が勃発し、ユダヤ人であったメンデルスゾーンの存在や作品が貶められていく過程は想像に難くありません。

そのためナチス統制下でメンデルスゾーンの楽曲の演奏は禁じられ、「メンデルスゾーンは音楽の歴史における危険な『事故』として出現したもので、彼が決定的に19世紀のドイツ音楽を『退廃的』にした張本人である」とまで評されました。ライプツィヒにあった彼の銅像は1936年に撤去され、再び代わりの像が建てられたのは2008年のことです。

ここ50年ほどでようやくメンデルスゾーンの楽曲を正当に評価する動きが生まれ、現在メンデルスゾーンの作品は「古典派音楽のバランスの良さ」と「劇的で自由なロマン派音楽の良さ」を兼ね備えた独自の美しさが再評価されています。

メンデルスゾーンの功績

功績1「J.S.バッハの復興」

パリのオペラ座

19世紀は「古楽の復興」つまり古い時代の音楽の良さや音楽家の偉大さに学ぼうという運動が盛んになった時代です。18世紀ごろまでは過去の音楽を再演することなどは滅多にありませんでした。そのため作曲家が亡くなると作品や作曲者なども忘れ去られるのが普通のことだったのです。

しかし産業革命・市民革命などの社会の変化によって庶民がオペラや社交場などに出入りできるようになると、前時代の偉大な音楽家やその楽曲などを見直そうという風潮が生まれました。中でもバッハの作品やその偉大さが見直されたことは音楽史上大変大きな功績だったのです。

詳しくは、以下の記事もご参照ください。

バッハとはどんな人?生涯・年表まとめ【作品や性格、代表曲も紹介】

メンデルスゾーン以前の時代の音楽家、例えばモーツァルトやベートーヴェンなども密かにバッハの影響を受けて自身の音楽観を深化させていました。また「音楽の父」といわれるバッハは現代のジャズプレイヤーやギタリストたちにも影響を与えるほど、幅広く音楽家たちにインスピレーションを与え続けている存在です。もしメンデルスゾーンがバッハを一般的に広めることがなければ、音楽の歴史や発展も違うものになっていたでしょう。

功績2「モーツァルトをも凌ぐ神童・天才だった?」

12歳の頃のメンデルスゾーン

幼い頃から楽才を表した音楽家と言えば、モーツァルトが思い浮かぶ人が多いでしょう。しかしメンデルスゾーンもモーツァルトに負けず劣らずの神童だったといわれています。

一説には作曲した曲の完成度や洗練度からいうとメンデルスゾーンの方が早熟であったのではないかといわれるほど、幼い頃からその才能をあらわしていました。しかしモーツァルトの時代と比べるとメンデルスゾーンの時代は楽器や製本技術が格段に進化していたり、作曲技法も洗練されていたりしたため、一概にどちらが優れていたと決めることはできません。

功績3「美術・語学、文学などの分野でも才能を発揮」

メンデルスゾーン作の水彩画

更にメンデルスゾーンは音楽以外にも豊かな才能を発揮しました。美術や哲学、文学などへの造詣が深く、多くの詩作や絵画作品を彼自身や家族・友人のために残しています。また母語のドイツ語の他にラテン語、イタリア語、フランス語、英語など6か国語の言語を自在に話すことができたようです。

更にメンデルスゾーンの交友関係はとても豪華で、幼い頃から多数の知識人や有名人たちとのコネクションが豊富でした。これらの要素からメンデルスゾーンは「最も幸せな音楽家」と言われることがあります。彼は実家がお金持ちで、頭が良く音楽の才能があり、人脈にも恵まれ、美男子で、結婚相手も美人。確かにはたから見ると羨ましいほど恵まれています。

しかしメンデルスゾーンは本当に幸せだったのでしょうか?引き続き、彼の生涯と一緒に考えてみましょう。

メンデルスゾーンにまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「実は毒舌?同年代の音楽家たちへの痛烈な批判」

保守的な姿勢を貫いた

メンデルスゾーンは同時代の作曲家たちとは友好的な関係を持ちながらも、彼らの急進的な音楽観とは距離を置いていました。ときには痛烈な批判を繰り出していたようですので、少しご紹介したいと思います。

リストに対しては「ピアノ演奏はすごいけど作品はそうでもない」と称し、ベルリオーズに対しては「オーケストラ編成がゴミゴミし過ぎて、楽譜を触った後に手を洗いたくなる」となかなかの悪口を言っています。また当時大人気だったマイアベーアのオペラ「悪魔ロベール」を「浅はかなシナリオ」「安っぽい悪魔」と酷評しており、中々の毒舌であることがわかります。

更に友人に「マイアベーアに(容姿や髪型が)似てるね」と言われるとカッとなり、急いで髪型を変えてきたりもしていたこともあったようです。余談ですが、実は二人は遠い血縁関係にあったため本当に顔や容姿は似ていたのかもしれません。

都市伝説・武勇伝2「穏やか?癇癪持ち?メンデルスゾーンの性格って?」

突然態度が豹変することがあった。

メンデルスゾーンは穏やかで友好的な性格だと長らく思われていました。しかしそれは甥ゼバスティアン・ヘンゼルの手記の中にいる美化された記憶の中のメンデルスゾーンであり、実際の性格は違ったのではないかと言われています。

実際は冷たく周囲と打ち解けない性格であり、時に脈絡なく興奮して周囲の人を困惑させることもあったようです。晩年になる程その特徴は顕著になり、メンデルスゾーンの死因である「脳卒中」と関連しているのではないかと考えられています。また幼い頃から音楽活動で忙しく、本番や締め切りに追われる日々だったためにストレスや過労が著しかったことも関係しているでしょう。

また父アブラハムや姉のファニーもメンデルスゾーンと同じく急死していることや、彼の息子も精神病院で人生を終えていることから、何か遺伝的な要因があって性格などにも影響していたのではないかとも思われます。

メンデルスゾーンの年表

1809年 – 0歳「メンデルスゾーン誕生」

ドイツ・ハンブルク

メンデルスゾーンはドイツ・ハンブルクで1809年2月3日に誕生しました。祖父のモーゼフはカントにも影響を与えた哲学者、父アブラハムは有能な銀行家で裕福な家庭に生まれました。

他の兄弟たちについても簡単にご紹介します。姉ファニーは有名なピアニスト・作曲家で、メンデルスゾーンとは苦難を共にし生涯助け合う仲でした。女性作曲家のパイオニアであり、メンデルスゾーンと同じく優れた楽曲を制作しました。弟は銀行を継ぎ、妹は数学学者と結婚し安定した人生を歩んだようです。

1816年 – 7歳「キリスト教プロテスタントに改宗」

ルター

メンデルスゾーン一族はユダヤ人でした。しかし父・アブラハムの代からは伝統であった割礼をさせず、プロテスタント風の教育を施していたようです。そして1816年にメンデルスゾーンをルター派プロテスタントに改宗させ、「バルトルディ」という姓を名乗らせてユダヤ人であることを隠し、差別による嫌がらせなどから彼を守ろうとしていました。

しかしメンデルスゾーン本人はユダヤ人であることや祖父・モーゼフの血を受け継いでいることにに誇りを持っており、「バルトルディ」の姓をあまり名乗りたがらなかったようです。しかし彼の宗教観的には敬虔なルター派プロテスタントの一面もあり、このことはその後の音楽観にも大きく影響していきます。

1821年 – 12歳 「文豪・ゲーテとの親交がはじまる」

ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ

8歳からメンデルスゾーンは優れた指導者たちからピアノや作曲を習い、恵まれた環境によってその才能を伸ばしていきました。ある時作曲の師・ツェルターの紹介によってメンデルスゾーンとゲーテは知り合いになります。

ゲーテはメンデルスゾーンの才能に感動し、祖父と孫のように年齢が離れていた二人ですが、その後も親交を深めていきます。メンデルスゾーンはゲーテの詩に曲をつけたり、曲を献呈したりしました。

1829年 – 20歳「マタイ受難曲」再演

自筆総譜より#61レチタティーヴォ開始部分

14歳の頃祖母からJ.S.バッハの「マタイ受難曲」のスコアをプレゼントされたメンデルスゾーンは、20歳になって自らの指揮によりマタイ受難曲の再演を果たしました。

この公演は当時の人気俳優と協賛したチャリティ公演という形で話題を集め、それまでは音楽の専門家たちの間で細々と受け継がれているに過ぎなかったJ.S.バッハの作品を一般的に広めるきっかけとなります。

1843年 – 34歳「ライプツィヒ音楽院」設立

現在はフェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ音楽演劇大学ライプツィヒに

自ら設立資金を調達し、高等教育機関として音楽の専門教育を行う音楽院を設立
、自身が院長となりました。作曲とピアノの教授にはロベルト・シューマンが招聘され、20世紀になると滝廉太郎が留学するなど、音楽史的にも非常に重要な音楽院です。

現在もフェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ音楽演劇大学としてライプツィヒに学校があり、約900人以上の学生が今でも学んでいます。

1847年 – 38歳 脳卒中で死亡

姉のファニー・メンデルスゾーン=ハンゼル

1847年5月に姉・ファニーが脳卒中で急死すると、メンデルスゾーンはひどい神経障害を起こすようになりました。一時回復しましたが、11月に意識を失い自らも脳卒中で亡くなります。最後の言葉は「疲れた、ひどく疲れた」でした。

メンデルスゾーンは特に病弱というわけではなく、趣味でスポーツなどにも勤しむ一面もありましたが、晩年は大変多忙だったため過労による肉体の衰えとストレスに苦しめられました。更に幼い頃から共に苦楽を共にした姉の死は、残されていたメンデルスゾーンの命の炎を吹き消すほどのショックだったのでしょう。

1850年 – 死後3年 ワーグナーの論文にて批判される

ワーグナーは酷評した

ワーグナーが偽名によって投稿した「音楽におけるユダヤ性」においてメンデルスゾーンの作品が批判されました。その内容は「ユダヤ人は模倣が上手いが創造はしない」「ユダヤ人が歌うと、彼らの嫌な喋り方が歌に出てくる」など、到底音楽批評とはいえない罵詈雑言の数々でした。

この理不尽な批評には当時から抗議の声がありましたが、残念なことにこの批評が現在のメンデルスゾーン評にも影響を与えています。

1933年 – 死後86年 ナチスによって上演が禁止される

退廃音楽弾圧の歴史を解説するパネル展示

第二次世界大戦の時代になるとナチスによってユダヤ人音楽家の作品の上演を禁じられ、メンデルスゾーンの名が付いた地名なども改名させられました。またメンデルスゾーンの実家の銀行も廃業させられてしまいます。

しかし「ヴァイオリン協奏曲 ホ短調」だけは人気があり過ぎたため、作曲者の名前を伏せられながら上演され続けました。

2008年 – 死後151年 記念碑再建

メンデルスゾーンの記念碑

1960年からメンデルスゾーン作品の楽譜も出版され、その多様な魅力が見直されています。そして2008年にはドイツ・ライプツィヒのトーマス教会(バッハにも所縁のある教会)に記念碑が再建されました。

あらゆる意味でメンデルスゾーンの研究は、まだ始まったばかりだと言えるでしょう。

メンデルスゾーンの関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

メンデルスゾーンの音符たち 池辺晋一郎の「新メンデルスゾーン考」 池辺 晋一郎

TVやラジオでも大人気の作曲家・ 池辺 晋一郎による「音符たち」シリーズです。メンデルスゾーンの音楽に興味を持ち、これから聴いてみたい・演奏してみたいという人にぴったりな一冊となっています。

難しいワードは使わず、軽妙な語り口でメンデルスゾーンが「なぜ」「どんなところを」再評価されているのか、とてもわかりやすく知ることができます。

メンデルスゾーンとアンデルセン 中野 京子

メンデルスゾーンと童話作家のアンデルセンがある一人の歌手を軸に関係していたことを題材にした一冊です。著者は「怖い絵」シリーズなどでも有名な中野京子氏で、オペラや西洋音楽にも大変造詣が深い人物です。

ハンサムで洗練されたメンデルスゾーンにソプラノ歌手・リンドは恋をして、アンデルセンはリンドに恋をしますが、悲しいことにどの恋も実りません。他者からは幸福に見えるメンデルスゾーンが差別に苦しむ描写は、人生と幸せ、愛について考えさせられます。

おすすめの動画

メンデルスゾーン: ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64 五嶋みどり, ヤンソンス, ベルリン・フィル 2003

メンデルスゾーンといえば真っ先にこの曲が思い浮かぶ人も多いのではないのでしょうか。名演と名高い五嶋みどりの演奏を選びました。

Mendelssohn: Wedding March / Abbado · Berliner Philharmoniker

「結婚行進曲」と呼ばれ親しまれている曲です。この曲は「真夏の夜の夢」という音楽劇の中の一曲で、メンデルスゾーンが17歳の頃に作曲しました。

無言歌 作品19-3 狩りの歌  メンデルスゾーン

無言歌というのは歌曲ではなく、詩的なタイトルの付いた情緒的なピアノ曲のことを指します。その名の通り歌のようにメロディの美しい曲が多く、世界中で愛されている曲集です。

メンデルスゾーンについてのまとめ

幼い頃バッハの音楽に感銘を受けた筆者にとって、メンデルスゾーンは恩人のような、それでいて友人のような存在に感じます。それにしてもメンデルスゾーンはあらゆる功績があり過ぎて、「何をした人」と一言で言い切れないため、執筆に沢山の時間を要してしまいました。

少しでもメンデルスゾーン の素晴らしさ、良さが皆さんに伝わると嬉しいです。

コメントを残す