小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ルイアームストロングの生涯・年表まとめ【代表曲や名言、死因も紹介】

ルイ・アームストロングは20世紀に活躍したジャズ・トランぺッターでありボーカリストです。あだ名は「サッチモ」。彼が歌った「この素晴らしき世界 (What a Wonderful World)」は聞いたことある人も多いのではないのでしょうか?

「ジャズの父」とも呼ばれた彼はスキャットと呼ばれる歌唱法を生み出し、その後のジャズ界をけん引しました。多くのミュージシャンたちがルイ・アームストロングから影響を受けたと語り、彼無しには現在のジャズの姿はなかったかもしれません。

ルイ・アームストロング
ルイ・アームストロング

彼の持つ明るく華やかな雰囲気と深い味わいの歌は多くの人々を癒しました。ベトナム戦争の最中だった陸軍基地を訪れ、若い兵士たちの前で慰問演奏した映像なども残されています。またステージでのエンターテイメント性が評価されて映画にも多数出演しました。

1949年にはアメリカの国民的ニュース雑誌「タイム」で、ジャズ・ミュージシャンとして初めて表紙を飾っています。1964年に発売された「ハロー・ドーリー」は、3ヶ月連続で首位を独占していたビートルズを破り全米1位を獲得しています。

この記事では普段からジャズを演奏している筆者が、ルイ・アームストロングの生い立ちや功績、名曲をミュージシャンとしての目線から紹介していきます。

ルイ・アームストロングとはどんな人物か

名前ルイ・アームストロング
誕生日1901年8月4日
没日1971年7月6日(享年69歳)
生地アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオリンズ
没地アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市
配偶者デイジー・パーカー(1918~1923)
リル・ハーディン(1924~1938)
アルファ・スミス(1939~1942)
ルシール・ウィルソン(1942~1971)
埋葬場所アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク・フラッシング墓地

ルイ・アームストロングの生涯をハイライト

ニューオリンズの街並み
ニューオリンズの街並み

1901年にアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオリンズで生まれたルイ・アームストロングは、比較的貧しい地域で育ちます。父親が家族を置いて出て行ってしまったので、母親が働きに出るため祖母に預けられて暮らしていました。

そんな彼でしたが、家から持ち出したピストルを新年の祝砲として発砲してしまい逮捕されてしまいます。しかし収容された施設でコルネット(トランペットに似た楽器)と出会い、ミュージシャンの道を歩むことになりました。

コルネット
コルネット

1923年にシカゴに渡るとキング・オリバーの楽団に加入します。その後自身のバンドである「ホット・ファイヴ」を結成。1926年にこのバンドで録音された「ヒービー・ジービーズ」は、史上初の即興で歌うスキャットを取り入れた曲として有名です。

ルイ・アームストロングの活躍は1960年代にピークを迎えます。1964年に「ハロー・ドーリー」が全米1位を獲得したほか、1967年には世界的な名曲「この素晴らしき世界」が発表されました。

晩年には体調不良により休養しながらステージをこなしていました。そして1971年にニューヨークにある自宅で、就寝中に心臓発作を起こしこの世を去ります。葬儀には政治家や著名なミュージシャンたちなど多くの人々が参列しました。

ルイ・アームストロングのお墓

ルイ・アームストロングの性格や人物像は?

ルイ・アームストロング

サービス精神旺盛なエンターテイナー

ひょうきんな表情のルイ・アームストロング

ルイ・アームストロングの写真を見ると朗らかに笑った顔や、ひょうきんな表情の写真が多いことに気づきます。写真が表すように彼はチャーミングで愛すべき性格でした。

朗らかな表情の特徴になっている大きな口も彼のトレードマークです。「サッチモ」という有名なあだ名もカバンのような大きな口という意味の「Satchel Mouth」や、なんて口だ!を意味する「Such a Mouth」に由来しているといいます。

残された映像を見ても演奏のあいだにみせるコミカルな表情や動きから、ルイ・アームストロングの性格を伺い知ることが出来ます。

誰もが聴いたことのある「だみ声」

ルイ・アームストロングの歌声は一度聴いたら忘れられないほどとても特徴的です。ガラガラと形容されるようなだみ声で決して美しい声ではありませんが、低くて豊かな歌声は聴く人を安心させ引き込む力を持っていました。

そんな彼の声は生まれつきではありません。1920年代の録音などを聴くと、まだしゃがれていない声で歌っているのです。ルイ・アームストロングの伝記である「POPS」によると1921年のツアー中に風邪で声帯を痛めたことが発端のようで、その後1936年ごろに声帯の手術を受けますが残念ながら元には戻りませんでした。

ルイ・アームストロングが影響を受けた・与えた人

マイルス・デイヴィス

マイルス・デイヴィス
マイルス・デイヴィス

ルイ・アームストロングはボーカリストとしてもトランぺッターとしても、数多くのミュージシャンに影響を与えました。モダンジャズの帝王と言われたジャズ・トランぺット奏者のマイルス・デイヴィスは「ルイの影響を受けていないトランペット奏者はいない」と断言しています。

デューク・エリントン

デューク・エリントン

偉大な作曲家でありルイと共作でアルバムも作成しているジャズ・ピアニストのデューク・エリントンも、「ルイこそミスター・ジャズだ!」と語っています。

ウィントン・マルサリス

ウィントン・マルサリス

現代の最高峰のジャズ・トランぺット奏者のひとりであるウィントン・マルサリスには「いろんなトランペット奏者の良いところを盗もうと思ったけど、ルイからは盗むことができなかった。とにかく凄すぎるんだ!」と言わしめました。

キング・オリヴァー

キング・オリヴァー
キング・オリヴァー

そんなルイ・アームストロングは師匠であるコルネット奏者のキング・オリヴァーの影響を口にしています。その影響は「もしオリヴァーがいなかったら、今日のジャズはなかっただろう」と言わせるほどでした。ルイは最後までオリヴァーを師匠として慕い、深い絆で結ばれていたといいます。

死因は心筋梗塞

ルイ・アームストロングの家
ルイ・アームストロングの家

ルイ・アームストロングは1971年6月にニューヨーク州クイーンズにあった自宅で、心筋梗塞により69年の生涯を終えました。亡くなる1か月前にニューヨークでのショーの後で心臓発作を起こし、数週間の入院ののち自宅療養中の出来事でした。

ニューオリンズの伝統的な葬儀では、セカンドラインと呼ばれるブラスバンドを伴ったパレードが行われます。葬儀場から墓地まではしめやかに行進し、埋葬が終わると華やかで陽気な曲を演奏し死者を見送ります。ルイの葬儀でも彼の代表曲のひとつである「聖者の行進」がブラスバンドによって演奏されました。

セカンドライン
セカンドライン

彼の葬儀には当時の州知事や市長などの政治家から、デューク・エリントンやベニー・グッドマンらなどのミュージシャンまで各界の著名人たちが多数参列しました。

ルイアームストロングの功績

功績1「ジャズの発展に大きく貢献」

デキシーランド・ジャズ
デキシーランド・ジャズ

生まれたばかりのジャズという音楽はデキシーランド・ジャズなどを代表として、即興的な部分を持ちつつも楽曲を聴かせるための演奏が主流でした。そのためミュージシャンの個性を出さず、音色もある程度揃えられていました。

そんな中現れたルイ・アームストロングのトランペットの音色は、とても個性的でかつ人間味に溢れた新しいものでした。これによりジャズのミュージシャンたちは、各々の個性を生かした演奏をするようになっていきました。

チャーリー・パーカー
チャーリー・パーカー

その後に現れる天才的サックス奏者のチャーリー・パーカーらによって生み出されたビバップ(テクニック重視のジャズの種類)の時代においてもルイの精神は生き続け、アドリブという即興演奏で個性を競い合うことになります。

功績2「即興で歌う歌唱法のスキャットをあみ出した」

歌うルイ・アームストロング

ジャズの方向性を決定づけたルイ・アームストロングですが、ジャズのボーカルにも大きな影響を残しました。彼はトランペットを歌うように演奏し、トランペットを吹くように歌を歌いました。その中から生まれたのが「スキャット」と呼ばれる歌唱法です。

自身のバンドであるホット・ファイブで活動していた彼が、1926年に録音した「ヒービー・ジービーズ」で初めてスキャットが世界に知られました。

ルイがこの曲の録音の最中に歌詞カードを落としてしまい、しかたなく「ドゥビドゥビ」と適当に言葉を充てて歌い続けたそうです。それが意外に面白かったのでそのまま採用され、世界に発表された結果大ヒットを記録したという訳です。

それ以降ジャズのボーカリストは楽器の演奏者たちと同じように、楽曲を演奏する中でスキャットを披露するようになりました。

功績3「俳優としても活躍 」

ハリウッド
ハリウッド

1930年代にはルイは全米中やヨーロッパ各地をコンサートツアーで周るほどの人気を獲得していました。レコード会社は彼の多彩な才能を最大限に利用し、いろいろなメディアにも出演させていました。

1950年代にはハリウッドで俳優としてデビューを飾り、40本以上の映画に出演したと言います。代表作としては同じく大人気の歌手だったフランク・シナトラやビング・クロスビーと共演した「上流社会」や、実在したコルネット奏者レッド・ニコルズのドキュメンタリー映画である「5つの銅貨」などがあげられます。

ルイ・アームストロングの代表曲

この素晴らしき世界

この素晴らしき世界

1967年に発表された楽曲で、ルイ・アームストロングの最も有名な代表曲です。作詞・作曲はアメリカのアレンジャーであるジョージ・デヴィッド・ワイスと音楽プロデューサーのボブ・シールです。ボブ・シールはペンネームであるジョージ・ダグラスの名前で公表されています。

この曲は悲惨なベトナム戦争を嘆き、平和な世界を望んで作曲されました。そのことを念頭に入れてこの曲を聴くと何とも深い味わいがあります。発売当初アメリカではあまり売れませんでしたが、イギリスのチャートで1位を取り大ヒットしました。

その後1987年に公開されたアメリカの映画「グッドモーニング・ベトナム」の中で使用され、再評価をうけて全米32位のヒットとなりました。現在に至るまで、世界中の数えきれない程のミュージシャンにカヴァーされ続けています。

ハロー・ドーリー

ハロー・ドーリー

ミュージカル「ハロー・ドーリー」の主題歌。作曲はブロードウェイで活躍した作曲家のジェリー・ハーマンが担当しており、このミュージカルでトニー賞作詞作曲賞に輝きました。

1964年に公開された映画版では歌手で女優のバーブラ・ストライサンドが主演を務め、第42回アカデミー賞で美術賞・ミュージカル音楽賞・録音賞を受賞しています。

主題歌である「ハロー・ドーリー」はルイ・アームストロングが客演したことでも知られていて、ミュージカル版と映画版では歌詞が少し異なっています。軽快な明るいジャズで、非常にスイングが心地よい名曲です。

ルイはビッグバンドの指揮者として出演していて、主人公であるドーリー(バーブラ・ストライサンド)とデュエットを披露しています。

聖者の行進

聖者の行進

元々はアフリカ系アメリカ人たちの葬儀の際に演奏される曲で、ルイ・アームストロングの葬儀でも彼を送り出すため「聖者の行進」が演奏されました。

黒人霊歌やスピリチュアルとも呼ばれるこれらの曲は、アメリカ大陸に奴隷として連れてこられたアフリカ人たちによって生み出されました。讃美歌や教会音楽、クラシック音楽とアフリカのリズムが融合して、見知らぬ土地に連れてこられたアフリカ人たちの心の支えとなったのです。

1959年のアメリカ映画「5つの銅貨」の劇中で歌われていることでも有名です。俳優であり歌手のダニー・ケイとルイ・アームストロングのふたりが、和気あいあいと楽しげに「聖者の行進」を歌っている様子がとても印象的でした。

日本でも1998年のテレビドラマ「聖者の行進」の作中で使用されたり、企業のコマーシャルソングなどにも使用されています。またアントニオ猪木がモハメド・アリとの対戦の際に、入場曲で使用しました。

ルイアームストロングの名言

途中で諦めちゃいけない。途中で諦めてしまったら、得るものより失うもののほうが、ずっと多くなってしまう。

ルイ・アームストロングの人生を表したような一言です。20代からミュージシャンとして成功していた彼ですが、もしそこで慢心していたら60歳を過ぎてから大成功を得ることは出来なかったでしょう。何事もやり通すことに意味があることを教えてくれる名言です。

一日に百万ドル稼ぐようになったとしても、これまでとは違う自分になろうなんて思わないさ。

彼が亡くなるまで住んでいたニューヨークの住まいは、大成功を収めたミュージシャンが住むにはとても質素だったと言います。数々のヒットソングを発表し映画にも出演して、裕福な暮らしも出来たでしょう。しかしそれをせず謙虚に過ごしたルイ・アームストロングの人柄が表れた名言です。

もしもイエス・キリストが黒い肌で行進をなされば、やはり彼らは殴打するのだろうな。

朗らかなイメージとは裏腹にルイは正義感にあふれた人物でもありました。特に人種差別に対しては様々な発言を行っています。この発言はアフリカ系アメリカ人の解放のために尽力したマーティン・ルーサー・キング牧師に激励としてかけられた言葉です。

ルイアームストロングにまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「ビートルズの勢いを止めヒットチャート1位になる」

ビートルズ
ビートルズ

1962年にイギリスでデビューしたビートルズは、瞬く間に世界中で大人気となりました。

1960年代のアメリカでもビートルズの勢いはすさまじく、全米チャートは彼らの曲で埋め尽くされていました。そんな中1964年の2月から5月にかけて14週連続1位を独占したビートルズを破ったのが、ルイ・アームストロングの「ハロー・ドーリー」でした。

それからルイはしばらくのあいだ「ザ・ビートルズを首位から蹴落とした男」というキャッチフレーズを使っていたそうです。当時63歳だったルイ・アームストロングの偉業に全米が驚きました。

都市伝説・武勇伝2「Suchmosのバンド名の由来になった」

Suchmos

2013年に神奈川県で結成された人気バンド「Suchmos(サチモス)」。

R&Bやヒップ・ホップなどのブラック・ミュージックをベースとした楽曲が多く、中でもイギリスのアシッドジャズバンド「ジャミロクワイ」の影響を強く受けています。そんなSuchmosの名前の由来は、ルイ・アームストロングのあだ名「サッチモ」に由来していると言います。

バンドを結成した際にバンド名を決めるより先にライブ出演が決まってしまいます。練習していたスタジオで名前を悩んでいたところ、ルイ・アームストロングのライブ映像がモニターに流されていたそうです。それを見たメンバーがそのミュージシャンがサッチモと呼ばれていることを他のメンバーに教えたところ、言葉の響きを気に入りバンド名に採用しました。

「ルイ・アームストロングがジャズ界のパイオニアなので、自分たちも音楽的なパイオニアになりたい」という気持ちが込められているそうです。

都市伝説・武勇伝3「4回の結婚」

リル・ハーディン

ルイ・アームストロングは人生の中で4回の結婚をしていました。最初の夫人は彼が16歳の時に結婚したデイジー・パーカーで、そのころに従姉妹の子供を養子として迎え入れています。

最もルイの音楽人生に影響を与えたのは、2番目の夫人であるリル・ハーディンでしょう。彼女はルイの師匠であるキング・オリヴァーのバンドのピアニストをしていました。その後、ルイが率いたホット・ファイブなどでもピアニストを務め、数々の作品を共作することになります。

さらにリル・ハーディンはルイの服装や髪型にも意識を配り、人前に出てステージに立つ際のたしなみを教えたことも大きな功績と言えましょう。

14年間の夫婦関係だったリル・ハーディンとの離婚ののち、以前から愛人関係であったアルファ・スミスと3回目の結婚をしますがこちらは4年で離婚に至ります。

コットン・クラブ
コットン・クラブ

そしてニューヨークの名高いナイト・クラブだった「コットン・クラブ」の歌手であるルシール・ウィルソンと最後の結婚をします。彼女は1971年にルイがこの世を去るまで添い遂げました。

##ルイ・アームストロングの年表

1901年 – 0歳「ニューオリンズで生まれる」

若いころのルイ・アームストロング
若いころのルイ・アームストロング

貧しい幼少期

ルイ・アームストロングはニューオリンズのストーリー・ヴィルと呼ばれる売春地区で生まれました。父親がルイの小さいころに家を出て行ってしまったので、母親は売春婦として働きながら祖母と共に彼を育てたと言います。

祖母はエネルギーにあふれた明るく朗らかな性格だったようで、ルイの性格にもしっかり受け継がれています。決して裕福とは言えない貧しい暮らしでしたが、持ち前の明るさで不幸せではなかったようです。

コルネットとの出会い

ある年の大晦日に新年を祝う祝砲をあげるため、ピストルを発砲したところを見つかりルイは逮捕されてしまいました。少年矯正施設に収容された彼は施設のブラスバンドに入り、彼の人生を変える楽器「コルネット」と出会います。

コルネットとはトランペットの仲間の管楽器です。トランペットより歴史は古く、管楽器にピストンバルブを用いた最初の楽器です。演奏できる音域はトランペットと同じですが、より柔らかく暖かい音色がコルネットの特徴です。

1923年 – 22歳「メジャーデビュー」

キング・オリヴァー楽団

キング・オリヴァーとの出会い

少年矯正施設から出所したルイは、ニューオリンズのパレードなどで演奏を重ね頭角を現していきます。そして師匠であるキング・オリヴァーと出会いテクニックを教え込まれました。オリヴァーは自分のコルネットを与えるなどして、ルイを可愛がったと言います。

第一次世界大戦によりシカゴへ

第一次世界大戦時の戦艦
第一次世界大戦時の戦艦

しかし1914年に始まった第一次世界大戦のためにニューオリンズが軍港として使用されるようになり、ジャズの拠点だったクラブやバーが閉店に追い込まれます。そのため仕事が無くなってしまったミュージシャンはアメリカ北部へと活動拠点を移していきます。

そのおかげでジャズがアメリカ全土へ広まり、それぞれの地域で新しいジャズやR&Bなどの音楽が根付いていく要因となりました。

シカゴに移ったオリヴァーの楽団にセカンド・コルネット奏者として加入したルイは、1923年に初のレコーディングを経験しました。

1924年 – 23歳「ニューヨークへ進出」

ニューヨーク
ニューヨーク

ニューヨークへ進出

オリヴァーの楽団で経験を積み腕を磨いたルイの演奏は、ミュージシャンの間で話題になるほどでした。個性を活かした奏法や音色を武器とした演奏は、より一層洗練されて磨きがかかりました。そして1924年にはジャズの黄金時代を迎えようとしていたニューヨークに進出することになります。

ニューヨークに渡ったルイはフレッチャー・ヘンダーソン楽団に加入します。個々の即興プレイを活かしたルイの演奏スタイルは楽団自体の演奏も変化させ、のちのスウィングジャズの基礎を築いたと言えましょう。

1925年 – 24歳「シカゴに戻り自身のグループで活動」

ルイ・アームストロング&ホット・ファイブ
ルイ・アームストロング&ホット・ファイブ

ホット・ファイブ結成

ニューヨークでの活躍の後シカゴに戻り、当時の夫人であったリル・ハーディンらと共に自身のグループであるホット・ファイブを結成。ビッグ・バンドでは出せないアプローチを小編成のバンドで展開していきました。

ホット・ファイブと契約を結んだのはオーケー・レーベルという事務所で、手始めに3曲を録音しうち2曲を収録したレコードが「ルイ・アームストロング&ホット・ファイヴ」の名前で発売されました。そして翌年1926年にはスキャットが生まれた「ヒービー・ジービーズ」が録音されます。

1953年 – 52歳「初日本公演」

ルイ・アームストロングは生涯で3回来日しています。初来日は1953年で、ルイ・アームストロングが52歳の時にオールスターズを引き連れての日本ツアーでした。この時のツアーでは東京、横浜、神戸、京都などの都市を中心に巡業したと言います。

1963年に2回目の来日を果たした際には、スタジオ盤「サッチモ・イン・ジャパン」を録音しテイチク・レコードより発売しています。翌年の3回目の来日では美空ひばりとの面会が予定されていたそうです。残念ながら美空ひばり側のトラブルにより会談は叶わなかったものの、ルイ・アームストロング直筆の手紙が美空ひばりに送られたそうです。

1960年 – 59歳「大ヒットを連発」

ルイ・アームストロング

2度目の絶頂期

ルイ・アームストロングの1回目の絶頂期が1920年代とすれば、2回目は間違いなく1960年代です。1964年に全米1位を獲得した「ハロー・ドーリー」を皮切りに、数々のヒットソングを量産し世界中でヒットしました。

1967年には名曲「この素晴らしき世界」が世界的ヒットを飛ばし、翌年にはディズニー映画の曲を題材にしたアルバム「サッチモ・シングス・ディズニー」を発表。1969年にはジェームズ・ボンドで有名な007シリーズの第6作「女王陛下の007」の挿入歌である「愛はすべてを越えて」を発表しました。

おすすめの映画

5つの銅貨

実在のコルネット奏者のレッド・ニコルズの半生を描いたドキュメンタリー映画です。アカデミー歌曲賞、作曲賞、撮影賞、衣装デザイン賞にノミネートされ、日本では文部省選定映画でした。

ルイ・アームストロングについてのまとめ

いかがでしたか?

この記事ではルイ・アームストロングの69年の生涯を振り返ってみました。現在に続くジャズの礎を築き、普段ジャズを聴かない人でも彼の声とトランペットは耳にしている事でしょう。

「この素晴らしき世界」は覚えてしまうほど何回も演奏していますが、全然色褪せることのない名曲です。他にも沢山良い曲があるので、ぜひ聞いてみてください!

コメントを残す