月500円〜の絵画レンタルサービスCasieのコスパ神説

ニーチェの生涯・歴史年表まとめ【名言・著書・言葉も紹介】

「ニーチェ」が哲学者であることは、倫理の授業などでも取り上げられることから、大抵の人が知っています。

映画2001年のテーマになった「ツァラトゥストラはかく語りき」と言う、シュトラウスの交響詩の題材になった作品を執筆した人でもあります。

幼少の頃から聖書を読んだり、作曲したりと、多才でありました。 ボン,ライプチヒ大学時代には、ショーペンハウアーやワーグナーにも傾倒しています。

古典文献学の師F.リッチュルに認められ,24歳と言う若さでスイスのバーゼル大学教授に大抜擢されましたが、健康上の理由により、1879年大学を辞し、10年に及ぶ思想的浮浪を経て1889年発狂、1900年、ワイマールに没。享年55歳と言う若さでした。

ギリシャ古典学、東洋思想に深い関心を示して、近代文明の批判と克服を図り、キリスト教の「神の死」を宣言したことでも有名です。随所に格言を用いた、巧みな散文的表現による試みには、現代でも文学的価値を十分に認められています。

善悪を超越した永遠回帰のニヒリズム、さらにその体現者としての超人の出現を求めた、生の哲学、実存主義の先駆とされるなど、現代では実存主義の代表的な思想家の一人として知られています。

ニーチェとはどんな人?

名前フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ
誕生日1844年10月15日
生地レッツェン・バイ・リュッケン(ライプツィヒ近郊の小村)
没日1900年8月25日
没地ヴァイマール
配偶者なし
埋葬場所レッツェン・バイ・リュッケンの教会

ニーチェはドイツ人か?否か?

ニーチェが生まれた1844年当時、ドイツという国はまだありませんでした。彼が生を受けたザクセン地方は、プロイセン王国の統治下にあったのです。

その後、成長して得たスイスのバーゼル大学の院外教授に就任する際、ニーチェはプロイセンの市民権を放棄して、スイス国籍を取得しています。1869年のことです。

ドイツ統一は1871年でありますから、結局ニーチェはドイツ人にはならず、法律的にはスイス人のまま、現世を去ったことになります。

作曲家としての名も遺しているニーチェ

ニーチェは非常に音楽に興味を持っており、13歳頃から歌曲やピアノ曲などを作曲しています。

シューベルトやシューマン等の前期ロマン派を思わせる曲風であったと言われ、本人もまんざらでもなかったようです。

その彼が作曲をやめたのは、実際に執筆業などで忙しくなったという理由のほかに、自信作と言われる『マンフレッド瞑想曲』と言う曲を、ピアニストで指揮者のハンス・フォン・ビューローに酷評されたからだと言われています。

愛しすぎるニーチェ 。彼を取り巻いた女たちとは?

1900年55歳で没するまで独身を通したニーチェ。しかし、彼の短い生涯に外せない女性達を紹介します。

一人目は妹のエリーザベト。彼女は6歳の頃、既に文章を書き始めていた兄の文献を集め、後に「二ーチェ文庫」なるものを設立します。
二人目はルー・ザロメ。ニーチェ43歳の時に出会った若干21歳のザロメは、知識人であり、自らがニーチェの理想的解釈者であると、ニーチェに認めさせた女性でもありました。

しかし彼女はやはり哲学者でニーチェの友人、パウル・レーとも関係を持ち、結局ニーチェから離れます。

3人目はニーチェが傾倒した作曲家、ヴァーグナーの妻コジマ。学生時代から熱烈なヴァーグナー・ファンであったニーチェは、その妻コジマにも尊敬と愛情を持ち、年齢差を超えて敬愛の友として慕っており、発狂した後も書簡を送っています。

ニーチェにとっての「病」とは、ある種の覚醒剤であった。

彼の人生において、「病気」というものは一生切り離せるものではありませんでした。

長患いをしている者の特徴として、「病気との付き合い方に慣れてくる」と言うことがあります。ニーチェも年季の入った熟練工のように、病と付き合う方法を自分に持っていました。

彼は、「病とは身体のエネルギーの低下であり、精神の低下ではなく、むしろその苦しみにより、思考を研ぎ澄ますものである」と書き記しています。最終的には発狂した果てに人生を終えていく彼には、同時に湧き上がってくる創作意欲を、冷静に保ち続ける必要があったのかもしれません。

「神は死んだ」ニーチェのキリスト教批判

ニーチェについて触れる時、必ずと言っていいほど出てくるフレーズが、「神は死んだ」です。

このフレーズの意味は、簡単に言ってしまえば「キリスト教の神が、キリスト教徒たち自身によって殺害された」と言うことです。

とはいえ、イエスの教えを批判していたのではなく、キリスト教が庇護する弱い者たちが、その庇護に甘え、いつの間にか、神を信じることを辞めてしまう未熟さによって、キリスト教が失われる、そういう実践面での力の喪失を「神の死」と表現していたのでした。

ニーチェの名言は?

キリスト教によって、強い人間は、典型的に排斥されるべきもの、「極悪人」となった。キリスト教は全ての弱者、賤者、出来損ないの味方に与し、強い生命が持っている自己保存本能に抗議することを己の理想としてきたのだった。-反キリスト

自分を破壊する一歩手前の負荷が、自分を強くしてくれる。

【全ての真理は単純である】-これは二重に嘘ではないのか?

偶像の黄昏

ニーチェにまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「妹に歪められた思想」

ニーチェの作品を世に残した功績は、妹のエリーザベトにあると言っても過言ではないでしょう。

真面目で孤独を愛した兄とは違い、エリーザベトは野心に満ちた活動家でもありました。特に、反ユダヤ主義者であるフェルスターと結婚してからは、一時、兄とも疎遠になっています。

エリーザベトは彼の遺稿を「権力への意志」と名づけて出版し、その思想の一部分を歪めたにも関わらず、ニーチェ文庫の資金調達のため、ナチスの庇護を受けます。ニーチェの名声をナチスに利用させるという見返りのためでした。

おかげで、しばらくの間、ニーチェは「反ユダヤ主義でナチスの預言者」と言うレッテルを貼られることになります。

ニーチェの略歴年表

1844年
プロイセンの寒村レッケン
1844年、プロイセンの寒村レッケンで生まれます。

5歳の時、父が35歳で早世。同時に弟も二歳で死去。男手を失った母フランツィスカは、父方の祖母と兄のクラウゼ牧師を頼って、ニーチェと妹のエリーザベトとともに、ザーレ湖畔の小都市ナウムブルクに移り住むことになります。

1854年
ギンナジウムからプフォルタ学院入学
1854年からナウムブルクのギムナジウムへ通い始めました。ギムナジウムでは特に、音楽と国語の優れた才能を認められ、さらに勉強やスポーツ、芸術や作曲にもに励みました。

その噂を聞いたドイツ屈指の名門校プフォルタ学院から給費生として入学を許可されます。

1864年
ボン大学へ進学そして在野の哲学者の道へ
プフォルタ学院終了後、神学を学ぶためにボン大学へと進学しました。この時期ニーチェの学問的人生に大きく影響を与えた人物と出会うことになります。

一人は典文献学の権威フリードリヒ・ヴィルヘルム・リッチェル。さらにリッチェルは自身が転職したライプツィヒ大学へと編入したニーチェにヴァーグナーを紹介しています。

ニーチェの具体年表

1844年 – 0歳~20歳「 フリードリヒ・ヴイルヘルム・ニーチェ生れる」

牧師の息子として~信仰の始まり

ニーチェの父、カール・ルードヴィヒ・ニーチェは、ルター派牧師で、レッケンの牧師館に住んでいました。

実は、この父は、牧師になる前に、ニーチェに授けた名前の主、プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム四世の宮廷で、数年間王女たちの教育に携わった人物であり、国王直々にレッケンの牧師に任命されています。ゆえに、王家に対して並々ならぬ尊敬の念を抱いており、そのため、ニーチェに国王の名前を授けたのでした。

一介の市民が、王家の王女たちの教育係になれるわけもなく、代々裕福な家庭であった父の家系は、祖父、曾祖父と牧師であったこともあり、ニーチェがキリスト教に対して、違和感なく受け入れることができていたと想像できます。

当時、ドイツ語圏において牧師という職業は、単なる宗教家の域を超えており、上流市民階級の代表的な職業であり、文化を指導する役割も与えられていました。こうい家庭に生まれ、幼いころから信仰がともにあったことは、ニーチェの著作活動に、ひそかに「使命感」を与えていたのではないでしょうか。

1846年には妹エリーザベトが、1848年には弟、ルードヴィヒ・ヨーゼフが生まれています。

牧師館での信仰と共に成長してく時間は、おそらくニーチェの幸せな記憶として心に刻まれていたようです。のちにギンナジウム時代に書いた自伝にもそのことが綴られています。

父親と弟の死~「書くべき引きこもり」の始まり

1848年、事件は起きます。父カールが玄関先の石段で転倒。頭を打ちました。この時の怪我が元で、1849年ニーチェ5歳の時に亡くなってしまいます。それを追うように、翌年1850年、弟ルードヴィヒが病死。いきなりの悲劇が一家に大きな悲しみと、運命の方向転換を強いることになります。

男手を失った母フランツィスカは、父方の祖母と兄のクラウゼ牧師を頼って、ニーチェと妹のエリーザベトとともに、ザーレ湖畔の小都市ナウムブルクに移り住むことになったのでした。

ニーチェは、このナウムブルクで小学生時代を過ごしました。同時に、ギンナジウム(ドイツまたは、その近隣諸国の大学進学を前提とした中等教育機関)入学準備のための私塾にも通うようになりますが、ここで、ギリシア語、ラテン語の初歩教育を受けたことから、ニーチェの語学への探求心と才能が開いたと想像できます。

ニーチェの「書くこと」への情熱は、ナウムブルク時代から始まったようです。

ニーチェを敬愛していた二つ下の妹のエリーザベトが、6歳の頃から兄の散文を収集してきたことを考えると、8歳の頃には、既に文章を書き始めていたことになります。

12歳の頃に彼が書き始めた日記や、その他書きに書き詰めた文章には、その年齢でありながら、既に「回顧録」や「自伝」を試みている傾向があり、冒頭は必ず5歳の時の父の死と、翌年の弟の死について書かれ、神が与えた試練と、それを克服する様が書かれていました。

これ以降、狂気のために筆をとれなくなるまでの間、彼はひたすら自分のために書き続けています。彼は否応なく、死について考えたでしょうし、その交錯する思想と現実の記憶をとどめておくためにも、書き続けていたと言われています。

ソクラテスの人生が、その哲学的「対話」のうちのみあったのと同じように、ニーチェは自分の「書き物」のうちに生きていたと言えるでしょう。

1864年 – 20歳「 ボン大学からライプツィヒ大学へ」

信仰からの脱却。哲学への道を歩み始める

プフォスター学院を卒業し、ニーチェはボン大学の神学部と哲学部へ籍をおくことになりました。

ただ、神学部に関しては、ニーチェが父と同じく、牧師になることを願っていた母のためだったと思われますが、やがて、興味は哲学部で学び始めた古典文献学へと移っていきます。

結局、母と大喧嘩の末、信仰を放棄。この時代、牧師の息子が信仰を放棄すると言うことは大事件であり、夫亡き後、ニーチェに大きな期待を持っていたと想像できる母にとっては、晴天の霹靂、人生の一大事だったことでしょう。

その1年後、文献学界の大物、フリードリヒ・リッチェルがライプツィヒ大学で教授として勤務します。その後を追うように、ニーチェもボン大学を離れ、ライプツィヒ大学へ。本格的に古典文献学を学ぶことになります。

更にリッチェルの強力な後押しを受けて、学界へ頭角を現してきたニーチェは、1869年の春、24歳と言う異例の若さで、スイスのバーゼル大学へ員外教授として招かれ就任します。

実はこの時、ニーチェはまだ大学生であり、大学教授へ就任する資格は何一つとして持っていませんでした。にも拘わらず、年長の候補者4人を抑えて就任。

そのための資格は、ライプツィヒ大学より無試験で与えられています。この事実から、リッチェルを中心とする文献学界の、ニーチェに対する期待がかなり大きかったと言えるでしょう。

ショーペンハウアーとヴァーグナーとニーチェ

生涯を通じて音楽に強い関心をもっていたニーチェは、学生時代から熱烈な、大作曲家ヴァーグナーのファンであり、「ヴァーグナー主義者」と言われるぐらいでした。

その二人の関係を語る時に、外せないのがショーペンハウアーと言う哲学者の名前です。

実はニーチェとショーペンハウアーは実際に出会った関係ではなく、その著書をニーチェが愛読していたということなのですが、ことヴァーグナーとの出会いにおいては重要なアイテムとなりました。

ニーチェとヴァーグナーとの出会いは、ニーチェ24歳、1868年の秋でした。1年間の兵役を終え、ライプツィヒに戻っていたニーチェは、ちょうど滞在中であったヴァーグナーに面会を申し込みます。

ヴァーグナーも自分の作品に傾倒しているニーチェの評判は聞いており、二人の会談は11月のある夜に実現しました。その時、意気投合した話題として、二人ともが愛読していたショーペンハウアーと言う名前があがります。ここから二人の10年における親交が始まるのです。

1869年 – 24歳「若き大学教授から哲学者へ。」

ヴァーグナーとの離別~哲学者としての一本立ち

バーゼル大学に就任した後、ニーチェとヴァーグナーと親交が改めて始まりました。

当時、ヴァーグナーは バイエルン王国から国外退去を命じられていた時期で、花形の拠点となっていたミュンヘンを追われ、スイス中部のトリプシェンと言うところにコジマと共に隠棲していました。

当然のことながら、孤立状態にあったヴァーグナーが、自分の芸術の理解者を喜ばない筈はありません。ニーチェを親しい友人として迎え入れ、まだ構想中のバイロイト祝祭劇場の建設計画を語り聞かせたりしています。

このトリプシェン時代、ニーチェはヴァーグナーを心底敬愛し、毎日のようにヴァーグナー邸を訪れ親交を深めていました。しかし、その理由は単なる憧れだけでなかったようです。実はヴァーグナーは、亡き父と同じ1813年の生まれで、ニーチェとかかわっていた頃、59歳になろうとしていました。芸術的尊敬もさることながら、父性を感じざるを得なかったでしょう。

1872年、ヴァーグナーを病的に寵愛したことで有名な、バイエルン国王ルードヴィヒ二世の庇護を受け、バイロイトへ居を移したヴァーグナーは、自分の芸術を理想的な環境で上演するために「祝祭劇場」を構想。その建設資金を得るために、奔走します。

ニーチェにとっては、崇高で最愛の芸術家であったヴァーグナーが、金を得るためにあらゆる手段を講じる興行師となり下がり、ニーチェは激しく幻滅しました。ニーチェの求める知的な人間関係はここで終わりを告げます。

1900年 – 55歳「そして晩年へ」

狂気に生きた晩年~鞭うたれる老馬

ニーチェは幼少時から、極度の近眼から急に何も見えなくなったり、片頭痛や激しい胃痛など、健康上の問題を抱えていました。

その上1868年の落馬事故や1870年の兵役中に患ったジフテリアなどにより、体調が悪化。10年目にして、バーゼル大学を辞職しています。

それと同時に、自分の体調に合わせて生活拠点を変えており、「漂流の哲学者」としての生活を始めました。

夏はスイスのグラウビュンデン州サンモリッツ近郊の村シルス・マリアで。冬はイタリアのジェノヴァ、ラパッロ、トリノ、あるいはフランスのニースなどで過ごしています。

1878年に『人間的な、あまりに人間的な』を刊行したことを皮切りに、最も多産な時期に入ったニーチェは、発狂するまでの10年ほどの間、毎年1冊のペースで著作を発表し続けます。

特に、執筆生活最後となる1888年には、5冊もの著作を書き上げると言う驚異的な創作を成し遂げています。

発狂するまでの間、全力で著作活動を続けていたニーチェは何に急き立てられていたのでしょうか。それが迫りくる狂気の影であったとしたら、語るべきこと全てを語りつくして発狂したと言うことになります。

発狂する前のある日、道端で乱暴な馬主に鞭うたれていた老馬を見かけたニーチェは、その馬の首に抱きつき、むごい仕打ちを止めてくれと、泣きながら懇願し、そのまま倒れてしまいました。これを期に、ニーチェの著作活動は停止します。

まず、バーゼル大学付属の精神病院からイエーナ大学付属精神病院へ。その後、母の要望でナウムブルクへ帰り、母の庇護の元治療を続けますが、徐々に全身が麻痺していき、会話にも支障が出てくるようになっていきます。

皮肉なことに、この頃からニーチェの名は、次第に同時代の間で知られるようになっていきます。あれだけニーチェが待ち望んでいた、哲学の暗黒時代が終わろうとしていたのです。残されたニーチェの著作から道は拓かれていきました。

しかし、既にニーチェには新たに語る言葉は残っておらず、1900年、肺炎のために55歳の生涯を閉じるのでした。

ニーチェと言う人

ニーチェの風貌を著した文章があります。

「髪はブラウン。おでこは広い。髪は後ろになでつけている。頬骨は出ている。肩幅は広いが、背は高くない。太ってはいない。強度の近眼。  声は大きくない。ゆっくりと物静かにしゃべる。  笑い声は低く、ひっそりとしている。また、たたずまいに静けさがあった。目立つほど孤独そのものの姿だった。」

この描写に反して、彼の思想は常に苛立ちを伴い、情熱的で時には暴力的な強さを伴っていたと思われます。その癇の強さゆえか、18歳からの頭痛に始まり、常に病と共存し、最終的には狂気の内にその生涯を閉じます。

彼の内には、常に「超人」と「未人」と言う、強者と弱者の戦いがあり、まるで「ジギル」と「ハイド」のように、彼自身の思想を奪い合っており、本当の「フリードリヒ」は父を亡くした5歳の子供のままだったのではないでしょうか。

彼が紡ぎだしてきたその「言葉」は、「生きるための哲学」として、彼自身を支えつづけた、唯一の友であったと言えるかもしれません。

ニーチェの関連作品

ニーチェに関連するおすすめ本

「悲劇の誕生」

近代的な学問の立場を根底からひっくりかえし、「問題の書」とも言われています。

「人間的な、あまりにも人間的な」

ヴァーグナーとの訣別を決意したニーチェは、持病の療養もかねてイタリアへ避難。そこでの生活の中で、少しずつ書きためていったこのノートが、後々までもニーチェの文章形式を決定づけることになりました。アフォリズム集の第一作。

「ツァラトゥストラはかく語りき」

晩年のニーチェが、その根本思想を体系的に展開した第一歩というべき著作。「神は死んだ」という言葉で表わされたニヒリズムの確認から始まり、神による価値や目的を剥ぎとられた人間が存在する意味が、何によって見いだされるのか問答する。

「超訳 ニーチェの言葉」

初めてニーチェに触れる方にお薦めしたい一冊です。彼の思想からなる、名言がいつの間にか疲れた心を癒してくれます。論理展開は難しい、けれど、ニーチェと言う人に触れてみたいと言う初心者本としてうってつけです。

「ニーチェの顔 他十三篇」三島 憲一 (編集), 氷上 英廣 (著)

ニーチェのテクストとその時代を丁寧に結びつけ、情景に佇む静謐なニーチェを描き出していくと言う名著です。斎藤茂吉や萩原朔太郎など日本人の書いた文学とも関連させた論考も興味深く、様々な角度からニーチェを知ることができる名著です。

ニーチェに関するおすすめ映画

「ニーチェの馬」

「倫敦から来た男」で知られるハンガリーの名匠タル・ベーラが、ドイツの哲学者ニーチェの逸話を題材に、荒野に暮らす男とその娘、一頭の馬のたどる運命を描いた作品です。

1889年、イタリアでムチに打たれた老馬車馬を目にしたニーチェは馬に駆け寄ると卒倒し、そのまま精神が崩壊してしまうと言う逸話がベースとなり、美しいモノクロームの映像で全編綴られています。

関連外部リンク

ニーチェについてのまとめ

哲学者ニーチェの一生を様々な角度から見てみると、たった55年の生涯を生きたと思えないほどの、道筋が見えてきました。しかし、どれもやはりニーチェの頭の中から育ってくる枝で、花をつけた物もあれば、その花が摘み取られたものもあります。

もしかしたら、彼はもっと生きて、溢れ出てくる思想を書き残したかったかもしれません。同時に、あまりにも溢れ出てくる想いを受け止め切らずに、精神を破壊するしかなかったのかもしれないとも思えます。

この記事が、ニーチェと言う哲学者の残した言葉を探す「きっかけ」となればと願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。