小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

鍋島直正とはどんな人?生涯・年表まとめ【功績や名言、子孫も紹介】

「鍋島直正ってどんな人だろう」
幕末の佐賀藩って長州藩や薩摩藩より地味だけど、何をしたのかな」

鍋島直正は、幕末の佐賀藩主(第10代)です。

幕末の佐賀藩主、鍋島直正

幕末、薩長土肥とよばれた4つの藩。その中でも佐賀藩、そして佐賀藩主であった鍋島直正については、薩摩や長州、土佐と比べてあまり知られていないのではないでしょうか。

今回は、佐賀藩第10代藩主・鍋島直正について解説します。

鍋島直正とはどんな人物か

名前鍋島直正(斉正、閑叟)
誕生日1814(文化11)年12月7日
没日1871(明治4)年1月18日
生地江戸(佐賀藩邸)
没地東京・永田町
配偶者盛姫(徳川家斉十八女)、筆姫(徳川斉匡十九女)、濱、木村矩欽娘
埋葬場所春日山御墓所(佐賀県佐賀市)

鍋島直正の生涯をハイライト

鍋島氏の居城・佐賀城

鍋島直正は、1814(文化11)年12月7日に父である佐賀藩主・鍋島斉直と母・桃姫(幸姫)の子として生まれました。

1830(天保元)年、数え年17歳の鍋島直正は、藩主に就任しました。直正は、すぐに佐賀藩財政の厳しさを知ることになります。1835(天保6)年、佐賀城の二ノ丸が失火により焼失する事故がおき、この件を機に直正は、本格的に藩政改革へと乗り出してゆきます。

まず、宿願であった財政改革を行います。債務整理と人員整理、殖産興業を行って藩財政を立て直すことに成功します。ついで、藩校・弘道館を充実させてさかんに人材を育成し、優秀な藩士は江戸や長崎に留学させました。また、長崎警備を重視し、西欧の進んだ技術文明を輸入することにとことんこだわりました。洋式銃や鉄製大砲を自作する技術は、当時日本一の洋式軍隊として脚光をあびます。

幕末、王政復古の大号令がくだると、それまで政局から距離を置いていた佐賀藩は、新政府軍として参戦し、いわゆる「薩長土肥」の一角となり、存在感をあらわしました。

じつは江戸っ子だった直正

佐賀藩鍋島家上屋敷(歌川広重「下御門之内」)

鍋島直正は、1815年に江戸の佐賀藩邸に生まれ、そのまま江戸で育ちました。初めて佐賀にお国入りを果たしたのは、藩主に襲封された1830年です。

江戸を発つ際、佐賀藩に代金の支払いをもとめる商人たちが押し寄せます。直正は悪化した藩財政を目の当たりにしますが、この出来事が後世の直正の原点となりました。

高き理想ゆえの現実主義者

理想への道筋を明快に描く「現実主義者」直正

直正の性格は、竹を割ったように単純明快で、しかもブレない「現実主義者」でした。直正にまつわる逸話からも、直正のシンプルな思考がみてとれます。

人材の損失をおそれ幕末の政局から距離を置き、そのために「佐賀の妖怪」と恐れられる
強引な債務整理に対し、商人から「そろばん大名」とよばれた
熱心に西欧の技術を輸入したことに対して「蘭癖大名」とよばれた

しかし、そんな陰口にぶれることなく、藩政改革を成しとげ、人材育成に腐心しました。高い理想をもち、それを実現する。そのために徹底した現実主義者となったのだと考えられます。

反面教師だった父・鍋島斉直

直正の父、第9代藩主・鍋島斉直は改革に失敗している

直正の父・鍋島斉直(1780年~1839年)は、佐賀藩9代藩主です。佐賀藩ではすでに大きな借金を抱えており、改革の必要に迫られていました。しかし、斉直の改革はたて続けに失敗に終わります。

追い打ちをかけるように、長崎港に英国軍艦が侵入する「フェートン号事件」が発生。出費を惜しみ、無断で守衛の人数を減らしていた佐賀藩は幕府から怒られてしまいます(100日の閉門)。

この他にも、火災による江戸藩邸の焼失、本国佐賀での台風被害など、借金はさらに膨らみ続けました。藩政を放り投げるようにして直正に譲り、引退した斉直はその後も派手な余生を送っています。

死因は「肺病」

肺を病んだ晩年の直正

1871年、鍋島直正は東京・永田町の屋敷にて病没します。晩年の直正は肺を病んでおり、呼吸器系の疾患に苦しんでいました。墓地は当初、東京・麻布の賢崇寺境外にあり、頭髪のみ故郷・佐賀の春日山(佐賀県佐賀市)に納められました。平成11年、佐賀・春日山御墓所に改葬されています。

直正の「道」を受け継いだ子孫たち

鍋島直大(1846年~1921年)

鍋島直大

第11代の佐賀藩主。戊辰戦争に佐賀藩兵を率いて従軍したのち、佐賀藩知藩事となるも辞職して岩倉使節団に参加。明治政府にも参画。英国留学を経て駐イタリア特命全権大使となります。帰国後は元老審議官、式部頭などを歴任。侯爵に列しました。

鍋島直映(1872年~1943年)

鍋島直映

旧佐賀藩主・鍋島家の第12代当主。外務省嘱託となり韓国における農地調査などに従事します。帰国後は直大の爵位を継ぎ、貴族院議員として活動したほか、地元佐賀の文化振興・人材育成にも尽力しました。

梨本伊都子(1882年~1976年)

梨本伊都子

鍋島直大侯爵の娘。皇族・梨本宮守正王に嫁ぎました。日本赤十字社で看護学を学び、戦前は傷痍軍人の慰問、戦後は戦争孤児の慰問などの活動を行いました。

鍋島直正の功績

功績1「3つの改革を断行する」

直正が重視した農村政策

行財政改革

直正の3つの改革の第一は行財政改革です。きっかけは火災による佐賀城二ノ丸の焼失。「佐賀城再建・復興」というスローガンを最大限に活用した結果でした。

これにより溜まりに溜まった藩の借金のうち、借財の8割を放棄させ、残りの2割を50年ローンとすることに成功しています。続いて役人の数も5分の1まで減らしました。

一方、商人の土地私有が広がり小作農家した農民のため、いったん藩が土地を収用した上で農民に分配(均田制の採用)し税収を上げます。また磁器や茶葉、石炭などの産業を奨励し短期間で藩の財政を立て直しました。

軍制改革

築地反射炉と大砲

ついで直正は軍制改革を行います。佐賀藩には長崎警護の役目がありつつ、1808年におきた「フェートン号事件」においてはほとんど何もできませんでした。その反省から、直正は西欧の技術を取り入れることを目指します。

例えば、近代兵器に不可欠な製鉄についても、江戸時代の日本に普及していた精錬法では純度の高い鉄が作れませんでした。そのため「築地反射炉」(1850年着工、1852年竣工)をつくりあげます。やがて鉄製大砲の製造に成功するまでになりました。

日本で最初の実用蒸気船「凌風丸」を作り上げた成果も見逃せません。これに先立ち、オランダから購入した電流丸を購入しており、1852年には造船・修理を可能とする「三重津海軍所」を設けました。

医療改革

直正が実施した種痘は、その後全国に拡大

もうひとつ、注目されるのが医療改革です。当時、天然痘が佐賀城下に広がりを見せていました。1849年に藩医・伊藤玄朴が「牛痘の輸入」を進言すると直正はすぐさま長崎出島のオランダ商館を通じ、これを入手しています。その後種痘を実施するのですが、直正はなんと自分の息子・直大にも接種を行いました。このことが種痘の普及に非常に有効でした。

その後の佐賀藩では、漢方医による中国式医療から蘭方医による西欧式医療へと切り替えています。また、佐賀藩は全国に先駆け1851年に医業免許制度を創設しています。佐賀に始まった直正の医療改革は、結果として日本全体をリードする動きとなりここでも先進国・佐賀藩の印象を強めています。

功績2「『佐賀の七賢人』などの人材を残す」

佐賀の七賢人

鍋島直正の功績はまだあります。教育熱心な直正は、多くの藩士に勉学の機会を与え、藩校・弘道館を移転拡充して「蒙養舎」を設立し15歳以下の藩士の教育を行いました。その結果、幕末期の佐賀では、のちに「佐賀の七賢人」とよばれた7名(鍋島直正、江藤新平、大隈重信、副島種臣、大木喬任、島義勇、佐野常民)などの傑出した人物が現れました。

鍋島直正の名言

萬一、願書御差し返し相成り候共、押し返し候ても相願い候様取り計い度候

側近への手紙に書かれた言葉です。意味は、「万一、願書が受理されずに返されたとしても、さらに押し返してでも願い出るよう取り計らいなさい」。オランダから船を購入するにあたり、幕府の許可が必要でした。是が非でも、という決意がみなぎる言葉です。

出府の上も古風押し立て候よう心懸くべく候

息子・直大への手紙に書かれた言葉です。新藩主として旅立つ息子に、「物おじすることはない、堂々と我が家の「古風」でよいのだ」と厳しくもあたたかく激励しています。

鍋島直正にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「妖怪、ソロバン大名…鍋島直正の真価」

改革をまい進する直正には、雑音は耳に入らなかった

鍋島直正にはいくつものあだ名がつけられています。「妖怪」「そろばん大名」「蘭癖大名」…。そこから見え隠れする鍋島直正の真価とはどのようなものでしょうか。

「妖怪」とは幕末の「尊王攘夷」に代表される政争から距離をとりつづけた直正のことを指していました。佐幕派も倒幕派も「佐賀は敵か味方か」と判断がつかず、しかし着々と実力を備えていたため、不安視したのです。しかしそのおかげで、騒動に巻き込まれ落命する藩士はほとんどありませんでした。

一方、「そろばん大名」とは債務整理を断行した直正を指しています。巨額の借財について一部は元金のみ超長期ローン化し、残りは部分的に返済し残額を藩への寄付とすることで処理しました。この一件からは、利発で抜け目ない直正を感じますが、おかげで藩財政は好転し動乱にまけない国造りに成功しています。

都市伝説・武勇伝2「蘭癖は遺伝?島津斉彬との交流」

観光丸に乗り斉彬に会いに行ったこともある直正(画像は凌風丸)

幕末の開明君主として名高い鍋島直正に並び称されるのが、同時期の薩摩藩主・島津斉彬です。この二人、実はいとこ同士でした。直正の母・桃姫、島津斉彬の母・弥姫ともに、鳥取藩第6代藩主・池田治道の娘です。

ともに励ましあい、交流を深めた直正と斉彬。佐賀と薩摩はどちらも海に面した藩であり、その海上を異国船が疾駆しているわけですから、海防意識が高まるのは必然ではあります。しかし、よく似た政策をとっている二人の殿様が「いとこ同士」だったというのは、何らかの遺伝的形質があったとしても不思議ではありませんね。

鍋島直正の簡単年表

1814年 - 1歳
鍋島直正、誕生
成長した直正は、徳川家斉の娘と結婚する

1814(文化11)年、鍋島直正(幼名は貞丸)は、江戸の佐賀藩邸に生まれました。1825(文政8)年、直正は将軍・徳川家斉の娘(盛姫)と結婚します。1827(文政10)年には、将軍・徳川家斉から斉の字を賜り、諱を「斉正」としました。

1830年 - 17歳
藩主に就任
桜の季節の佐賀城

1830(天保元)年、直正は父・鍋島斉直より家督を譲り受け、第10代佐賀藩主となります。同年、粗衣粗食令を発令したほか、長崎にてオランダ商船に乗艦し見学をしています。

1835年 - 22歳
改革のきっかけつかむ
火災が、停滞する改革の突破口となる

1835(天保6)年、佐賀城二ノ丸が火災で焼失。直正は本丸御殿の再建を決定しています。1837(天保8)年、岩田砲術練習場で大砲の試射試験を実施しています。

1838年 - 25歳
本丸御殿再建
佐賀城本丸御殿

丸内に行政機能を集約し、藩政改革を本格化させています。1840(天保11)年、藩校・弘道館の移転拡充。

1844(弘化元)年には火術方を設け、砲術研究を本格化させています。同年、直正はオランダ軍艦に搭乗、視察をしています。

1846年 - 33歳
長男の誕生と妻・盛姫の死
命の儚さを知る直正は、医療を重視した

1846(弘化3)年、直正・盛姫の間に嫡子・淳一郎(のちの鍋島直大)が誕生します。翌1847(弘化4)、産後の肥立ちがわるく盛姫が亡くなりました。1849(嘉永2)年、直正は嫡子・淳一郎に種痘を実施します。同年、直正は筆姫と再婚しました。

1850年 - 37歳
軍制改革、医療改革にまい進
竣工後の三重津海軍所

1850(嘉永3)年、直弘は築地反射炉において鉄製大砲の製造に着手します。翌年には、医学寮・蘭学寮を設置し、医業免札制度を開始するなど医療改革を行いました。

1852(嘉永5)年には鉄製大砲の鋳造に成功しています。この画期的なニュースはすぐさま幕府にも伝わり、大砲50門の注文が舞い込みました。1853(嘉永6)年、直正は蒸気軍艦の購入を申請し、許可されています。

1858(安政5)年、直正は御船手稽古所(のちの三重津海軍所)を設置します。同年には医学寮を移転独立し、好生館と改称します。

1861年 - 48歳
直正、隠居となる
上野戦争における佐賀藩の活躍

1861(文久元)年、直正は隠居し、閑叟と名乗りました。藩主の座は息子・直大へと譲渡されます。翌1862年には卒兵上京を果たし、薩摩派の関白近衛忠煕に「京都守護職を任せてほしい」と主張しています。

1865(慶應元)年、三重津造船所にて日本初の実用蒸気船「凌風丸」が完成しました。1869(明治2)年、直正は北海道開拓使長官、大納言に就任します。

1871年 - 58歳
直正、死す
鍋島直正の銅像

1871(明治4)年、直正は東京・永田町の屋敷で病没しました。

鍋島直正の関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

漫画 鍋島直正

漫画で読むことができる鍋島直正の伝記です。佐賀藩改革に燃える若き日々からスタート、手に汗にぎる展開に思わず息をのんで読み進めてしまいます。Twitterでも話題になった作品です。

かちがらす: 幕末を読みきった男

小説で読む鍋島直正のものがたり。開明君主として佐賀藩の改革にとりくむ、いきいきとした姿が印象的です。こうした作品を原作としたドラマや映画が製作されるといいのに、という期待が膨らんでしまいます。

おすすめの動画

【佐賀城見学】佐賀の鍋島藩は実は凄かった!

佐賀城を見学する動画です。佐賀城内の様子を見ることができ、幕末を中心に佐賀藩の歴史についても解説があります。さまざまな展示をネットで見ることができ、非常に勉強になりました。

関連外部リンク

鍋島直正についてのまとめ

今回は、幕末の佐賀藩主・鍋島斉直の功績や人柄、逸話などについて、簡単な年表とともにご紹介しました。いわゆる幕末の雄藩となるには、藩政改革の成功が必要でした。多くの藩が改革に苦労している中、直正は藩政改革だけでなく、殖産興業や産業革命により近代化を進めています。

直正には、50年100年といった長期的なスパンでの「社会のあるべき姿」が見えていたに違いありません。薩長土肥でもっとも地味と言われる佐賀藩と鍋島直正。この記事を読まれた方に、その隠れた功績を感じていただけたら嬉しいです!

コメントを残す