小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ジェフリー・ダーマーとはどんな人?ミルウォーキーの食人鬼の全て

ジェフリー・ダーマーとは、1970年代後半からアメリカ合衆国を騒がせた、連続殺人犯の男性です。

17人の若い男性を殺害しその死体を損壊、その過程で屍姦や人肉食を行ったことから「ミルウォーキーの食人鬼」という別名で呼ばれるなど、その残虐行為は当時のアメリカで大きく話題となりました。

1978年に撮影されたジェフリー・ダーマーの姿

彼の事件が世間に与えた影響は、恐怖以外の部分も非常に大きく、当時のミルウォーキー警察――ひいては警察組織全体の怠慢を暴く結果につながったことや、ジェフリーが殺人に至ったきっかけの面から、様々な社会問題についての議論に大きく一石を投じる事件としても、彼の起こした事件は有名です。

そのように、たんなる「残虐な殺人鬼」でありながら、社会が抱えている問題に切り込む接結ともなった、ジェフリー・ダーマーという人物。決して褒められた人物ではなく、調べていて愉快な人物でもありませんが、社会問題を考えるにあたって、彼の存在は無視できるものではありません。

ということでこの記事では、「殺人鬼としてのジェフリー・ダーマー」のみならず、彼が社会に与えた影響の観点からも、記事を纏めていきたいと思います。

ジェフリー・ダーマーとはどんな人物か

名前ジェフリー・ダーマー
誕生日1960年5月21日
没日1994年11月28日(享年34歳)
生地アメリカ合衆国、ウィスコンシン州、ミルウォーキー
没地アメリカ合衆国、ウィスコンシン州、ポーテージ、コロンビア連邦刑務所
配偶者なし
埋葬場所不明
罪状殺人罪、死体遺棄罪、死体損壊罪etc
判決終身刑(正確には禁固936年)

ジェフリー・ダーマーの事件・犯行の肖像

読み進める前にご注意ください!!

連続殺人鬼として知られるジェフリー・ダーマーを知るためには、まずは彼が行った犯行を知ることから始めなくてはなりません。

このトピックでは、彼が行なった殺人について、様々な記録に照らしながら纏めていきたいと思います。ショッキングな表現が多くなりますので、苦手な方はご注意の上、簡易年表や次のトピックに進むなどの自衛をお願い致します。

最初の殺人

18歳のジェフリー・ダーマー。この写真が撮影された頃には、既に彼は殺人を犯していたと言える。

ジェフリー・ダーマーが最初に殺人に手を染めたのは、高校を卒業してすぐの1978年の事でした。

両親の離婚と、幼少のころからの精神的な不安定さを抱え、周囲から見放されたままに高校を卒業したジェフリーは、ロックコンサート帰りの19歳の黒人青年、スティーブン・ヒックスと知り合うことになりました。この時には既に同性愛者であることを自覚し、そのことで鬱屈としていたジェフリーは、スティーブンに恋愛的な好意を抱いていたのだとも言います。

両親の離婚に伴い、空き家となっていた自宅にスティーブンを連れ込んだジェフリーは、そこで彼と意気投合。友人として幸せな数時間を過ごすことになりましたが、スティーブンが「父の誕生日を祝うため」に帰宅することを告げると、状況は一変します。

スティーブンを帰したくないジェフリーは、手近にあったダンベルで彼を殴り、気を失った彼を絞殺。死んだスティーブンの衣服をはぎ取って性交を行ってから、ナイフでその腹を切り裂いて血を浴び、床に取り出した内臓を広げて、その上を転がって射精したのだといいます。

被害者の遺体を床下で解体することは、初期のジェフリーの殺人に見られる大きな特徴だった。

そんなおぞましい最初の殺人を終えたジェフリーは、スティーブンの死体を床下でバラバラに解体。しばらくはそのバラバラ死体を手元に置いておいたようですが、次第に腐敗していくそれらに耐えきれず、首以外の部分はゴミ袋に詰めて近くの森に捨てたと記録されています。

こうして最初の殺人を終えたジェフリーでしたが、彼はこの衝動的な殺人をトラウマとして抱え込むことになり、高校時代から兆候があったアルコール依存症を悪化させることになりました。しかしその一方、彼は殺人を止めることはできず、約10年の月日を経て、彼の犠牲者は増えていくこととなるのです。

第二の殺人、第三の殺人

第一の殺人以後、アルコール依存症によって大学への進学も陸軍への就職も上手くいかなかったジェフリーは、最終的にチョコレート会社の工場作業員として就職。その一方で、ミルウォーキーのゲイバーやクラブで睡眠薬入りの酒を作る、少年に自慰を見せつけて保護観察処分を受けるなど、明らかに異常な行動を見せるようになっていきます。

しかしそんな異常行動の一方、記録上は殺人を犯すことはなかったようであり、この頃のジェフリーは異常でこそあれ、最後の一線を超えてはいなかったと言えるでしょう。

泥酔した状態で起こした2度目の殺人は、ジェフリーの人生を決定的に捻じ曲げる。

しかし、1987年に再び自体は動きだしてしまいます。ゲイバーの見習いコックだった24歳の青年をホテルに連れ込んだジェフリーは、翌朝目覚めたときに、その青年が口から血を流して死んでいるのを発見してしまったのです。

泥酔していたジェフリーに、殺人を犯した記憶はありませんでしたが、彼は証拠隠滅のために速やかに行動。スーツケースに死体を詰め込み、拠点にしていた祖母の家の地下で死体を解体。そのバラバラ死体をゴミ収集に出して、殺人の証拠を隠滅しました。

こうして警察の捜査の手を逃れることに成功したジェフリーは、すぐさま次の殺人を行います。

犯行のルーティーンが完成したジェフリーは、そのまま何度も殺人を繰り返していく。

タガが外れたように少年への性的暴行事件を繰り返し、裁判に掛けられていたジェフリーは、判決を待つ1989年3月25日、ゲイバーでレストランマネージャーをしていた黒人青年を、祖母の家に連れ込んで殺害しました。この頃には「睡眠薬入りの飲み物を飲ませ、意識を失った被害者を絞殺し、その死体を解体してゴミ袋に詰める」という、ジェフリーの犯行のルーティーンは完成していたようです。

そして、今回の犯行もすぐには明らかにならないまま、ジェフリーは少年への性的暴行の罪で、1年間の刑務所外労働と5年間の経過観察処分に処されることに。こうして1年の間、週末や夜は刑務所で過ごすことになったジェフリーでしたが、彼の中にある殺人衝動は、もはや止められないところまで来ていました。

繰り返される、止められない殺人

1990年の3月に仮釈放となったジェフリーは、ミルウォーキーのスラム街である北25番街924号のアパートに居を構えることになりました。

こうして新たな暮らしを開始したジェフリーでしたが、彼は新生活が始まって間もない5月、殺人衝動のままに刑務所を出所して間もない青年を殺害。6月にはイスラム系の青年を殺害しました。彼の殺人衝動は、自分では止められないところまで高まってしまっていたのです。

食人行為をはたらくなど、この頃のジェフリーはもはや殺人犯としても異常な側面を見せ始める。

そして6月、ヒスパニック系の青年の殺害によって、危うく犯行が露見しそうになると、彼は2か月ほど冷静に犯行を自粛。そして9月に新たな犯行に及んだジェフリーは、ダンサーの黒人青年をいつものように絞殺した後、その肉を食べるという行為に及びました。その行為がジェフリーに何をもたらしたのかは不明ですが、初めての食人から2週間後、ジェフリーの犠牲となった黒人青年も、ジェフリーの食人の餌食になったことが分かっています。

おぞましいロボトミー手術は失敗に終わったが、結局その犯行は止まらなかった。

そして1991年の2月、新たな犠牲者となった黒人青年に対し、ジェフリーはおぞましいロボトミー手術を実行。「思い通りになる恋人を作り、人恋しさや寂しさを紛らわせたい」という動機に基づくその手術でしたが、それは失敗して青年は死亡。その後もジェフリーは、5月に31歳のろうあ者の男性を手に掛けており、その行為は留まることを知らなくなりつつありました。

そしてろうあ者の男性の事件から2週間後、ジェフリーは14歳のラオス人の少年に再びロボトミー手術を実行しようとします。この時、少年は性的暴行を受けながらも一度は脱走しましたが、睡眠薬によって朦朧とした状態だったために失敗。

全裸でへたり込む少年を発見した目撃者や駆け付けた警察官に対して、ジェフリーが「恋人同士の痴話喧嘩だ」と冷静に説明したこともあり、結局少年もジェフリーの毒牙に消えることとなってしまいました。

17人目の被害者。そして逮捕

少年を手に掛けたジェフリーは、その1か月後にゲイ・プライド・パレードで知り合った黒人青年をアパートに連れ込んで殺害。しかし、その半月後にはチョコレート会社を解雇され、家賃の滞納によりアパートからの退去を迫られることになりました。

しかし彼は、解雇通知を受け取ったその日に、トラック運転手の青年を殺害。そこから半月も立たない7月19日、彼は失業中の白人青年をアパートに連れ込み、殺害しました。この青年が、記録上はジェフリーによる最後の犠牲者である”17人目”ということになっています。

そして、その犯行の3日後に、ジェフリーは逮捕されることとなります。

逮捕された当時のジェフリー・ダーマー。「ハンサムな青年だった」という警官の証言が残る。

次の犠牲者になるはずだった黒人の青年が、ジェフリーの隙を突いて脱走し、巡回中のパトカーに助けを求めたのです。こうして警察に訪ねられたジェフリーは、礼儀正しい応対をしましたが、部屋の中から漂ってくる強烈な異臭を不審に思った警察によって部屋に踏み入られそうになると激しく抵抗。その場で手錠を掛けられ、強制捜査をされることになりました。

こうして白日の下に晒されたジェフリーの部屋は、バラバラ死体を映した写真が散らばり、冷蔵庫からは死体の手や頭部、酸で溶かされた遺体の一部などが発見される、まさに惨状と呼ぶべき場所だったと記録されています。

ともかく、動かぬ証拠を発見されたジェフリーは、この一件でようやく逮捕。記録上は17人とされる多大な犠牲を生んだこの事件は、ジェフリーの異常性を知らしめると共に、人種差別や警察の怠慢など、多くの社会問題を問い直すきっかけともなるのですが、そのことについては後のトピックで詳しく語らせていただければと思います。

ジェフリー・ダーマーの生涯をハイライト

17件ものおぞましい殺人を行ったジェフリー・ダーマーは、犯行の拠点となった、ウィスコンシン州ミルウォーキーで生まれた少年でした。

ミルウォーキーの街の現在。

父であるライオネルは、ジェフリーが生まれた当時は大学で電子工学を学ぶ学生であり、そのため生活はひどく不安定だったと言います。また、母であるジョイスは精神的に不安定な人物であり、次第に険悪になっていく夫婦の間で、ジェフリーは幼少期を過ごすこととなりました。

そのような家庭環境の中で、ジェフリーは精神的に不安定な少年として成長。学生時代には一人で森の中を歩いて過ごすことが多かったことが記録されており、父からもらった昆虫採集用の化学薬品セットにのめりこむような、内気な子供だったことが分かっています。

小動物の死体を集めてホルマリン漬けにするなど、幼い頃から異常な性向を垣間見せていた。

また、幼い頃からネクロフィリア(死体性愛者)としての兆候も記録されており、小動物の死がいや昆虫の死骸を集めて、ホルマリン漬けにして保存していたことも記録されています。また、知能指数自体は高かったものの、学業成績は全く振るわず、彼は周囲から問題児として白眼視される日々を送っていたことも記録され、上手く集団に溶け込めないタイプの子供だったようです。

そして、そんな不仲な両親の関係性は変わらないまま、ジェフリーは問題児として成長していきます。高校の卒業頃には、両親が泥沼の離婚調停を行っていたことも記録され、18歳になっていたジェフリーは両親からともに見放されるようになっていたのです。

孤独なまま社会に放り出され、彼は最初の殺人を犯してしまう。

そして、そんなジェフリーは高校卒業と同時に最初の殺人を犯します。そのまま転げ落ちるように殺人を重ねながらも、彼は表向きは同性愛に悩む影のある青年として、問題行動こそ多く記録されている物の、なんとか社会生活を送っていきました。

そして、17人の犠牲の末にジェフリーは逮捕。犯行を自白した彼は、証拠不十分として起訴を見送られた最初と2番目の殺人を除く15件の殺人の罪で、終身刑に処されることが決定され、ウィスコンシン州のコロンビア連邦刑務所に送られました。

そして1994年、彼はシャワールームの清掃中に、黒人収容者であるクリストファー・J・スカーヴァーによって撲殺され、この世を去ることになりました。その殺害の同期について、クリストファーは「神に命じられてやった」と語っており、その明白な動機は分からないまま、ジェフリーはこの世を去ることになったのです。

食人鬼が生まれた理由――なぜ彼は殺人に走ったのか――

あまりにもおぞましい犯行の実態から、「ミルウォーキーの食人鬼」という別名で語られるまでに至ったジェフリー・ダーマー。

では、そんな犯行の動機は、一体どこから現れたものだったのでしょうか。このトピックでは、彼の生涯から考えられる、彼が殺人に走った動機について、軽くではありますが考察していきたいと思います。

愛情の欠けた幼少期

両親からの愛が欠けた幼少期は、ジェフリー・ダーマーの人格形成に強く影響を与えた。

ジェフリーの誕生当時は学生であり、そのまま研究者となったことで家庭を顧みなくなった父と、精神的に不安定であり、最終的に薬物依存で寝たきりとなった母。ジェフリーの幼少期は、端的に言って「愛情の欠けた幼少期」だったと言えるでしょう。

また、生まれた時期が少し離れていたとはいえ、両親の離婚に伴って弟のデイヴィッドだけが引き取られ、ジェフリー自身は半ば放棄される形で社会に放り出されたことも、彼の価値観が歪んでしまったことに一役買ってしまったように思えます。

父であるライオネルが度々ジェフリーの世話を焼いたり、祖母や義母が彼の事を機にかけていた様子があったり、母が離婚の際にジェフリーを連れて行こうとしたりと、多少の愛情を注がれていた記録はありますが、それも所詮は後の祭りだったのでしょう。

「両親の育て方に全責任がある」というわけではありませんが、そんな愛情の欠けた幼少期が、彼の人格形成に悪影響を及ぼしてしまったことは、ほとんど確実だと思われます。

上手くいかない社会生活

孤独を紛らわせるための酒も、ジェフリーが社会から爪弾きにされる原因となった。

18歳で社会に放り出されたジェフリーでしたが、学生時代から苦痛を紛らわすためにアルコールに逃避していたこともあり、その時点ですでにアルコール依存症らしき症状を発症していました。

そのため、父の勧めで入学したオハイオ州立大学も、授業をまともに受けることなく半年ほどで退学勧告を受けて退学。その後はアメリカ陸軍に入隊し、当初こそ真面目に昇進していくことになりますが、ドイツ勤務となって、免税店で酒が安く買えることになったことで、再び酒浸りの日々を送ることに。

これによって任務をこなせなくなったジェフリーは、兵役満了を待たずに除隊させられることになってしまいました。このような上手くいかない社会生活も、ジェフリーの歪んだ衝動を育てる原因になってしまったのではないでしょうか。

余談ですが、ジェフリーがドイツ勤務をしていた5年ほどの間に、駐留していたバウムホルダー基地の周辺で5件の未解決殺人事件が起きています。これについてはジェフリーも自白しておらず、真相は不明ですが、彼が関わった殺人だという説も根強く囁かれているようです。

向けられる偏見の目

同性愛者だったジェフリーは、周囲の無理解に苦しんでいたのかもしれない。

現在も度々社会問題として取り上げられ、多くの議論を呼んでいる同性愛者に対する差別や偏見の問題。同性愛者としての自覚を持っていたジェフリーも、その偏見の目に対する鬱屈を抱えていたと思われます。

明確な記録として、「ジェフリーが偏見の目に悩んでいた」という言葉は残されていませんが、彼の被害者が全てハンサムな男性であったことや、ゲイバーに入り浸ったり、少年に性的暴行を加えたりしていたことから、彼が自身の性向に鬱屈を抱えていたことは確かに読み取れるでしょう。

記録として何かが残っているわけではない、想像の面が大きい部分ではありますが、周囲からの無理解と偏見に満ちた目が、ジェフリーの犯行を助長した可能性についても、社会問題として考えておく必要がありそうです。

ジェフリー・ダーマーの逮捕――なぜ犠牲者が増えたのか――

犯罪と戦う優秀な人材であるはずの警察だが、当時のミルウォーキー警察はと言うと…

記録上、17人もの男性を殺害し、死体を損壊した罪で逮捕されたジェフリー・ダーマー。しかし、彼の犯行は、後期になるほど行き当たりばったりのものが増え、少し捜査すればジェフリーを逮捕できたかもしれない事件も存在しています。

特に、1991年5月のラオス人の少年の事件はそれが顕著であり、この事件は警察組織の怠慢や、有色人種に対する差別が根底にあるずさんな捜査だったとして、ミルウォーキー警察という組織が、アメリカ中から非難されることとなってしまいました。

また、ジェフリーの犯行は後期に至るにつれて場当たり的になっていきますが、最初の頃から別段難解で頭脳的なものではなく、多少の捜査を行えば解決できただろう部分も多く見受けられていると言わざるを得ません。

ジェフリーの殺人衝動を育てたのが、周囲の無関心や偏見によるものだとすれば、ジェフリーの犯行をみすみす見逃し犠牲者を増やす結果を生んだのも、周囲の無関心や偏見によるもの。どうにも皮肉な構図ではありますが、この部分も社会問題として考える必要がある事柄でしょう。

食人鬼の皮肉な最期――”神”の手に死す――

刑務所で収監中、彼は同じ収容者の手にかかって、この世を去ることになる。

殺人の罪を暴かれ、936年の禁固刑――実質的な終身刑としてコロンビア連邦刑務所に収監されることになったジェフリー・ダーマーは、元FBI捜査官のロバート・K・レスラーとの対談などを経つつ、素直に犯行を認め、粛々と刑に服していたようです。

そして、1994年の11月28日、彼はシャワールームの清掃作業中に、同じ作業をしていた黒人収容者、クリストファー・J・スカーヴァーによって撲殺され、この世を去ることになりました。

逮捕されたクリストファーは、ジェフリーを殺害した動機について「自分は神の子であり、父から彼を殺すように申し付けられた」と意味不明な供述を繰り返したため、その動機の真相は現在もわかっていません。ただ、ジェフリーの被害者に黒人男性が多かったことから、人種差別に関する意思が存在していた可能性があると、現在では考えられています。

ともかくこうして、ジェフリー・ダーマーという殺人鬼は、様々な社会問題を意図せずに提起する形で、この世を去ることになったのでした。

ジェフリー・ダーマーを扱った映画、音楽

ジェフリー・ダーマーを描いた映画のポスター。日本でも数作がDVDとして販売されている。

ジェフリー・ダーマーの殺人や、それに伴う一連の事件は、ショッキングであると同時に社会に大きく影響を与えました。そのため、ジェフリー・ダーマーを描いた映画作品や、彼の事件にインスパイアされた音楽もいくつか存在し、不謹慎とも取れますが、その怪しい魅力で人々を引き付けています。

映画に関しては、日本で発売されているだけで3本。音楽についても3曲が存在し、いずれもジェフリーの所業にインスパイアされた怪しい魅力で、それらを好む層に評価を受けているようです。マニアックなホラーやメタル音楽を好む方であれば、一度触れてみてほしいと思います。

作品それぞれの紹介については、ページ下部の『ジェフリー・ダーマーの関連作品』にて紹介させていただきますので、ぜひそちらも併せてごらんになっていただければ幸いです。

ジェフリー・ダーマーをモデルにしたという殺人鬼、ハンニバル・レクター博士は、ホラー映画を代表する殺人鬼の一人として名高い。

また、大人気となったホラー作品『羊たちの沈黙』に登場する連続殺人鬼、ハンニバル・レクター博士のモデルとなったのは、一説によればジェフリーであるとも言われています。

アンソニー・ホプキンスやマッツ・ミケルセンが演じる、理知的でありながら凶暴な二面性を秘めた殺人鬼の中にも、ジェフリー・ダーマーという食人鬼の存在が息づいていて、それが我々にひと時のスリルを与えていることも、ある種の業深さを感じさせるような気がします。

1 2

コメントを残す