小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

北条政子はどんな人?悪女、それとも有能な将軍?【生涯年表や功績、名言についても紹介】

北条政子の年表

1157年-0歳「政子、誕生」

平治の乱のときの源義朝・矢を受けているのがわかる

保元の乱で始まる・源氏不遇の時代

政子の生まれる前の年に、誰を天皇にするかで問題が発生、戦にと発展しました。この戦で源氏には辛い時代が始まります。

頼朝の父・義朝(よしとも)は後白河天皇方に付いて戦い、見事に勝利を収めますが、戦が終わってみると平清盛を主とする平家の方が優遇されるという、源氏にとっては理不尽な結果が待っていました。

源氏一族の中には不満が積もっていき、後に平治の乱を引き起こしたとも言えます。政子の生まれた前後は、時代も大きく動いていたのです。

平治の乱で頼朝、流罪になる

1159年、頼朝は当時13歳の少年で、この時が初めての戦でした。戦に破れて逃げる途中で、みなからはぐれた頼朝は平家に捕まり、命を奪われそうになります。しかし、平家一族の主である平清盛の義母・池禅尼の強い希望で流罪で済まされました。

平治の乱は、後白河天皇が二条天皇に位を譲ったことで、お互いの家臣同士に勢力争いが起きたことがきっかけとなって戦になりました。源氏一族の中でも、同じ武士でありながら、自分たちよりも優遇されていた平家への怒りが爆発し、参戦しました。

父も兄も平治の乱で亡くした頼朝ですが、伊豆に流罪になったことで、後に政子と巡り合うことになるのです。

1177年 – 20歳「政子、頼朝と結婚」

神奈川県小田原市には石橋山の戦い跡が残されている

流人だった頼朝が挙兵、平家を追い詰める

1180年、後白河天皇の皇子、以仁王が源頼政とともに平家打倒の計画を立て、全国の源氏に挙兵するように求めます。頼朝のところにも書状が届きますが、用心深い頼朝はすぐに動こうとはしませんでした。

しかし計画がバレて以仁王が戦死すると、頼朝も挙兵せざるを得なくなりました。石橋山の戦いでは惨敗、安房国(現在の千葉県)で潜伏生活を送りますが、ここで態勢を立て直して富士川の戦いでは勝利します。

政子と頼朝は鎌倉に居を構え、鎌倉殿、御台所と呼ばれることになるのです。

長女・大姫の婚約

結婚してすぐに長女の大姫を出産した政子は1182年に長男・頼家を出産します。その翌年には大姫が婚約。相手は頼朝が対立していた源義仲の息子・義高でした。義高は人質のようなものでしたが、大姫は幼いながらも義高を慕っていたようです。

結局、頼朝は再び義仲と対立、義仲が滅ぼされたために義高も殺されてしまいます。大姫は最後まで義高を助けようとしましたが、叶いませんでした。これがショックだったのか、大姫は長く病気がちのまま20歳で亡くなってしまいます。

順調に思える政子の御台所としての生活ですが、辛いことも数多くあったのです。

1186年 – 29歳「次女・三幡を出産」

頼朝の弟・源義経
御台所となっても、家族の悩みはなくならなかった

平家の滅亡

1185年の壇ノ浦の戦い。頼朝の弟・義経の働きで平家は滅亡しました。鎌倉幕府は万全になったように思えましたが、この頃から頼朝は義経と対立するようになりました。兄と対決するために挙兵までした義経でしたが、それに失敗、都から落ち延びる他はなくなります。

義経の愛妾だった静御前が鎌倉に連れて来られたのは翌年のことで、政子の望みで舞を披露したそうです。政子は静御前に心を寄せ、身ごもっていた義経の子どもを助けて欲しいなどと、頼朝に対してずいぶんと訴えたそうですが、願いは叶いませんでした。最終的には、京へ帰る静御前とその母に対して重宝を与えたということです。

奥州征伐

最高の技術が使われた金色堂・奥州藤原氏の力がわかる

奥州(現在の岩手県南部)に逃げ延びていた義経が1189年に死亡したのを待っていたかのように、頼朝は出陣、奥州を攻撃します。これにより独自の自治政権を保っていた奥州の藤原氏は滅亡、1190年には頼朝は鎌倉に凱旋し、後白河法皇から官位を授かり右近衛大将に任じられます。

奥州征伐の折りには、政子は鶴岡八幡宮にお百度参りをして、頼朝の勝利を祈願したそうです。政子の願いは神に届いたのでしょう。

その後、1192年に政子は次男の実朝を出産。出産の直前には頼朝が征夷大将軍に任じられ、名実ともに日本で一番の有力者になります。政子と頼朝の人生のピークと言えるときでした。

1199年 – 42歳「頼朝の死」

頼朝の墓・現在の供養塔は江戸時代に島津氏が建てた

相次ぐ家族の死にもくじけなかった政子

かねてから病気がちだった大姫が1197年に20歳で亡くなります。その悲しみも癒えていない1199年、頼朝が落馬をしたことがきっかけで急死してしまいます。

「承久記」には、2人の死にくじけそうになったが、まだ若い長男・頼家のためになんとか踏みとどまったという政子の思いが記録されています。

頼朝の死で家督は頼家が継ぎ、政子は出家して尼になります。法名は安養院(あんにょういん)。政子は御台所から尼御台へと変わっていったのです。

十三人の合議制

せっかくの合議制も効果がなかった

頼朝の死後、すぐに定められたのが十三人の合議制でした。これは頼家一人に政治を任せて置けないという政子と北条時政の考えによってできた制度で、頼家一人が決定権を持つのではなく、13人の老臣たちが合議しなければ何事も決定できませんでした。

頼家のために生きる決意をした政子ですが、決して情に流されて幕府を軽んじることはありませんでした。十三人の合議制は政子が頼家に対して行ったフォローだと言えるでしょう。

しかし、頼家が政治家として成長することはなく、自分の気に入った者だけを重用し、権力を与えてしまうなど、その行動は政子の目に余るものがあったようです。頼家が重用していた比企(ひき)一族は政子によって滅ぼされ、頼家は将軍職を追われてしまいました。

1219年 – 62歳「実朝の死」

寿福寺にある実朝の墓・やぐらという供養堂の中にある

尼将軍の誕生

頼家の次に将軍となった実朝でしたが、元来身体が弱く跡取りもいないままに、暗殺されてしまいます。実朝のために朝廷から次の将軍を迎えたかった政子でしたが、実朝が亡くなってしまうと朝廷は政子の申し出を拒絶します。

ここでも政子はくじけることなく、摂関家から将軍を迎えます。これが藤原頼経でこのときはまだ2歳の幼児でした。政子は頼経の後見役という名目で、政治を担うようになり、尼将軍が誕生したのです。

しかし政子の行為は、権力を復活させたいと願っていた後鳥羽上皇にとっては我慢のならないものだったのかもしれません。このときから幕府と朝廷は対立を深めていきます。

承久の乱

政子のおかげで武士たちは一つの方向を見つめることに

1221年、ついに後鳥羽上皇は京都守護を襲撃、幕府に対して挙兵します。そして北条義時(政子の弟)を討つようにとおふれを日本全国に発しました。幕府は朝廷と戦う決意をしましたが、大半の武士は朝廷に対して恐れを持っていました。

このままでは戦えないと危ぶんだ政子は「最期の詞」を武士たちに語りかけます。武士たちが安心して暮らせる世の中になったのは、頼朝のおかげだと再確認をさせた上、朝廷をたぶらかす者が存在しているからこそ、このような間違った命令(義時追討)が出されるのだと武士たちに伝えたのです。

武士たちは政子の語りかけに、帝に楯突くわけではない、たぶらかした者と戦うのだと安心する気持ちと、間違いを正して武士の世を守るのだという奮起する気持ちの両方を感じたことでしょう。

結果として幕府は大勝利を収め、後鳥羽上皇は流罪となります。政子が尼将軍としての実力を発揮したわけです。

1225年 – 68歳「政子の死」

政子と実朝の墓がある寿福寺・本堂前の山門

「伊賀氏の変」北条家の跡取り問題を政子が解決

1224年、政子とともに承久の乱の戦後処理を行っていた弟の義時が急死します。義時の長男の泰時は知識もあり、実績も積んでいたため、次の執権として期待されていましたが、異母弟の北条政村を擁立する動きがありました。政村の母で義時の後妻だった伊賀の方が、有力者だった三浦義村と結託しようとしていたのです。

政子は直接義村の屋敷に乗り込み、泰時が次の執権にふさわしいと道理を説きました。義村は平伏してこれを聞いたといいます。伊賀の方も伊豆に追放され、跡取り問題は見事政子によって解決されました。

この事件は伊賀氏の変と呼ばれていますが、政子が亡くなる直前まで幕府のために行動していたことがよくわかります。

亡くなって初めて平穏が訪れた?

政子が穏やかな最期を迎えたことを信じたい

1225年に政子は亡くなります。死因ははっきりとわかっていませんが、病の床についたと言われていますから、陰謀に巻き込まれたということはない、穏やかな最期を迎えたのではないでしょうか。享年は69歳でしたが、当時としては決して早すぎる死ではなかったはずです。鎌倉から出土した人骨を調べた結果、平均寿命は24歳という説もあります。

波乱万丈の人生が終わって初めて政子に平穏な時が訪れたのかもしれません。政子は神奈川県鎌倉市の寿福寺に葬られたようです(勝長寿院、安養院にも墓があるため)。この寿福寺はもともと頼朝の父の屋敷があった場所で、頼朝は最初に幕府をこの地に置こうと考えていたようです。

源氏にゆかりのこの寺で、政子は今でも実朝と親子水入らずを楽しんでいるはずです。

北条政子の関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

北条政子

永井路子さんの「北条政子」は、長い間読みつがれてきた作品です。歴史上に起こった出来事は変えることができませんが、この作品を読んでいると、政子という女性が何を考えて生きてきたのかを考えさせられます。

実の子どもを殺害したとも言われますが、決してそんなことはなく、政子は自分の選んだ人生をひたすら真面目に生き続けたのではないかと思えるのです。

この作品を読むことで、政子を1人の女性として親しみを持って受け止められるはずです。

龍になった女-北条政子の真実-

現在さまざまな憶測で語られ、虚像が一人歩きをしているように思われる北条政子の真実が、この作品で明らかにされています。伊豆国という当時の田舎で、自分が何者なのか探っている一人の少女・政子の姿は現在の私たちにもとても親しみが持てます。

これから彼女を待っている辛い出来事の数々を私たちはすでに知っているために、余計政子を応援し、励ましたくなります。

今から800年近くも昔のことなのに、なぜか自分の若いときの苦い思いに出会ったような気になる作品です。

関連外部リンク

北条政子-Wikipedia
鎌倉の歴史上の主な人物
源頼朝の妻「北条政子」

北条政子についてのまとめ

北条政子について、歴史上の出来事からその人柄を探ってきました。彼女が有能な政治家であったとともに、思いやりのある母親であったこともわかったのではないでしょうか。

江戸時代までは政子の評価はとても良かったといいます。しかし江戸時代になり、儒教的な思想が重んじられるようになると、女性の身で第一線に立って政治を行ったこと、政子の実家が源氏に取って替わったことが非難の対象になってしまいました。

これはとても残念なことです。ぜひ、もう一度政子の姿を確認して、その価値を確かめるべきです。

現在はまだ女性が活躍をしているとは言い難い世の中ですが、政子の生きる姿を振り返ることで私たちもたくさんのことを学べるはずです。

1 2 3

コメントを残す