小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ヴィクトリア女王とはどんな人?生涯・年表まとめ【功績や性格も紹介】

ヴィクトリア女王は、19世紀に大英帝国が最も繁栄していた頃に、王位についていたイギリスの女王です。大英帝国全盛期の時に王位についていたため、時代の象徴として「ヴィクトリア朝」と言います。イギリス人にとっては栄光の象徴であり、誇りなのです。

ヴィクトリア女王

そんな華やかなイメージの、ヴィクトリア女王はどんな人だったのか、名前は知っていても実際は良く知らないという方も多いのではないでしょうか。ヴィクトリア女王のイメージと言えば、シャーロックホームズシリーズに出てきていたイメージが強い方も多いようです。

実は彼女は、性格的に直情的なところはありましたが、王としての責任感に富む女性でした。かなり気の強い性格で、そこが良い方向にも悪い方向にも向いていた女性と言えるでしょう。そんなヴィクトリア女王を、ベルサイユのばらの影響で、ヨーロッパ貴族が大好きな筆者が詳しく解説していけたらと思います。

ヴィクトリア女王とはどんな人物か

名前アレクサンドリナ・ヴィクトリア
誕生日1819年5月24日
没日1912年1月22日
生地イングランド・ケンジントン
没地イングランド・オズボーンハウス
配偶者アルバート・オブ・ザクセン=コーブルグ=ゴーダ
埋葬場所イングランド・フロッグモア

ヴィクトリア女王の生涯をハイライト

ヴィクトリア女王

ヴィクトリア女王の人生をダイジェストすると以下のようになります。

  • 1819年  父ケント公と母ヴィクトリア妃の間に生まれる。
  • 1837年  18歳でイギリス女王に即位
  • 1840年  ザクセン=コーダルク=ゴーダ公国の公子アルバートと結婚する
  • 1861年  アルバートが薨去する、その後喪に服し公務を退く
  • 1886年  ベンジャミン・ディズレーリに励まされ公務に復帰する
  • 1876年  インド女帝になる
  • 1901年  脳出血により崩御(享年81歳)

ヴィクトリア朝に築いた帝国主義

1909年のイギリスの地図

ヴィクトリア朝の特徴と言えば、大英帝国の領土拡大でしょう。大英帝国は世界中の、非白人国家・民族集団に覇道の限りをつくし、地球の全陸地の4分の1、世界人口の4分の1を支配する最大帝国となっていました。

大英帝国維持・拡大の為にこの時期は積極的に戦争をし、ヴィクトリア朝において戦争をしていなかったのは、64年間の間でたったの2年だったといいます。ヴィクトリア女王は、非白人国家における帝国主義に賛同する立場をとっていました。

「イングランドの偉大さの秘訣」
アフリカ黒人王に聖書を渡すヴィクトリア女王

なぜならば、「平和を維持し、現地民を教化し、飢餓から救い、世界各地の臣民を忠誠心によって結び付け、世界から尊敬される英国の帝国主義である。英国の領土拡張は弱い者イジメではなく、英国の諸制度と健全な影響を必要とあれば武力をもって世界に押し広げるものである。」とするディズレーリ内閣植民相カーナーヴォン伯爵の見解を熱烈に支持していた為といいます。

世界中の植民地の多様な人種を「女王陛下の臣民」と位置づけていたのです。これは、王が女性であることが良い方向に働いていたといいます。被支配民の間で「帝国の母」としての慈しむイメージが広がっていて、大英帝国への支配の抵抗心を和らげる効果があったといいます。

ヴィクトリア女王に関連する人物

ヴィクトリア女王に関係する人物は、長い治世で沢山いましたが、特に大きく影響を及ぼした人物を時系列であげていきたいと思います。

アルバート・オブ・サクス=コーブルク=コバーク=ゴーダ公子

夫のアルバート公

イギリス女王の夫として、イギリス議会で唯一「プリンス・コンソート」の称号を認められた人物です。出身はドイツ国の貴族であり、イギリス系の婚姻を望んでいたエリザベスの父は反対していたといいます。しかし、エリザベスの一目ぼれにより、結婚しました。出産と育児に追われる女王に代わり、公式行事の出席などをこなし、君主の役割を果たしていました。

その後は、女王とアルバートの共同統治に近い体制をとっていたといいます。首相のメルバーン子爵も「アルバート公は実に頭の切れるお方です。どうかアルバート公のおっしゃることをよくお聞きなさいますように。」と進言したという逸話も残っています。

第2代メルバーン子爵ウィリアム・ラム

メルバーン首相

ヴィクトリア女王就任時の首相を務めていました。先進的な思想のホイッグ党所属でしたが、本質的には保守主義・貴族主義だったといいます。洗練したマナーと話術を持ち、ヴィクトリアに早々気に入られ、半ば個人秘書のようになっていたといいます。二人の関係は君臣を超え、父子の関係のように見えたと言われるほどでした。

ヴィクトリアの日記には毎日のように、「メルバーン卿」「M卿」と名前が書かれるほどでした。しかし、議会においての求心力が次第に低下していったメルバーン公は、ヴィクトリアに辞表を提出したといいます。ヴィクトリアの衝撃は大きく、泣き崩れたといいます。

首相サー・ロバート・ピール

首相サー・ロバート・ピール

1841年メルバーン首相が退陣した後に、保守党から首相に就任しました。当初、ヴィクトリアはピールのそわそわした態度を嫌っていたといいます。ピール自身も女王を苦手に思い、出来るだけ宮殿に長時間いないようにしていました。しかし、アルバートと関税大幅減税・取得税導入などを推し進めると、次第にヴィクトリアもピールに信任を寄せるようになったといいます。

しかし1845年に「ジャガイモ飢饉」が起こり、100万人という餓死者が出ました。その為ピール首相は保護貿易主義の穀物法を廃止するように働きかけました。ヴィクトリア夫妻も賛同し、ピールを尊敬したといいます。しかし地元貴族などの反対にあい、「穀物法廃止法案」と差し違える形で総辞職しました。

大蔵大臣・庶民院院内総務ベンジャミン・ディズレーリ

ベンジャミン・ディズレーリ

1868年2月に首相に就任しました。アルバート亡きあと、10年の引きこもり生活を送っていたヴィクトリア女王を、立ち直らせた人物です。アルバート崩御後に、「アルバート記念碑」を建てたことにより、女王は「アルバートの死去後、多く者が私を憐れんでくれたが、私の悲しみを本当の意味で理解してくれた者はディズレーリだけだった。」と語っています。

その寵愛ぶりはかつてのメルバーン卿を超える勢いであったといいます。彼を気にかけ、サポートするために公務に復帰しました。彼が首相を辞職後も、文通のやり取りが続いていたといいます。

ディズレーリの訃報を聞いたとき、ヴィクトリア女王は悲しみのあまりしばらく口をきけなかったそうです。そして彼の葬儀後、埋葬された教会に「君主であり友人であるヴィクトリアR&Iから、感謝と親愛をこめて」という記念碑を置かせました。

ウィリアム・グラッドストン

ウィリアム・グラッドストン

1868年11月にグラッドストンは、ディズレーリ―の後に首相に就任しました。しかし、女王はグラッドストンを毛嫌いしていたといいます。女王はディズレーリ―解任後は、再び公務に参加しなくなっていました。グラッドストンは公務復帰を度々要請したといいますが、そのたびに女王は退位をちらつかせて拒否をしていたといいます。

グラッドストンには君主は象徴的役割に限定されるべきという持論を持っており、女王を政治から遠ざけようとしていたといいます。女王に相談もせず、強硬的な政治を行おうとしました。女王は皇太子への手紙に、「女王に相談すべき大問題なのに女王を完全に無視するこの恐るべき急進的政府には仮面を付けた共和主義者が大勢いる」と怒りを露わにしています。

グラッドストンが高齢の為に総辞職をする際には、女王は大喜びをしたそうです。

ジョン・ブラウン

ジョン・ブラウン

ヴィクトリア女王の使用人をしていたスコットランド人男性です。長く女王に仕え、寵愛を受けました。その寵愛ぶりから生前の時から、秘密結婚をしたとも噂されました。この当時伴侶を失った君主が使用人と私的な関係になることは、しばしばあったといいます。

ヴィクトリアは自身の死後に、自らの棺にブラウンの髪一房と写真、それにブラウンから女王に捧げられたブラウンの母の指輪を置くよう侍医に命じたと言います。そしてその命令は実行されたといいます。しかし、はっきりしたことはもちろんわからず、真相は永久に闇の中です。

ヴィクトリア女王の容姿・性格は?

1861年の女王、小柄なのが分かります。

ヴィクトリア女王は、非常に小柄でふくよかな人だったそうです。身長は145センチでアルバートの結婚の時には既に56キロあったといいます。60代の頃には75キロにもなっていたといいます。肥満体質は女王自身も若いころは気にしていたらしく、「ハノーファー家はもともと太りやすい体質です」と慰められたこともあったといいます。

またヴィクトリアは短気で直情型で、理屈の通らない人だったと伝わっています。自身もそれを自覚していて、「意見されるほど感情が高ぶりやすい性格」と語っていたといいます。ヴィクトリアの身近にいた人は、後に「女王陛下とうまく付き合うコツは、決して拒まず、決して反対せず、受け入れ難い女王の要求に対しては、時々物忘れをすることだ」と言っていたそうです。

ヴィクトリア女王の評価

ヴィクトリア一家の肖像画

ヴィクトリア女王の評価は、君主としての能力は乏しかったけれども、夫のアルバートが有能だったということです。しかし、大英帝国の「帝国の母」という象徴的な面での功績は大きかったと言われています。

ヴィクトリア女王の治世は、産業革命があり、経済が急激に発展した時期でした。また、世界の4分の1がイギリスの領地という、大英帝国の繁栄の象徴ともなったのです。また、ヴィクトリア女王とアルバート公の家庭は、イギリスの中産階級の理想像であったといいます。

ヴィクトリアとアルバートは生涯仲睦まじくあり続け、多くの子供をもうけました。一家団欒の様子を写真や絵画に収め、その姿は賛美の対象となったといいます。こうして、皇室が理想を描き、象徴となる役割を果たす現在に続くスタイルを確立していったといいます。

ヴィクトリア女王の功績

功績1「日の沈まない国、大英帝国の女王になったこと」

帝国の母のイメージを植え付けたヴィクトリア女王

やはりヴィクトリア女王の一番の功績は、「日の沈まない国、大英帝国」の女王になったことでしょう。女王は帝国主義を指示し、植民地の民を「女王陛下の臣民」という立場をとりました。女性と言うことも影響し、世界中の臣民たちの「帝国の母」として、「子供」たちである世界中の臣民たちに慈愛を注ぐイメージがついたといいます。

カナダのインディアンはヴィクトリアのことを「白い母」と呼んで敬意を払っていたといいます。また、ジャマイカの黒人が反乱を起こし裁判所を襲撃したときも、「我々はヴィクトリア女王陛下に反乱を起こしているわけではないから、陛下の所有物を略奪してはならない」といい、囚人服は置いていったといいます。

中国香港にあるヴィクトリア女王像

ヴィクトリア治世は次代の王エドワード7世に引き渡したころには、政治権力面では大きく弱体化していましたが、国民の人気は非常に高まっていました。世界各地には今でもヴィクトリアの世界中の地名として残っており、世界中にその名を刻むこととなったのです。

功績2「インド女帝になったこと」

スターオブ・インディア勲章

1857年インド大反乱が起こり、これにイギリスが勝利し、統治するようになりました。そのためヴィクトリアは「インド女帝」と俗称されるようになったといいます。女王は日記に「巨大な帝国に対して直接責任を負う事に大きな満足感と誇りを覚える」と記したといいます。

ヴィクトリア女王は再反乱を防ぐには自らの「慈悲深い母」のイメージを前面に出すべきであると考え、信仰の自由を保障することをインド臣民たちに布告したといいます。そして、「女王は人種に寛大」というイメージを植え付けることに務めました。

女王にイギリス王冠とインド皇帝冠を交換しようとする風刺画

そして1876年に、ヴィクトリアは「インド女帝」という称号を正式に得たいと申し出、正式に承認されました。これにより「インド女帝」の称号を正式に獲得し、サインも「Victoria R&I」と女王と女帝の表すアルファベットを使用するようになったのです。

功績3「ロンドン万国博で大英帝国の存在感を示したこと 」

ロンドン万国博水晶宮外観

1851年の第一回ロンドン万国博は夫のアルバートが取り仕切り開催されました。女王暗殺を恐れて、開会宣言を内輪で行うべきだという意見もありましたが、最終的に女王の意見でヴィクトリア自身が開会式の挨拶を執り行いました。

女王は万国博の数か月間は万国博へ精力を注ぎ、万国博の全てを見学しようと一週間に数回も水晶宮を訪れたという逸話も残っています。この万国博は、大英帝国の存在感を強く示すことになりました。

水晶宮の中の様子

ロンドン万国博は世界30か国以上が参加し、世界各地の10万点という展示品が飾られたといいます。外装は、デヴォンシャー公爵所有の豪邸チャッツワース・ハウスの温室をモデルにデザインされ、30万枚のガラスで覆われた当時先端の印象を与える作りとなっていました。結果的に万国博は大成功をおさめ、140日間の間に延べ600万人以上の人が訪れたといいます。

ヴィクトリア女王の名言

ヴィクトリア女王の肖像画

私は敗北の可能性にはまったく興味がない

ヴィクトリア女王の気丈さが伺える言葉です。この心がけで万事を取り組んでいったからこそ、大英帝国が威厳を感じさせていたのかもしれません。

ヴィクトリアの戴冠式の様子

私が王位につくのが神の思し召しなら私は全力を挙げて国に対する義務を果たすだろう。私は若いし、多くの点で未経験者である。だが正しいことをしようという善意・欲望においては誰にも負けないと信じている。

自らが即位時の日記に記していた言葉です。力強い決意が感じられます。王としての責任感を強く感じ、立ち向かおうとしている様子がわかります。

ウィンザー城でのアルバートとヴィクトリア

貴方は私が君主であることをお忘れなのね。今は議会の会期中であり、私が行わねばならない執務も山のようにあります。ほんの2、3日であっても私がロンドンを離れることは許されないのです。

こちらは、新婚旅行について夫アルバート公に言った言葉といいます。例え新婚であったとしても公務をおろそかにしない責任感の強さを感じることができます。

ヴィクトリア女王の人物相関図

1 2

コメントを残す