小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

織田信秀とはどんな人?生涯・年表まとめ【功績や死因、逸話まで紹介】

織田信秀は戦国時代の尾張国の戦国大名です。NHK大河ドラマ「麒麟が来る」で知名度は上がってきましたが、ある程度歴史に興味がある人でも、

「織田信長の大河ドラマに少しでてたっけ」

「織田信長だったら知っているけど…」

という方が多いのではないでしょうか。彼は織田信長の父であることが先行している武将です。

織田信秀像

キャラが濃くて下剋上を築いた息子の陰に隠れがちの人物ですが、実は織田家を一代で大きくした、凄い人物なのです。彼の戦術や方針は息子の信長にも多大な影響を与えています。

この記事ではそんな織田信秀について、人物像や功績、生涯などを、幼少期から戦国時代の本を読み漁ってきた筆者が掘り下げていきたいと思います。

織田信秀とはどんな人物か

名前織田信秀
誕生日1511年
没日1552年3月27日
生地尾張国(愛知県)
没地尾張国(愛知県)
配偶者織田達勝の娘・土田御前・織田敏信の娘・養徳院殿
埋葬場所愛知県の亀岳林萬松寺

織田信秀の生涯をハイライト

父は尾張の清州三奉行の一人だった

織田信秀は1511年、尾張国の勝幡城主で、清洲三奉行の一人の織田信定の長男として生まれました。織田信定は尾張の守護代織田氏の一族で、尾張下四郡を支配する守護代「織田大和守家」という本家の庶流の家でした。勝幡城に居を構え、伊勢湾に近い木曽川に臨む港と牛頭天王社(津島神社)の門前町として繁栄していた津島を支配している一族だったのです。

当時の尾張の勢力図、当時斯波氏が守護で織田家は家臣だった

1526年または1527年に父信定より家督を譲られ当主となっています。1532年に主家の織田達勝と清州三奉行の一人織田藤左衛門と争いますが、和議をしています。この時自らの権威を示すために、京都から蹴鞠の宗家飛鳥井雅綱や公家の山科言継を招いて勝幡城で、蹴鞠の会を開いています。この会には沢山の聴衆も集まったといい、翌月には主家のある清洲城に移して、連日開催されたといいます。

戦国の覇者、織田信長が誕生する

1534年に息子の織田信長が生まれています。その後1538年今川氏豊の居城那古野城を奪い取り、ここに居城を移して愛知郡(現在の名古屋市)に勢力を拡大しました。1539年には古ノ城も制圧して、熱田も勢力下に置いています。1546年に息子信長に那古野城を譲り、1548年に末森城(名古屋市千種区)に城を築いてそこに移り住んでいます。当時戦国大名は居城を動かさない者が多く、とても特異な戦略でした。

1535年に松平清康が家臣に暗殺された隙をついて三河を攻め、1540年に安祥城を攻略して庶子の織田信広に任せています。そして1542年の第一次生豆坂の戦いで勝利を収め、この年に京に上洛し12代将軍足利義輝に謁見しています。また事あるごとに朝廷に献金をし、朝廷重視の姿勢を示したといいます。

斎藤道山

1542年に、美濃国で斎藤道山に国を追い出された守護の土岐頼芸・頼純親子を庇護し、斎藤道山と戦闘を重ねていました。こうして信秀はその頂点で、主家への臣従関係は保ちつつ、地位や権威は主家やその主君である尾張守護斯波氏をも上回り、弟の織田信康や織田信光ら一門を尾張の要所に配置し、尾張国内の他勢力を圧倒する戦国大名の地位を築いていきました。

1544年斎藤道山の居城、稲葉山城を城下まで攻め込むも大敗し、同じ年に尾張国内の織田信清と織田廣貞が謀反を起こし鎮圧します。そして斎藤道山が尾張に攻め込まれ、岡垣城を取り戻されています。しかし1547年には、三河の松平広忠を攻め岡垣城を降伏させ、嫡男の竹千代(後の徳川家康)を人質に取っています。

斎藤道山との講和の一環として濃姫は織田信長に嫁いでいます

しかし同年に再度今川氏との第二次小豆坂の戦いで、敗北しています。次第に今川・斎藤に両家に推され気味となり、1549年に斎藤氏と和睦しその条件として息子の織田信長と、道山の娘濃姫の婚姻が成立しました。しかし今川家との戦は続き、西三河の織田の拠点であった安祥城を陥落され、息子の織田信広を人質に取られてしまいます。その時に竹千代と織田信広の人質交換が行われ、織田氏は三河の勢力を失くしてしまうことになりました。

1550年頃から病気がちになり、息子の信長が代行して業務を行うようになってきました。その後も今川氏の攻撃により、領地を攻撃され勢力が削られていくという困難の中、1552年に死去しました。享年42歳でした。家督は嫡男の信長が継ぎました。

独特な戦略で勢力を拡大した

末森城跡

織田信秀が勢力拡大のためにに行った方法が、拠点を移動しながら領地を拡大していくという独特の戦略でした。10年の間に

  • 1538年 那古野城を今川氏から城を奪い、居城とする
  • 1539年 古渡城に拠点を移動し、熱田を経済的基盤とする
  • 1548年 末森城を築城し、拠点とする

3回居城を変えて、その土地の経済基盤を作っていきました。多くの戦国武将は居城を動くことはなく、織田信秀独特の方法でした。この方法は息子の織田信長にも受け継がれることとなりました。

人脈の活用を欠かさなかった

織田信秀は公家とも繋がりをもっていた

1532年に同じ織田一族の清州織田氏と合戦を行っています。このときにわざわざ京都から公家を呼び出し和睦することで、自分が公家と人脈があることをアピールしています。この行為は、自分が相手が主君であっても交渉の主導権を握ることができるということを示す狙いがあったと考えられています。

自分の持つ力をうまく宣伝して、信秀は勢力を広げる事に成功しています。その他にも上記に述べた居城を転々としながら領地を拡大といい、頭が柔軟で切れる人物だったといえます。そうした手腕から、自身の織田家を一番力の強い、尾張一の勢力になったのです。

尾張の虎と呼ばれた戦上手

小豆坂古戦場跡

織田信秀は主君である斯波氏を上回る勢力で尾張を代表する勢力となったのには、やはり戦の腕前があったといえるでしょう。非常に野心家であり勇猛だった信秀は「尾張の虎」と恐れられたといいます。領土拡大に繋がった戦は以下の通りです。

  • 1540年 松平氏の安祥城を奪い、三河に勢力を拡大させる
  • 1542年 松平清康死後の土地を巡り、今川義元軍に勝利する
  • 1548年 美濃国の大垣城を斎藤道山から一時奪うことに成功する

織田信秀は常に隣国と戦闘を繰り返していました。東方の松平氏と今川氏、北方の斎藤氏と常に緊張状態にあったのです。特に有名なのが1542年の戦いは「第一次小豆坂の戦い」と呼ばれる戦いです。両軍が岡崎城近くの小豆坂で対戦し、奮戦の末勝利を収めたといわれています。今川氏は「海道一の弓取り」と呼ばれる東海道で一番強いと言われる武将でしたが、勝利を収めたのです。

死因は流行り病や脳卒中が有力…?

寒さで急激に血圧が上昇し脳出血を起こした可能性も指摘されている

織田信秀の死因は流行り病や脳卒中という説が有力です。居城である末広城で倒れ、間もなく死亡したといいます。酒好きであったとも伝わっているので、不摂生が祟ったという説もあります。信長の家臣がつけていた記録では「疫病」と記されています。

この記録から「流行り病」が一番有力な説なのですが、上杉謙信と亡くなった時の状況が似ていた為、脳卒中ではないかという説も根強くあります。上杉謙信と織田信秀はどちらも3月に倒れ意識不明になりそのままなくなったといいます。その当時は脳出血とがわからず、流行り病と記されたのではないかという考えです。

織田信秀の功績

功績1「一代で織田家の力を強めたこと」

勇猛果敢なことから「尾張の虎」と呼ばれた

織田信秀は勇猛果敢な武将と知られていますが、実は決して恵まれた立場ではありませんでした。しかしその中で主君の「斯波氏」を上回る勢力を身につけたのです。その原動力は「尾張の虎」と異名を取った野心家であることに関係しています。

織田信秀は「弾正忠家」だった

織田信秀が活躍した時代、尾張国は守護が斯波氏、守護代に「清州織田氏」がついていました。その下に清州三奉行がおり、その一人が織田信秀のいる「弾正忠家」でした。要は領主の家臣の家臣です。この織田一族も絶えず一族間で領地争いをしているような家でした。その弱小織田家をまとめ上げ戦国織田家の基盤を作ったのが、織田信秀だったのです。

功績2「経済力で地位を築いたこと」

尾張内の織田信秀の勢力図

織田信秀は尾張国の経済対策に力をいれました。経済基盤となりうる木曽川舟運で栄える津島湊と、伊勢湾海運で栄える熱田湊を抑え、商人と結びついて莫大な財を築いたのです。その財力は清州織田家を凌ぐほどの額だったといわれています。その経済基盤を利用して、

  • 朝廷に献金し、足利義輝と謁見する
  • 伊勢神宮遷宮に献金
  • 内裏修理のために献金

を行うことによって、朝廷の信用を得ることに成功しています。朝廷から従五位下に叙位し、備前守という役職を手に入れています。経済的基盤が勢力拡大に重要だと見抜き、行動した結果といえるでしょう。

功績3「息子、信長の才能を見出したこと 」

奇抜な恰好で素行も悪かった織田信長

織田信秀は「大うつけ」と呼ばれていた織田信長の才能を見抜いていました。信長は三男ですが、正妻の息子なので順当に家督を継ぐ理由はありました。しかし今でいう不良少年のようなものだったのです。多くの人は信長の行動を見て落胆し、品性素行な弟の織田信行の方を高く評価していました。

しかし織田信秀は、小さいころより那古野城を与えて、後継ぎであることを周囲に示していたといいます。わざわざ京都から先生に相応しい人を集め、武術の先生、学問の先生というように一流の教育を受けさせています。息子への教育にお金を惜しまずかけていることから、信長への期待が伺えます。

織田信秀の名言

織田信秀の言動は、息子の信長のように余り残っていません。ただし将軍足利義晴宛ての書状が残っており、そこから人となりを考察することが可能です。

織田信秀の幕府に対する書状

上様(室町幕府第十二代将軍・足利義晴)からの御依頼の通り、進士修理進殿が東国へ下向される際、尾張領内における道中の安全は、しかと承りました。これくらいの事ならば、いつ何時でも御命じくださいませ。決して粗略にはいたしません。

幕府の依頼を快諾して、この程度のことならいつでも申してくださいと言っています。この文章は、織田信秀が朝廷だけでなく幕府に対しても目配りを欠かさなかった貴重な資料といわれています。また幕府が織田信秀宛てに書状を送っているということに、実質的な尾張の支配者であると認識していることが分かったのです。

織田信秀の人物相関図

織田信秀やその周りの人々
1 2

コメントを残す