小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ジャン=ポール・サルトルとはどんな人?生涯・年表まとめ【名言や功績も紹介】

ジャン=ポール・サルトルは、20世紀に活躍した哲学者です。「実存主義」という思想を唱えたことで知られ、その思想に基づいた小説作品「嘔吐」を著した小説家としても知られています。

ジャン=ポール・サルトルの写真

「実存は本質に先立つ」という、彼の現実に根ざした思想解釈は、絶対的な存在による不確かなものよりも、現実的な視点を伴った思想として、現代社会においては割合マジョリティ寄りの考え方だと言えそうです。”神の不在”を唱えた思想家としてはニーチェがとりわけ有名ですが、サルトルもまた”神の不在”を唱えた思想家だと言えるでしょう。

また、思想家としての側面だけでなく、一人物としても多くのエピソードを残しているのがサルトルの面白い所。特にボーヴォワールとの関係や、ノーベル文学賞とのかかわりなどは、サルトルの人間性や考え方を色濃く表す部分となっています。

ということでこの記事では、サルトルの思想哲学分野の業績だけでなく、一人物としての面白さに関しても解説していきましょう。

サルトルとはどんな人物か

名前ジャン=ポール・サルトル
誕生日1905年6月21日
没日1980年4月15日(享年74)
生地フランス共和国(第三共和政下)・パリ
没地フランス・パリ
配偶者なし(内縁上はシモーヌ・ド・ボーヴォワール)
埋葬場所フランス・パリ・モンパルナス墓地
代表的な著作『実存主義とは何か』、『存在と無』、『嘔吐』など

サルトルの生涯をハイライト

幼い頃のサルトル。年代は不明だが10代前半頃の写真か。

1905年、パリに生まれたサルトルは、生後15か月で父を亡くし、母方の祖父に引き取られるという形で人生の幕を開けました。

祖父であるシャルル・シュヴァイツァーはドイツ語の教授であり、幼いサルトルは非常に高い水準の教育を受けられたようですが、一方でサルトルは3歳の頃に右目の視力をほぼ失い、以降の人生を極度の斜視として過ごすことにもなってしまいます。

サルトルと写真に映る若きボーヴォワール。

そのまま、多くの挫折を味わいつつも知識人階級として学問に高い適性を発揮したサルトルは、1929年に哲学教員になり、同時期にシモーヌ・ド・ボーヴォワールと契約結婚の関係を結ぶことになります。この関係は幾度かの波乱はありつつも、サルトルがこの世を去るまで続きました。

その後は教鞭をとる傍ら、1938年に小説作品『嘔吐』を発表して名声を得るなど、精力的に活動。1945年には雑誌『レ・タン・モデルヌ』を発行して、自身の実存主義についての論説を展開。フランスにおける思想家として大きな影響力を持つこととなりました。

サルトルやボーヴォワールが刊行した『レ・タン・モデルヌ』は、2018年まで70年以上も発刊され続けた。

その後もカミュ=サルトル論争や、戦争体験に基づく左派としての活動、ノーベル文学賞の拒否などの多くのエピソードを残したサルトルですが、1973年ごろには両眼を完全に失明し、ほとんどの活動を制限。

そして1980年、肺水腫によってサルトルは74年の生涯を閉じました。彼の葬儀にはおよそ5万人が訪れ、さながら国葬のようだったという記録が伝わっています。

サルトルの主張した「実存主義」とは?

サルトルが唱えた「無神論的実存主義」の構造図。

サルトルが唱えた思想と言えば、やはり「実存は本質に先立つ」という言葉に代表される”実存主義”と呼ばれる思想です。

これは平たく言えば、「存在はただ”そこに存在する”からこそ存在している」という主張だと言え、それまでの「神による本質に基づいて、あらゆるものは存在している」という主張とは真っ向から反する主張になっています。文字にするとこんがらがりますが、サルトルは「神のような超越視点を否定している」と考えれば、少しは理解しやすいかもしれません。

とはいえ、サルトルは自身の事を「実存主義者」だとは言っておらず、”サルトル=実存主義”という観念は、実は正確ではありません。

サルトルは実存主義という主張を「キリスト教的実存主義」と「無神論的実存主義」という二種類に大別し、自身の主張を「無神論的実存主義の主張」として主張を行っていました。そのため、サルトルの主張を正確に表す場合は「無神論的実存主義」と呼ぶべきでしょう。

2020年現在、サルトルの主張は構造主義に基づく主張に反論を受け、ほとんど主張としての力を失っています。しかし”神”という概念を否定し、現実に基づいた哲学を大衆に披露し評価されたことは、間違いなくサルトル個人の明確な功績だと言える部分でしょう。

「逃げ恥」を先取りした!?ボーヴォワールとの契約結婚

最近では『逃げ恥』で描かれた”契約結婚”という新時代の婚姻関係だが、実はサルトルがその先駆け!?

一口に「契約結婚」と言えば、現代日本においては人気ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』を思い浮かべる方も多いと思います。そのように、割合最近になって取りざたされるようになった「契約結婚」という関係性ですが、サルトルは20世紀前半頃から逝去まで、そのような関係で内縁の妻であるボーヴォワールと連れ添うことになりました。

サルトルは自身の主張する思想から、個人の選択を最重要視し、ボーヴォワールとは婚姻関係を結ぶことも子供を持つことも拒否。互いに恋人を作ったり、愛人とセックスをしたりという性的な自由を見止めつつ、しかし生涯の伴侶として50年以上を連れ添うことになりました。

サルトルはボーヴォワールとの関係を「必然の愛」、その他の女性との関係を「偶然の愛」と表現し、数多くの女性と生涯浮名を流したことが記録されています。ボーヴォワールもまた、多くの男性と浮名を流したことが記録されていますが、結局二人とも元のさやに納まっているだけに、確かにサルトルの表現通り、彼らの関係は「必然の愛」だったのかもしれません。

「筋の通った偏屈者」という哲学者らしい性格

哲学者のイメージに違わない、偏屈で頑固ながら筋の通った性格だったサルトル。

アルベール・カミュと断行するまでに至ったカミュ=サルトル論争や、自身の主張に基づいたノーベル文学賞の拒否など、サルトルについて残るエピソードを見ていくと、どうにも彼は「筋の通った偏屈もの」と呼べる性格だったようです。

このサイトで記事にされている哲学者や文学者も、その大半が「偏屈で頑固な人物」だと言えそうですが、サルトルもまたその例に漏れず、自分の主張に対しての筋に自信を持っていた人物だったと言えそうです。

エキセントリックな性格の結果、甲殻類に恐怖を覚えるなどの面白エピソードも残る。

また、かなりエキセントリックで自分勝手な部分もエピソードとして残っています。実験のために医師に頼んで、自分に幻覚剤を投与させたエピソードはその最たるものであり、以降のサルトルはその時の幻覚に見たカニやエビなど甲殻類への恐怖と、慢性的な幻覚症状に悩まされたという記録が残されています。

何にせよ、サルトルという人物が病的なまでに筋が通っており、ただし偏屈な頑固者であったことは、エピソードを見れば明らかです。それらエピソードについて、詳しくは後のトピックや年表で語らせていただきます。

5万人の見送りに惜しまれたその最期

サルトルの葬儀を中継した画像。サルトルという人物がいかに評価されていたかが、これだけでもわかる。

偏屈な頑固者でありながら、哲学という分野に重要な一石を投じる事となったサルトルは、1980年に肺水腫によって74年の生涯を閉じることになりました。

サルトルの葬儀には5万人もの観衆が詰めかけた事が記録されており、その葬儀は差ながら国葬のようだったとも言われています。現代に近い人物であることから、写真や動画も残っていますので、興味がある方は後のトピックをご覧ください。

サルトルの死後、主にボーヴォワールと、その養女であるアルレット・エル・カイムによって、サルトルの多数の著作が出版されたことも知られています。その死からほどなくして、サルトルの唱えた実存主義は構造主義からの批判を受けて衰退することになってしまうのですが、彼が哲学という分野に一石を投じる人物であったことは、疑いようのない事実だと言えるでしょう。

サルトルの功績

功績1「”実存は本質に先立つ”という実存主義の主張」

ニーチェ等と同様に、「神による存在規定」を否定する立場をとったのがサルトル。

サルトルの功績としては、やはり「実存は本質に先立つ」という言葉に代表される実存主義――正確には”無神論的実存主義”の主張を行ったことが挙げられます。

”神”という絶対的な存在に終始する結論が多かった哲学という分野において、その存在を否定する哲学を生みだしたという点は、れっきとしたサルトルの功績であると言えるでしょう。

とはいえ、神という存在に基づく哲学を否定したサルトルの主張も、後に構造主義からの批判を受けて衰退していくこととなります。「神の不在」を説いたという意味で、現代人的な考え方の元祖とも言えるサルトルではありますが、その主張が現代に根差しているわけではない事にも注意は必要です。

功績2「ノーベル文学賞を拒否した男」

作家としての大変な名誉であるノーベル文学賞。サルトルはそれを拒否できるほどの強い信念を持っていた。

哲学者として無神論的実存主義を唱える傍ら、『嘔吐』に代表される彼自身の思想を濃く映した小説を描く作家としての顔も持っていたサルトル。彼の文才は非常に高く評価されるものであったようで、彼は1964年にノーベル文学賞に選出されています。

結果としてサルトルは、ノーベル文学賞の受賞が決定することになるのですが、なんと彼はこの賞の受賞を拒否し、式典を欠席。「作家は自分を生きた制度にすることを拒絶しなければならない」という自身の主張に基づいたこの行動は、ノーベル賞が始まって以来初めての行いだったと記録されています。

と、このように書くとサルトルはあたかも「何の連絡も無しに式を欠席した」ように見えますが、実はそれは誤り。彼は自身が文学賞の候補になっていることを知った際、先に辞退の書簡を送っていましたが、その到着が遅れたために受賞決定後に式典を欠席する形となっただけのようです。

とはいえ、サルトルはこの後も、全ての受賞や叙勲を固辞し続けています。「作家は自分を生きた制度にすることを拒絶しなければならない」という彼の主張に対するこだわりが、強くうかがえるエピソードでしょう。

功績3「光を失いながらも駆け抜けたその生涯」

視力を失う恐怖は、大多数の人々には未知数。それでもサルトルは哲学者として人生を駆け抜けた。

幼い頃に右目をほとんど失明し、晩年には左目の視力すら失ったサルトル。また、彼は晩年には自力での執筆すら不可能な状態になり、もはや哲学者や文筆家としては活動不可能な状況となっていました。

しかしサルトルは、そのような晩年の状況下にも屈することなく、口述筆記や対談の形式で自身の主張を新聞や雑誌に発表。口述筆記形式の著作はどれも失敗に終わったようですが、ボーヴォワールやユダヤ人哲学者ベニ・レヴィとの対談は、新聞などの媒体に発表された記録が残っています。

元々が片目同然というハンデを背負いつつ、自らの主張を持ってフランス有数の哲学者の座にまで上り詰めたサルトル。その思想の情熱は、晩年に至ってもなお衰えることはなかったようです。

サルトルの名言

実存は本質に先立つ

もはや説明不要の、この記事でも何度も出てきたサルトルを代表する言葉です。彼の思想である”無神論的実存主義”をこれ以上なく端的に表した言葉だと言えるでしょう。

作家は自分を生きた制度にすることを拒絶しなければならない

ノーベル文学賞の拒否に際しての言葉です。サルトルという人物の偏屈ながら潔い心根がこれ以上なく表れた、サルトルの人物像を知るにあたってはこれ以上ない言葉だと思えます。

私たちのあいだの愛は必然的なもの。でも偶然の愛を知ってもいい

サルトルがボーヴォワールとの関係性を表現した際の言葉です。

なんともロマンチックなような、どうにも無責任なような。いずれにせよ、サルトルとボーヴォワールの関係性が、現在でも特異なものであることの証左であり、二人の関係性を端的に表す言葉だと言えるでしょう。

サルトルにまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「幼い頃に残る”ワルガキ”としてのエピソード」

さすがにこの画像ほどではなくとも、ワルガキとしてのエピソードも残しているサルトル。

哲学者としての頑固さや、既成概念にとらわれないエキセントリックさを持つサルトルですが、彼の幼少期にもそのような部分を示す、いわゆる”ワルガキ”エピソードが残っています。

中でもとりわけ有名なのは、「母親の財布からお金を盗んだ」というシンプルながらかなりエゲツナイもの。この事件をきっかけに、サルトルは育ての親でもある祖父から見放されるという憂き目にあっています。

この頃のサルトルは、母の再婚によって転校した先に上手く馴染めなかったり、少女を口説こうとして失敗して自分の見目の醜さを突きつけられたりと、後に「挫折の年月」と回顧するような状況にありました。だからと言って窃盗を許すべきではありませんが、多感な少年期に多くの挫折を味わった結果、彼がそのような行為をはたらくまで追い詰められていたことがわかっていただけるでしょう。

都市伝説・武勇伝2「実は180度変わっているその主張」

頑固な信念を持っていたサルトルだが、実は晩年の彼の主張は…?

ここまで読み進めてくださった方にはもうお馴染みだろう、『無神論的実存主義』の主張。サルトルの主張として有名なその考え方ですが、実は晩年のサルトルは著作の中で、そんな無神論的実存主義の主張を大きく転換していました。

この変化は、晩年のベニ・レヴィとの対談の中で見られ、ボーヴォワールはこの主張の変化に大きく戸惑い、「この主張はレヴィがサルトルを誘導して書かせたものだ!」と主張して取り消しを迫ったのだと記録されています。

しかしサルトルはボーヴォワールの言葉を、「これは間違いなく自分の思想である」と真っ向から退け、取り消しを拒否。晩年の彼に何があったのかはわかりませんが、少なくとも彼は生涯を通じて『無神論的実存主義』を唱えていたわけではないようです。

都市伝説・武勇伝3「実は日本を訪れていたサルトル」

日本を訪れた際、事故にも遭っているサルトル。当時の新聞記事が残るほど、実は来日は最近のことである。

1966年、ビートルズの来日が行われてから数か月後に、実はサルトルとボーヴォワールも日本の地に降り立っていたことはご存知でしょうか?

9月18日に来日したサルトルとボーヴォワールは、約1か月ほどの期間を日本に滞在。「知識人の在り方」という、なんともサルトルらしい講演を行い、日本の知識人層に新たな価値観や多くの学びをもたらして帰国していきました。

また、サルトルは中々の日本好きでもあったようで「若い頃に教員として日本を訪れたいと思っていた」と、この来日に際して明かしています。彼の公演は約6000人が聴講したという大盛況を記録しており、それだけでもその頃のサルトルの「知の巨人」ぶりをご理解いただけるかと思います。

1 2

コメントを残す