小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

夢野久作とはどんな人?生涯・年表まとめ【経歴やおすすめ代表作品、意外なエピソードも紹介】

夢野久作の年表

1889年 – 0歳「福岡にて夢野久作誕生」

夢野久作の誕生

現在の福岡の様子

1889年1月4日、夢野久作(本名:杉山直樹)は福岡県福岡市小姓町(現在の福岡市中央区大名)に誕生します。父は杉山茂丸、母はホトリという名前でしたが、夢野久作が生まれてすぐに離婚してしまったため、夢野は祖父母に育てられることになりました。

詩経

幼い頃から詩経や四書五経などを習い、4歳にして能楽修行にも入門させられるほど教育熱心な祖父母のもとで幼少期を過ごすことになります。順調に小学校、高等小学校を卒業しますが、夢野が14歳の時に祖父の三郎平が亡くなってしまうのでした。

父・茂丸が夢野久作のもとに帰還

夢野久作は高等小学校卒業後、県立中学修猷館に入学することになりました。5年の歳月をかけて県立中学修猷館を卒業すると、そのタイミングで父・茂丸が夢野のもとへ帰ってくることになったのです。

慶應義塾大学

父の帰還のタイミングと重なった1911年、夢野が22歳の時に慶應義塾大学予科文学科に入学することになり、文学・歴史学を専攻するようになります。その上、慶應大学在学中には同時並行で将校の教育を受け、見事に陸軍少尉に任命されることになるのでした。

1913年 – 24歳「慶應大学を中退し、放蕩生活に」

父・茂丸の影響により慶應大学を中退

文学に興味を持った夢野久作が自ら志願して慶應大学予科文学科に入りましたが、これを文学の嫌いな父・茂丸が快く思っておらず、夢野に中退を迫ります。その影響もあり、夢野は2年間通った慶應大学を中退してしまうことになるのです。

農園 イメージ

その後は農園経営に手を出しましたが、最終的には経営難に陥り、あえなく失敗してしまうのでした。農園経営に失敗した夢野はあてもなく放蕩する生活を余儀なくされるのです。

出家、再度の農園経営、新聞記者として就職と激動の人生に

1913年から1914年にかけての1年あまりを放蕩生活に費やした夢野は1915年に東京都文京区本郷の喜福寺にて出家し、奈良や京都で修行をすることになりました(杉山泰道と改名し、法名を萠圓とした)。しかし、これも長くは続かず、2年ほどで離脱することになります。

昔の新聞 イメージ

その後は再度農園経営に着手しましたが上手くはいかず、父・茂丸の斡旋により、九州日報の新聞記者として就職することになりました。九州日報では取材の記事や童話などを担当することになるのです。

1918年 – 29歳「結婚、そして作家デビュー」

杉山萠圓の名前でまずは童話作家デビュー

1918年には鎌田クラという女性と結婚することになります。翌年1919年には長男龍丸が、1921年には次男鉄児が誕生しました。

白髪小僧 原作見開き

結婚後も新聞記者としての活動を継続していきますが、1922年、杉山萠圓の名前で童話「白髪小僧」を発表し、まずは童話作家としてデビューを果たしたのです。この影響もあり、九州日報の家庭欄に童話の発表をしていくことになりました。

「あやかしの鼓」にて作家デビュー

あやかしの鼓 青空文庫

「白髪小僧」で童話作家としてデビューし、九州新聞でも童話を執筆していくことになった夢野でしたが、1924年には小説へも進出を果たし、探偵小説「侏儒」を博文館のコンテストに提出し、佳作を受賞しました。

以後は童話メインで執筆を行っていましたが、1926年に「あやかしの鼓」を雑誌「新青年」に発表し、賞を受賞することになります。これをきっかけに小説家としてもデビューすることになったのです。夢野は小説家デビューを機に九州日報を退社し、本格的に小説家としての活動を開始することになりました。

1926年 – 37歳「『ドグラマグラ』の元となる作品『狂人の解放治療』を執筆」

本格的に小説家として活動

1926年に「あやかしの鼓」で晴れて作家になると、のちに夢野久作の代表作となる「ドグラマグラ」の原型となる小説「狂人の解放治療」の執筆を開始します。ここから「ドグラマグラ」の完成までには10年もの月日が流れることになるのでした。1929年には「押絵の奇蹟」を発表し、これが江戸川乱歩の目にとまり、賞賛を受けるところとなりました。

瓶詰の地獄 角川文庫

その後も「瓶詰地獄」、「いなか、の、じけん」、「死後の恋」、「少女地獄」など話題作を次々と発表していくことになり、小説家としての活動が充実していくようになります。

1935年 – 46歳「『ドグラマグラ』発表」

夢野久作の代表作「ドグラマグラ」の完成と刊行

ドグラマグラ 下巻

1926年に執筆・構想を開始してから約10年、1935年1月に大作「ドグラマグラ」を松柏館書店から刊行することになりました。この「ドグラマグラ」は小栗虫太郎の「黒死館殺人事件」と中井英夫の「虚無への供物」と並んで日本探偵小説三大奇書として数えられています。「この本を読破したものは、必ず一度は精神に異常を来たす」と評され、刊行当時から話題となりました。

話題の書を出版した夢野ですが、私生活の方では同年1935年の7月に父・茂丸が借金を背負ったままに亡くなったので、返済に奔走する日々が続くようになりました。

1936年 – 47歳「脳溢血を起こし急死」

自宅で知人と会見している際に急死・死因は脳溢血

夢野久作 墓

夢野久作は「ドグラマグラ」を発表し、これから小説家としてさらに名声を挙げて行こうとした矢先に1936年脳溢血にて急死してしまいます。夢野は1935年から1936年にかけて、父・茂丸の背負った借金返済に追われ、資金集めに奔走する日々でしたが、その負債処理を任せていたアサヒビールの重役を迎えている際に突然倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまったのです。

夢野久作の関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

ドグラ・マグラ

幻怪、妖麗、グロテスク、エロティシズムの極みと評された夢野久作の代表作です。小栗虫太郎の「黒死館殺人事件」と中井英夫の「虚無への供物」と並んで日本探偵小説三大奇書として数えられています。読み終えると精神に異常を来たすとも言われている書籍で、興味のある方にはぜひおすすめしたい作品です。

少女地獄

「何でも無い」、「殺人リレー」、「火星の女」の3作品が収録されている書籍です。いずれも女性を主人公として描かれ、夢野の独特のスタイルである書簡体形式でまとめられています。文体が少し古めですが、リズム感が良いので、比較的スムーズに読み進めることのできる作品です。

瓶詰地獄

海岸で発見された3本の瓶の中に若い兄弟の書いた3枚の手紙が入っているというところから始まる物語です。その3枚の手紙がどの順番で書かれたのかを読者が自身の想像力によって推測する作品となっており、その順番によって異なる印象を抱くように仕上がっている、入念に練られた作品です。

おすすめの映画

ドグラ・マグラ

夢野久作の代表作をCGアニメーションとして再現した映像作品となっています。声優には小原雅一や「サザエさんのノリスケ役」としても知られる松本保典などを迎えています。「読破したものは必ず一度は精神に異常を来たす」と言われている原作を映像化するとどのようになるのか興味のある方はぜひ見てみてください。

二重心臓

推理奇譚「二重心臓」の映画化作品です。秋原正俊監督がメガホンを取り、小説の内容を忠実に再現した本格ミステリーとなっています。キャストにも畑野ひろ子、温水洋一、江口のりこ、斉藤洋介など豪華俳優陣が共演を果たしています。

夢野久作についてのまとめ

今回は夢野久作の生涯や代表作品についてご紹介させていただきました。

夢野久作は大作「ドグラマグラ」を遺してこの世を去りましたが、彼の執筆した作品は今でも多くの人々に親しまれています。様々な職業・境遇を経験してきたからこそ生まれる文章の深みには読むたびに受け取る印象が異なり、その度に脱帽させられます。

この記事をきっかけにさらに夢野久作に興味を持っていただけると幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

1 2

コメントを残す