小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

レコンキスタとは?意味や流れ、原因を分かりやすく簡単に解説

レコンキスタの歴史年表

711年:西ゴート王国の滅亡

西ゴート人はゲルマン人の一派です。5世紀前半にフランス南部からイベリア半島にかけて支配する西ゴート王国をたてます。西ゴート人はキリスト教を受け入れたので、イベリア半島はキリスト教勢力が支配することになります。

ロドリーゴ王の事績を紹介した本の表紙

711年、西ゴート王国内の反国王派はモロッコまで征服していたウマイヤ朝を西ゴート王国内に引き入れます。西ゴート王ロドリーゴはグアダレーテ川でウマイヤ朝軍を迎撃しましたが大敗します。その結果、ウマイヤ朝に都のトレドを奪われ西ゴート王国が滅亡しました。

イスラームの拡大を阻止したフランク王国の宮宰カール・マルテル

その後、勢いに乗ったウマイヤ朝軍はピレネー山脈を越えてフランク王国領になだれ込みます。しかし、フランク王国の宮宰カール・マルテル率いるフランク王国軍はトゥール・ポワティエ間の戦いでウマイヤ朝軍に勝利し、かろうじてキリスト教勢力を守り切りました。

718年:アストゥリアス王国が成立

初代アストゥリアス王ペラーヨ

西ゴート王国滅亡後、ウマイヤ朝軍に抵抗をつづけた西ゴート貴族ペラーヨはイベリア半島北西部にアストゥリアス王国を建国しました。722年、イスラーム勢力がアストゥリアス王国に迫りましたが、コバドンガの戦いで勝利し、イスラーム勢力を食い止めます。

8世紀末から9世紀にかけてアストゥリアス王となったアルフォンソ2世は西隣のガリシア地方を征服し領土を拡大しました。

910年、アストゥリアス王国は都をレオンに移します。以後、レオン王国と呼ばれるようになりました。レオン王国は他のキリスト教諸国と連携し、ウマイヤ朝の跡を継いだ後ウマイヤ朝に対抗します。のち、レオン王国の一部が分離独立しカスティリャ王国となります。

1031年:後ウマイヤ朝の滅亡

後ウマイヤ朝のアブド・アッラフマーン1世がコルドバに建てたモスク(今はキリスト教の聖堂)

後ウマイヤ朝は8世紀から11世紀にかけてイベリア半島を支配したイスラーム王朝です。10世紀のアブド・アッラフマーン3世の時代に最盛期を迎え、都のコルドバは西方イスラーム世界の中心地として繁栄しました。

しかし、後ウマイヤ朝は10世紀後半から急速に衰退します。原因は地方勢力の反乱でした。そして、1031年に後ウマイヤ朝は滅亡します。その後、イベリア半島のイスラーム勢力はタイファとよばれる30ほどの小王国に分裂します。

イスラーム勢力の分裂はキリスト教側にとってまたとない好機となりました。後ウマイヤ朝の滅亡後、レコンキスタはその勢いを増し、キリスト教勢力の南下の勢いが加速します。タイファ諸国はキリスト教勢力によって各個撃破され、レコンキスタの戦線は南に押し下げられました。

1212年:ナバス・デ・トロサの戦い

後ウマイヤ朝の滅亡後、カスティリャ王国、アラゴン王国、ポルトガル王国などはタイファ諸国に対し攻勢を強めました。タイファ諸国はこの攻撃に対処するため北アフリカのモロッコを根拠地とするムラービト朝やムワッヒド朝に援軍を要請しました。

これにこたえ、北アフリカのイスラーム勢力はたびたびジブラルタル海峡を越えてイベリア半島に派兵しました。そして、ムワッヒド朝は1211年にはサルバティエラ城を占領しキリスト教諸国に強い圧力をかけます。

キリスト教勢力の団結を命じた教皇インノケンティウス3世

時の教皇インノケンティウス3世は「キリスト教諸国はカスティリャ王国を中心に団結せよ」と命じ、カスティリャ・アラゴン・ナバラ王国の同盟が成立します。こうして結集した三王国を中心とするキリスト教諸国連合軍は南下し、ムワッヒド朝の軍勢と対峙しました。

ナバス・デ・トロサの戦い

兵力はキリスト教徒側が5万前後、イスラーム教徒側が10万以上といわれています。戦いはナバラ王サンチョ7世の敵本陣突撃などが功を奏し、キリスト教徒側の勝利で終わりました。以後、イベリア半島での戦局はキリスト教徒側優位で推移します。

1230年:ナスル朝の成立

ナバス・デ・トロサの戦いに敗れたムワッヒド朝はモロッコに後退しました。分裂するタイファ諸国の一国だったナスル朝はアンダルス(現在のアンダルシア地方)とよばれるイベリア半島南部地域を統一し、ナスル朝グラナダ王国を成立させます。

ナスル朝の支配領域は大きくありませんでしたが、グラナダ周辺の山岳地帯を利用し守備を固めます。また、カスティリャ王国との間で巧みな外交を展開し250年以上にわたってアンダルスの支配を維持することに成功しました。

ナスル朝がグラナダに建てたアルハンブラ宮殿

その間、ナスル朝はグラナダにアルハンブラ宮殿を建造します。アルハンブラ宮殿はグラナダ南東部の丘の上に建てられた宮殿で、軍事施設も備える城塞でした。この宮殿は今でも存在し、世界遺産として多くの観光客を迎えています。

1479年:スペイン王国が成立

15世紀後半、イベリア半島には大西洋沿岸のポルトガル王国とフランス国境にあるナバラ王国、地中海沿岸のアラゴン王国、そして北西部からイベリア半島中央部を領有するカスティリャ王国がありました。

1469年、カスティリャ王女のイサベルとアラゴン王子のフェルナンドが結婚しました。1474年にカスティリャ王エンリケ4世が死去するとイサベルが王位を継承します。これに反対し介入したポルトガル軍を撃退し、イサベルは王位を確実なものとしました。

二人並んで玉座に座るカトリック両王

そして1479年にアラゴン王フアン2世が死去したことでフェルナンドがアラゴン王に即位しました。こうしてイサベルとフェルナンドがカスティリャとアラゴンの王となったことで両王国は合同し、スペイン王国が成立します。二人ともカトリックの信者だったのでカトリック両王と呼ばれるようになりました。

1492年:ナスル朝が滅亡、レコンキスタが完成

スペイン王国が成立したころ、ナスル朝は衰退の一途をたどっていました。ジブラルタル海峡の制海権はキリスト教徒側に奪われ、モロッコから援軍を得ることも難しくなります。にもかかわらず、ナスル朝内部では権力闘争が繰り広げられ、衰退に一層の拍車がかかりました。

降伏したムハンマド11世(左)とそれを受け入れるカトリック両王(右)

1491年、スペイン王フェルナンド2世は1万の軍勢を従えてグラナダを包囲します。春から続けられた包囲は冬になっても緩みませんでした。ナスル朝最後の王であるムハンマド11世はスペインに降伏しました。

一度は、スペインに与えられたシエラネバダ山中の所領で過ごしていたムハンマド11世は1492年にモロッコのフェズに亡命します。こうして、ナスル朝は完全に滅亡しレコンキスタは完成しました。

レコンキスタに関連する作品

おすすめ書籍・本・漫画

『スペインレコンキスタ時代の王たち:中世800年の国盗り物語』

およそ800年間にわたったレコンキスタの歴史を一気に俯瞰できる一冊です。とても読みやすい本文で、スペインの歴史に詳しくない読者でも安心して読むことができます。本の中に出てくる系図や地図はとても見やすくて参考になりました。

また、ヨーロッパの王家につきものの王家同士の婚姻や相続による王国の分割などについても知ることができました。ただ、レコンキスタの中心国家であるカスティリャの目線で書かれているので、ポルトガルやアラゴン、ナバラのことを知りたいときには少しボリューム不足かもしれません。

レコンキスタの全体やスペイン王国の成り立ちについて知りたいと考えている人にお勧めの本です。

『レコンキスタ―中世スペインの国土回復運動』

レコンキスタについて年代を追ってまとめた本です。イスラーム教徒によるイベリア半島征服からキリスト教勢力が後ウマイヤ朝、ムラービト朝、ムワッヒド朝と戦う過程、レコンキスタの終結までを一通りの歴史が書かれています。

この本を読むと、イベリア半島を制するためにはジブラルタル海峡を抑えていなければいけないことがよくわかります。政治史中心の本なので、レコンキスタの思想について知りたい人にとっては物足りないかもしれません。

ただ、聞きなれない用語や知らない地名が多数出てくるので初心者が読むのは大変かもしれません。レコンキスタについて詳しく知りたいと考えている人にお勧めします。

おすすめ映画・ドラマ

『エル・シド』

レコンキスタ時代の英雄エル・シドが主人公の映画です。エル・シドは11世紀後半のカスティリャ王国を舞台とした物語で、主人公はエル・シドことロドリーゴ・ディアス・デ・ビハールです。

カスティリャ王国の貴族であるロドリーゴはイベリア半島に攻め込んできたイスラーム教徒の首長ムータミンとカディアを捕らえ、王に引き渡すことなく逃がしてしまいます。このことに恩を感じたムータミンはロドリーゴに「エル・シド」の称号を贈りました。

しかし、異教徒を逃がしたことで裏切り者とされ公衆の面前でロドリーゴはゴルマス伯爵に罵倒されてしまいました。公の場での口論で両者とも譲らず、決闘となりました。決闘の結果はロドリーゴの勝利。死ぬ間際にゴルマス伯爵は娘のシメンに敵を討つよう遺言しました。

実は、シメンはロドリーゴと愛し合った仲だったのですが、父の死で彼女はロドリーゴを激しく憎むようになります。しかし、ロドリーゴは彼女の憎悪を知りつつも彼女と結婚しました。その後、ロドリーゴはイスラーム教徒との戦いに身を投じます。

勇ましく戦うロドリーゴは敵味方から称賛されますが、最終的にイスラーム教徒との戦いで戦死してしまいました。しかし、彼は自らの遺体を馬上に据えさせ死しても味方を鼓舞するよう遺言します。その気迫で味方は奮い立ちカスティリャ王国が勝利します。かくして、ロドリーゴは英雄エル・シドとして歴史に名を残しました。

スペインの中でも人気のある英雄エル・シドの生涯を扱った映画です。興味がある方は是非ご覧ください。

『イサベル~波乱のスペイン女王~』

イサベル~波乱のスペイン女王~ | チャンネル銀河

このドラマはレコンキスタ終盤に登場し、レコンキスタを終わらせたスペイン女王イサベルの生涯を描いた作品です。父であるフアン2世の死により王家から追放されながらも、再びカスティリャ王家に返り咲き、後継者争いに勝利してカスティリャ女王となりました。

その後、アラゴン王国のフェルナンドと結婚しレコンキスタの完成やコロンブスの探検航海などで重要な役割を果たします。そのイサベルの生涯を描いた長編テレビドラマです。

主人公イサベルを演じたのは若手女優のミシェル・ジェネールです。この作品のヒットをきっかけにスペインの国民的女優とみなされるようになりました。彼女が演じた自分の意志で未来を切り開いたイサベルから目が離せなくなるでしょう。

レコンキスタに関するまとめ

いかがでしたか?

今回はレコンキスタについてまとめました。日本ではなじみが薄いレコンキスタですが、キリスト教世界ではとても重要な出来事としてとらえられています。およそ800年にわたって続いたキリスト教徒とイスラーム教徒の戦いはカトリック両王によって終止符が打たれました。

レコンキスタの終盤には大航海時代が始まり、ヨーロッパが世界に飛躍するきっかけをポルトガルとスペインが作り出します。常にイスラーム勢力と戦いフロンティアを切り開いた二国だからこそ、新しい時代の幕開けを飾ることができたのかもしれません。

この記事を読んでレコンキスタについての概要やレコンキスタの特徴、大航海時代との関連などについて少しでも「そうだったのか」と思っていただける時間を提供できたら幸いです。

長時間をこの記事にお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

1 2

コメントを残す