小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ロヨラとはどんな人?生涯・年表まとめ【イエズス会設立の経緯やザビエルとの関係性も紹介】

イグナチオ・デ・ロヨラはイエズス会の創立者であり、初代総長を務めたことでも知られています。しかし、彼の経歴の転換は鮮やかなもので、30歳になるまでは勇猛果敢な騎士として戦場で大活躍をしていました。戦果を上げることで名誉を得ようとしていたロヨラでしたが、大怪我によって心を入れ替えることになるのです。

イグナチオ・デ・ロヨラ

怪我の療養中に聖人たちの伝記を読んだロヨラは自分も自己犠牲的な生き方をしようと決心します。そして、その修行における苦難を乗り越えて、霊性を獲得し、その方法を「霊操」という形で世間に広めていくことになりました。

霊操によって集まった、フランシスコ=ザビエルを含む同志6人とともにイエズス会を設立し、現代に至るまで多くの会員を抱える巨大な組織に成長させるのでした。ロヨラ亡き後にはその功績が称えられ、列福・列聖されるようなキリスト教史に残る重要人物なのです。

日本にキリスト教をもたらした宣教師 フランシスコ=ザビエル

今回は鮮やかな転身を遂げたイグナチオ・デ・ロヨラがどのような生涯を送ったのかに興味を持った筆者が、様々な文献を読み漁った結果得た知識を元に、ロヨラの生涯、功績、ザビエルとの関係性に至るまで幅広く紹介していきたいと思います。

ロヨラとはどんな人物か

ロヨラの生まれた街 スペイン バスク地方
名前イグナチオ・デ・ロヨラ
誕生日1491年10月23日
没日1556年7月31日
生地スペイン バスク地方 ギプスコア
没地イタリア ローマ
配偶者なし
埋葬場所イタリア ローマ ジェズー教会

ロヨラの生涯をハイライト

ロヨラ城

ロヨラの生涯をダイジェストすると以下のようになります。

  • 1491年10月、スペインのバスク地方にあるロヨラ城にて誕生
  • 15歳の時にカトリック両王の会計監査委員長であるクエヤールに仕える
  • 30歳に至るまで、戦士として戦争で活躍
  • パンプローナの戦いで右脚を負傷、部分的に切除することに
  • 療養中に読んだ聖人たちの伝記に感銘を受け、自らも自己犠牲的に生きることを望むように
  • モンセラートのベネディクト修道院にて、世俗的な生き方との決別を誓う
  • 魂の修行である「霊操」を考案、世間に広めるために語学などを勉強
  • 霊操によって同志を増やし、6人の同志とともにモンマルトルの丘で誓願を立てる
  • 1540年にイエズス会を発足、1541年に初代総長に
  • 会見の草案に尽力し、1552年に完成し、承認が降りる
  • 1553年から「自叙伝」作成のため、カマラ神父に口述を施す
  • 1556年7月31日、帰天、ローマのジェズー教会へ埋葬される
  • 1609年に列福、1622年に列聖

イエズス会を創設した目的

ロヨラと6人の同志が誓願を立てたモンマルトルの丘

イエズス会を創設した目的は、「エルサレムへの巡礼とその地での奉仕」を行うためとされていましたが、現在ではそれが発展して、高等教育、宣教活動、社会正義事業の3点が主な活動内容となっています。

イエズス会はロヨラを中心として「モンマルトルの誓い」をともに立てた7人のメンバーが創設に関与しましたが、ロヨラの活躍していた時代の主要な活動は、会員を増加させること、会憲を完成させることでした。その後、ロヨラが亡くなった後も会員が増加し続け、現在では112カ国、2万人の会員がいるとされ、その会員たちが教育、宣教、社会事業の面で社会奉仕を施しているのです。

聖人への憧れが強すぎて自分の名前を改名

ロヨラの憧れた「アンティオキアのイグナティオス」

戦争での右脚負傷の療養中に、聖人たちの伝記を読むことによってその生き方に感化され、ロヨラはいつしか自分自身の名前も改名したいと願うようになりました。聖人伝の中で、その時のロヨラの心に特に響いた「アンティオキアのイグナティオス」から名前をもらうことに決め、これ以後、「イグナティウス・ロヨラ」もしくは「イグナチオ・デ・ロヨラ」と名乗るようになったのです。

元々は勇猛果敢な騎士として活躍し、療養中も「騎士道物語」を読みたがっていたロヨラでしたが、運命の導きにより、偶然聖人たちの生き方に触れる機会を獲得、その内容に影響されて、自己犠牲的な生き方を目指すようになるという劇的な回心を果たすのでした。

フランシスコ=ザビエルとの関係性

フランシスコ=ザビエル

フランシスコ=ザビエルは1506年にナバラ王国(現在のスペイン)で誕生し、1525年に学問を修めにパリへと旅立ち、1530年にロヨラと出会った際には哲学学士号と博士号を取得したての学生でした。24歳という若さで大学教員となったザビエルは当初、ロヨラに対して懐疑的かつ防衛的な態度を取っていたのです。

しかし、ロヨラはザビエルを同志にするために辛抱強く待ち続け、1533年に霊操を授けるとともにザビエルを回心させることに成功し、同志として迎え入れることになるのでした。のちに2人はモンマルトルの丘でイエズス会の発端となる誓願を立て、イエズス会の主要人物としてともに活躍することになるのです。

鹿児島にあるザビエルの石像

ザビエルはイエズス会が発足してから会員を増やすことに精を出していましたが、1546年にマラッカにて3人の日本人に出会うと、彼らの生き方やキリスト教に対する理解に感銘を受け、日本で宣教活動を行うことを決心するのでした。そして、1549年に鹿児島に上陸することになるのです。

ロヨラの功績

功績1「イエズス会の創立者」

イエズス会創立者としてメダルにもなっているイグナチオ・デ・ロヨラ

イグナチオ・デ・ロヨラの功績といえば、何と言ってもイエズス会の創立です。実際に創立の際に奔走したメンバーは7人でしたが、ロヨラはその指揮を取って、イエズス会の創立に多大な貢献をしたのです。会を発足させるには教皇や大教書における許可、枢機卿の許諾など種々の障壁がありましたが、それらを全て乗り越えて、満を持しての創立となりました。そして、ロヨラはイエズス会の初代総長としても責務を全うしました。

イグナチオ・デ・ロヨラとフランシスコ・ザビエル

ロヨラの活躍していた時代には「霊操」を広めることによって会員を増やすこと、イエズス会の会憲を完成させることが主な活動内容でしたが、現在に至っては教育や社会事業に至るまで、様々な社会貢献活動をする組織となりました。そして、会員数も2万人を数え、世界中に影響を与えるような宗教団体にまで成長を遂げたのです。

功績2「霊魂を鍛える修行『霊操』を発表」

ロヨラの考案した「霊操」 岩波文庫

「霊操」とはイグナチオ・デ・ロヨラによって定められたイエズス会の霊性修行のことで、霊魂を鍛えることによって神の意志を見出だすことが最終目標として定められています。ロヨラ以前にも魂の修行は存在しましたが、方法論としては確立されていませんでした。

ロヨラは、自身が神に近づく過程において、誘惑や疑悩を乗り越えることによって霊性を獲得していった経験を「霊操」として具現化し、この修行を世間にも広めていくことに意義を見出しました。現代でも「霊操」の方法は書籍として刊行されており、多くの人々が「霊操」に励んでいるのです。

功績3「三位一体、天地創造、イエスキリストを感じ取ることに成功」

三位一体を表す絵画

ロヨラは精神修行を始めた初期の頃に、三位一体(ヤハウェ・イエス・聖霊)、天地創造の過程、イエスキリストの御身や人間性を垣間見ることに成功したのです。三位一体に深い信心を持っていたロヨラは毎日、それぞれのペルソナ(架空の肖像)に祈りを捧げていました。その結果として、ある日、楽器の三つの鍵盤の形で三位一体を見ることが出来たのです。

さらにその後、神が世界を創造した様を霊的な喜びに包まれながら目の当たりにすることにもなり、最後には教会において白く輝く複数の光線が空から降り注ぎ、その中にイエスキリストの姿を認めることになるのです。そして、キリストの人間性についてもロヨラの内的な眼によって確認することになるのでした。

ロヨラの名言

一度に一つの仕事しかしない人間の方が、むしろ誰よりも多くの仕事をする

一つのことを極めると専門性が高くなり、その人自身の市場価値が上がるために、仕事の価値もそれに応じて上がるのであるということでしょうか。あちこちに手を出して、そのどれもが中途半端で終わってしまうと、結局は大したことを成し遂げられないということを意味しているようです。

もし、材木が彫刻家の振り下ろすのみをよければ、いつまで経っても立派な彫刻にはなれないだろう。それと同じで、人間も神が与える試練をよけていれば、いつまで経っても立派な人間にはなれない。

苦難を乗り越えてこそ、世間に必要とされるような尊敬に値すべき人物になれるのだということを教えられているようです。逃げることは簡単だけれども、その試練も神様が与えてくれたものだから、甘んじて受けるのがよろしいということなのでしょう。

ロヨラにまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「戦地を堂々と突っ切り、スパイと間違われ捕獲される」

旅先で何度も暴風雨に見舞われたロヨラ

戦争での負傷を機に回心したロヨラは巡礼するためにエルサレムへと出かけることになります。無一文で物乞いをしながら、なんとかエルサレムに到着したロヨラでしたが、フランチェスコ教会に聖地での永住を許されずに追い返されてしまうのです。

仕方なく、ヴェネチアを経由してバルセロナへの帰路に着いたロヨラでしたが、帰り道も大嵐に見舞われ、命からがら旅を続けるような状況となりました。その帰り道の最中に、皇帝軍とフランス軍の戦地があったのです。それとは知らずに戦地の真っ只中を突っ切ったロヨラはスパイと間違われて皇帝軍に捕虜として捉えられてしまいました。

戦争のさなかを突っ切ったロヨラだったが命は助けられた

しかし、皇帝軍の指揮官に面会し、話をすると、「この男は頭が狂っているから、持ち物を返して外へ放り出せ」と言われ、解放されることになるのでした。この後、フランス軍側の指揮官の元へも連行されましたが、同様に追い返されることになったのです。

都市伝説・武勇伝2「『霊操』が受け入れられず、度々投獄される」

宗教裁判所の様子を表した絵画

ロヨラが疑悩を乗り越えていく上で霊性を身につけ、それを得る過程として「霊操」という魂の修行を考案しましたが、これを世間に広めていくのにはいくつかの困難を乗り越えなければなりませんでした。「霊操」が徐々に人々に浸透していくにつれて、その効果に対し、宗教裁判所が黙っていなかったのです。

ロヨラの「霊操」が人々に受け入れられると、その影響から巡礼をするために街を出ていく人が増えました。その上、「霊操」に影響を受けた若い婦人がベールをつけずにロヨラが滞在していた慈善病院に押し入るなどの小事件も起こるようになったのです。

短期間に2度も投獄されたロヨラ

これらの事項を危険とみなした宗教裁判所はロヨラを投獄し、監禁することを決めたのです。結局は42日間の監禁後、「勉学が終わる4年間、信仰について語らないこと」との指示が言い渡され、無罪放免となりました。

しかし、この後サマランカの地でも同様にドミニコ教会の神父たちの審問を受けることになり、再度投獄されることになりました。今度は22日間の監禁生活の後、「勉学が終わるまでの4年間は何が小罪で何が大罪かなどについて語ってはいけない」との判決が言い渡され、釈放されるのでした。

都市伝説・武勇伝3「血の気の多かった30歳の時、戦争で負傷した脚を切り落とす」

若い頃は戦場で活躍する勇敢な騎士だった

ロヨラは30歳になるまで、戦士として戦果を上げることを生き様としていました。1521年に起きたパンプローナの戦いでは明らかにロヨラ側の軍隊が不利な状況にも関わらず、フランスの大軍と戦うことを決意し、勇猛果敢に戦場へと飛び出していくのでした。

しかし、大軍相手にそう簡単に勝てるはずはなく、味方は大敗、ロヨラ自身も戦いの最中に銃弾が右足に命中し、重傷を負うことになってしまったのです。戦争自体はフランス軍の勝利で終わったため、ロヨラはフランス軍の救命隊に引き取られ、入念に手当を施されることになりました。

脚を切断することを決意し、激痛に耐えた

治療自体は半分成功で、足の骨を繋げることは出来たのですが、方向が悪く、膝の部分から骨が出っ張る形となり、左右の脚で長さが異なるように治癒してしまったのです。ロヨラは見栄えの悪さと足の長さの違いを気にかけ、出っ張った部分の骨を切断することを決心しました。

当時、麻酔の技術もそれほど発達していないため、切断のためには相当な激痛が予想されますが、それでも血の気の多かった若いロヨラは手術を懇願し、最終的には骨を切り落とすことに決めたのです。この影響で終生右脚は不自由なままとなりましたが、ロヨラ自身は満足したのでした。

1 2

コメントを残す