小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

魯山人とはどんな人?生涯・年表まとめ【代表作品や名言、食へのこだわり、壮絶な人生を紹介】

魯山人の年表

1883年 – 0歳「北大路魯山人の誕生」

京都府愛宕郡に誕生、実の父は魯山人誕生前に割腹自殺

上賀茂神社 父はこの神社の社家だった

北大路魯山人(本名:房次郎)は1883年3月23日、京都府愛宕郡上賀茂村に誕生します。実母・登女の不貞によって出来た子供で、それを嫌った実父・清操は魯山人が生まれる前に割腹して亡くなってしまいました。戸籍の届けとしては上賀茂神社の社家である北大路清操と登女夫妻の次男として提出されています。

家柄は士族でしたが、版籍奉還によって俸禄制、世襲制が排除され、世の情勢も混乱していた時期であったため、家の収入は安定せず、どちらかというと貧しい生活を余儀無くされたのでした。

養子先を転々とした幼少期

最終的に落ち着いたのは木版師の福田家

魯山人は出生後数ヶ月で滋賀県坂本村の農家へ養子にやられるのを皮切りに、養子場所を転々とするようになります。坂本村の農家へ預けられた一週間後に、京都府上京区の巡査・服部良知に引き取られましたが、その夫妻がそれぞれ失踪・病死によりいなくなってしまったため、魯山人の面倒を見られなくなってしまうのです。結局、服部夫妻のもう1人の養子がすでに家庭を持っていたため、その夫婦が世話を焼くことになりました。

しかし、その引取先の夫婦も家族問題でも大揉めし、結果として魯山人が虐待に合うようになったため、これを見かねた近隣の住民が京都府上京区の木版師・福田武造へ相談し、そちらへ引き取られることになりました。この時、魯山人は5歳でした。

1893年 – 10歳「丁稚奉公へ、その仕事中に見かけた『書』に目を惹かれる」

幼少期から簡単な仕事をこなしていた魯山人

6歳で梅屋尋常小学校へ入学し、10歳で卒業すると、そのまま和薬屋に丁稚奉公することになりました。そこで3年ほど働いたのち、養子先である福田武造の木版画制作の手伝いをするようになります。そして、木版画制作のかたわらで、西洋看板を書く仕事も引き受けていくのでした。魯山人は幼いながらも一人前に仕事をこなしていたのです。

書へ興味を持つように

書が描かれた看板のイメージ 亀政の看板は「亀」だった

ある日、和薬屋での丁稚奉公の際に、偶然通りかかった仕出し料理屋「亀政」の看板に書かれた「亀」という書に魯山人は心を奪われます。その看板の「亀」の文字は料理屋の主人の長男である竹内栖鳳が書いたものでした。竹内栖鳳はのちに京都画壇総帥として活躍することになる人物で、魯山人はこの出会いによって書や芸術への興味を深めることになるのでした。

また、この時代には書の懸賞がいくつかあり、魯山人も14歳になった頃から小金を稼ぐために自分なりの書を書いて、なんども応募をしていました。懸賞への参加者は何万人という単位でしたが、魯山人は初回で天の位1枚、地の位1枚、佳作1枚を受賞することになるのです。その後も応募をするたびに優秀作として選ばれることになりました。

1904年 – 21歳「日本美術展覧会・書の部において一等を勝ち取る」

展覧会で一等を勝ち取り、その書が宮内相の役人に買い取られる

魯山人の一行書 作品「千字文」で賞を勝ち取る

20歳の時に受けた徴兵検査を近視のために免除された魯山人は書家の日下部鳴鶴と巌谷一六を訪ね、書の師事をしようとしましたが、あまり自分の趣向と合わず、最終的には書は独学ですべきものと結論づけ、自学自習で書を極めていくことになるのでした。

そのさなかで行われた日本美術展覧会・書の部において、魯山人の書いた隷書「千字文」が一等を勝ち取ることになりました。21歳という若さでの受賞は前代未聞の快挙だった上、この作品「千字文」は宮内相の役人である田中光顕に買い取られることになります。そして、翌年には岡本可亭(漫画家・岡本一平の父で、画家・岡本太郎の祖父)に師事し、内弟子として引き取られることになるのでした。

2年間の修行後、書道教授として独立

魯山人が師事した岡本可亭は画家・岡本太郎の祖父

岡本可亭の内弟子として書の修行に明け暮れること2年、24歳の魯山人は独立して書道教授として生計を立てていくことになりました。書家名として福田鴨亭と名乗るようになり、看板や版画下書き、書道教授を生業として収入を上げていくようになるのです。

また、婚約者である安見タミを京都から呼び寄せ、1908年に結婚することになりました。同年には長男・桜一も誕生しています。

1909年 – 26歳「雑誌『実業之日本』、『少女之友』の題字を担当」

書道家としての仕事が増加し、雑誌の題字を依頼される

雑誌「実業之日本」と「少女之友」から題字の依頼を受ける

魯山人の書が世間に受け入れられるようになり、それに伴って仕事の量が増加していきました。書看板や篆刻などを主な生業としていましたが、1909年、雑誌「実業之日本」と「少女之友」から題字の依頼を受けることになったのです。書家としては最初の大きな仕事となりました。

1910年 – 27歳「朝鮮へ旅立ち、書記として働きつつ篆刻を学ぶ」

朝鮮へ

現在のソウルの街並み

27歳になった魯山人は母・登女とともに朝鮮の京城(現在のソウル)へと渡ることになります。そこでは朝鮮京龍印刷局に勤めることになり、公文書の版画書きに任命されました。仕事終わりの空いた時間には篆刻を習ったり、より良い書を学ぶべく、自ら古名碑、古社寺、古美術などを見学して回ったりしました。

京城で一年ほど働いた後、かねてより会見を希望していた篆刻家・呉昌碩(上海で当代一の篆刻家と称された)を訪ね、篆刻について語り合った後に日本へと帰国しました。

福田大観として小蘭亭の天井画などの名作を残す

魯山人が手がけた小蘭亭の天井画

1912年に帰国すると、朝鮮での書の勉強を生かして、書道教室を開くことになります。その後、近江長浜の紙文具商で素封家(金持ち)の河路豊吉に招かれ、書や篆刻の制作を行う環境を整えてもらうことになりました。

この長浜の地では京都の美術家・内貴清兵衛や富田渓仙、村上華岳らと出会い、関係を深めていくことで、魯山人の芸術的な才能が開かれていくようになりました。その後、魯山人は福田大観と号を変更して、小蘭亭の天井画や襖絵を手がけ、清水の泰産寺では書や篆刻の名作を残すことになります。

1915年 – 32歳「素封家の食客行脚をすることで、食器や料理に関する見識を深める」

北大路姓に復帰することに

1913年に魯山人の兄が亡くなったことにより、母・登女から家督相続をするように促されます。魯山人は長男の桜一を福田家の相続人とし、自身が北大路家に復帰することで合意しました。そして、号を北大路魯卿に変更し、同時並行で北大路魯山人も名乗るようになったのです。

素封家や料理屋と懇意になっていくにつれ、食器や料理に目覚めるように

懐石料理などの豪勢な食事をするうちに食器や料理に目覚めるように

この頃から魯山人は近江長浜、京都、金沢の素封家の食客として招かれたり、金沢の懐石料理屋「山の尾」と懇意になったりする過程で、食器や料理に関しての見識を深め、料理に目覚めていくようになりました。

便利堂の中村竹四郎と共同で古美術店・大雅堂を経営

1917年に知り合い、意気投合した中村竹四郎とともに古美術店・大雅堂を経営していくことになりました。ここで、古美術骨董・陶器を取り扱うかたわらで、その食器を利用しつつ、高級食材を使用した料理を提供するようにもなっていくのです。

1921年 – 38歳「会員制料亭『美食倶楽部』、会員制高級料亭『星岡茶寮』発足」

料理好きが高じて、会員制料亭を発足させることに

星岡茶寮を描いた絵画

1921年、大雅堂での料理提供から発展して、会員制料亭「美食倶楽部」を発足させることになりました。魯山人が自ら食器を制作し、それに合う料理を自分で作るというスタイルを築きます。

そして、その4年後には東京永田町にて、中村竹四郎が社長、魯山人が顧問として、会員制高級料亭「星岡茶寮」も開くことになるのでした。また、茶寮内で「魯山人習作第一回展」を開催し、書や陶器の展示も行うようになるのです。

「常用漢字三体習字帖」を刊行

常用漢字三体習字帖

その間も魯山人は書の制作にも余念がなく、1924年には「常用漢字三体習字帖」を刊行することになりました。その名の通り、常用漢字を3つの書体を使って記録したもので、現代に至るまで何度か改訂され、現在でも復刻版が販売されています。

1927年 – 44歳「魯山人窯芸研究所・星岡窯を設立し、作陶活動へ」

宮永東山窯から美濃焼の陶芸家、荒川豊蔵を招く

魯山人は本格的に陶器制作活動へ乗り出すために、美濃焼の第一人者である荒川豊蔵を宮永東山窯から星岡茶寮へと招き入れました。そして、「魯山人窯芸研究所・星岡窯」を設立し、陶器制作に力を入れるようになります。

翌1928年にはさらなる陶器の勉強をするために朝鮮へと渡り、窯跡の視察などを行いました。日本へと戻ると、これまでに作った作品を展示し、日本橋三越にて「星岡窯魯山人陶器展」を開催するのです。

星岡茶寮に久邇宮邦彦王を迎える

星岡茶寮を訪れた邦彦王

1928年には星岡茶寮の評判が皇室まで到達し、元帥陸軍大将でもあった久邇宮邦彦王夫妻を茶寮に招くことになりました。魯山人の陶器や料理は政財界の要人達の間でも話題に上るようになり、会食の開催を依頼されることもあったのです。

1933年 – 50歳「銀茶寮・大阪星岡茶寮の開業、そして、星岡茶寮からの解雇」

銀茶寮・大阪星岡茶寮開業

大阪星岡茶寮

1930年には雑誌「星岡」を創刊し、1931年には便利堂から「古染付百品集」を出版、1933年には「魯山人小品画集」を刊行するなど、書籍の制作に精を出しました。1933年には星岡茶寮の系列店となる「銀茶寮」を開業し、それと同時に志野焼の制作に取り掛かります。

1935年にはさらなる系列店「大阪星岡茶寮」を開業しました。そして、上野松坂屋にて「魯山人作陶百種展覧」を開催し、そこで新しい登り窯による作品も同時に発表するのでした。

魯山人の横暴さによって星岡茶寮を解雇に

北大路魯山人「織部木の葉向付」 木の葉絵丸鉢の大量発注を受け、一気に懐が潤う

星岡茶寮の経営自体はうまくいっていたのですが、魯山人の出費の多さや横暴さが目立つようになり、これを見かねた社長の中村竹四郎が魯山人を解雇することに決めたのです。追放された魯山人は、収入が無くなってしまったため、経済的に困窮しました。

しかし、1937年には東京火災保険の創立50周年の記念品として木の葉絵丸鉢の大量発注を受けることになり、この仕事によって一気に懐が潤うことになるのです。

1945年 – 62歳「星岡茶寮が空襲で焼失、銀座に『火土火土美房』設立」

空襲により星岡茶寮が焼け落ちる

東京大空襲のあとの様子 星岡茶寮は空襲で焼け落ちてしまう

1936年に星岡茶寮を解雇された魯山人でしたが、1945年には空襲によって茶寮が焼失してしまいました。魯山人が料理と陶器を極めていく過程で重要な役割を果たした場所であったため、名残惜しい気持ちになったようです。

また、魯山人はこの時期、結婚と離婚を繰り返しています。最初の結婚は1908年、2回目は1914年でしたが、1927年の3回目の結婚の際に結ばれた中嶋きよと1938年に離婚すると、同年に熊田ムメと4回目の結婚、1939年にムメが出ていくと、1940年には中道那珂能(新橋芸者の梅香)と5回目の結婚、1942年に離婚、そして、最後は1948年に峰尾千尋と6回目の結婚をすることになるのでした。

自作直売店「火土火土美房」を銀座に開設

自作直売店「火土火土美房」開店の広告

1946年には銀座に自作直売店「火土火土美房」を設立しました。自ら制作した陶器をそのまま売り込むスタイルの店で、日本人のみならず、在日欧米人にも人気が広がったため、戦後に困窮していた生活も潤っていくようになります。

1948年には日本橋三越で「魯山人絵画展」を開催しました。魯山人は書や陶器、料理のみならず、絵画にも自らの才能を開花させるのでした。

1951年 – 68歳「ピカソに陶器を賞賛される」

パリの「現代日本陶芸展」に出品、ピカソの目につく

魯山人の器がピカソの目にとまる

1951年に開催された「現代日本陶芸展」に板谷波山、加藤九郎らとともに陶器を出品することになりました。場所をヴァロリスに移して開催された同展覧会にピカソが視察に来ており、この時に魯山人の陶器が注目を浴びることになったのです。

イサム・ノグチ、山口淑子夫妻を自宅に招く

イサム・ノグチ

1951年に結婚したイサム・ノグチ(アメリカのロサンゼルスに生まれた日系アメリカ人、彫刻家・画家)、山口淑子(芸名:李香蘭、歌手)夫妻を鎌倉山崎の魯山人邸に招き、一時寄寓(短期間住まわせること)させることになりました。そして、ノグチはそこでアトリエを築くことになります。

1954年 – 71歳「ピカソとシャガールを訪問」

アメリカやヨーロッパ各地を行脚、ピカソとシャガールを訪問

マルク・シャガール

1954年、ロックフェラー財団の招聘により、アメリカやヨーロッパの各地で展覧会や講演会を行うことになりました。ニューヨーク近代美術館では「魯山人展」が大々的に催されることとなるのです。

ヨーロッパでも各地に招聘され、フランスのヴァロリスへ赴いた際にはパブロ・ピカソとマルク・シャガールの両氏の元を訪れることになりました。

日本へ帰国後も日本各地で展覧会を開催

魯山人の作品の数々

1955年に日本へ帰国すると、各地で展覧会を開催することになります。1955年、高岡市美術館で「帰朝記念展」を開催、1956年には京都美術倶楽部にて「魯山人作品展」、1957年には名古屋名鉄百貨店で「第五十三回魯山人作品展」、1958年、日本橋壷中居にて「魯山人近作陶芸展」、1959年には京都美術倶楽部で「魯山人書道芸術個展」を開催しました。

また、1955年にはNHK国際放送に出演することが決定し、そこで「やきものの話」と題して陶芸についての番組を放映することになったのです。

1955年 – 72歳「人間国宝に選ばれるも、辞退」

重要無形文化財・人間国宝に推奨されるも辞退

1955年、魯山人は重要無形文化財・人間国宝に選ばれることになりました。しかし、本人は頑なに固持し、受け入れることはありませんでした。その時の理由は「作家は作品が永遠にものを言うのだから、勲章なんてアクセサリーはいらない」ということだったのです。

1959年 – 76歳「76歳で帰らぬ人に・死因は肝臓ジストマによる肝硬変」

入退院を繰り返したのち、肝臓ジストマで肝硬変を患う

魯山人の墓 京都府京都市西京区松尾神ヶ谷町 西芳寺

1959年に入ると、前立腺肥大症の手術を受けるために横浜十全病院に入院しました。手術は無事に成功しましたが、その後すぐに胃潰瘍のための手術も受けることになったのです。

胃潰瘍の手術も問題なく執り行われたため、一時退院することになりましたが、12月には肝臓ジストマ(現在では肝吸虫)と言う寄生虫による肝硬変が発覚します。そして、再度、横浜十全病院に入院を余儀なくされ、12月21日、肝硬変によって帰らぬ人となってしまうのでした。

1 2 3

コメントを残す