小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

本当に面白い漫画50選を紹介!年代別に名作からマイナー作品までを厳選

1980年代の面白い漫画

1980年代に突入すると「週刊少年サンデー」でラブコメ漫画が人気となり、「週刊少年ジャンプ」では、バトル漫画やスポーツ漫画が人気を博していました。

この年代は特に子供の数が多いこともあり、数多くの漫画が飛ぶように売れて、今でも名作として語り継がれているものが多いです。ここからは、そんな1980年代の面白い漫画を10作品紹介していきます。

Dr.スランプ

読んでみて

Dr.スランプは鳥山明が描くSFギャグ漫画です。

基本的には1話完結で、人間型ロボット・アラレちゃんの日常を描いています。昔のギャグ漫画なので、今の若い人にはノリが合わないかもしれませんが、ほのぼのとした雰囲気と画力があいまって一度読み進めると止まりません。

とにかく読んでいて不快感を全く感じない作品なので、全ての人におすすめです。

みんなのレビュー

ドラゴンボール

読んでみて

ドラゴンボールは、鳥山明が描くバトル漫画。七つの球を集める事で願いが叶う秘宝・ドラゴンボールと、主人公・孫悟空を中心に展開していくストーリーです。

バトル漫画といえばこの作品、と言っていいほどに非常にメジャーな漫画で、とにかく面白いです。画力も非常に高いので、絵を見ているだけでもワクワクしますし、味方も敵も魅力的なキャラクターが多いので何度も読みなおしたくなります。

みんなのレビュー

魁!!男塾

読んでみて

不良が集まる男塾で繰り広げる、帝国主義テイストの強いギャグ漫画。今の若い人が見ても笑える内容が多く、特に男性におすすめの作品です。

話が進むにつれて、バトル漫画に変わっていき、上級生や他校とのバトルに変わっていきます。ハチャメチャながらも熱い展開が多いので読み応え抜群です。難しいことは考えず、勢いだけで漫画を読みたい方はぜひ読んでみてください。

みんなのレビュー

AKIRA

読んでみて

AKIRAは2019年の日本を舞台にしたSF漫画です。この漫画は1982年から連載された作品なのですが、2020年の東京オリンピックを予言しています。1982年に想像された2019年の日本の姿を見られるので、目新しい気持ちで読めます。

また何といってもAKIRAは画力がすさまじく、一枚の絵が動いているように見えるほど、迫力のある漫画となっています。SF好きにはぜひとも読んで頂きたい1作です。

みんなのレビュー

ちびまる子ちゃん

読んでみて

ちびまる子ちゃんは、ご存じの通り、まる子とその家族、学校の友達との日常を描いた漫画です。アニメ版の内容は世間に浸透していますが、漫画版はあまり知られていません。

漫画版はブラックジョークが多く、救いようのない性格をしているキャラクターも多いので、アニメとは違った面白さを感じられます。ただし漫画版のまる子はあまり性格が良くないので、アニメのイメージを壊したくない方や、腹黒いキャラクターが嫌いな方は、閲覧注意です。

みんなのレビュー

らんま1/2

読んでみて

らんま1/2は高橋留美子が描く、格闘ラブコメ漫画です。水をかけられると性別が女に変わってしまう、早乙女乱馬が主人公の作品で、ギャグシーン、格闘シーン、謎解きなど様々な要素を含んでいます。そのため、最初から最後まで通して常に楽しめる漫画と言えます。

個性的なキャラクターが多く、話も明るい展開が多いので、すべての年代で男性にも女性にもおすすめできる漫画です。

みんなのレビュー

ろくでなしBLUES

読んでみて

ろくでなしBLUESは1980年代を代表する不良漫画です。もはや不良漫画の金字塔と言っても良いかもしれません。

話の内容としては、不良同士の抗争が主になっていますが、それぞれのキャラクターが立っているので、42巻という長さでありながら、飽きずに漫画を読み進められます。それどころか、話が進んでいくたびに、新しいカッコいいキャラクターが次々と登場するので、どんどん面白さが増していきます。

男くさい描写が多いため、女性には向いていないかもしれませんが、男性には絶対読んで欲しい1作です。

みんなのレビュー

究極超人あ~る

読んでみて

究極超人あ~るは全9巻からなる学園コメディ漫画です。本作の舞台である春風高校には個性豊かな人たちが集まっており、とにかく楽しそうな学園生活が描かれています。

日常系漫画の先駆けとも言える作品で、とにかくゆるく漫画を読みすすめられます。ただただ、登場人物が楽しそうにしている雰囲気を見ているだけでも面白く、何度見ても飽きません。巻数も全9巻とそこまで多くないので、気軽に読めるのもおすすめのポイントです。

みんなのレビュー

タッチ

読んでみて

タッチは野球部の弟が死んで兄が代わりに甲子園を目指す、というストーリーのラブコメ野球漫画。昔読んだという方にも、もう一度読んでほしい作品で、大人になってから読んでみると違ったところに感動する場面が非常に多いです。

今の世代の方には、ノリや考え方が少し違う部分が多いかもしれませんが、今40代、50代の方には特にハマる漫画ではないかと思います。野球は知らなくても楽しめる作品なので、ラブコメが好きな方にはぜひとも一度読んでみて頂きたい作品です。

みんなのレビュー

寄生獣

読んでみて

80年代の漫画で、純粋に評価が高いと言われているのが寄生獣です。普通の高校生・泉新一と寄生生物ミギーが織りなすSF漫画で、意外性のある展開が多いので、常にハラハラドキドキした気持ちで漫画を読み進められます。

人を食うパラサイト、人間、主人公、の構図が非常に上手くできており、哲学的に考えさせられる場面が多いです。そのため、全10巻という短さでありながら濃厚な内容になっています。確実に面白い作品なので、グロい描写が苦手でないのであれば、ぜひ一度手に取っていただきたい作品です。

みんなのレビュー

1 2 3 4 5

コメントを残す