小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

三億円事件とは?事件の経緯や真相、犯人像、関連作品まで紹介

事件の一連の流れ

1968年12月6日:日本信託銀行国分寺支店長宛に脅迫状が届く

多摩農協に届けられた脅迫状

三億円事件が起こる前の1968年の4月ごろから、多摩地区の農協や駐在所などに脅迫状が送りつけられる事件が起こります。また1968年の12月6日には日本信託銀行にも、現金300万円を要求し従わなければ支店長宅を爆破すると予告した脅迫状が届きました。

のちの調査でこれらの脅迫状は、筆跡が同じ事から同一人物によることが判明します。これで多摩農協脅迫事件と日本信託銀行脅迫事件、三億円強奪事件が同一犯による犯行だと証明されました。

そしてこの脅迫状の存在は、犯人が3億円の強奪に成功する大きなカギにもなりました。

1968年12月10日

午前9時15分ごろ:現金輸送車が銀行を出発

1968年12月10日午前9時15分ごろ、東京芝浦電気府中工場の従業員4523人分のボーナス約3億円を積んだ現金輸送車が、日本信託銀行国分寺支店から出発しました。府中工場までは約3.5キロ、およそ10分の道のりです。

事件当時は現金輸送に武装した警備員は配置されておらず、銀行の関係者が自ら輸送していました。事件当日の現金輸送も銀行員4人によって行われており、彼らには日常の事と言えました。

午前9時21分ごろ:現金輸送車襲撃

現場に残された偽白バイ

府中刑務所の塀沿いの道に差し掛かった午前9時21分ごろ、現金輸送車は後ろからやってきた犯人が乗る偽白バイに停車を指示されます。輸送車までやってきた犯人は銀行員たちに「銀行の支店長宅が爆破されました、この車にもダイナマイトが仕掛けられているかもしれません」と言い放ちます。

犯人は銀行員たちに中を調べるように言い、自分は車の下を調べるふりをして発煙筒を点火しました。煙に驚いた銀行員たちは犯人の「すぐに車から降りて逃げろ」という指示に従ってしまいます。その隙に犯人は現金輸送車に乗り込み、白バイなどを残したまま逃走しました。

このような映画やドラマのような状況でも、前もって送りつけられていた脅迫状の存在によって銀行員たちは何の疑いもなく犯人の指示に従ってしまったと言えます。

午前9時28分ごろ:110番通報

110番通報

犯人の逃走後も銀行員たちは、3億円を爆弾から遠ざけるため輸送車を走らせるなんて「なんて勇敢な人だ」と思い込んでいました。

しかし、いつまでも爆発しないのを不思議に思い恐る恐る近づいてみると、ダイナマイトではないことが判明します。さらに白バイが偽物であることにも気づき、さっきの人物が警察官ではなかったことが発覚しました。

近くのガソリンスタンドに駆け込んだ銀行員たちは出発した日本信託銀行国分寺支店に電話をかけ、事態の顛末を説明します。それを受けて銀行の支店長から110番通報がなされました。

午前9時44分ごろ:警視庁による緊急配備

警察による緊急出動

通報を受けた警視庁は強奪された金額の大きさから、東京都全域に緊急配備を敷きました。都内すべての警察署・全署員に出動命令が出され、機動隊も含めると1万350人もの警察官が緊急出動しました。

緊急配備の2分後の午前9時46分ごろには県外に逃走する恐れを考え、神奈川県警・山梨県警・埼玉県警に配備協力を要請します。各地で検問を敷いて逃走車の捜索が開始され、犯人は袋のネズミと思われました。

ところが午前10時18分に犯行現場からわずか600メートルの国分寺史跡付近で奪われた現金輸送車が発見されます。車のトランクに入れられていた3億円はジュラルミン・ケースごと無くなっていました。

現金輸送車が発見された国分寺史跡

乗り捨ててあった現金輸送車のそばに別のタイヤ痕や無数の足跡があったことから、逃走用の別の車に乗り換えたものと思われました。これを受けて警視庁は逃走車が不明のため、全車両を止めての徹底した検問を行う羽目になりました。

午後3時44分:検問打ち切り

全車両を止めての検問を行った結果、師走という時期もあり各地で大渋滞を引き起こした主要道路は完全に機能停止状態に陥りました。午後3時44分、警視庁は泣く泣く全エリアの検問を打ち切り、犯人を取り逃がしてしまいました。

1968年12月22日:モンタージュ写真公開

公開されたモンタージュ写真

警察は市民の協力を得るため、1968年12月22日付の新聞で犯人とされる男のモンタージュ写真を公開しました。モンタージュ写真とは膨大な量の写真の中から犯人に似ているとされる人物を集め、合成してできた写真のことです。

似顔絵と違いリアルな写真だったため効果は絶大で、多い時には1日に1800件以上の情報が寄せられました。通報の9割は犯人に似た人物に関しての情報提供で、その確認作業に多くの捜査員が駆り出されました。

しかしいくら探しても犯人につながる人物は見つからず、捜査員たちは膨大な情報と確認作業に翻弄されることになります。

1969年4月9日:逃走車両発見

発見された逃走車両

事件発生から4ヶ月たった1969年4月9日、犯行現場から6キロほど離れた団地の駐車場に現金輸送車から乗り換えて逃走に使用された車両が、空のジュラルミン・ケースとともに放置されているのが発見されます。車にはシートカバーがかけられており、それが発見を遅らせた原因になりました。

状況から3億円をジュラルミン・ケースから移し変えた場所と推定されましたが、団地の駐車場という目につきやすい場所でありながら目撃証言などは得られませんでした。のちに自衛隊の衛星写真からこの逃走車両は、事件の翌日からこの駐車場に停まっていたことが判明しました。

空になったジュラルミン・ケース

これを受けて警視庁は「捜査の神様」と呼ばれた名刑事・平塚八兵衛を捜査本部へ招集します。平塚のモンタージュ写真に頼らず遺留品を重要視した捜査によって新たな容疑者にたどり着きますが、それでも犯人逮捕にはつながりませんでした。

1975年12月10日:時効成立

時効成立

時効まであと3ヶ月に迫った1975年10月に警察は最後の大勝負に出ます。17人に縮小されていた捜査員を87人まで増強し、2000人の警察官を導入して全世帯を回る大規模なローラー作戦が行われました。また犯人の遺留品なども公開され、広く情報提供を呼びかけました。

しかしその甲斐なく1975年12月10日午前0時を迎え、公訴時効が成立しました。延べ捜査日数2556日、捜査対象者約11万人、捜査員数約17万人、捜査費用約10億円の日本犯罪史に残る未解決事件となりました。

三億円事件に関する謎や逸話

遺留品の多さ

警視庁が公開した遺留品の広告

三億円事件では犯人によって120点にも及ぶ遺留品が残され、捜査本部は犯人逮捕は時間の問題と考えていました。しかし残された証拠品のほとんどは大量生産され一般に広く流通しているものや盗難されたもので、犯人を特定できるような重要証拠は見つかりませんでした。

犯行現場に残された偽の白バイや逃走に使用された車、犯行に使われなかったが犯人により盗難されたとみられるバイクや車など複数台が見つかっています。

偽白バイの改造に使用されたメガホンからも塗装する際に付着したとみられる新聞紙が発見され、新聞の種類と配達された販売所までたどり着くも一歩遅く、配達先の住所録は処分された後で犯人までたどり着くことはありませんでした。

不確かなモンタージュ写真

少年Sの写真と出来上がったモンタージュ写真

市民からの情報提供を求めるため公開されたモンタージュ写真でしたが、膨大な情報提供があったにも関わらず犯人逮捕のきっかけにはなりませんでした。それもそのはずで、このモンタージュ写真は犯人にまったく似ていない可能性が出てきたのです。

本来モンタージュ写真とは沢山の写真から目撃証言をもとに組み合わせ合成してできた写真のことです。しかし三億円事件の時には最初に容疑者として捜査線上に浮かんだ少年Sの写真をそのまま流用して、ヘルメットと無線機を合成してできたものでした。

ついには1971年に情報提供の際にモンタージュ写真に似ていなくてもよいと方向を転換し、1974年には正式にモンタージュ写真は破棄されるに至りました。

しかし、その後も三億円事件を扱うメディアや書籍などでこの写真は使われ続け、いまだにこの写真の男が犯人だと誤解を生む結果となりました。

三億円事件の影響

給与の受け渡しが振り込みになった

三億円事件がきっかけともいわれる「現金自動預け払い機(ATM)」

三億円事件が起こった1968年当時は、給与を給与袋で手渡しするのが主流でした。この事件をきっかけに現金輸送の危険性が認識され、口座振り込みへの関心が高まります。その結果として民間企業で金融機関を利用した給与振込制度が浸透し始め、数年後には国家公務員にも導入されました。

またどうしても現金を輸送する際には、専門の訓練を受けた警備員を配置し万一に備えるようになったのも三億円事件がきっかけと言われています。

給与を振り込みにしたことによって、銀行の窓口に振り込まれた給与を引き出す人が殺到するという問題が起こりました。そこで自動で引き出しや振り込みのできる「現金自動預け払い機(ATM)」が開発されたと言われています。

自称犯人「白田」の出現

2018年の8月8日、小説投稿サイト「小説家になろう」に三億円事件の犯人を自称する「白田」なる人物の手記「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」が投稿されました。その年の12月にはポプラ社より書籍化され、少年ジャンプ+でマンガ化もされるなど社会現象になりました。

小説の内容は犯人しか知らないとされる「秘密の暴露」などにも言及されており、リアリティがあるとされています。しかし辻褄が合わないことや若者が書いたような文体など不審な点も多くありました。

事件が起こった府中の警察署でも話題に上がったらしく、犯人が名乗り出たと面白がる者や成りすましだと一蹴する者もいたといいます。

三億円事件をモチーフにした作品

マンガ「三億円事件奇譚モンタージュ」

三億円事件をモチーフに描かれた渡辺潤によるミステリー漫画です。2010年から2015年まで講談社の「週刊ヤングマガジン」にて連載されました。現在と過去が入り乱れる壮大なストーリーで、読み応えのある超大作です。

2004年の長崎、主人公である10歳の少年が父親が三億円事件の犯人だと告げられるところからこの物語は始まります。その後、成長した主人公が父の形見である剣道の防具から血まみれの500円札を発見。そのお金が3億円事件で奪われたものと判明し、主人公は真相を知るため幼馴染とともに奔走します。

ドラマ「クロコーチ」

2013年の10月から12月にTBSの「金曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマです。元々はリチャード・ウー原作、コウノコウジ作画による漫画で、日本文芸社の漫画雑誌「週刊漫画ゴラク」で連載されました。

原作では様々な未解決事件にひとつの仮説を示すスタイルで話が進められていて、ドラマではその中の三億円事件を映像化しています。主演は長瀬智也さんが務め、剛力彩芽さん、香椎由宇さん、渡部篤郎さんなどが出演しています。

三億円事件に関するまとめ

日本犯罪史の中でもひときわ有名な三億円事件を紹介しました。

犯人が不明で奪われた3億円の行方もわからないままなので、様々な推測や仮説が立てられました。結局真相は闇の中ですが数々の小説や漫画、映画やテレビ番組で題材にされ語り継がれています。

ぜひ色々な作品を見てそれぞれの三億円事件へのアプローチを楽しんでみてください!

1 2

コメントを残す