小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

湯川秀樹とはどんな人?生涯・年表まとめ【ノーベル賞の受賞理由も紹介】

湯川秀樹は、1949年に日本で初めてノーベル賞を受賞した物理学者です。受賞のニュースは、敗戦で落ち込んでいた国内のムードを明るく照らしました。そして彼に触発された日本の若手学者たちは、素粒子論において世界をリードする存在となっていきます。

湯川秀樹

また、戦後はアインシュタインとともに核廃絶運動を推し進めました。科学者として核兵器という人類を滅亡させてしまうものを生み出してしまった責任を感じていた湯川秀樹は、世界の科学者とともに平和活動に最期まで尽力します。

この記事では、湯川秀樹の美しい日本語が詰まったエッセイが好きで、科学者としてだけではなく人間としての湯川秀樹に興味を持っている筆者が、その生涯や功績を紹介しながら魅力に迫っていきます。

湯川秀樹とはどんな人物か

名前湯川秀樹
誕生日1907(明治40)年1月23日
没日1981(昭和56)年9月8日
生地東京都麻布市兵衛町(現在の港区六本木)
没地京都府京都市左京区
配偶者スミ
埋葬場所知恩院(京都府京都市東山区林下町400)

湯川秀樹の生涯をハイライト

湯川秀樹は明治時代の終わりに生まれました。学問好きの一家に育ち、自分の夢中になれる分野を探す過程で量子力学に出会い、終生その研究に取り組む決意をします。

湯川秀樹

苦悩の末に中間子理論を生み出し、世界的な評価が高まりますが、日本は太平洋戦争に突入し、湯川もその波に巻き込まれます。しかし科学者として積極的な兵器開発には関わらず、あくまでも純粋に学問を続け、将来を担う科学者を育てようと講義を続けました。

ノーベル賞授賞式での湯川秀樹

1949年、湯川秀樹はその功績を認められ、日本人初のノーベル物理学賞を受賞します。そのニュースは敗戦後の日本に大きな勇気をもたらしました。また、平和活動にも積極的に携わります。アインシュタインら世界でも著名なノーベル賞受賞者と連名で出したラッセル=アインシュタイン宣言は、今日まで続く核廃絶運動の端緒となりました。

湯川秀樹(前列左から2番目)、2008年ノーベル物理学賞を受賞した南部陽一郎(後列右端)

1981年、湯川秀樹は74歳でその生涯を終えますが、彼の学問に対する熱意は若い科学者たちに引き継がれ、日本のノーベル賞受賞者の中でも物理学賞受賞が最多となっています。素粒子物理学の元祖として、湯川秀樹の名前はこれからも語り継がれることでしょう。

日本人初のノーベル賞を受賞

ノーベル賞を受賞した頃の湯川秀樹

湯川秀樹は1949年、核力に関する中間子理論においてノーベル物理学賞を受賞しました。この湯川の功績があったからこそ、この後に続く多くの日本人のノーベル物理学賞受賞者が生まれたと言って過言ではありません。

湯川秀樹のノーベル賞受賞を知らせる号外

そしてノーベル賞受賞が1949年であったことも、日本には大きな出来事でした。敗戦から数年、講和条約締結前で国内では混乱が続き、国際社会への復帰の道も見えない頃のことです。湯川秀樹が、ほとんど独学で研究を続けて成果を出し、世界的に認められたことは日本人に大きな勇気をもたらしました。そういった意味で、湯川秀樹のノーベル賞受賞は特別なものだったのです。

学者ばかりの家系

実父の小川琢治

湯川秀樹の実父・小川琢治は地質学者、長兄・小川芳樹は冶金学者、次兄・貝塚茂樹(旧姓・小川茂樹)は東洋史学者、弟・小川環樹は中国文学者と学者一家の家族でした。

湯川秀樹の両親は、子供たちを幼い頃から学者にするつもりだったようで、学校の席次のために勉強しなくていいから、好きなことや素質にあったことを深く追及するように教育していたようです。

この兄弟の中で、秀樹が一番出来が悪いのではないかと将来を心配されていたらしく、大学へ進ませるかどうかを両親が悩んだという話が残っています。

同期だった朝永振一郎

湯川秀樹と朝永振一郎

湯川秀樹にとって同期に朝永振一郎がいたことは、比較されるという意味で特に若い頃は苦しくもあったでしょう。しかし成長させてくれた偉大なライバルであり、晩年は同志でもあったように思います。

1922年に来日したアインシュタイン夫妻

湯川秀樹と朝永振一郎は、中学時代に来日したアインシュタインに大きな影響を受けました。そこからは共に机を並べて学び、京大卒業後は湯川が大阪大学へ、朝永が理化学研究所へと場所を移すも、歩調を合わせて研究を続けていることがわかります。

朝永振一郎のノーベル賞受賞(1965年)

湯川秀樹の中間子論は、朝永振一郎のアドバイスがあったからこそ理論がまとまったとも言われます。また、朝永は1965年にノーベル物理学賞を受賞しますが、それも湯川秀樹と素粒子論を議論する中で生まれてきたものでした。お互いが高めあったからこそ、同級生が揃ってノーベル賞受賞者になったのです。

湯川秀樹の功績

功績1「中間子論でノーベル賞受賞」

中間子論

湯川秀樹の中間子論のきっかけとなったのは、原子核の中で、陽子と中性子がなぜバラバラにならずにいられるのか?という疑問でした。湯川秀樹は、中性子と中性子を結びつける中間子があるという理論を打ち立てます。この素粒子物理学は、現在も研究が続く宇宙論の基礎となっているものです。

功績2「アインシュタインと平和運動を推進」

アインシュタインがルーズヴェルト大統領に宛てた手紙

アインシュタインは、ナチス・ドイツが先に原子爆弾を完成させてしまうことを恐れ、アメリカのルーズベルト大統領に原子爆弾の開発製造を提案しました。たとえ戦時下であったとはいえ、そのことはアインシュタイン自身を大きく苦しめていました。

アインシュタインと湯川秀樹

アインシュタインは交流があった日本人である湯川秀樹に、アメリカの日本への原爆投下を食い止めることができなかったことに対して涙を流して謝罪したそうです。湯川秀樹自身も科学者として、自分にも責任があるはずだという思いに囚われていました。こうした思いが、のちにラッセル=アインシュタイン宣言として実を結んでいくのです。

湯川秀樹の名言

色紙を求められると湯川秀樹はこの言葉を書いていました。

一日生きることは、一歩進むことでありたい。

湯川秀樹が座右の銘としていた言葉です。湯川秀樹はノーベル賞受賞という結果を残した素晴らしい学者ですが、その業績は日々の小さな努力の積み重ねで得たことを身をもって知っていました。当たり前のことかもしれませんが、これを湯川秀樹が言うことで言葉の重みが増す気がします。

湯川秀樹にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「夢の中で思いついた中間子論?!」

中間子論を思いついた頃に湯川秀樹が住んでいた西宮市苦楽園

湯川秀樹がノーベル賞を受賞した中間子論は、夢の中で思いついたと言われています。

考えすぎて不眠症になっていた湯川秀樹は、寝床の中で思いついたことがあれば、忘れないように電灯をつけてノートに書き止める日々が続いていました。そんなことを続けていたある夜、中間子論の元になる着想を得たというのです。

夢の中でも考えるほど、湯川秀樹はこの世界に没頭していたということでしょうし、その執念があったからこそ閃いた理論だったとも思います。

湯川秀樹の生涯年表

1907〜1925年 – 1〜18歳「教養を深めた学生時代」

小川家が揃った写真(右端が秀樹)

漢文を学んだ幼少期

1907(明治40)年1月23日、小川琢治と小雪の三男として秀樹は生まれました。なお、「湯川」の姓は結婚後のものです。父が京都帝大の教授となり、1歳の時に京都へ引っ越します。

四書五経の一つである論語

小学校へ上がる前から、祖父より四書五経の素読を学びます。

頑固な性格が現れる青年期

日本最古の旧制中学校・京都府立京都第一中学校

1919年に京都府立京都第一中学校、1923年に第三高等学校に進学します。

旧第三高等中学校正門は現在の京都大学本部構内正門として残されています。

湯川秀樹は物事に熱中すると止まらず、頑固な性格だったようで、この性格がのちの研究スタイルに繋がっていきます。また中学校の校長も、彼の天才的なひらめきを評価していました。成績が良いか悪いかというより、その着想の鋭さを高く買ってくれる大人が周囲にいたことも、彼にとって幸運だったと言えるでしょう。

量子力学との出会い

フリッツ・ライへ「量子論」

高校生の時に、湯川秀樹は本屋で運命的な一冊の本と出逢います。フリッツ・ライへの「量子論」です。この本をきっかけに大学で物理学を極めようと決めるのです。

1926〜1931年 – 19〜24歳「理論物理学の世界へ」

1897年創立の京都大学

京都大学へ入学

ディラックとハイゼンベルグ

1926年、湯川秀樹は京都帝国大学理学部物理学科に入学します。1927年、2人の若き天才ハイゼンベルグ(1932年ノーベル物理学賞受賞)とディラック(1933年ノーベル物理学賞受賞)の講演を京都で聴いたことがきっかけで、湯川秀樹と朝永振一郎は、量子力学を専攻したいと思うようになります。

1929年に卒業後、二人とも大学に残り、理学部副手として理論物理学の研究を続けます。

原子核と量子電気力学

原子の構造

この頃の湯川秀樹は、原子核と量子電気力学を研究していました。当時、この分野は全く説明がつかない矛盾を抱えており、新しい研究対象でした。湯川秀樹は大好きなテニスを我慢してでもこの研究に集中しようと、自らを戒める言葉をノートに残しています。

1932〜1935年 – 25〜28歳「中間子理論の誕生」

湯川秀樹が中間子論を生み出した頃に住んでいた西宮市苦楽園にある石碑

湯川家の入婿となる

湯川秀樹・スミ夫妻

1932年、秀樹は湯川スミと見合い結婚をして湯川秀樹となりました。

苦しんだ末の新理論

後年、湯川秀樹自身が「最も苦しかった2年間」と評していたのがこの時期は、原子核に関する疑問はあるものの、そこに対するアプローチが見つからず悩んでいました。

湯川秀樹を大阪大学へ誘った電気通信工学者の八木秀次は、八木・宇田アンテナを発明したことで知られています。

1933年大阪大学の八木秀次教授に出会い、湯川秀樹は前年から務めていた京都大学理学部講師に加え、大阪大学理学部講師を兼ねるようになります。当時の大阪大学は新設されたばかりで、若い研究者が集まって切磋琢磨している組織でした。湯川秀樹もその中にあって、大きな刺激を受けます。

大阪大学

1934年、湯川秀樹は新理論を発表します。核力を説明するための新しい粒子、つまり中間子の存在を予言したのです。

湯川秀樹が二人の息子を連れてアインシュタインに会いに行った時の写真

妻・スミは1933、1934年と二人の息子を出産していました。そんな中でも夫に、早く英語の論文を書いて世界に発表するように急かしました。1935年、彼の初めての論文が学会雑誌に掲載されました。「素粒子の相互作用について 」という論文でした。中間子理論の誕生です。

1 2

コメントを残す