小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

富岡製糸場とは?世界遺産登録の理由や歴史、設立目的など簡単に解説

「世界遺産になった富岡製糸場って、いったいどんなところ?」
「どうして世界遺産に登録されたんだろう?」

富岡製糸場は、群馬県富岡市にある世界遺産です。明治政府が日本の近代化を進めるために創設した官営模範工場の1つとして開業し、日本のみならず世界全体の絹産業の発展に大きく貢献しました。

富岡製糸場

世界遺産に登録されたのは2014年のことです。世界遺産としての正式名称は「富岡製糸場と絹産業遺産群」といいます。富岡製糸場のほかに「絹産業遺産群(きぬさんぎょういさんぐん)」として3つの文化財が登録されているのです。

富岡製糸場を詳しく知っていくと、さまざまな人の尽力があって製糸場が完成し、操業し、そして世界遺産になったということがわかります。この記事では、富岡製糸場が世界遺産に登録された理由や歴史、設立目的などを解説します。

富岡製糸場とは

富岡製糸場 東置繭所

富岡製糸場を簡単にいうと

富岡製糸場は、1872年に群馬県の富岡に設立された製糸工場です。製糸工場とは蚕の繭から絹糸を作るところで、富岡製糸場は日本で初めて本格的に製糸器械が導入された工場でした。製糸場で導入された器械は他の製糸工場でも取り入れられ、働いていた工女たちは全国各地に最新の製糸技術を伝えました。

明治政府の運営する官営模範工場として設立された富岡製糸場は、1893年に三井家に払い下げられて民営化しました。その後も2度、経営母体が変わっています。第二次世界大戦中、全国の製糸工場が廃止になるなかでも富岡製糸場は運営されましたが、1987年に創業を停止しました。

製糸場全体が国の史跡に指定されていて、創業当時の形を残している繰糸所、繭所などは国宝に指定されています。「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産に登録されたのは2014年のことです。世界全体の絹産業や日本の近代化への貢献などが認められて世界文化遺産に登録されました。

近代日本の工業化を支えた

「上州富岡製糸場之図」

1872年に官営模範工場として設立された富岡製糸場は、日本が開国した後、近代化を進めていく点で重要な役割を担った工場です。製糸場は当時としては最大規模。それまで日本にはなかったヨーロッパ式の製糸器械が導入され、それまで手作業に頼っていた養蚕業(ようさんぎょう)の生産性は一気に上がりました。

また、富岡製糸場では女性工員(工女)たちがたくさん働いていました。この工女たちの労働環境にもヨーロッパのシステムが導入されたため、他の工場の工員たちと比べ恵まれた環境で働けたのです。

ヨーロッパの製糸技術と労働システムを導入した富岡製糸場は、次第に世界的な絹産業の発展に貢献する工場となりました。最新の技術が富岡に集まるようになったのです。後に「工業大国・日本」と呼ばれるようになった原点が富岡製糸場にあるといえます。

日本と西洋の建築技術の融合

西置繭所の1階は多目的ホールになっている

富岡製糸場の敷地内には、国宝に指定されている「東置繭所」「繰糸所(そうしじょ)」「西置繭所」がコの字がたに並んでいます。現在一般に公開されているのはこちらの3つの建物です。そのほか、一般公開されていない建物として、富岡製糸場建設の総監督を務めたポール・ブリューナの暮らした「首長館」、フランス人技術者や教師の暮らした「検査人館」「女工館」などがあります。

これらの建物は木で骨組みを組み、レンガを積み上げて壁を作るヨーロッパの建築技法「木骨レンガ造」に日本の瓦屋根を融合して作られています。レンガを接着させるため、ヨーロッパではモルタルを使うのですが富岡製糸場では日本古来の素材・漆喰を使用しました。日本とヨーロッパの建築がうまく合わさっていることも高く評価されています。

富岡製糸場が設立された目的

錦絵「上州富岡製糸場」

質の高い絹糸を作るため

生糸の輸出に力を入れるために設立されたのが富岡製糸場です。1854年に開国した日本は海外と貿易を始めますした。日本はたくさんの生糸を生産して輸出するようになったのですが、急激に需要が高まったため供給が追いつかず、質の悪い生糸が生産されるようになってしまいました。そのため輸入国からは生糸の質を改善するように要求され、外国商人からは製糸工場建設の要望が出されます。

また明治維新の後、日本は「富国強兵」を目指して外貨の獲得を急いでいました。そのために生糸の輸出に力を入れていたのですが、質の悪いものを輸出しては国際的な評価も低くなってしまいます。民間資本で大規模な工場を作ることも難しかったため、日本は官営の器械製糸工場を建設することに決めたのです。

たくさんの質の高い生糸を生産することのほかに、富岡製糸場にはもう1つ役割がありました。生糸生産の技術指導者の育成です。工女たちは全国から集められ、富岡製糸場で技術を習得すると各地の器械製糸工場で指導にあたりました。

なぜ富岡の地が選ばれたのか?

富岡市は群馬県南西部にある

富岡市のある群馬県南西部は昔から養蚕が盛んで、質の良い繭を効率よく調達できたため、生糸場には適した場所でした。また、絹糸を作るのに必要な水を元々ある用水でまかなうことができ、蒸気機関の燃料となる石炭が近場で採れたのも大きなポイント。富岡市には大規模な製糸工場を作ることができる地盤があったのです。

加えて、およそ5万5000㎡の広い敷地を工場のために用意できたこと、外国人が指導する工場建設にも地元の人たちから同意が得られたこともあり、富岡に製糸場が作られることになりました。

富岡製糸場が世界遺産に選ばれた5つの理由

①絹産業の発展に貢献したから

世界規模で絹の質を高めた最先端の養蚕技術

富岡製糸場は日本の工場でありながら、世界の絹産業発展に貢献しています。開業当時、富岡製糸場は全長140メートルの繰糸場をもつ世界最大規模の製糸場でした。19世紀に製糸業が国の基幹産業だったフランスから技術者を呼び、ヨーロッパの製糸技術を導入して富岡製糸場は作られたのです。また、製糸場の敷地は広かったため、創業後も次々に最新の器械を用いることができました。

最初の目的こそ「ヨーロッパの技術を導入して生産性を高める」でしたが、時がたつにつれて最先端の製糸技術が富岡製糸場に結集するようになります。富岡で作られた高品質の絹糸は世界でもてはやされ、また高い製糸技術も富岡から世界へ広がりました。こうして富岡製糸場は日本の工場でありながら、世界の絹産業の発展に貢献したのです。

②日本の近代化がわかる遺産だから

大量生産・大量消費が近代化の合言葉

富岡製糸場にヨーロッパの技術が導入されたのをきっかけに、日本でも工業分野で機械化が進みました。それまで何かモノを作り出す仕事はほとんど手作業で行われていましたが、作業に機械が導入されたことで生産性は格段に向上。「大量生産・大量消費」がもてはやされるようになったこの頃は、日本でも近代化が進んだ時期だったといえるでしょう。

③女性にとよって良い労働環境だったから

女性が働きやすい労働環境が作られていた

富岡製糸場は労働環境の面でもフランスをお手本としました。製糸場では日本で初めて1週間を7日とする七曜制が導入され、創業当時は1日8時間労働で日曜休み、夏と年末年始には10日ずつの休暇が設けられています。さらに初代場長の尾高惇忠は工女の教育に力を入れていたため、仕事の後には夜学を受けることもできました。

工女には習熟度によって等級があり、年俸が一等工女は25円、二等工女は18円などと決まっていました。明治時代初期の1円を現在の貨幣価値に換算すると1490円ですが、物価などと考え合わせると現代の2万円ほどの価値があるとされています。富岡製糸場は当時としてはかなり待遇のよい工場でした。

④日本ならではの建築だから

瓦屋根がふかれていることがよくわかる東置繭所

先ほどもご紹介しましたように、富岡製糸場の建築は日本とヨーロッパの建築技法を組み合わせた珍しいものです。ヨーロッパの建築技法「木骨レンガ造」に瓦屋根を吹いているところも珍しいのですが、レンガを接着しているのが漆喰を改良したものという点もポイント。日本古来の漆喰に砂を混ぜたこの素材のおかげで、木組みに重いレンガや瓦を乗せても丈夫に状態を保てているといえます。

⑤建物の保存状態が良いから

長いレンガと短いレンガを交互に並べるのが「フランス積み」

富岡製糸場のレンガの積み方は「フランス積み(フランドル積み)」と呼ばれるものです。明治初期の建物では多く使われた技法なのですが、中期にかけてより強固な「イギリス積み」が主流となっていきます。そういったレンガの積み方も含め、今となっては珍しい建築がしっかり残っていることも世界遺産登録の大きな理由になりました。

1938年に富岡製糸場は「片倉工業」の所有となるのですが、1987年に閉業した後も片倉工業は一般向けに公開はせず、施設の維持と保存に注力しました。修復工事をするときも、採算度外視で建築当時の技法で行うことにこだわったといわれています。富岡製糸場が世界遺産になったのにはこのような片倉工業の努力が一役買っているのです。

1 2

コメントを残す