小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

巴御前とはどんな人?生涯・年表まとめ【家紋や逸話も紹介】

巴御前にまつわる逸話

逸話1「凄まじい怪力の持ち主だった言われる」

鎧を着た武者が乗る馬。人馬合わせて少なくとも300㎏はあるだろうそれを、巴御前はなんと…?

武勇に関するエピソードを数多く残す巴御前ですが、それと同じくらいに”怪力”を表すエピソードも数多く残されています。

その中でも有名なのは富山県にあったとされる「駒かけの松」のエピソード。俱利伽羅峠への進軍の際、義仲の無礼に腹を立てた巴御前が、義仲を乗っていた馬もろとも投げ飛ばしたというエピソードであり、現在もその舞台とされる富山県戸出地区ではそのエピソードにちなんだ祭りが開かれています。

当時の馬は現在の馬とは異なり、小柄であったことが推測されますが、それでも鎧をまとった武者込みであれば300㎏から400㎏程の重量があったのは間違いないところ。巴御前という人物を有名にした武勇は、こうした怪力から生まれたものなのかもしれません。

逸話2「料理下手だったとも言われるが…」

目を引きこそするが、おもてなし料理としてはちょっと…なメガ盛りご飯。しかし巴や義仲にとってはそれが御馳走だったようで…

武芸や怪力などのエピソードを数多く残す巴御前は、最近ではゲーム作品『Fate/Grand Order』の影響もあってか、”料理下手”というイメージで語られることも多くなっています。

実際、史実に記録された彼女の主君である義仲の食生活は「京都の食事は口に合わないと言って、大根を丸かじりする」「貴族が散歩させていた犬を捕まえ、味噌をつけて焼いて食べる」「おもてなしの料理が現在で言うメガ盛りご飯」と、中々に凄まじいもののように記録されています。

とは言え、巴御前が料理下手であったことの証拠は記録からは読み取れず、しかも頭脳労働中心の貴族と肉体労働中心の武士では、食の好みや量に差が出るのも当たり前だと言えます。

現代基準にアレンジされたキャラクターから歴史に興味を持つのも良い事ですが、史実を語る上では当時の文化や時代背景を考慮し、史実と創作を混ぜ合わせないように注意が必要です。

巴御前の生涯年表

1150年代後半? – 0歳「木曽義仲の幼馴染として登場」

義仲に使える便女として、巴御前は物語に登場する。

木曽義仲の幼馴染

『延慶本』において、巴御前は木曽義仲の幼馴染であり稽古相手として初登場します。

『延慶本』における巴御前は、後に義仲に仕えることになる樋口兼光や今井兼平の妹として描かれ、彼女自身も兄たちに憧れて義仲の家臣を目指すようになったとされているようです。

稽古相手から便女として

幼い義仲の稽古相手となっていた巴御前は、次第にその強い力を見出され、”便女(びんじょ)”として義仲に仕えることを許されます。

これによって義仲の家臣としての立場を得た巴御前は、史実上の記録にこそ名を残していないものの、義仲配下の一騎として様々な戦場を駆け抜けることになりました。

近年の創作においては「木曽義仲と巴御前は夫婦」とする作品も増えていますが、そうした証拠は明確には存在しておらず、あくまでも二人の関係性は主従関係以上のものではないとするのが、資料などから読み取るうえでの通説です。

1181年 – 20代中盤~後半「横田河原の戦い」

治承・寿永の乱において、義仲が活躍した戦いの一つがこの戦い。

義仲が東北方面に勢力を拡大するに至ったこの戦いにも、巴御前は参加していたと言われています。

『源平盛衰記』における記載では、この戦で彼女は7人もの敵将の首級を上げたと言われており、この頃には既に彼女が義仲配下の中でも中核を成す存在だったことが読み取れるでしょう。

1183年 – 20代後半~30代前半?「倶利伽羅峠の戦い」

俱利伽羅峠の戦いで、義仲は優れた戦略家としての一面も見せたと言われている。

俱利伽羅峠の大将騎として戦う

木曽義仲が活躍する代表的な戦である倶利伽羅峠の戦いにも、巴御前は参加していたと言われています。

『源平盛衰記』の記載によれば、この時の彼女の役割は大将格の一騎。義仲の配下の中でも”四天王”と称される実力者たちとほとんど同列に扱われており、そこからも彼女の立場の高さと重要性が読み取れます。

念願の上洛と暗雲

俱利伽羅峠の戦いで平維盛を破る大勝利を収めたことで、義仲たちは京都へ上洛。源氏と平氏の命運はほとんど決されることになりました。

しかし同時に、源氏一門の中で生まれた階級の差による小競り合いもこの時期から増えていくことに。義仲は京都の守護という大役を任されることになりましたが、しかしその小競り合いこそが彼を破滅へと導いていくことになりました。

1184年 – 20代後半~30代前半「木曾殿最期」

粟津の戦いで離別することになった義仲と巴は、二度と出会えることはなかった。

最後の奉公

貴族層との対立を発端として京都を追われることになった義仲たちは、同門である源頼朝、義経たちによって追討され、瞬く間に壊滅していくことになりました。

そして宇治川の戦いに惨敗し、もはや5人ほどにまで減ってしまった軍勢の中、義仲は未だに自分につき従う巴に対して「自分は討死する覚悟だが、お前は女であるからどこにでも逃げられる」「最期の時に女を連れていたと言われては格好がつかない」と、落ち延びるよう説得を試みました。

最初こそ「共に討死させてほしい」と落ち延びることを拒否した巴ですが、何度も何度も説得を繰り返してくる義仲を相手についに折れ、苦渋の末に落ち延びることを承諾しました。

そして最後の奉公として、彼女は追って来た御田八郎師重を組みあいの末に討伐。そのまま戦鎧を捨てて東北の方に落ち延びた巴が、義仲と再会することは二度とありませんでした。

粟津の戦い

主君の討死だけでなく兄も自害。その後の巴の足跡は限られた資料にしか残っていない。

巴御前が落ち延びる中、義仲もまた一時は逃走に成功。しかしその逃走の最中に二人の配下が討たれ、残ったのは義仲とその忠臣であり巴御前の兄とも言われる今井兼平だけでした。

もはやこれまでと悟った義仲は、自害の場所を求めて粟津へ。しかし彼は自害することすら許されず、馬がぬかるみに足を取られたその時に、顔に矢を射かけられて戦死することになってしまいました。

そしてその後、最後まで義仲につき従った今井兼平も自害。義仲の子であった木曾吉高もまた、逃亡を図って12歳という若さで死亡。これによって義仲の一門は途絶えることになってしまいました。

1185年? – 30代前半?「和田義盛の妻となる」

巴を助命し妻とした和田義盛。しかし二人の間に子が成されたという記録はない。

和田義盛の妻となる

ほとんどの媒体において、巴御前の足跡は義仲と別れたところで途絶えています。そのため、義仲死後の彼女がどうなったのか、共通見解と呼べるものは存在しないと言えるでしょう。

『源平盛衰記』においては、落ち延びるべく東北を目指した巴御前はあえなく頼朝が命じた追討軍によって囚われ、鎌倉に連行されてしまいます。当然のように死罪を申し付けられた巴でしたが、しかしここで待ったを掛けたのは、頼朝の配下である和田義盛でした。

「彼女のような強い女性と子を成したい」と、義盛は巴の助命を嘆願。頼朝もこの嘆願を受けたことで、巴は和田義盛の妻になったと言われています。

朝比奈義秀の母…?

サメを捕獲するほどの豪傑だったと言われる朝比奈義秀だが、その母についての記録は不明である。

こうして和田義盛の妻となった巴が産んだのが、後に和田合戦で活躍する朝比奈義秀…とされていることがありますが、史実においてそれはあり得ません。

義仲の敗死の時点で、義秀は既に9歳ほど。和田義盛と巴御前にそれまでの親交が無かったことや、そもそも立場として敵同士であったこともあり、朝比奈義秀の母が巴御前という説は、後世の創作であると見る方が一般的でしょう。

1213年 – 60代?「和田合戦」

激戦となった和田合戦は、またしても巴御前から家族を奪う結果を生んだ。

和田合戦勃発

源頼朝の死後、急速に鎌倉幕府を掌握し始めた北条家に和田義盛が反旗を翻したことで、和田合戦と呼ばれる戦が勃発しました。

この戦では朝比奈義秀が目覚ましく奮戦し、和田氏は鎌倉での市街戦を当初こそ有利に進めることに成功しました。しかし兵力の差が圧倒的であったため、和田勢力は次第に追い詰められていき、最終的には由比ヶ浜へ退却。

そこで一度体勢を立て直すはずが、配下だったはずの諸将が続々と幕府に寝返りを見せたことで形勢は完全に幕府側に。配下の諸将や息子たちが続々と討ち取られて行く中、和田義盛もついに討たれてしまったのでした。

その後の巴御前

夫を失った巴御前は、越中国礪波郡福光の石黒氏の下へ身を寄せることになります。

彼女は出家し、尼となって主君だった義仲や兄たち、夫や子供たちなどの菩提を弔いながら、静かにその後の生を送ることになったようです。

1240年代? – 91歳「女武者、静かに逝く」

その最期の地とされる巴塚の松は、現在も保存されて辺りを見守っている。

尼僧として出家した巴御前は、『源平盛衰記』における和田合戦以降はどの資料にも登場していません。そして彼女の最期を示す記述もまた『源平盛衰記』に記載されています。

とはいえその記載も「91歳で生涯を終えた」という程度の簡素なもの。その最期の姿や辞世の句については記載がなく、ただ静かに巴御前は世を去ったとされています。

巴御前の関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

巴御前

巴御前を主役に据えた小説作品です。リアルな伝記というよりは物語性が強く、少し硬派な歴史エンターテイメントを思考する方にお勧めしたい一冊となっています。

少々主人公に対する持ち上げが過剰気味で、文体も癖が強いところがありますが、それでも巴御前という明確な記録を持たない人物を主役に据えた手腕は見事。小説好きな初学者の方にもお勧めできるかと思います。

源平武将伝 木曾義仲 (コミック版 日本の歴史)

巴御前とは切り離せない人物である、木曽義仲を描いた『漫画で分かる』シリーズの一冊です。

史実に忠実であることもさることながら、絵が綺麗かつシナリオも上手くまとまっており、単純にマンガとしても楽しめる作品となっています。図書館などにも置かれている可能性が高い一冊ですので、興味のある方はこちらから読んでみるのも良いでしょう。

関連外部リンク

巴御前についてのまとめ

日本史上では珍しい女性武将の代表格として、多くの歴史ファンから愛される巴御前という人物。史実に正確な記録が残っている人物ではありませんが、エピソードとしては非常に濃いものを多数残している人物だと言えるでしょう。

キャラクター性の濃さや資料の少なさから、手放しで「実在していたはず!」と言える人物ではありませんが、筆者としてはぜひとも実在していてほしい人物であると思います。

それでは、この記事にお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。この記事が皆様にとって、何かの学びとなっていれば光栄です。

1 2

コメントを残す