小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

あさま山荘事件とは?概要から原因、与えた影響まで分かりやすく解説

1972年2月19日ー連合赤軍の残党が軽井沢に逃げ込む

雪の残る浅間山荘

妙義ベースから出発した残りのメンバーは長野県佐久市を目指して山を進んでいましたが、途中で道を外れ気がつくと軽井沢に出ていました。森と永田の逮捕をメンバーたちはその道中にラジオで聞いています。

2月19日の正午ごろにはメンバーはまず無人だった「さつき山荘」に侵入し、シャワーを浴びたり備蓄されていた食料で食事をしたりしています。その時あたりを捜索していた警察の捜索隊が人がいる気配のある「さつき山荘」を見つけ呼びかけを開始します。

連合赤軍は警官隊に発砲しながら裏口から逃げ、逃亡のための車を探していると「浅間山荘」を発見し侵入します。中に入ると山荘の管理人の妻である女性が一人いたため犯人たちは、「騒いだり逃げたりしなければ危害を加えない」と告げ、車のカギを渡すよう要求しました。

しかし女性はカギは無いと答えたため、犯人たちはそのまま山荘に立てこもることにしました。

1972年2月20日ー犯人グループの一人が人質の拘束を解く

坂口弘が自発的に人質を解放した

立てこもった翌日の2月20日、犯人たちは今後の方針を話し合います。一部のメンバーが人質を利用して警察の包囲網を突破しようと提案しますが、山岳ベース事件の犠牲者のためにも警察権力と戦わないといけないとほかのメンバーに却下されました。

犯人たちは当初、人質の女性の口にハンカチを押し込み縄で縛って拘束していましたが、犯人の一人であった坂口弘が自身の判断でその縄を解きました。これには女性を人質にするつもりはなかったことと、女性の縛られた姿が山岳ベース事件の犠牲者と重なったためとされています。

1972年2月21日ーアメリカ合衆国ニクソン大統領の中国訪問のニュース

毛沢東主席と握手するニクソン大統領

2月21日、世界ではアメリカのニクソン大統領が中国を訪問し、米中関係の修復に大きな一歩を踏み出します。そのニュースを山荘のテレビで見ていた犯人たちは衝撃を受けたといいます。

ベトナム戦争にアメリカの友好国として日本が参戦すれば戦火が中国まで及び、ひいては世界大戦になりかねない。そんな流れを絶対に止めなければと武力闘争に参加した学生たちは大勢いました。しかしニクソン大統領の訪中によって、世の中の動きは大きく変わりました。

あさま山荘事件で逮捕された犯人の一人加藤倫教はこのニュースを見て、「ここで戦うことの意味は何なのか」と呆然とし自分がしてきたことを後悔したと自著で述べています。

1972年2月22日ー最初の犠牲者が出る

民間人の犠牲を伝える新聞記事

2月22日の正午ごろ、画家と名乗る男とSBCの記者が警戒線を突破して警察に取り押さえられるという騒ぎが起こりました。その隙に別の民間人の男が警察の包囲網を突破すると、山荘に近づき犯人たちに接触を試み始めます。

新潟でスナックを経営していた男性は前日にも警察の包囲網を潜り抜けようとして捕まり、厳重注意を受けていました。男は機動隊にウィンクするなど不審な行動を繰り返し、犯人グループは私服警官ではないかと疑いを強めました。

その結果、犯人によって拳銃で狙撃され倒れます。しかしすぐ立ち上がると「大丈夫だと」答えたのですぐ病院に搬送されましたが、実際は頭部に銃弾が残っており容体が急変して3月1日に死亡しました。この日から一進一退の攻防が繰り広げられ膠着状態となります。

1972年2月28日

午前10時ごろー警察による突入作戦開始

鉄球で壁を破壊

1972年2月28日午前9時55分、警察は犯人たちに最後通告を行います。そして10時に機動隊が浅間山荘に向けて突入を開始し、対して犯人たちは警官隊に拳銃を発砲し銃撃戦が開始されました。

10時45分ごろ警察は巨大な鉄球を取り付けたクレーン車を使用して山荘の壁と屋根を破壊し始めます。これにより山荘の玄関脇にある階段の壁に穴が開いたので、激しい放水を行いました。

午前11時台ー警察から二名の殉職者がでる

午前11時35分ごろ、山荘に突入した第九機動隊が一階を制圧しますが、犯人も人質も見つけられませんでした。5分後の11時40分には長野県警機動隊が二階も制圧しますが、この階にも犯人も人質もおらず残るは三階のみとなりました。

放水を行う警視庁特科車両隊

三階に突入しようとする第二機動隊を援護するため放水の指揮をしていた警視庁特科車両隊中隊長の高見繁光警部が、犯人の発砲により被弾し1時間後に死亡が確認されました。高見警部は殉職後、警視に特進しています。

11時54分ごろ、突入した第二機動隊の隊長だった内田尚孝警視が犯人の銃弾に倒れ、あさま山荘事件では最後の犠牲者となりました。内田警視は殉職により警視長に特進しています。

午後5時ー機動隊が犯人グループのいるベッドルームを包囲

突入後、機動隊員は犯人たちとの一進一退を繰り広げ、銃撃戦も相まって現場は悲惨な状況でした。死者こそ出さなかったもののパイプ爆弾や犯人たちの銃撃により、頭に被弾したり失明するなど警察官に多数の重傷者が出ました。

犯人グループと人質は三階奥のベットルームにいると思われたため、バリケードを取り払いながら徐々に包囲を狭めていきました。その間にも銃撃戦は続いており、機動隊員に多数の負傷者を出しています。

午後6時10分ー犯人たちの逮捕

壁に穴があけられたベッドルーム

状況が動いたのは午後6時10分ごろ、ベットルームの壁に放水を行い穴が開けられると大勢の機動隊員がなだれ込むように一斉に突入します。先導を切って突入した機動隊員が犯人の銃撃に倒れますが、その直後の18時10分に犯人全員が逮捕され人質を無事保護しました。

逮捕された犯人たちの様子をNHK・日本テレビ・TBS・フジテレビがスクープ映像として残しています。中でもフジテレビは犯人たちが機動隊員に両脇を抱えられて出てくる様子を捉えることに成功しています。

あさま山荘事件の影響

カップヌードルがヒットした

カップヌードルを食べる機動隊員

日清食品のカップヌードルがヒットしたのはあさま山荘事件がきっかけです。事件当時の現場は平均気温がマイナス15度前後しかなく、機動隊員たちのために用意された弁当は凍ってしまうほどの寒さでした。

そこで発売直後だったカップヌードルに目をつけた警視庁が大量に購入し、現場の隊員たちに配給しました。調達や調理が容易だった上に、温かい食べ物に飢えていた隊員たちの士気を向上させるのに大いに役立ったといいます。

当時国民の半分以上が見ていた事件報道の番組で、このカップヌードルを食べる隊員たちの姿が何度も映し出されたことで商品の知名度は飛躍的に上がりました。そのおかげで報道陣や他県の警察からも注文が相次ぎ、カップヌードルの売上は爆発的に上昇しました。

特殊部隊が創設される遠因となった

訓練中の「SAT」

現在、日本の警察にはSAT(Special Assault Team)と呼ばれる特殊急襲部隊が設置されていますが、これはあさま山荘事件を含む複数の事件がきっかけで誕生しました。SATは凶悪犯罪やテロと戦うため、警視庁と各地の警察本部の機動隊から選りすぐられた隊員によって構成されています。

ミュンヘンオリンピック事件

1972年に発生した「あさま山荘事件」と「ミュンヘンオリンピック事件」などをきっかけとしてSATの前身となる特殊部隊の創設が検討され始めます。そんな中発生したのが日本赤軍が1977年に引き起こした「ダッカ日航機ハイジャック事件」です。

ダッカ日航機ハイジャック事件の事件機

ダッカ日航機ハイジャック事件の時にはまだ特殊部隊の創設が間に合っておらず、日本政府はやむなく犯人グループの要求を受け入れました。しかしこの対応は世界で批判の的となってしまい、これをきっかけに特殊部隊創設が急がれ「SAT」が編成されることになりました。

あさま山荘事件に関する3つの逸話

1.鉄球作戦は実は失敗だった?

当時を語る白田弘行さん

機動隊の突入作戦に使用された鉄球を吊り下げたクレーン車を操作していたのは、民間人で重機の運搬をする会社「白田組」の白田弘行さんでした。白田さんはのちにテレビ番組で「鉄球作戦は失敗だったと思っている」と答えています。

当時警察は犯人が三階に人質が二階にいると予想していたため、鉄球で二階と三階をつなぐ階段を破壊し人質の安全を確保する計画でした。しかし犯人も人質も三階にいたため人質の隔離に失敗し鉄球作戦の効果は半減してしまいました。

その結果、三階での犯人との攻防は壮絶なものとなり、機動隊員にも多数の死傷者を出す事態となりました。クレーンを操作していた白田さんは「少しでも銃口のある所を最初にぶつけさせてくれれば」と辛い心中を明かしました。

2.事件の特番が過去最高の視聴率を記録

事件当日のニュース映像

事件が解決した1972年2月28日の浅間山荘の様子は午前10時ごろの機動隊の突入から、午後6時ごろの犯人逮捕・人質救出までテレビの報道番組で生中継されリアルタイムで視聴者に届けられました。

総世帯視聴率は計測を始めてから最高の数値を記録し、18時26分にはNHKと民放あわせて89.7%の視聴率を叩き出しました。この数値からもいかに日本国民があさま山荘事件に注目していたかがわかります。

同じく2月28日にNHKで放送された報道特別番組は平均50.8%の視聴率を記録し、この記録は現在も更新されておらず報道特別番組の視聴率としては歴代一位の日本記録を保持しています。

3.犯人の一人「坂東國男」はのちに国外逃亡した

国際指名手配中の坂東國男

あさま山荘事件の立てこもり犯のひとり、坂東國男は1972年2月28日に機動隊の強硬突入によって逮捕されます。裁判のあと一度は投獄されていた坂東國男でしたが、1975年8月4日に日本赤軍によって引き起こされた「クアラルンプール事件」によって釈放されています。

「クアラルンプール事件」

日本赤軍はマレーシアにあったアメリカとスウェーデンの大使館を襲撃し占拠しました。その後犯人グループは人質と引き換えに日本国内で服役・拘置中の赤軍派の活動家を釈放するよう日本政府に要求しました。

これを受けて日本政府は超法規的措置として日本赤軍に参加する意思のある五人を釈放・出国させました。坂東國男もこの時出国し日本赤軍に参加すると、1977年9月28日に「ダッカ日航機ハイジャック事件」に関わり国際指名手配されました。

あさま山荘事件を題材にした映画

「突入せよ! あさま山荘事件」

2002年に公開された「あさま山荘事件」を映像化した作品で、事件当時警備幕僚長として派遣されていた佐々淳行の著書『連合赤軍「あさま山荘」事件』が原作です。

監督は原田眞人、主演は役所広司が務め、あさま山荘事件のあらましを描いています。原作者の佐々淳行ほか、当時あさま山荘事件にかかわった警察関係者が複数友情出演しています。

「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」

2008年に若松孝二監督によって企画・制作された作品です。若松監督は前出の「突入せよ! あさま山荘事件」を鑑賞した際に警察側の視点だけで描かれていることに腹が立ったので、犯人側からの視点で時代背景など盛り込んだ作品を制作したかったと語っています。

本作品は非常に低予算で制作され制作費の一部はカンパを募ったり、若松監督の自宅を抵当に入れたりしてまかなわれたと言います。第58回ベルリン国際映画祭の最優秀アジア映画賞や国際芸術映画評論連盟賞を受賞したほか、多数の映画賞を受賞しています。

あさま山荘事件に関するまとめ

いかがでしたか?

昭和という激動の時代に引き起こされた「あさま山荘事件」は、警察の警備体制と意識を変えさせるほどの衝撃を与えました。日本国民のほとんどがテレビの前で事件の解決を願い、その行く末を見守っていたのです。

あさま山荘事件は学生運動や武力闘争などの過激な政治活動が行われていた時代だったからこそ起こった事件だったのではないかと思います。現在の平和な日本の若者たちには想像もつかないような時代が実際にあったのです。

この記事が「あさま山荘事件」に興味を持たれた人々のお役に立てたら幸いです。

1 2

コメントを残す