小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ミハイル・ゴルバチョフはどんな人?生涯・年表まとめ【現在の姿や名言も紹介】

「ゴルバチョフってどんな人?」
「ゴルバチョフは、今どうしているの?」
「ゴルバチョフと日本のかかわりは?」

この記事を訪れた皆さんはそのような疑問をお持ちかもしれません。ゴルバチョフは、ソビエト連邦最後の指導者です。ペレストロイカと呼ばれる一連の改革やグラスノスチ(情報公開)を進めるなどしてソ連の政治改革を図り、冷戦を終結させました。

ゴルバチョフ

半世紀以上続いた東西冷戦を終わら、歴代指導者のなかで唯一存命しているゴルバチョフ。名前は聞いたことがあっても、実際の人物像や性格、功績を成し遂げた経緯、今は何をしているかなど詳細を知らない人も多いはず。

そこで今回は、歴代最高指導者とうたわれたミハイル・ゴルバチョフの生涯を解説します。ゴルバチョフがあげた功績はもちろん、性格や逸話も年表にまとめつつ解説していきます。

語り継がれる名声の裏付けとなる彼の生涯をのぞきに行きましょう。それでは参ります。

ミハイル・ゴルバチョフとはどんな人物か

名前ミハイル・ゴルバチョフ
誕生日1931年3月2日
生地ロシア、スタヴロポリ地方 プリヴォリノエ村
配偶者ライサ・ゴルバチョフ

ミハイル・ゴルバチョフの生涯をハイライト

スタヴロポリ地方を含む北カフカス(コーカサス)の地図

ゴルバチョフは、1932年にソビエト連邦のスタヴロポリ地方の出身です。スタヴロポリ地方はカフカス山脈の北部に位置する地域で、ゴルバチョフはこの地の農民の子として生まれました。地元の学校で優秀な成績を収めた彼は、モスクワ大学に入学します。

1952年、ゴルバチョフはソ連共産党に入党。翌年にライサ夫人と結婚しますした。その後、ソ連検察庁の試験を受けますが失敗し、地元に戻りました。地元では実直な仕事ぶりが評価され、1970年にスタヴロポリ地方党委員会第一書記となり、翌年に党中央委員となります。その後も順調に出世をつづけ、1985年に54歳の若さでソ連の書記長となりました。

ソ連の指導者となったゴルバチョフ

ソ連の指導者となったゴルバチョフは経済中心の改革を実行しました。これをペレストロイカといいます。しかし、開始早々、チェルノブイリ原子力発電所の事故とそれに関する報告遅れという事態に直面。ゴルバチョフはグラスノスチ(情報公開)をより進めました。

また、外交面では東欧諸国の自主性を尊重する新思考外交を展開し、西側との話し合いにも応じる姿勢を見せます。その結果、アメリカのブッシュ大統領とのマルタ会談で冷戦終結にこぎつけることができました。

8月クーデタを阻止し、ソ連を解体したエリツィン

しかし、ペレストロイカによる国内改革はうまくいかず、国民の不満が高まります。くわえて、バルト三国がソ連からの独立を宣言するなど状況は悪化しました。これらの動きに妥協的なゴルバチョフに対し、保守派がクーデタを実行します。クーデタはエリツィンら改革派の抵抗で挫折しましたが、ゴルバチョフは政局の主導権を失い失脚しました。

農民出身の政治家

コルホーズで野菜を収穫する農民の女性たち

ゴルバチョフは、スタヴロポリ地方のプリヴォリノエ村で農民の子として生まれました。このころ、ソ連では農業集団化政策が行われ、ゴルバチョフが生まれた村でも農民たちはコルホーズという集団農場に所属します。

第二次世界大戦後、ゴルバチョフはコンバインの運転手として働きました。モスクワの大学を卒業後、故郷のスタヴロポリ地方に戻り農業行政官となります。党中央の組織でも彼は農業担当となりました。のちの華々しい活躍を思うと、彼が農業の専門家として活動していたというのは意外な感じがしますね。

スターリン批判をした一人

スターリンはどんな人?生涯・年表まとめ【死因や名言も紹介】
スターリン批判を行ったニキータ・フルシチョフ

ゴルバチョフは書記長在任中の1987年11月、ロシア革命70周年の記念式典においてスターリンやレーニンを批判しました。もともと、スターリン批判といえば1956年にフルシチョフが行ったものが有名です。

フルシチョフは、1956年のソ連共産党第20回大会でスターリン時代を批判する秘密報告をおこないます。同時に、フルシチョフはスターリンによって弾圧・処刑された人々の名誉回復も行いました。ゴルバチョフも指導者の一人としてスターリンを批判したのです。その背景には祖父がスターリンの大粛清に巻き込まれ投獄されたことがあるのかもしれません。

異例のスピードで出世

前任の書記長だったチェルネンコ

ゴルバチョフは54歳にしてソ連共産党書記長に就任しました。ソ連の歴代指導者の中でも54歳での就任は異例のスピード、前任のチェルネンコやその前のアンドロポフが70代で書記長になっているのと比較すれば一目瞭然でしょう。

ゴルバチョフが党中央の要職に就くのは1979年の政治局員候補となってからですが、この時、一日12時間から16時間も執務していたといいます。こうした働きが認められ、1980年に史上最年少の政治局員となりました。

それからわずか4年で最高指導者である書記長に登りつめます。年功序列がまかり通っていたソ連において、驚くべきスピード出世といえるでしょう。

クーデタで失脚

クーデタを主導したKGB長官のクリュチコフ

1991年8月19日から22日にかけておきたクーデタ(ソ連8月クーデタ)でゴルバチョフは失脚します。このクーデタはヤナーエフ副大統領やKGB長官のクリュチコフといったソ連共産党保守派によって起こされたものでした。

保守派はゴルバチョフが進める改革が、共産党の一党独裁の否定やソ連解体につながるのではないかと考え、それを阻止するには武力でゴルバチョフを排除するしかないと考えます。そして、ゴルバチョフが独立を宣言したバルト三国に妥協する憲法案を作ろうとしたことが引き金となり、保守派がクーデタに打って出ました。

ゴルバチョフが幽閉されたクリミア半島

保守派はクリミア半島にいたゴルバチョフを拘束し、国家非常事態宣言を出します。しかし、ロシア共和国大統領のエリツィンがこれに反対。市民とともに反クーデタで立ち上がり、ソ連軍の大半もクーデタを支持しました。そのため、保守派は政権奪取に失敗します。しかし、ゴルバチョフも権威が完全に失墜。エリツィンに政権を譲りソ連は解体されました。

ゴルバチョフと日本の関り

鯉のぼりの画像

ゴルバチョフは日本と深いかかわりを持つ人物です。ソ連の指導者だったころ、来日したゴルバチョフは鯉のぼりをみて非常に驚いたといわれます。

また、政界引退後、ゴルバチョフは頻繁に来日していました。日本のマスコミや各種団体がゴルバチョフを招待したからです。来日中、ゴルバチョフは各地の大学での講演やテレビ出演などを行いました。テレビの番組内で彼は何度来日したかわからないと語っており、それだけ来日が頻繁だったことがわかりますね。

現在のゴルバチョフは?

2020年2月現在、ゴルバチョフ氏は存命です。クーデタで失脚し、ロシア政治から引退した彼はゴルバチョフ財団を設立し、ロシア国内や世界に向けて様々な提言を行っています。

たとえば、2019年にアメリカや西欧諸国とロシアの対立が深刻化した時、ゴルバチョフはBBCの取材に応じて、

「核兵器が今も世界を脅かしていると指摘し、全ての国家が核廃絶を宣言すべき」とコメントしました。

世界は「非常に大きな危機に」 ゴルバチョフ元ソ連大統領インタビュー

また、新たにアメリカ大統領となったバイデンに対してロシアと一層の核軍縮交渉をするべきだと呼びかけました。高齢でありながら、ゴルバチョフは世界の政治積極的に関与し続けています。

1 2

コメントを残す