小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

満州事変とは何かわかりやすく解説!真実やきっかけも簡単に紹介

「満州事変ってどんな事件?」
「満州事変を引き起こした関東軍ってどんな組織?」
「満州事変の目的や中心人物は?」

この記事をご覧の皆さんはそのような疑問を持っているかもしれません。満州事変は1931年9月18日に奉天郊外の柳条湖で起きた事件を発端として、関東軍が満州を武力制圧した事件です。

かねてから、関東軍は地下資源豊富な満州から張学良を追い出し、日本の支配下に置こうと画策していました。欧米諸国との対立を恐れた若槻内閣は不拡大方針を発表しますが、関東軍はこれを無視してしまいます。

満州事変後、満州からの撤退を求める国際世論に反発した日本政府は国際連盟を脱退。孤立化を深めてしまいました。また、満州事変はその後の軍の青年将校たちの暴走に拍車をかける結果となります。

日本と中国の歴史に大きな影響を及ぼした満州事変。それがいったいどのような事件だったのか、じっくりと掘り下げてみましょう。

満州事変とは

満州事変の概要

満州事変で瀋陽に入る日本軍
出典:満州事変 – Wikipedia(ja)

満州事変とは、遼東半島の一部である関東州に派遣されていた関東軍(日本陸軍の一部)が、柳条湖事件をきっかけに満州全土を武力制圧した事件です。関東軍は現在の中国東北地方にあたる満州を日本の支配下におこうとしていました。

その目的を達成するため、関東軍は満州軍閥の張作霖を支援します。ところが、張作霖は蒋介石率いる北伐軍に大敗。主力部隊を失います。そこで関東軍は張作霖を爆殺してしまいました。しかし、満州は張作霖の子の張学良に引き継がれたため、満州を日本の支配下に置こうとする関東軍の意図は失敗に終わります。

それでも関東軍は満州支配の野望をあきらめませんでした。関東軍参謀の石原莞爾は上司の板垣征四郎と謀り、満州を武力制圧する計画を立案します。この計画は本国の陸軍上層部に報告することなく、関東軍内部の計画として企画・立案されました。

満州事変を報じた青森県弘前市の「弘前新聞」
出典:ADEAC(アデアック):デジタルアーカイブシステム

その理由は、本国の上層部に知られると計画を止められる恐れがあるからです。そして、1931年9月18日、関東軍は奉天郊外の柳条湖で南満州鉄道の線路を爆破。これを張学良の中国軍の仕業として一方的に攻撃しました。

張学良は配下の軍団に反撃させません。それにより、関東軍は満州を短期間で制圧しました。事件後、関東軍は清朝最後の皇帝溥儀を執政とする満州国の建国を宣言。のちに日本政府が満州国を承認したことから、日本は国際的に孤立します。

満州事変を引き起こした関東軍

関東軍とは?

旅順に残る関東軍の旧司令部
出典:関東軍 – Wikipedia

関東軍とは、日本陸軍の一部で、ポーツマス条約で獲得した南満州鉄道(満鉄)などの日本権益を守るため中国に設置されます。もともとは関東州を統治する「関東都督府」の守備隊で満鉄沿線の警備や遼東半島南部の「関東州(旅順や大連を含む)」の守備を任務としていました。

1919年、関東都督府が関東庁に再編されると、守備隊は関東庁と分離され関東軍として独立します。設立当初は6個大隊と本国から派遣される1師団という小規模軍でした。満州事変の時、関東軍の兵力は1万人程度でした。しかし、どんどん規模が拡大。終戦時には80万人を超える大部隊となります。

張作霖爆殺事件をおこした

関東軍は、1928年に張作霖爆殺事件を起こしました。張作霖とは、中国東北地方(旧満州)を支配していた軍閥です。張作霖は内戦で混乱する北京に入城し支配者となります。このころ、日本は張作霖を支援していました。しかし、張作霖は蒋介石との戦いに敗北。敗れた張作霖は北京を放棄。本拠地の満州に撤退します。

張作霖爆殺事件の現場
出典:張作霖爆殺事件 – Wikipedia

関東軍からすれば、蒋介石との戦いに敗れた張作霖と手を結び続ける必要はありません。そこで、関東軍参謀の河本大作大佐は、張作霖が乗った列車を爆破し張作霖を殺害しました。張作霖の死後、彼の勢力は息子の張学良に引き継がれます。

ここで、関東軍にとって思わぬことがおきました。張学良は父を殺した関東軍の言いなりになることを良しとせず、蒋介石の支配下にはいったのです。これにより、関東軍は満州を支配するという目的を達成できなくなりました。

柳条湖事件は関東軍の自作自演?

事件直後の爆破現場(柳条湖付近)
出典:満州事変 – Wikipedia(ja)

柳条湖事件とは、奉天郊外の柳条湖付近で満鉄の線路が何者かによって破壊された事件です。鉄道警備を担っていた関東軍は鉄道爆破を張学良軍の仕業と決めつけます。第二次世界大戦後、柳条湖事件は関東軍の自作自演であることが発覚します。

事件後、満鉄職員が爆破された箇所の修理を行うため現場に立ち入ろうとしますが、関東軍はこれを拒否しました。また、爆破の規模も小規模で、事件直後に急行列車が支障なく通過できていることからも、鉄道営業に影響を与えないよう、コントロールされた爆破であることがうかがえます。

この柳条湖事件をきっかけに、関東軍は満州各地を軍事占領。いわゆる「満州事変」に発展しました。こうして、関東軍は積年の望みである満州支配のきっかけをつかみます。

無視された若槻内閣の不拡大方針

不拡大方針を発表した若槻礼次郎首相
出典:若槻禮次郎 – Wikipedia

満州事変が起きた時、立憲民政党の第2次若槻内閣は関東軍の「自衛のため」という主張を認めざるを得ませんでした。しかし、事件がこれ以上拡大しないよう、「不拡大方針」を表明しました。大日本帝国憲法では内閣は軍の作戦行動を阻止できません。内閣にできるのは不拡大方針の表明だけだったでしょう。

幣原外交を展開した幣原喜重郎外相
出典:幣原喜重郎 – Wikipedia

若槻内閣が不拡大方針を表明した理由は、欧米との関係悪化を回避するためでした。若槻内閣の外相幣原喜重郎は対欧米協調外交(いわゆる幣原外交)を展開しており、「不拡大方針」を出すことで欧米との対立を回避しようとしたのです。

ところが、関東軍は内閣が出した「不拡大方針」を完全に無視。そればかりか、関東軍は植民地となっていた朝鮮の駐屯軍に援軍を要請するなど軍事行動を拡大させました。その後も、関東軍は内閣の方針に従いません。最終的に第2次若槻内閣は総辞職に追い込まれます。

満州事変の結果

張学良は満州から撤退

満州事変がおきた時、張学良は北平(現在の北京)に滞在していました。関東軍の軍事行動を知った張学良は、配下の軍に日本軍と戦わないよう命じます。これは、中国国民政府の意向に沿ったものでしたが、張学良が主戦派から「不抵抗将軍」とさげすまれる原因となりました。

満州事変後、張学良はヨーロッパに留学しましたが1934年に帰国します。帰国した張学良を国民政府は軍司令官の一人に任命。彼に共産党討伐を命じました。張学良は河北省にいた旧奉天軍閥の幹部を集め軍を再建します。そして、西安に赴き共産党軍と戦いました。

張学良に監禁された蒋介石
出典:西安事件 – Wikipedia

しかし、張学良は中国人同士で戦うのを止め、国民党と共産党は共同で日本と戦うべきだと考えます。そして、督戦にやってきた蒋介石を監禁。彼に共産党との和平を強いました。そのせいで、張学良は国民党に軟禁され、戦後も台湾で50年にわたり軟禁され続けました。

傀儡国家満州国の成立

満州国の地図
出典:満州国 – Wikipedia

張学良軍を排除し、満州を制圧した関東軍は清朝最後の皇帝だった愛新覚羅溥儀を執政とする「満州国」の建国を宣言します。満州国は日本人・漢人・満州人・朝鮮人・蒙古人の「五族」が協力する「五族協和」により王道楽土の実現を目指す国とされました。

しかし、満州国の実権は日本人の手に握られていました。軍事面では関東軍が支配し、行政面でも日本人顧問に大きな権限が与えられていたからです。執政(のち、皇帝)の溥儀にしても、日本の同意なしに何事も進められない状態でした。その意味で、満州国は日本の「傀儡国家」といって差し支えないでしょう。

満州事変を起こした目的

満州の地下資源を手に入れる事

満州最大規模の炭田である撫順炭田
出典:撫順市 – Wikipedia

満州事変の1つ目の目的は豊富な地下資源を手に入れることでした。満州は日本本土の4倍に及ぶ広大な大地で、鉄鉱石や石炭など日本が喉から手が出るほど欲しかった鉱産資源に恵まれた土地でした。鉄鉱石と石炭があれば、船や鉄道、建築物の材料となる鉄鋼の生産が可能となります。

満州事変の以前から、日本は満州の撫順炭田や鞍山鉄山を支配していました。これに加え、他の地域で産出される鉄鉱石や石炭を手に入れることで日本は飛躍的に国力を強めることができます。実際、満州事変後に進出した日本企業によって満州の鉱産資源の開発が行われました。

張学良を排除する事

満州事変の2つ目の目的は張学良の排除です。張作霖爆殺事件の前、張学良は日本軍に対し協力的でした。しかし、父が関東軍によって爆殺されると、張学良は父の側近たちの支持を取り付け、父が君臨していた奉天軍閥を掌握します。

張学良
出典:張学良 – Wikipedia

そして、張学良は中華民国に所属することを宣言。中華民国国旗である青天白日旗を掲げました。満州の直接支配をねらっていた関東軍としては当てが外れたことになります。さらに、張学良は満鉄の近くに平行線路を敷設。満鉄に価格競争を仕掛け、満鉄経営に打撃を与えました。

くわえて、張学良は満鉄付属地の周囲に柵をめぐらせ、満鉄付属地から持ち出される物品に税をかけます。関東軍は中華民国政府に抗議します。しかし、張学良の支配地に口を出せない中華民国はなんら具体的な動きを見せませんでした。関東軍がことごとく邪魔してくる張学良を排除したいと考えても不思議はありません。

満州事変と日中戦争の違い

満州事変と日中戦争にはいくつかの違いがあります。1つ目は軍事的な違いです。満州事変において、関東軍はほとんど戦闘することなく満州を制圧しました。日中戦争では1937年から終戦の1945年までずっと戦争が継続します。

盧溝橋周辺の航空写真
出典:盧溝橋事件 – Wikipedia

2つ目は戦争の発端となった事件です。満州事変の発端となったのは柳条湖事件で、日中戦争の発端となったのは盧溝橋事件でした。

3つ目は中国の状態の違いです。満州事変の時、中国本土では蒋介石率いる国民党と毛沢東率いる共産党が激しく戦う国共内戦の状態でした。しかも、満州は張学良が支配していたので国民党が介入しにくい状態です。一方、日中戦争の時は開戦直前に国民党と共産党が「抗日民族統一戦線」を樹立し、ともに日本と戦う状態でした。

日中戦争とは?原因や結果、日本がしたことを年表で詳しく紹介
1 2

コメントを残す