小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

壇ノ浦の戦いとは?場所や主要人物、戦いの経過や結果を分かりやすく解説

「壇ノ浦の戦いってなに?」
「歴史の授業でなんとなく聞いたことはあるけど・・・いつの時代だったっけ?」
「そもそも壇ノ浦ってどこ?」

このように思われる方も多いのではないでしょうか。壇ノ浦の戦いとは、1185年に起きた源氏と平氏の最終決戦です。関ケ原の合戦など戦国時代の華々しい戦いに比べると映画やドラマで取り上げられることも少なく、そこまで知名度が高いとは言えないかもしれません。

壇ノ浦で沈んだ平氏の亡霊を描いた歌川国芳の浮世絵
出典:Wikipedia

しかし、壇ノ浦の戦いは、長年争いを続けていた平氏と源氏との間に終止符が打たれた歴史的に重要な戦いです。

この戦いに敗れた平氏は壇ノ浦で滅亡します。武士たちだけでなく、幼い安徳天皇や多くの女官たちも運命を共にしたという悲劇的な側面も持っているのです。

しかしなぜ天皇まで一緒に死ななければならなかったのか?そもそも天皇や女官がなぜ戦いの場にいたのか?どうして海戦だったのか?などいろいろな疑問が出てくるのではないでしょうか。この記事ではそういった疑問に答えながら、壇ノ浦の戦いについてわかりやすく解説していきます。

壇ノ浦の戦いとは?

戦争壇ノ浦の戦い
年月元暦2年/寿永4年(1185年)3月24日
場所壇ノ浦(山口県下関市)
対戦源氏 対 平氏
結果源氏の勝利(平氏滅亡)

壇ノ浦の戦いをわかりやすくまとめると?

壇ノ浦の戦い
出典:Wikipedia

平氏と源氏との間で6年にわたって戦われた争乱(治承・寿永の乱(じしょう・じゅえいのらん)、一般的には源平合戦とも)の最終章が壇ノ浦の戦いです。

平氏の最後の根拠地であった彦島に攻めてきた源義経率いる源氏軍に対して、平宗盛(たいらのむねもり)・平知盛(たいらのとももり)率いる平氏軍がこれを迎え討ち、壇ノ浦で海戦になりました。

軍勢は双方数百艘から数千艘(諸説あり)と、当時としてはかなり大規模な海戦でした。戦いが行われた時間帯については午前説と午後説がありますが、いずれにしても半日で決着が付いています。

最終的に、平氏は敗北、一族の多くが入水するなどして自決し、平氏は滅亡します。

壇ノ浦とはどんなところか

壇ノ浦古戦場址の碑(みもすそ川公園)
出典:Wikipedia

壇ノ浦は、山口県下関市の関門海峡です。平氏の拠点であった彦島も同じく関門海峡にあります。

壇ノ浦には、みもすそ川という地名もあり、現在はみもすそ川公園という公園が整備されています。みもすそ川というのは、二位尼(にいのあま)が安徳天皇を抱いて入水したときに詠んだとされる辞世の句「今ぞ知る みもすそ川の 御ながれ 波の下にも 都ありとは」に由来します。

多くの海峡がそうであるように、壇ノ浦も潮の流れが速いのが特徴です。場所にもよりますが、最大で9.4ノット(時速約17.4km)にもなります。戦の明暗も潮の流れが左右したのではないかと言われています。

壇ノ浦の戦いはなぜ起きたのか

平氏に反旗を翻した以仁王
出典:Wikipedia

1180年に以仁王(もちひとおう)が平氏に反旗を翻します。これが以仁王の反乱(もちひとおうのはんらん)で、以後6年間にわたり治承・寿永の乱と呼ばれる源氏と平氏の争いが始まります。

治承・寿永の乱が発生した当時、平氏は都である京都にいました。しかし源氏の軍勢に押され、安徳天皇や三種の神器とともに西へ逃れます。いわゆる都落ちです。

その後一時戦線を盛り返すこともありましたが、拠点であった福原や屋島を次々と落とされ、最後の拠点である彦島まで撤退します。

壇ノ浦まで押されたときには、背後の九州はすでに源義経の弟、源範頼(みなもとののりより)に抑えられていたためもうこれ以上西へ逃げられなくなっていました。壇ノ浦で最後まで戦うしかなかったのです。

戦いの結末

安徳天皇を祀る赤間神宮
出典:Wikipedia

壇ノ浦の戦いは、源氏の勝利に終わります。平氏の多くは戦死・入水するなどしてそのほとんどが亡くなったため、平氏は事実上滅亡しました。武士だけでなく安徳天皇や二位尼を始めとする多くの女性や子どもも運命をともにしています。

壇ノ浦の戦い後、源頼朝が武士による政権である鎌倉幕府を樹立します。古代から中世へ時代は大きく変貌していくのです。

壇ノ浦の戦いの経過・詳細

戦いに至るまで

都落ち

平氏のいる京都へ攻め入った源義仲(木曽義仲)
出典:Wikipedia

治承・寿永の乱の始まりは、1180年に起こった以仁王の反乱と言われています。これが当時の平氏政権に対する初めての反乱でした。この後、東国で相次いで反乱が発生し、徐々にその勢力は京都へと迫ってきます。

そしてとうとう1183年7月、源義仲(みなもとのよしなか、木曽義仲ともよばれる)が京都へ攻め入ります。平家一門は安徳天皇と三種の神器とともに西へ落ち延びます。

一ノ谷の戦い

鵯越の逆落とし『源平合戦図屏風』「一ノ谷」
出典:Wikipedia

都から平氏を追い出した源義仲はその後都での政治に失敗、最終的に源頼朝により滅ぼされます。その間に平氏は福原(現在の兵庫県神戸市)まで勢力を盛り返していました。福原は平清盛が一時都を置いた都市として知られています。

そこに駐留する平氏軍を源義経・範頼兄弟が急襲、平氏を敗走させます。これが「鵯越の逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)」などのエピソードで知られる一の谷の戦いです。この戦いで平氏の多くの武将が戦死し、その後の戦いへも影響を及ぼしました。

屋島の戦い

扇の的『平家物語絵巻』巻十一
出典:Wikipedia

一ノ谷の戦いに敗れた平氏は、彦島と並ぶ瀬戸内海の拠点、屋島(現在の香川県高松市)に陣を置きます。陸ではなく海を抑える作戦です。

対する源氏は源範頼が平氏の退路を遮断すべく、陸から九州の制圧を試みますが、平氏の水軍により補給路を寸断されるなどして苦しみ進軍は停滞します。

この状況を見た源義経は後白河法皇へ出陣の許可を願い出て、屋島を背後から奇襲します。屋島は海からの攻撃には鉄壁の守りでしたが陸からの攻撃にはもろく、慌てふためいた平氏は海へと敗走しました。これが屋島の戦いです。

壇ノ浦の戦いへ

火の山公園から見た関門海峡(壇ノ浦)
出典:Wikipedia

瀬戸内海を抑える上で重要な拠点であった屋島を失った平氏は、それまで誇っていた水軍の優位性をも失っていきます。最後の拠点である彦島をなんとかして死守するしかなくなりました。

しかも背後の九州はすでに源範頼によって抑えられており、平氏はもうこれ以上どこへも逃げられません。まさに背水の陣で源氏を迎え討つことになりました。

戦いの流れ

前半

壇ノ浦の戦い戦況推移図
出典:Wikipedia

彦島へ攻めてくる源氏を迎え討つべく平氏も出陣します。源氏の船は約840艘(3000艘説もあり)、平氏の船は約500艘(1000艘説もあり)だったと言われています。

平氏の船には安徳天皇や女官たちが乗った船(大型の船)も含まれています。これはもうどこにも安全な場所がなかったということもありますし、船をおとりにして集まってきた源氏方の船を包囲する作戦だったともいわれています。

源氏は船に加えて陸地から範頼が遠矢を射掛けてきます。壇ノ浦はもっとも狭い場所で約700メートルしかなく、陸から射掛けられないように距離を起きつつ、速い潮の流れにも対処して・・・となるとそれだけでかなり大変そうです。数的にも劣勢なので最初からかなり源氏が優位なのではないかと思えますが、前半は平氏が優位でした。

後半

『安徳天皇縁起絵図』第七巻「壇の浦合戦」、第八巻「安徳天皇御入水」
出典:Wikipedia

しかし徐々に源氏が押しはじめてきました。義経が平氏の漕ぎ手を狙い撃ちにしたからという話もありますが、これは創作である平家物語ですら書かれていない話ですから真偽は怪しいです。潮の流れが変わって源氏が有利になったとする潮流説が現在のところ通説になっています。

しかし潮流説も実際に戦った海域ではそれほど速い潮流がないのでは?などといった反論も出ている状況なので、まだまだ真実が判明するまでには検討の余地がありそうです。

しかしいずれにしても平氏が敗れたのは事実。もはやこれまでと悟った平氏は次々と入水して自決しました。当時まだ6歳だった安徳天皇も例外ではありません。天皇の祖母にあたる二位尼(平清盛の正室)はまだ幼い天皇と三種の神器とともに船から身を投げるのでした。この戦いのハイライトともいえるでしょう。

天皇の母である建礼門院(けんれいもんいん)も入水しますが源氏により助けられています。また三種の神器も八咫鏡(やたのかがみ)と八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)はなんとか回収されましたが、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ、草薙剣(くさなぎのつるぎ)とも言われる)はとうとう回収できませんでした。

このように一部救助された人もいますが、ほとんどの一門がこの壇ノ浦で自決し平氏はここに滅亡したのです。また安徳天皇や天叢雲剣を失ったことは、頼朝と義経の間に新たな禍根を生むことになるのでした。

確かな記録はない?

壇ノ浦の戦いが記されている吾妻鏡
出典:Wikipedia

実は今お話しした内容は、あまり確かなものではありません。もっとも信頼度が高い当時の歴史書『吾妻鏡』では「壇ノ浦の海上で源平が戦った。平氏が負けて終わった。」くらいのこととしか書かれていません。「平家物語」などは創作なので誇張が多分に含まれていますから、どこまで信じていいのかわからない部分があります。

そもそも戦いがあった時間すら確かではなく午前説(吾妻鏡)と午後説(玉葉)などがあります。先ほどもお話した潮流説は午後説に基づいており、午前説が正しい場合潮流説も怪しくなってきます。つまり具体的な戦況については、未だにほとんどわからないというのが真実なのです。

1 2

コメントを残す