小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

万葉集とは何かわかりやすく解説!作者や代表和歌・歌人も紹介

万葉集は、7世紀前半から8世紀後半にあたる759年から780年の間(奈良時代末期)に成立した日本最古の和歌集です。約130年の間に貴族や官人、農民や大道芸人など、多様な身分の人々が詠んだ和歌が約4,500首以上も収められています。

しかし「万葉集」という言葉に聞き馴染みはあっても、肝心の中身は詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか?また収められてい和歌が膨大なため、どの和歌をどの歌人が書いたのか曖昧な方もいるはず。

そこで今回は、万葉集をわかりやすく解説します。万葉集の由来や編者・作者はもちろん、収められている和歌の種類や代表作品の歌人まで、万葉集の全貌を大公開。

この記事を読めば、万葉集の中身を詳細に理解できるでしょう。

万葉集とは?

万葉集
出典:足利経済新聞

万葉集は、奈良時代末期に成立した日本最古の和歌集です。全20巻4,500集という膨大な数の和歌を収録している万葉集の中には、天皇や貴族はもちろん、下級官人、農民が詠んだ和歌も含まれています。作者不詳の和歌も2,100以上おさめられており、当時の人々の心情や生活が垣間見られる貴重な史料です。

7世紀から8世紀中頃の約130年間に詠まれた和歌が収録されており、759年から780年の間に編さん、成立されたと言われ、これには大伴家持が大きくかかわっていると言われています。しかし、万葉集は何のために、どのように編さんされたのかはっきりとは分かっていません。

万葉集の和歌は各巻によって、年代順や部類別、国別によって配列されています。和歌の内容としては、恋愛にまつわる「相聞歌」、宴や旅行に関する歌「雑歌」、死者を悼む「挽歌」が中心。その他にも、防人歌(さきもりのうた)や、東歌(あずまうた)など、多種多様な和歌がおさめられているのが特徴です。

万葉集の原本は残念ながら存在していません。しかし、一部現存している最古の写本は桂本万葉集、完全に残っているのは西本願寺本万葉集であり、これらをもとに現在も研究が続いています。

成立したのは奈良時代

奈良時代の都・平城京
出典:奈良まちあるき風景紀行

万葉集が成立したのは奈良時代後半。759年(天平宝字3年)から780年(宝亀11年)にかけて成立したと言われています。

万葉集に収録されている和歌の中で最も古いものは、629年に舒明天皇によって詠まれたもの、最も時期の新しいものは759年に大伴家持によって詠まれた和歌です。この130年間に詠まれた和歌が、奈良時代の約21年にかけて編さんされました。

編者・作者は大伴家持

大伴家持
出典:wikipedia

万葉集の編者・作者は諸説あり、大伴家持が編さんに大きくかかわっていた説が現在最も有力です。しかし天皇によって選ばれる勅選や、橘諸兄による編さんとも言われており、実のところいまだはっきりとは分かっていません。

万葉集は20巻もあるのでそれを一人で編さんするのではなく、巻によって編者を変え、最終的に家持の手によってまとめられたと考えられています。

書名の由来

万葉集の和歌は全て漢字で書かれている
出典:マーノ

万葉集の書名の由来にも多くの説があります。主流は「葉」を「世」の意味とし「万世にまで末永く伝えられるべき歌集」と捉える説です。

他にも「多くの言の葉=歌を集めたもの」と解釈する説や、「葉」を「木の葉」と解釈し「木の葉をもって歌にたとえた」とする説などがあります。

万葉集の成り立ち

さまざまな万葉和歌
出典:令和和歌所

万葉集に収録されている和歌は、130年以上にわたる長い時間を経ているので、その歌風も変化しています。一般的にその特徴は時代に合わせて4期に分けられているので詳しく解説します。

第1期(620~670年頃)

飛鳥時代の雅な官廷の様子
出典:へぇ~、そうだったの ニッポン!

第1期は629年から672年までの時代を指します。大化の改新や壬申の乱も起こった古代日本史のなかでも激動の時代であり、中央集権国家の礎が固められた日本の成立にかかわる重要な時期でした。

第1期は「初期万葉」と呼ばれ、官廷儀礼や民間習俗と深くかかわった和歌が多いのが特徴です。また呪術的な性格も強い和歌が多く、自然信仰や宗教観なども垣間見られる和歌が目立ちます。

口頭でしか伝えられなかったことを文字に残せるようになった時代であったのも、大きな特徴でしょう。口誦性や古代民謡にもつながる和歌が多数存在しています。

第2期(670~710年頃)

飛鳥時代の象徴・法隆寺
出典:wikipedia

第2期は、壬申の乱から平城京遷都までの約40年間。律令政治も整備され、天皇を中心にした国家が形成され始め、国の安定と繁栄がもたらされた時代です。

この時期の万葉集の和歌は、個人の心情を詠んだものが多く、万葉歌風が確立した時期だと言われています。官廷儀礼や民間習俗などの集団性の強い和歌よりも、個人の心の内面を力強く表した和歌が多いのが特徴です。

第3期(720~730年頃)

奈良時代の都・平城京
出典:歴史の場所&地図

第3期は710年の平城京遷都の少し後から733年の間、約10年間になります。

新しい都・平城京がの長安を模して造営されたことからも分かるように、中国文化がいっきに日本に流れ込んできた時代。貴族や役人の間で、漢文や漢詩文が多く使われるようになりました。

中国文化の影響により今までになかった発想や表現技法が使用されるようになり、雅やかな和歌が詠まれることが多くなったのも特徴です。国が変化していく有様も垣間見られる客観性があります。

一方、九州地方では大宰府の役人を中心にした詠み人たち(のちに筑紫歌壇と呼ばれます)が現れ、煩悶や個人の思想を詠った和歌も目立つようになりました。一人ひとりの個性が目立つ和歌が多数誕生したのが第3期です。

第4期(730~759年頃)

天平文化の象徴・東大寺毘盧遮那仏
出典:奈良市観光協会

第4期は730年から759年頃、天平文化の最盛期と言われている時代です。東大寺の毘盧遮那仏の開眼供養が行われた時期であり、一方で、内乱が多発したり天然痘が流行したりと国家が不安定な時期でした。

この時期は、雅やかで素朴な力強さを放った和歌は少なくなり、観念的な和歌が増えたと言われています。繊細かつ優美であるにもかかわらず悲しみや悔しさを詠った感傷的な和歌も多く目立ちました。国の情勢が読み取れます。

また、女性歌人の和歌が多く誕生した時期でもあります。ここから平安時代の王朝和歌へと繋がっていくこととなりました。

万葉集に収められる和歌の種類

万葉歌人たち
出典:美術手帳

万葉集にはおおまかに3種類の和歌に分けられます。それは一体どのような内容だったのか、詳しく迫ります。

雑歌(ぞうか)

万葉時代の宴の様子
出典:万葉集遊楽

雑歌とはカテゴリーに分けられない和歌を指します。主に、天皇の外出である行幸、宴、遷都にまつわる公的な和歌について詠まれたものが多く、他の種類の和歌に先立って掲載されているのです。このことから雑歌は、万葉集の中でも重要な和歌に位置づけられていたのが分かります。

「雑」という字は中国において「第一のもの」という意味。お正月に「お雑煮」を食べますが、これは「一番はじめに食べるもの」という意味を指します。雑歌もこの意味と同じく、他の和歌よりも優位であるのを示しているのです。

相聞歌(そうもんか)

万葉集時代の女性
出典:万葉集遊楽

相聞歌とは「恋の歌」。恋人同士で詠み交わされた和歌はもちろん、親子、兄弟姉妹、親族間など、親しい人に関する和歌も相聞歌になります。恋人間での往復される和歌もありますが、片思いや失恋について詠う私的な恋情の和歌も相聞歌です。

相聞歌は万葉集の中でも半分の数を占め、約1,900首収められています。

挽歌(ばんか)

秀逸な挽歌を残した柿本人麻呂
出典:人文研究見聞録

挽歌とは「死者を悼む歌」。親しい者を失った人が嘆き悲しむ哀惜の和歌を指します。万葉集の中に約220首収録されています。

天皇の死去や、伝説の人物の死を嘆く和歌のほか、自傷の歌や辞世句も挽歌に含んでおり、人の死にかかわる全般の和歌が挽歌です。

その他の和歌

古代日本の農民たち
出典:奈良女子大学

上記の3つの和歌の種類のほかにも、地方で詠われた和歌の種類を紹介します。

防人歌(さきもりのうた)

熊本県にある防人の銅像
出典:産経ニュース

防人とは筑紫や壱岐などの北九州地域の防衛にあたった兵士のこと。彼らが詠んだ和歌を「防人歌」と言います。663年に朝鮮半島で白村江の戦いで敗北したあと、北九州地域を守る兵役制度が設けられた時に誕生した役職です。

多くは関東地方に住む人が選ばれ、3年間防人としての任務を命じられました。家族と離れて遠い地へ赴任し、帰りたくても帰れない人や行き倒れになった人も続出。そんな人々が詠んだのが防人歌でした。

離れて暮らす家族を思い慕う和歌や、その強い寂しさを叙述した和歌が目立ちます。

東歌(あずまうた)

東歌が書かれた万葉集の1ページ
出典:東京大学附属図書館

東歌とは、信濃より東側の東国地方で詠われた和歌です。万葉集の中に230首収録されています。

東国方言で詠われた和歌ですが、どのようなプロセスで万葉集に収められたかはいまだ分かっていません。東国独特の方言で詠われており、「武蔵野」などの単語が多く登場するのが特徴です。山部赤人や高橋虫麻呂などの詠み人がいます。

東歌の中でも特に有名なのが、現・千葉真市川市付近に住んでいた女性「手児奈(てこな)」をめぐる悲恋の歌。その伝説は今でも残り、手児奈が汲んだとされる井戸が残っています。

万葉集の代表歌人を和歌と共に紹介

万葉漢字であふれる紙面
出典:文化遺産オンライン

全4500首ある万葉集のなかでも特に有名な和歌にはどんなものがあるのでしょうか。有名歌人とともに紹介します。

額田王(ぬかたのおおきみ)

額田王は飛鳥時代に活躍した天智天皇の妃です。『日本書紀』にも登場し、鏡王の娘、十市皇女の母にあたる皇族の女性。非常に美しく才能ある女性だった額田王は、采女という貴族の世話役であった説があります。

額田王は、はじめ大海人皇子(のちの天武天皇)と結婚し、二人の娘を授かります。しかし大海人皇子の同母兄弟である中大兄皇子(のちの天智天皇)にも見初められ、最終的には天智天皇の妃となりました。

このように二人の男性の間で心揺れた額田王は、その恋心や思慕を和歌にたくさん託しました。

額田王とはどんな人?生涯・年表まとめ【万葉集に残る和歌や逸話についても紹介】

額田王の代表和歌①「あかねさす 紫野ゆき 標野ゆき 野守は見ずや 君が袖ふる」

袖を振る大海人皇子と額田王
出典:ナレッジソクラテス

額田王の最も有名な和歌。かつての夫・大海人皇子へ宛てた相聞歌であり、これに対し大海人皇子もお返事の和歌を詠っています。

「袖振る」というのは、当時の求愛行動を指します。恋しい人の魂を引き寄せる占術的な意味合いがありました。「野守」とは番人のこと。秘めた恋が周囲にばれてしまわないように、という意味が込められています。

天智天皇の妻でありながらも、昔の夫・大海人皇子へ愛情を表現しているこの和歌からは、3人の複雑な関係性が浮き彫りになっていますが、実際は額田王が晩年に宴席において過去の恋を引き合いに詠んだ和歌だそう。天皇を中心にした政治の中で、血筋を残すために男女が結婚するという当時の価値観がよく理解できますね。

額田王の代表和歌②「君待つと 吾が恋ひ居れば 我が屋戸の 簾動かし 秋の風吹く」

美女だったとされる額田王
出典:万葉集遊楽

これは、夫・天智天皇がやって来るのを待ちわびる恋心を描いた和歌。秋風に揺れる暖簾に一瞬どきっとするも、天智天皇ではなかったことを嘆く一句です。

当時の結婚形態は、男が妻である女の家を訪れる「通い婚」が一般でした。男が女を訪ねることを「妻問い(つまどい)」と言い、この和歌はその瞬間を待つ額田王の心情を繊細に描いています。

「秋」は「飽きる」とも掛けられており、「天智天皇は私に飽きたのかしら」という煩悶や嘆きの気持ちも込められています。このような表現技法からも額田王の文才の高さが読み取れますね。

額田王の代表和歌③「 熟田津に 船乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな」

高々と月の挙がる熟田津
出典:楽しい万葉集

この和歌は、白村江の戦いに出向く際に兵士の士気を高めるために額田王が詠んだとされるもの。「月が出るのを待っていると潮の流れも合致した。さぁ行こう」という意味で、勇ましさが感じられます和歌です。熟田津の場所ははっきりと分かってはいませんが、愛媛県道後温泉あたりと推定されています。

朝鮮半島の内部の戦いで・新羅に破れかかった百済の援軍の要請に答えた日本。当時の天皇・斉明天皇を総帥とし、約27000の兵士を連れて船で朝鮮半島へ赴きました(白村江の戦い)。

緊張感漂う中、皆の気持ちを一つにさせたのがこの額田王の和歌。ここからも額田王の情の深さが感じられますね。

【万葉集の歌人】額田王が詠んだ歌11選!意味や背景も解説
1 2

コメントを残す