小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

木曽義仲(源義仲)とはどんな人?生涯・年表まとめ【彼の最期や妻、子孫も紹介】

「木曽義仲ってどんな人で何をした?」
「木曽義仲と巴御前の関係は?」
「木曽義仲の最期は??」

このような疑問を持つ方もいるでしょう。木曽義仲とは平安時代末期に活躍した武将です。平家から源氏へ時代の転換点となる戦いの中で活躍し、特に平家の大軍を少数で打ち破った俱利伽羅峠(くりからとうげ)の戦いが有名です。この戦いをきっかけに、勝負の天秤は源氏に大きく傾きます。

木曽義仲の肖像
出典:Wikipedia

また、木曽義仲は女武将の巴御前が仕えた主君でもあります。そのような激動の時代に華々しい活躍をした木曽義仲ですが、現在の知名度は残念ながらそれほど高くなく、それどころか礼儀を知らない乱暴狼藉者と評されることもありました。

そこで、今回は木曽義仲の生涯や功績、彼の最期、そして巴御前との関係について紹介します。

木曽義仲とはどんな人物か

名前木曽義仲(源義仲)
誕生日1154年(久寿元年)
没日1184年3月4日(寿永3年1月20日)
生地武蔵国の大蔵館
(現在の埼玉県比企郡嵐山町)
没地近江国粟津(現在の滋賀県大津市)
配偶者藤原伊子
埋葬場所朝日山義仲寺(滋賀県大津市馬場)

木曽義仲の生涯をハイライト

木曽義仲の銅像
出典:一般社団法人嵐山町観光協会

木曽義仲は平安時代末期の武将で源義賢の次男として武蔵国で生まれました。義仲はあの鎌倉幕府を開いた源頼朝の従兄弟にあたります。

しかし、2歳のときに父親が殺され、父の味方だった者たちの手を借りて、義仲は信濃国木曽谷(現在の長野県)へ逃れます。木曽の豪族である中原兼遠の元で育ち、木曽の名を名乗るようになりました。

木曽義仲は27歳のときに皇族の呼びかけもあり、平家打倒のため挙兵します。家臣の巴御前と共に、俱利伽羅峠の戦いで平家の大軍を打ち破る大活躍で入京を果たしました。

しかし、その後は当時の天皇と後継者問題で対立し、源頼朝が命じた源義経と範頼が率いる軍に粟津の戦いで敗北し、31歳の若さで人生に幕を下ろします。

怒りっぽいが豪快で優しい性格だった

怒りっぽくも情に厚い性格

木曽義仲は怒りっぽいところもあるが、豪快で優しい性格だったと言われています。俱利伽羅峠の戦いで平家を打ち破り、入京するにあたって義仲に最後に立ちはだかったのが比叡山延暦寺でした。

彼は比叡山に対して、源氏に味方しなければ、容赦なく攻め滅ぼすという最後通牒を突き付けました。これには義仲の怒りっぽい面が現れていると思います。一方で命の恩人の死に涙したり、自身の最期には巴御前が主君に殉じようとしますが、逃げて生きるようよう促すなど、優しい一面も持ち合わせています。

このような短気という欠点を持ちながらも、優しく魅力あふれる木曽義仲であったからこそ、彼を慕う家臣たちは絶望的な状況でも彼を裏切らず、戦いの中で散っていったのかもしれません。

家臣たちからよく慕われていた

木曽義仲の人物相関図
出典:富山県

木曽義仲は天皇や公家の人々とはその性格から対立しがちで、結果的には自身の破滅を招くことになります。しかし、一方で家臣たちから慕われており、巴御前の他にも、木曽義仲四天王と呼ばれた今井兼平、樋口兼光、根井行親、楯親忠の4人は最後まで義仲に付き従い、忠誠を尽くしました。

特に、今井兼平と樋口兼光は義仲が木曽に落ち延びた際、育ての親となった中原兼遠の息子であり、義仲は彼らを信頼し、重要な場面で2人を起用します。また、源頼朝・義経とは従兄弟の関係で、最終的には対立しますが、父親を頼朝の兄に殺されてもなお、平家打倒のために当初は頼朝との衝突を避けるなど合理的な一面も持ち合わせています。

源頼朝とはどんな人?生涯・年表まとめ【死因や性格、家系図も紹介】

そのような人情味あふれる人柄でありながらも、武将として私情を挟まない合理的な判断を下す義仲を家臣たちは慕っていたのかも知れません。

妻は誰?巴御前との関係とは

木曽義仲と巴御前の銅像
出典:Wikipedia

木曽義仲の妻は関白:藤原基房の娘、藤原伊子と言われています。よく巴御前を妻と勘違いしている方が多いですが、あくまでも義仲と巴御前の関係は主君と家臣でした。

巴御前とはどんな人?生涯・年表まとめ【家紋や逸話も紹介】

巴御前が木曽義仲の妾(愛人)であったという説もありますが、そもそも巴御前の存在が「平家物語」や「源平盛衰記」といった軍記物語でしか確認されていないことから、実在したかどうかさえ不明で、真偽は定かではありません。

妻である藤原伊子は義仲の死後、源通親と再婚し、後に日本における曹洞宗の開祖となる道元を生みました。

木曽義仲の最期とは

最期の戦いとなった粟津の戦い
出典:Wikipedia

源頼朝の軍勢を向けられ、追い詰められた木曽義仲は後白河法皇を幽閉します。頼朝が派遣した義経・範頼の軍勢が近づいた時点で、一時は後白河法皇を連れ、京を脱出し、北陸で再起を図ることも検討しました。

しかし、義経らの勢力が1000人程度の少数であると誤認し、迎え撃つ判断をしてしまいます。実際、義経らの勢力は25000人の大軍で、その時の義仲の軍は400人程度と言われ、絶望的な状態で戦いが始まります。

義仲は寡兵の中で奮闘するも、兵数の差が圧倒的で敗北します。そこで、義仲は家臣と合流し、北陸へ落ち延びようとしますが、その時にはたった5人しかいませんでした。ついには義経らの軍に捕捉され、木曽義仲は馬が脚を取られて動けなくなった隙に、顔に矢を射られて討死したと言われています。

木曽義仲には子孫がいる?

木曽義仲の長男である義高
出典:Wikipedia

木曽義仲には4人の息子がいたと言われています。

  • 長男:義高
  • 次男:義重
  • 三男:義基
  • 四男:義宗

長男の義高は源頼朝の元へ人質として送られていました。しかし義仲が討たれてしまい、立場が悪くなります。父を殺したことで復讐を恐れた頼朝が義高の命を狙い、それを知った義高は逃走しますが、追手に捕まり12歳で殺されてしまいました。

次男の義重と四男の義宗についての詳細は不明で、真偽が定かではない情報しかありません。ですが、一説によると義重は広島県の向島で余生を送ったと言われています。

義仲の死後、三男の義基は家臣たちに匿われ、現在の群馬県渋川市に逃れたと言われ、そこに木曽三柱神社や木曽三社神社を建立しました。

その後の子孫がどうなったかは不明で、おそらく木曽義仲の血筋は断絶したものと思われます。室町時代や江戸時代に木曽義仲の子孫を自称する人も現れますが、真実かどうかは分かりません。

木曽義仲の功績

功績1「俱利伽羅峠の戦いで平家の大軍を打ち破った」

俱利伽羅峠の戦い
出典:Wikipedia

木曽義仲は俱利伽羅峠の戦いで平家軍が10万という大軍を率いたのに対し、義仲軍3万という兵数で向かいうち、圧倒的不利な状況の中で見事な勝利を収めました。この戦いをきっかけに源氏は勢いづき、怒涛の勢いで平家を追い落とすことに成功します。

木曽義仲は27歳のときに、後白河法皇の息子で第三皇子である以仁王の呼びかけにより、平家打倒のため立ち上がりました。当時はまだ平家の時代で、軍の数でも源氏は不利な状況の中でのことです。

以仁王も挙兵しましたが、平家の軍勢に討ち取られ、また、木曽義仲の兄である源仲家も一連の戦いの中で討たれてしまいました。しかし、木曽義仲は京から逃れてきた以仁王の子である北陸宮を擁して、以仁王の遺志を継ぎ平家との戦いに挑みます。そして、俱利伽羅峠の戦いにおいて平家を見事打ち破りました。

功績2「平家から源氏への時代の転換点となった入京を果たした」

木曽義仲の進軍経路
出典:富山県

当時は平家全盛の時代で、その繁栄ぶりから「平家にあらずんば人にあらず」という言葉が生まれるほでした。そんな平家の時代を終わらせ、源氏の台頭のきっかけとなったのが木曽義仲たちの入京です。

俱利伽羅峠の戦いで平家軍を壊滅に追いやった木曽義仲は京に向かって進軍し、義仲に味方する武将も多くなりました。そして、遂に形勢の不利を悟った平家は安徳天皇と三種の神器を持ち出し、都落ちします。

義仲に味方した武将に護衛され、後白河法皇が京へ戻った際、後白河法皇は「この20余年見られなかった源氏の白旗が、今日初めて都に入る」という言葉を残しています。

木曽義仲の名言

「我去年の春信濃国を出しとき妻子を捨て置き、また再び見ずして、永き別れの道に入ん事こそ悲しけれ。されば無らん跡までも、このことを知らせて後の世を弔はばやと思へば、最後の伴よりもしかるべきと存ずるなり。疾く疾く忍び落ちて信濃へ下り、この有様を人々に語れ」

「源平盛衰記」の中で木曽義仲が最後の戦いに挑む前に、巴御前に言った言葉とされています。この言葉は巴御前が義仲と一緒に死んで忠義を尽くすことよりも、生き延びて自分の最期を家族に知らせ、生き様を後世の人に語り継いでほしいという意味でした。

また、「平家物語」では以下のような言葉を巴御前に残しています。

「お前は女であるからどこへでも逃れて行け。自分は討ち死にする覚悟だから、最後に女を連れていたなどと言われるのはよろしくない」

これらの言葉から巴御前を思いやる木曽義仲の情に厚い面が表れています。また、巴御前が義仲の前を去る際、最後の奉公として敵将の御田八郎師重を討ち取り、落ち延びたと言われ、2人の美しい主従の絆が見て取れますね。

1 2

コメントを残す