小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

安政の大獄とは?原因や結果、主要な関係人物についてわかりやすく解説

「安政の大獄ってなに?」
「幕末に起きた事件だというくらいは知ってるけどどんな内容かわからない」
「蛮社の獄とかとは何が違うの?」

このように思われる方も多いのではないでしょうか。安政の大獄とは1858年(安政5年)から1859年(安政6年)にかけて起きた江戸幕府による反体制派への弾圧事件です。当時流行っていた尊王攘夷運動への弾圧というだけではなく将軍の後継者問題もからんでおり、実態はやや複雑です。

桜田門外の変
出典:Wikipedia

またこの安政の大獄は有名な桜田門外の変と密接に関係しています。このように複雑でとっつきにくい印象がある安政の大獄ですが、この事件がわかると幕末の時代の変化がとても理解しやすくなります。

この記事ではそういった複雑な内容をわかりやすい形で解説していきます。

安政の大獄とは?

名称安政の大獄
年月1858年(安政5年)
~1859年(安政6年)
弾圧者江戸幕府(井伊直弼
受刑者100人以上
死者
(刑死者・獄死者)
14人
結果桜田門外の変の発生
江戸幕府崩壊の加速

安政の大獄について簡単に解説

安政の大獄を指揮した大老・井伊直弼
出典:Wikipedia

安政の大獄は、1858年から1859年にかけて行われた江戸幕府による反体制派に対する弾圧です。単に尊王攘夷派に対する弾圧というだけではなく、将軍の後継者争いもからんでおり、一橋慶喜(ひとつばしよしのぶ)を次期将軍に推す一橋派と呼ばれるグループも弾圧されています。

この弾圧を主に指揮したのは当時の大老だった井伊直弼(いいなおすけ)です。直弼が非常に厳しい弾圧を行ったためその反発も激しく、1860年に井伊直弼は桜田門外の変で暗殺されます。この暗殺により安政の大獄も終りを迎えるのです。

安政の大獄が起きた原因

日米修好通商条約が締結された米海軍のポーハタン号
出典:Wikipedia

安政の大獄が起きた主な原因は将軍継嗣問題による幕府内の対立と朝廷の許可無く日米修好通商条約を調印したことです。

将軍継嗣問題とは13代将軍家定の跡継ぎを誰にするかで、一橋慶喜を推す一橋派と徳川慶福を推す南紀派とで幕府内が真っ二つになったものです。井伊直弼は南紀派でしたから、安政の大獄で一橋派の多くを処罰しました。

また当時の日本は外国への開国問題で揺れていました。開国を主張する開国派と外国を追い払うべきだという攘夷派の間で激しく対立が続いていました。

そんな中、アメリカは日本に対して日米修好通商条約の締結を強く求めてきます。朝廷から許可を得られなかった幕府は、やむなく朝廷の許可無く日米修好通商条約に調印します。

このことで攘夷派や一橋派の人々が一斉に反発しますが、逆に井伊直弼はこれらを徹底的に弾圧していきます。これが安政の大獄の始まりです。

誰が処刑されたのか

安政の大獄で切腹した安島帯刀
出典:Wikipedia

安政の大獄による死者は14人ですが、牢獄で死んでしまった獄死者を除くと8人です。この中には橋本左内や吉田松陰といった有名な志士も含まれています。

また水戸藩家老の安島帯刀(あじまたてわき)など家老クラスの人物も死に追いやられています。このように水戸藩への弾圧はとりわけ厳しく、井伊直弼が桜田門外の変で暗殺される原因になってしまうのです。

  • 安島帯刀:水戸藩家老、切腹
  • 鵜飼吉左衛門(うがいきちざえもん):水戸藩京都留守居役、斬首
  • 鵜飼幸吉(うがいこうきち):水戸藩京都留守居役助役、斬首
  • 茅根伊代之介(ちのねいよのすけ):水戸藩奥右筆、斬首
  • 梅田雲浜(うめだうんぴん):儒学者、斬首
  • 飯泉喜内(いいいずみきない):三条家家来、斬首
  • 頼三樹三郎(らいみきさぶろう):儒学者、斬首
  • 橋本左内(はしもとさない):福井藩士、斬首
  • 吉田松陰(よしだしょういん):長州藩士、斬首
  • 日下部伊三治(くさかべいそうじ):薩摩藩士、獄死
  • 藤井直弼(ふじいなおすけ):西園寺家家臣、獄死
  • 信海(しんかい):僧侶、獄死
  • 近藤正慎(こんどうしょうしん):僧侶、獄死
  • 中井数馬(なかいかずま):与力、獄死

どのような弾圧が行われたか

戊午の密勅を出した孝明天皇
出典:Wikipedia

安政の大獄で最初に行われたのは、朝廷の許可無く日米修好通商条約に調印した井伊直弼をとがめるため不時登城をした、前水戸藩主の徳川斉昭(とくがわなりあき)らに対する謹慎や蟄居処分です。このとき処罰されたのは殿様クラスですから切腹や死罪のような重い刑罰にはなりませんでした。

しかしその後、朝廷から水戸藩・長州藩に対して戊午の密勅(ぼごのみっちょく)と呼ばれる勅書が出されたことが、安政の大獄の本格化へとつながりました。なぜなら朝廷から幕府を通さず直接藩へ勅書が出されるということは、幕府がないがしろにされる行為で許されない行為だったからです。

このため戊午の密勅に関わったと疑われる人々を中心に、たくさんの人が処罰されていくことになります。先ほども言ったように死刑になったのは8人ですが、拷問や劣悪な牢の環境のため6人も獄死しています。いかにそのころの取調べが厳しかったのかが想像できます。

蛮社の獄との違い

蛮社の獄で処罰された渡辺崋山
出典:Wikipedia

蛮社の獄とは1839年に渡辺崋山や高野長英がモリソン号事件と事件に対する幕府の対応を批判したことで処罰されたことをいいます。モリソン号事件とは遭難漂流して外国船に助けられた日本人を、日本へ送り帰そうとしたモリソン号に対して幕府が砲撃したり追い返した事件です。

安政の大獄が起きたのは1858年から1859年です。蛮社の獄の約20年後の話です。

幕府を批判した人が弾圧されたという点で共通点はありますが、安政の大獄は100人以上が弾圧された大規模なものだったのに対して、蛮社の獄で処分されたのは約10人で死刑になった人もいないなど両者はかなり異なります。

安政の大獄と桜田門外の変の違い・関係

桜田門
出典:Wikipedia

大老・井伊直弼が暗殺された桜田門外の変は、安政の大獄が原因だと考えられます。

安政の大獄でもっとも弾圧を受けたのは水戸藩でした。前藩主の徳川斉昭が永蟄居(えいちつきょ)という死ぬまで続く謹慎、家老クラスの家臣数人が切腹や死罪というかなり厳しい処分を受け、幕府からは改易(かいえき・藩の取り潰し)すら示唆されています。

このような弾圧を受けた結果、水戸藩士の過激派は激しく反発します。その中の一派が1860年(安政7年)3月3日に江戸城へ登城中の井伊直弼一行を襲撃し暗殺しました。

安政の大獄に関わった主要人物

井伊直弼

井伊直弼
出典:Wikipedia

彦根藩の第15代藩主です。第13代藩主井伊直中の十四男で本来藩主とは縁遠い存在でしたが、第14代藩主直亮の養嗣子が死去したため急きょ後継者に抜擢されました。

そのため17歳から32歳までは部屋住みという存在で、茶道や居合術など趣味に没頭しており、後世の苛烈なイメージからは想像し難い一面も持っていました。将軍継嗣問題で直弼は南紀派に属しており、このことが安政の大獄で一橋派を弾圧する原因ともなります。

大老に就任後は自身に権力を集中させ、日米修好通商条約や将軍継嗣問題といった難問を強引ともいえる形で解決させていきます。その手腕に反発する人々を安政の大獄で徹底的に弾圧したことで、桜田門外の変を引き起こし、ついには自らの命も失ってしまいました。

dog井伊直弼とはどんな人?生涯・年表まとめ【人物像や名言も紹介】

徳川斉昭

水戸藩9代目の藩主です。安政の大獄で永蟄居という藩主クラスではかなり重い処分を受けます。将軍継嗣問題では実子である一橋慶喜を推して一橋派を作り、井伊直弼ら南紀派と対立します。水戸学と呼ばれた尊皇攘夷思想を広め、明治維新の思想的原動力を築いた人物でもあります。

尊皇攘夷という立場からも井伊直弼とは激しく対立することとなります。日米修好通商条約を無勅許調印した井伊直弼をとがめるため、不時登城したところ、逆に不時登城をしたことが問題となり謹慎処分を受けました。

それに加えて戊午の密勅が水戸藩の陰謀だと断じた直弼から永蟄居というさらに重い処分を受け、そのまま世を去ることになります。

島津斉彬(しまづなりあきら)

島津斉彬
出典:Wikipedia

薩摩藩11代藩主です。彼も一橋派で、南紀派の井伊直弼とは真っ向から対立する立場にありました。日米修好通商条約を無勅許調印した直弼に反発し、藩兵を率いて上洛し抗議活動を起こすことを企てましたが、その準備中に急死します。

死因は当時流行っていたコレラではないかと言われていますが、急死したタイミングのよさに暗殺説も未だに根強く残っています。

橋本左内

橋本左内
出典:Wikipedia

福井藩の藩士で、安政の大獄で死罪となります。10代のころは大阪の適塾で学び、福井藩の藩医となりましたが後に藩主松平春嶽(まつだいらしゅんがく)の側近を務めるようになります。

将軍継嗣問題では、一橋派の春嶽を助け一橋慶喜擁立の運動を展開します。しかし安政の大獄が始まると、春嶽は隠居謹慎となり自身も取調べを受けることになります。

取調べに対して「私心ではなく藩主の命に従った」と当時主流の朱子学に反するようなことを言ったのが井伊直弼の癇に障ったのか、遠島程度で済むはずのところを斬首という重い処分が下されてしまいました。

梅田雲浜(うめだうんぴん)

梅田雲浜
出典:Wikipedia

儒学者。元は小浜藩士でしたが藩主に建言したため藩から追い出されています。取調べ中に獄中で死亡。コレラにかかったとも、拷問の傷が悪化して死んだともいわれています。

雲浜は藩籍を剥奪された後、尊王攘夷運動の先鋒となって幕府を激しく批判します。このため安政の大獄ではまっさきに捕縛されました。

吉田松陰

吉田松陰
出典:Wikipedia

長州藩士。「松下村塾」で高杉晋作や伊藤博文など多くの人々に影響を与えました。安政の大獄で死罪となります。

吉田松陰の事例は少し変わっていて、当初取調べを受けた理由は梅田雲浜の関係者だったということくらいでした。ですから死罪になるはずはなかったのですが、彼は自分で老中の間部詮勝(まなべあきかつ)を暗殺する計画を立てていたことを話してしまいます。

そのようなことを聞いた以上幕府としても死罪にするしかなく、松陰も刑死者の一人となってしまうのでした。

西郷隆盛

西郷隆盛
出典:Wikipedia

西郷隆盛も実は安政の大獄に関わっています。直接処罰されたわけではなく事情が少々複雑ですが、安政の大獄に翻弄されたのは事実です。

隆盛は当時京都で活動していましたが、梅田雲浜らが捕縛されるなど隆盛にも身の危険が迫ってきたため鹿児島へ帰ります。そして幕府の目から逃れるために、藩の命令で名前を菊池源吾と改めて奄美大島に隠れることになります。

潜伏生活は約2年に及んでおり実質島流しにあったようなものですから、西郷隆盛も安政の大獄による犠牲者の一人といえるかもしれません。

1 2

コメントを残す