小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

日本・海外の有名建築家10選!代表作品や注目の若手も簡単に紹介

「日本や海外で有名な建築家って誰だろう?」
「どんな建築物が有名なの?」

世界には有名建築を作った著名な建築家がたくさんいますが、どんな人がいるか知っていますか?そして、なぜ、有名なのか…と気になったことはありませんか?

今回の記事では、有名建築家とその代表作を紹介するだけでなく、建築家とその作品の見どころまでご説明します。この記事を読めば、きっと今より深みを感じながら建築作品を見れるはずです。

日本の有名建築家5選

まずは、日本の有名建築家をご紹介します。

建築界のノーベル賞と言われる「プリツカー賞」を受賞した8人のうち3人と、受賞歴はないものの、世界的に定評のある日本人建築家を2名をピックアップしました。

プリツカー賞とは?
アメリカのハイアットホテルアンドリゾーツのオーナーであるプリツカー一族が運営する団体から、建築家に対し授与される賞です。
1979年の開始以来、日本では8人の受賞歴があります。

安藤忠雄(あんどう ただお)

一人目は、建築に興味がない人でも知るであろう、「世界のANDO」こと安藤忠雄です。

独学で建築を学び、建築家になったということが、とりわけよく注目されています。彼は独学で建築を学んだのち、建築事務所を立ち上げています。

彼は、1979年「住吉の長屋」で日本建築学会賞を受賞したことで、注目を浴び始め、以降、日本にとどまらず世界中の建築を手掛けています。1995年には、冒頭で紹介したプリツカー賞の受賞を果たしました。

住吉の長屋
出典:Wikipedia

次に、安藤忠雄の有名な建築作品を紹介します。

「住吉の長谷」は、1979年に日本建築学会賞を受賞した、安藤忠雄の代表作品です。当時は斬新な発想とされたコンクリート打ちっぱなしのデザインが評価された建築です。住宅地に面した奥行きのある土地を上手に使い、風通しや採光具合まで考えて制作され、現在も実際に人が住んでいます。

安藤忠雄はどんな人?生涯・年表まとめ【生まれや性格、建築作品や功績も紹介】

隈研吾(くま けんご)

次に紹介するのは、隈研吾です。

東京オリンピックで丹下健三の建築に衝撃を受けた隈研吾は、幼少期から建築家を目指し、東京大学で建築を学んだ後、コロンビア大学客員研究員を経て設計事務所を開設しました。これまでに、20カ国を超える国の建築を手がけてきています。

土地の環境や文化を考慮した建築を目指し、やわらかなデザインの建築を提案してきています。また、コンクリートや鉄に代わる新しい素材の探求をし、工業化社会ののちの建築のあり方を追求し、活動を続けています。

浅草文化観光センター
出典:Wikipedia

隈研吾が手掛けた建築作品をご紹介します。「浅草文化観光センター」は、隈研吾が、公開コンペで設計する権利を勝ち取って製作した建築です。その名の通り、観光案内所や会議室、多目的ホールなどのさまざまな機能を狭い空間に納めつつも、浅草に馴染むような、木造デザインを施しているところが特徴。内部も、斜め屋根を積み上げることで、フロア空間を大きく見せる工夫をしたりと、隈研吾のこだわりが細部にまで宿る建築物となっています。

隈研吾はどんな人?生涯・年表まとめ【性格や建築作品、功績についても紹介】

伊東豊雄(いとう とよお)

次に紹介するのは、伊東豊雄です。

韓国で生まれ、東京大学で建築を学んだ後、建築事務所での経験を経て自身の事務所を開設しています。自身の事務所の設立当時は、個人住宅を中心に手がけ、ミニマルな作風で注目を浴びた他、都市を批評する活動なども行ってきました。その後は、官能的な外観や内部空間を有するような作風に移り代わり、現在では家具の設計までも手がけています。

せんだいメディアテーク
出典:日経XTECH

次に彼の建築作品を紹介します。「せんだいメディアテーク」は、伊東豊雄の代表作品なのはもちろんのこと、日本を代表する建築作品の一つとしてあげられるほどの建築です。この建築の魅力は、薄い床を壁ではなくチューブで支えているところです。支柱となっているチューブを円状にすることで床を支えつつ、階段やエレベーターに活用しているところが特徴的です。建物の中には、図書館やギャラリー、スタジオなど様々な施設があります。

谷口吉生(たにぐち よしお)

谷口吉生
出典:SUMUKOTO.COM

次に紹介するのは、谷口吉生です。

彼は、ハーバード大学で建築を学んだ後、丹下健三のもとで経験を積み、建築家である父親の谷口吉郎の研究所を引き継ぎました。

谷口吉生の建築は、素材への強いこだわりと、時代の機微を読み取ったデザインが特徴的です。建築作品自体は、他の建築家と比較してみると少ないものの、建築一つ一つへのこだわりが細部にまで宿る、いわば美術作品のような作品を手がけてきています。

豊田市美術館
出典:豊田市美術館

愛知県豊田市にある「豊田市美術館」は、「谷口吉生の最高傑作」とも呼ばれる建築物です。高低差を生かした設計により、豊田市街の街並みを一望できるようになっており、日常との距離を保っているところが特徴的です。また、外観から館内まで、幾何学的な構造を用いて美しさを体現しています。

坂茂(ばん しげる)

坂茂は、建築家である磯崎新のアトリエでの勤務経験後、バークレー・ユニオン建築学部を卒業し自身の建築事務所を設立しました。新たな建築商材や建築手法の開発をするかたわら、災害支援活動も積極的に行っています。

1995年の阪神淡路大震災では、紙管を用いた仮設住宅を製作。続く2011年の東日本大震災が起きた際も、紙パイプや布を用いて、避難所でのプライバシー確保のための仕切りシステムなどを手がけました。このような災害支援を絡めた建築制作の活動が評価され、2014年にプリツカー賞を受賞しました。

坂茂の紹介作品は、2011年2月のニュージーランドの地震で半壊した、ニュージーランド・クライストチャーチにある大聖堂の代わりの仮設大聖堂である「紙の大聖堂」です。特殊な紙で作られたこの建築は、防水や難燃加工がされ、耐久性にも優れています。

紙の大聖堂:祭壇
出典:たびこふれ

祭壇や祭壇の奥にある十字架も、全てが紙で作られています。また、カラフルなステンドグラスと、ステンドグラスを通し館内に広がる鮮やかな光も見どころです。

世界の有名建築家5選

ここまで、日本人の有名建築家をご紹介してきましたが、ここからは海外の有名建築家を紹介します。海外編では、近代建築の巨匠と呼ばれる3人ほか、建築の先駆者たちをご紹介します。

ル・コルビュジエ

ル・コルビュジエ
出典:Wikipedia

ル・コルビュジエは、スイス生まれのフランス人建築家。彼は、20世紀を代表する近代建築理論家の巨匠、三大巨匠の一人として名高い人物です。

コルビュジエは、鉄筋コンクリートの床と床を支えるための最小限の柱、各階へ移動するための階段を要素とした建築手法である「ドミノ・システム」という鉄筋コンクリートの構造システムを広めました。このシステムが発案されるまでは、壁によって建物の床を支えていましたが、この壁をなくすことで、より自由な建築を製作することに成功したのです。このシステムを開発したコルビュジエの作品は、機能的なデザインが特徴的と言えます。

国立西洋美術館
出典:casabrutus

「国立西洋美術館本館」は、日本唯一のコルビュジエによる建築作品、東京都上野にある美術館です。2016年には世界遺産にも登録されています。この建築には、20世紀の建築に大きな影響を与えた「近代建築の五原則」が表現されていることが特徴的です。この五原則とは、ピロティ(一階部分に壁がなく、柱で床を支えている空間のこと)、屋上庭園、自由な平面、水平な連続窓、自由な立体を表します。この建築は、日本の建築家にも大きな影響を与えたことでも有名です。

ル・コルビュジエとはどんな人?生涯・年表まとめ【代表建築作品や都市計画、名言、死因についても紹介】

フランク・ロイド・ライト

フランク・ロイド・ライト
出典:Euphoric

フランク・ロイド・ライトは、一つ前に紹介したコルビュジエとともに近代建築の三大巨匠の一人と称されています。アメリカのウィスコンシン州で生まれた彼は、建築を専門的に学ぶことなく、建築事務所を点々としながら建築家としての才能を開花させていきました。

ライトは日本の穏やかな気候、豊かな自然の恵み、庶民の間にも芸術が垣間見える「日本」に興味を寄せたようで、近代的なコンクリート調の無機質な建築に対し、有機的な素材を用いて人間性豊かな建築を製作しました。

旧帝国ホテル本館(ライト館)
出典:SMILE LOG

次に、ライトが手がけた建築物の紹介をします。現在の、愛知県犬山市にある「旧帝国ホテル(ライト館)」は、4年もの歳月をかけて竣工されました。建物には、深い軒や左右対称の全体像などの特徴があらわれています。このような特徴は、西洋建築には珍しい特徴であり、ライトが日本や東洋思想に深い理解があったことを伺わせます。ホテル内部も、光の緻密な演出をすることで、煌びやかなシャンデリアが見られる西洋建築とは異なった特徴を持ち合わせています。

ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ

ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ
出典:Ludwig Mies van der Rohe | STUDIO

彼は、コルビュジエ、ライトと並ぶ、近代建築三大巨匠の一人です。ドイツ出身で生まれ、正式な建築を学ぶことなく、地元の職業訓練学校で製図工の教育を受けたのちにデザイナーとして会社に勤務していました。その後、事務所に属しながら、邸宅を手がけたことで建築家として評価を受け、それをきっかけに自身の事務所を開設しました。

彼は、デザインに対して「less-is-more」つまり、「より少ないことは、より豊かである」というアプローチで製作活動を行っていました。他にも「God is in the detail」つまり「神は細部に宿る」といったような標語で知られるようになり、装飾的なものは取り払った、建築の表現のみに魅力を委ねる彼の建築は現在でも評価され続けています。

ファンズワース邸
出典:greelane.com

次にミースの建築物について紹介します。「ファンズワース邸」は、ミースによる最後の住宅作品であり、かつ傑作と呼ばれている建築です。アメリカのシカゴに位置しています。より少ない部材で制作され、周囲の風景と一体化するような工夫がされています。

ファンズワース邸:内部
出典:ハーバード大学建築・都市デザイン留学記

また、内部には柱を置かず、かつ建物の周囲を囲む壁をガラスにすることで、開放感を出している点もまた魅力的です。

ミースファンデルローエの生涯・年表まとめ【作品から名言、死因まで】

アルヴァ・アアルト

アルヴァ・アアルト
出典:Wikipedia

アルヴァ・アアルトは、モダニズムの建築家として世界的に活躍した、フィンランド生まれの建築家です。

アルヴァの作品は、「日常の暮らしにこそデザインが必要である」という思想から、木材などの自然の温もりを感じることのできるモチーフを取り入れている点が特徴です。

マイレア邸
出典:マイレア邸 | 建築作品

フィンランド・ノールマルックにあるアルヴァの建築作品「マイレア邸」は、小高い丘の森の中にある邸宅です。周囲の自然と調和するように、北欧モダンらしい木材をふんだんに使用している点が特徴的です。

曲線が特徴的なプール
出典:マイレア邸

建築物そのものだけでなく、アアルトらしく「生活が楽しくなるような」工夫もされています。

ピーター・ズントー

ピーター・ズントー
出典:山下めぐみのロンドン通信

ピーター・ズントーは、スイス生まれの建築家です。父親が家具職人であった影響で、幼い頃から家具デザインに触れる生活を送っていました。スイスの造形学校やニューヨークにて工業デザインと建築を学び、その後、自身の設計事務所を立ち上げました。

彼の建築の特徴は、モダニズムと自然を融合した点です。自然の素材を生かしつつも、シンプルな空間を建築において表現しています。彼は、温泉、美術館、教会などの公共施設を多く手がけています。また、2009年にはプリツカー賞を受賞しています。

テルメ・ヴァルス
出典:テルメ・ヴァルス・スパセンター

ピーター・ズントーの最高傑作と呼ばれる、「テルメ・ヴァルス」はスイスのヴァルスに位置する温泉施設です。壮大な自然の中、幾何学的でダイナミックなデザインを実現しています。土地の特徴である斜面に続くように、屋根や屋上を設計しており、自然に溶け込むような工夫がなされています。

今後に注目!若手有名建築家

さて、ここまで日本・海外ともに有名建築家をご紹介してきましたが、ここからは、今後の活躍が注目される国内若手の建築家をご紹介します。

佐藤オオキ

佐藤オオキ
出典:Asahi Shimbun Digital Magazine

まずご紹介するのは、佐藤オオキです。「nendo」というデザインオフィスをもち、建築だけでなく、インテリアやグラフィックなど多岐に渡る分野で活躍しています。

カシヤマ・ダイカンヤマ
出典:KASHIYAMA DAIKANYAMA

代官山にある、商業施設、「カシヤマ・ダイカンヤマ」は建築から内装、家具に至るまで佐藤オオキ率いるnendoが手がけたものです。

カシヤマ・ダイカンヤマ:内部
出典:KASHIYAMA DAIKANYAMA

小箱が重なり合うような構造にすることで、佐藤が作りたかった小さな丘を作りながら、容積を抑えている点が特徴的です。さらに、箱の構造をずらし、建物の外と中をより近く感じられる工夫も施されています。

中川エリカ

中川エリカ
出典:pen

最後に紹介するのは、若手ながらも数々の賞の受賞経験を持つ中川エリカです。彼女は、横浜国立大学と東京藝術大学で建築やデザインについて学び、デザイン会社での勤務を経て個人事務所を設けました。

建築を好きになった理由を「人間の生活や街に溢れる暮らしが面白い」からと語るように、彼女の建築は人の思いや暮らしといった目に見えないものを体現しています。ゆったりとした空間をつくり出し、自然を取り込むデザインが特徴的です。

「ヨコハマアパートメント」は、中川エリカのキャリアの原点となった建築作品です。

ヨコハマアパートメント:内部
出典:BEYOND ARCHITECTURE

この建築の特徴は、集合住宅である4戸の住戸に加え、広い共有部をもつというところです。広い共有部では、作品の展示や製作はさる事ながら、コンサートや公演、ワークショップなどのイベントも行われているそうです。

日本・海外の有名建築家に関するまとめ

今回の記事では、日本と海外の有名建築家と代表作品、そして今後に注目の若手建築家をご紹介しました。

どの建築家も、自身の建築哲学のようなものをもち、建築にてその哲学を反映させています。ただの建物ではなく、芸術としての建築の魅力を十分に知ることができたのではないでしょうか?今回紹介した建築家の作品は、日本や世界各国で出会うことができるので、ぜひ、実際に訪れて、有名建築を楽しんでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す