小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

両面宿儺は実在した人間だった?その正体を日本書紀や伝説と基に解説

「両面宿儺って実在するの?」
「呪術廻戦に出て存在を知った!」

両面宿儺(りょうめんすくな)は大和時代の飛騨に現れたといわれる異形の人、いわゆる鬼人です。「日本書紀」において武振熊命(たけふるくまのみこと)に討伐されたといわれる一方で、飛騨では龍を退治したりと多くの活躍の伝承が残っている鬼人でもあります。

両面宿儺の像
出典:飛騨高山観光公式サイト

近年ではアニメ化もした大人気漫画「呪術廻戦」で、主人公・虎杖悠仁に憑依した呪いの王のモチーフも話題となりました。そんな創作作品では「呪いの王」として出てくるものの、古代に英雄としての功績も残したといわれる両面宿儺は実在したのでしょうか?

日本の伝説や逸話を元に、両面宿儺の存在を読み解いていきます。

両面宿儺の正体は?歴史的な記述から解説

「呪術廻戦」に出てくる両面宿儺のアニメ画
出典:samosamo漫画広場

創作作品に「呪いの王」として登場する両面宿儺という鬼人。そんな両面宿儺の正体は歴史的な記述では「悪の鬼人」なのか?それとも「神仏の使い」なのか?このトピックでは、記録されている両面宿儺の記述からどのような存在なのかを紐解いて解説していきます。

日本書紀では「悪の化身」として描かれた

日本最古の正史「日本書紀」には大和朝廷に背いた者として記されている
出典:Wikipedia

両面宿儺の記述は、飛鳥時代に編集された「日本書紀」まで遡ります。日本書紀によると、

六十五年 飛騨國有一人 曰宿儺 其爲人 壹體有兩面 面各相背 頂合無項 各有手足 其有膝而無膕踵 力多以輕捷 左右佩劒 四手並用弓矢 是以 不随皇命 掠略人民爲樂 於是 遣和珥臣祖難波根子武振熊而誅之

【現代語訳】

六十五年、飛騨国にひとりの人がいた。宿儺という。一つの胴体に二つの顔があり、それぞれ反対側を向いていた。頭頂は合してうなじがなく、胴体のそれぞれに手足があり、膝はあるがひかがみと踵がなかった。力強く軽捷で、左右に剣を帯び、四つの手で二張りの弓矢を用いた。そこで皇命に従わず、人民から略奪することを楽しんでいた。それゆえ和珥臣の祖、難波根子武振熊を遣わしてこれを誅した。

Wikipedia

と書かれています。つまり4本の手を持った怪物であり、力が強く足も速いうえに4つの手で剣と弓を操っていたというのです。そして大和王権の命に従わないために、難波根子武振熊(なにわねこたけふるくま)に討伐されたというのです。

第16代仁徳天皇の時代に起こったと記されている
出典:Wikipedia

日本書紀は、奈良時代に成立した日本に残る最古の正史です。両面宿儺はその日本書紀に「討伐された鬼人」と記されており、日本の歴史上では中央集権に従わない「まつろわぬもの(逆賊)」という位置づけとされています。

日本書紀とは?どんな内容?特徴や作者、成り立ち、古事記との違いなどを紹介

飛騨では仏の化身として祀られていた

岐阜県には現在も多くの伝承が残っている
出典:Wikipedia

日本書紀で討伐されたと記されている両面宿儺は、飛騨(現在の岐阜県)に多くの伝承が残されています。しかも史書に書かれている「鬼人」ではなく、寺院では仏の化身であったりと別の一面が見てとれるのです。そこでこのトピックでは、飛騨に祀られている寺院と伝承を紹介します。

普門山善久寺の伝承と仏像

高山市にある善久寺
出典:飛騨三十三観音霊場

普門山善久寺(ふもんざんぜんきゅうじ)は岐阜県高山市の寺院であり、両面宿儺が自らを「十一面観音の化身である」と名乗り建てた寺院といわれています。善久寺には、両面宿儺が現れた時の詳しい様子が書かれた「両面宿儺出現記」が記されています。

仁徳天皇の時代、丹生川村日面村出羽ヶ平の山が大きな音を立てて揺れ動き、岸壁が崩れ落ちて岩窟が出来た。その中から身長三メートル以上、頭がひとつで顔が前後にあり、手足が四本で甲冑を着て腰に兵丈をさし、片手に斧、片手で印を結んだ宿儺という異形のものが出現した。山畑で仕事をしていた村人たちは、恐れおののいて逃げようとすると、宿儺はこう言った。「村人よ、恐れることはない。私は、仏法や王法を守るためにこの地にやってきたものであり、この世に奉仕をするものである。」

この異形の人物の出現のことは都にも伝わり、仁徳天皇はこれを退治するために軍を送ったが、険しい山岳に阻まれ都へ引き上げると、天皇は、難波根子武振熊を大将とする軍を派遣し、武振熊は美濃・高沢に陣を張った。宿儺は武振熊に使いを出して、「私は仏法の定めによって大鷦鷯天皇(おほさざきのすめらみこと)に天皇位の王法を伝授するために出現したのである」と伝え、武振熊を位山に案内した。そこで武振熊に大鷦鷯天皇への王法を伝授し、その印として位山の「イチイの木」で作った笏を献上した。

金山町観光協会

とあり、日本書紀では大和政権に背いた者というニュアンスでしたが、両面宿儺出現記によると「王道」を仁徳天皇に授けるために出現し、討伐に来た武振熊を案内し王位を授けその印に忽を献上したとあります。ここで両面宿儺は飛騨を荒らしていたわけではなく、逆に王道を授けた仏の化身とされているのです。

善久寺にある両面宿儺像、武人のようないでたちをしている
出典:飛騨三十三観音霊場

また善久寺に弘法大師が訪れた時に、「両面宿儺」に菩薩の位を授けたといわれています。そして約千年前に彗心僧都という方が「両面宿儺が十一面観音の化身」と聞き、十一面観音像を刻んで入れたと伝わっています。

袈裟山千光寺の伝承と仏像

袈裟山千光寺
出典:Wikipedia

岐阜県高山市にある袈裟山千光寺(けさざんせんこうじ)は、両面宿儺が開山したといわれており両面宿儺像が4体祀られている寺院です。仁徳天皇65年(伝337年)に開山したといわれており、両面宿儺が袈裟山の山頂で仏典と袈裟を掘り出したという伝説が残っています。

そして約400年後の平安時代に、弘法大師の十大弟子の一人である真如法親王(平城天皇の皇子)が袈裟山を参り、仏典と袈裟が祀られていたために「袈裟山千光寺」と名づけられました。

円空が彫った両面宿儺像
出典:袈裟山千光寺公式ホームページ

また1685年頃、仏師・円空が旅の途中に千光寺に一年近く滞在し、有名な両面宿儺像などを彫りました。それらの作品は現在、寺院内にある「円空仏寺宝館」に展示してあります。

金竜山曉堂寺の伝承と仏像

金竜山曉堂寺
出典:加藤のひとり旅

岐阜県関市にある曹洞宗の金竜山曉堂寺(きんりゅうざんぎょうどうじ)にも、両面宿儺の伝承が残っています。この寺院の言い伝えによると、仁徳天皇の御代に飛騨の国八賀の里に住む両面宿儺(両面僧都)がこの地にやって来たそうです。そして宿儺は夢枕に立った金龍のお告げにより、五穀豊穣・国土の安穏・民の和楽を祈願しつつ聖観世音菩薩像を彫り上げたと伝えられています。

両面宿儺は聖観音菩薩像を彫り上げたと伝えられている
出典:Wikipedia

この観音様は秘伝で、市の重要文化財にも指定されており、日龍峯寺の仏像と同じ木で彫られたものだそうです。そして境内の脇には、両面宿儺の舎人である和可の髪が埋葬されたといわれており、「若塚」と呼ばれ今も残っています。

大日山日龍峯寺の伝承と仏像

大日山日龍峯寺の両面宿儺像
出典:大日山日龍峯寺公式ホームページ

岐阜県関市にある大日山日龍峯寺にも、両面宿儺の伝説が残っています。内容は、

「仁徳天皇の時代(五世紀前半)、飛騨の国に両面宿儺(りょうめんすくな)という豪族がいた。
両面宿儺は当地の豪族として権勢を誇っていた。この異人天皇の叡聞に達し都に上り、御対面した。
その帰り、美濃加茂野ケ原で休憩していると、どこからともなく鳩二羽が不思議なさえずりをなして、高沢の峰に飛び去った。
異人不思議に思い里人に尋ねると、『高沢の山脈に池あり、神龍住みて近郷の村人に危害を及ぼす』と聞き、はるかの峰に登り大悲の陀羅尼を唱え神龍を退散させこの峰に寺を開創したという。

大日山日龍峯寺公式ホームページ

寺伝によると、両面宿儺は飛騨の豪族であり、都に上り天皇に謁見。その帰りに龍神が悪さをしていると聞き、仏の力を使って龍神を退散させたと伝わっているのです。関市には両面宿儺の活躍により、龍の血が流れた場所を「血野」、龍の尾が立ったところを「大立」といった地名が残っているそうです。

大日山日龍峯寺にある「霊樹千本桜」
出典:大日山日龍峯寺公式ホームページ

この時、龍が流した血をヒルが吸ったために全部死んでしまい、今もこの地域にヒルはいないといわれています。そして境内にある千本桧(せんぼんひのき)は両面宿儺が山に登る時に使用した杖を刺したものいわれており、現在は巨木となっているのです。

1 2

コメントを残す