月500円〜の絵画レンタルサービスCasieのコスパ神説

【生涯・歴史年表まとめ】高杉晋作とはどんな人?名言・辞世の句も紹介

dog

高杉晋作(たかすぎしんさく)天保10年(1839年9月27日)-慶応3年(1867年5月17日)は、江戸末期の激動の時代を生きた、現在の山口県にあたる長州藩出身の志士です。尊王攘夷の志士として活躍しましたが、のちに長州藩を討幕に傾けたキーマンとなります。

通称は「晋作」と言われていますが、本名は「春風(はるかぜ)」と言います。高杉家は、戦国時代から代々毛利家に仕えてきた名門で、晋作は武家に生まれた誇りを持って育ちます。

生涯の師とあおぐ吉田松陰が主宰する「松下村塾」では、「松下村塾四天王」の一人として将来を有望視されますが、過激な尊王攘夷運動を藩から注意され、自ら僧侶となり寺にこもってしまいます。しかし、下関戦争で藩が危機に陥り、晋作は藩から下関の防衛を任ぜられ、「奇兵隊」を結成するのです。

しかし、長州藩正規部隊との衝突をきっかけに奇兵隊を離れ、脱藩。謹慎処分を受けますが、幕府と長州の対立が激化すると奇兵隊を率いて参戦し、藩を討幕へと統一します。

そして討幕から大政奉還へと時代は動いていきますが、新しい時代を見ることなく、肺結核で倒れ、生涯を閉じます。本名「春風」のごとく、時代の変わり目を告げる風のように過ぎ去った短い人生でしたが、250年以上続く幕府の権威を落とし、新しい時代の扉を開くきっかけを作った一人だと言えるでしょう。

高杉晋作とはどんな人物か?

名前高杉晋作
本名春風
誕生日1839年9月27日
生地長州藩(山口県)
没日1867年5月17日(27歳)
没地下関市桜山
配偶者高杉雅
埋葬場所山口県下関市吉田 東行庵

高杉晋作の生まれ は?

高杉晋作は、1839年9月27日に長州藩士である高杉家の長男として生まれました。高杉家の男子は晋作だけで、下に3人の妹がいます。

名門武家の高杉家の跡取りとして大事に育てられた晋作は、自分の家柄に高い誇りを持って育ち、8歳になると、萩でも評判の寺子屋へ入塾し、ここで、将来同士となる久坂玄端と出会います。

秀才だった玄端とは違い、晋作は勉強があまり好きではなく、剣術ばかりに打ち込んでいたようです。

高杉晋作が影響を受けた人物は?

高杉晋作が19歳の時、久坂玄端に誘われて、吉田松陰が主宰する「松下村塾」に入塾します。入塾した際に提出した自信作の詩を、松陰から「久坂玄端よりは劣る」と評価されたことが負けず嫌いの晋作にとってはひどく悔しかったようで、その後は一心不乱に勉学に励みます。

この塾では、学んだことを実行に移すことと、将来の日本にどう生かすか…といった吉田松陰の熱い思いを学びます。この吉田松陰との出会いが大きな影響を与え、のちに長州藩を代表する志士として幕府と戦うまでに成長していくのです。

高杉晋作の性格は?

高杉晋作は、名門の武家に生まれました。今で言うなれば、良家のエリートのようなものです。家柄を誇りに思う晋作は、子供の頃から正義感とプライドが高かったようです。また、同じ松下丸塾の塾生だった伊藤博文が晋作のことを次のように語っています。

「動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し。衆目駭然(がいぜん)、あえて正視するなし」

動けば雷電のようで、風雨のように言葉を発し、まわりは驚くばかりで、誰も正視すらしない…。晋作のことを、破天荒な異端児とよく表現されますが、身近な人をも驚かせるほど突拍子もない行動力があったのかもしれませんね。

高杉晋作の名言・辞世の句は?

高杉晋作の名言

「苦しいという言葉だけは
どんなことがあっても
言わないでおこうじゃないか」

「先が短いなら短いなりに
僕は面白う生きたい。
派手な打ち上げ花火を打ち上げて、
消えていく…
それが高杉晋作の生き方ですき」

「同志と共に国を作ろうとしている。
曲がった国が
真っ直ぐになるのはいつか分からない。
その苦労は死んでからじっくりと味わおう」

「シャクトリムシのように身を屈するのも、
いずれは龍のように伸びるためだ。
そのためには、
奴隷になっても、
下僕になっても構わない。」

高杉晋作の辞世の句

おもしろきこともなき世をおもしろく

高杉晋作にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「14億円もの船を独断で買ってしまう」

第二次長州征伐の時、晋作は長州藩の海軍総督として軍艦「丙寅丸(へいいんまる)」で藩を率いていました。この船で、夜中に奇襲攻撃をしかけ、東洋一と名高い幕府艦隊を見事打ち破ります。

このときの軍艦「丙寅丸」は、3万6千両だったそうで、今の金額で換算すると、なんと14億円にもなるのです。この船を、晋作は藩に相談もせず、藩の後払いにして独断で買ったと言われています。

あとからきた請求書を見て、長州藩は絶句したでしょうね…。ちなみに、この「丙寅丸」は、明治に入ったあとは「ヲテント丸」と名前を変えて、定期客船として活躍したそうです。

都市伝説・武勇伝2「子供の頃、大人の武士を土下座させた」

高杉晋作は、名門の武家に生まれた、いわば良家のボンボンでした。家柄を誇りに思っており、また負けず嫌いな性格だったようです。

晋作が子供の頃、遊んでいた凧が地面に落ち、それを偶然通った大人の武士が踏みつけ、そのまま立ち去ろうとしました。晋作はそれを見てひどく腹を立てて、武士を呼び止めます。「謝りもせず立ち去るとは何事か!」といった感じでしょうか。

晋作は、その武士に土下座をさせて謝らせたそうです。当時は武士の中でも上流武士と下流武士との差がはっきりとしており、子供といえども名門の武家の生まれとしてのプライドと正義感があったのかもしれません。なかなか勝気な子供だったようですね。

高杉晋作の略歴年表

1839年
長州藩で生まれる
高杉晋作は、天保10年(1839年)に、長州藩士である高杉家の長男として誕生しました。4人兄弟で、晋作の下には3人の妹がいます。
1857年
松下村塾に入門
幼なじみだった久坂玄端に誘われ、吉田松陰が主宰する「松下村塾」に入門します。吉田松陰の思想に感銘を受け、嫌いだった勉学に励むようになっていきます。
1858年
江戸へ遊学
松下村塾で頭角をあらわし、松下村塾四天王の一人として一目置かれるようになります。さらに学問を深めるよう藩命を受け、江戸へ遊学。幕府直轄の学問所で学びます
1860年
まさと結婚
長州に帰郷後、町奉行井上平右衛門の次女であるまさと結婚します。まさとの結婚生活は6年でしたが、一緒に過ごしたのは2年ほどでした。
1860年
視察団として上海へ行く
幕府が募集した視察団の一員として、上海へと渡ります。アヘン戦争でイギリスに負けた中国の姿を目の当たりにしたことが、のちに攘夷への強い意志を固めるきっかけになりました。
1862年
英国公使館焼き討ちを決行する
高杉晋作が帰国したころ、長州藩は異国を追い払おうとする尊王攘夷派が台頭していました。晋作もこれに加わり、品川の英国公使館焼き討ちを決行したのです。
1863年
奇兵隊を結成する
過激な攘夷思想だった長州藩は、関門海峡を通る異国船を次々に攻撃し、アメリカやフランスから報復をうけます。藩から下関の防衛を命じられ、奇兵隊を結成し初代総督に就任します。
1864年
攘夷から討幕へ
四国連合艦隊殻の攻撃で大打撃を受けた長州藩は、晋作を中心に連合国と交渉、講和談判し、攘夷を捨てます。これをきっかけに、攘夷から討幕へと突き進むことになるのです。
1867年
晋作、27歳で死去
高杉晋作は、肺結核で療養していた下関桜山で、家族に見守られながら息を引き取りました。

高杉晋作の具体年表

1839年 – 0歳「長州にて命を授かる」

1839年、長州にて生まれる

高杉晋作は、天保10年(1839年)に、長州藩士である高杉家の長男として誕生しました。4人兄弟で、晋作の下には3人の妹がいます。

家族構成は以下の通りです。

  • 父:子忠太
  • 母:みち
  • 妹:武
  • 妹:栄
  • 妹:光

高杉家は、戦国武将毛利元就の家臣であり、代々毛利家に仕えてきた名門の武家でした。祖父や父は、藩の重要な役職に就いており、男子は晋作だけだったこともあって、高杉家の大事な跡取りとして育てられました。

8歳なると、学問を習得すべく寺子屋に入りますが、ここで、生涯のライバルでもあり親友でもある久坂玄端と出会います。

1857年 – 19歳「松下村塾に入門する」

生涯の師とあおぐ吉田松陰と出会う

久坂玄端とともに、吉田松陰が主宰する松下村塾に入門。この吉田松陰との出会いが、晋作に大きな影響を与えることになります。

吉田松陰は、武士・町民といった身分にこだわらず松下村塾に受け入れていたので、武士の誇り高かった晋作も、自分より身分の低い家の者と机を並べて学問に励んでいたことになります。これが、のちに身分にこだわらない有志を集めた奇兵隊結成した高杉晋作という人物の基盤になったのかもしれませんね。

晋作は、物事をどう実践していくかを教える吉田松陰の教育と熱い思いに引き込まれ、一心不乱に勉学に励み、松下村塾の四天王の一人として将来を有望視されるようになっていったのです。

1858年 – 20歳「晋作江戸へ遊学、そして安政の大獄で…」

より高い学問を求めて江戸へ

吉田松陰の勧めで、松下村塾の塾生たちは、全国へ遊学に出るようになります。遊学にでた塾生から入る各地の情報を、塾ではまとめて資料にし、残った塾生たちもそれをもとに全国でなにが起きているかを知ることができたのです。

晋作も、遊学に出たいと松陰に頼み込みます。松陰は藩の重職を通して、晋作の遊学を推薦し、藩命として晋作の遊学が認められました。

藩命を受け、当時の最高学府である幕府直轄の昌平坂学問所や、大橋塾などで学問に励みます。しかし、晋作にとっては役に立つとは思えないようなものばかりだったようで、当時久坂玄端に送った手紙には、「江戸の学問はつまらない」と書いてます。

安政の大獄、そして師を失う

1859年、幕府の大老・井伊直弼による安政の大獄がはじまります。吉田松陰も、幕府を批判したとして投獄されていた、梅田雲浜と関わりがあったとの疑いがかけられ、投獄されてしまいます。

晋作は、獄中の松陰の世話をしながら、師とあおぐ 松陰のもとで対話をしながら関わりを持ち続けますが、藩命により帰郷が決まり長州へ帰ることになります。晋作が江戸を出発して10日後、吉田松陰は死罪となってしまうのです。

1860年 – 22歳「晋作、長州で伴侶を得る」

井上まさと結婚

師である吉田松陰を亡くし、悲しみと怒りにこぶしをにぎりしめ身を震わせている頃、父は晋作の縁談を進めます。高杉家の跡取りとして、早く身を固めて欲しかったのでしょうね。

晋作は乗り気ではなかったものの、父に対する忠誠心も強かったため結婚することを決めます。相手は、長州藩士である井上平右衛門の次女雅(まさ)で、防長一の美人だと言われる女性でした。

このとき晋作22歳、まさ16歳。晋作は伴侶を得て、身を固めることとなったのですが、実際は結婚生活は6年と短く、共に過ごしたのは1年ほどだったそうです。激動の時代をかけぬけた晋作らしいのですが、まささんにとっては寂しい結婚生活だったでしょうね。

1862年 – 24歳「晋作、使節団として上海へ渡る」

上海で、欧米に負けた悲惨な姿を見る

晋作は、幕府の使節団に加わることになり、長崎から上海へと渡ります。そこでは、イギリスと中国との間で勃発したアヘン戦争後、降伏した中国の悲惨な姿を目の当たりにします。

このとき晋作は、このままでは日本も同じ目にあう…と思いました。この使節団に加わったことがきっかけで、晋作の中には攘夷への強い意思が固まったのかもしれません。

1862年 – 24歳「尊王攘夷運動が過激化、そして出家」

英国公使館焼き討ちを決行

上海から戻った晋作は、尊王攘夷運動に加わります。上海で欧米の残忍さ、そして恐ろしさを知った晋作にとって、攘夷論はもっぱら同感だったのでしょう。

行動は次第に過激化し、英国公使館焼き討ちを決行します。驚いたのは長州藩でした。このままでは欧米と戦争になる…しかし、まだ長州藩には欧米と戦う武力が備わっていませんでした。

晋作、出家する

藩は晋作に、時期尚早となだめますなだめますが、それなら時期が来るまで身を引くとでも言わんばかりに、晋作は頭を剃り、勝手に出家してしまいます。

しかし、晋作が寺にこもっている間に、長州藩は攘夷へと一気に進んでいきます。関門海峡を通る欧米船を次々に攻撃し、ついに欧米との戦争へと発展していったのです。

1863年 – 24歳「晋作、奇兵隊を結成する」

下関戦争で、欧米の報復を受ける

長州藩は、攘夷をかかげ、関門海峡を通る欧米の軍艦に攻撃をしかけますが、結局報復にあい圧倒的な武力を見せつけられることになります。長州藩は、関門海峡の防衛を強化する対策を考えます。

この防衛を任せる責任者として、出家していた晋作に白羽の矢がたったのです。晋作は出家して2ケ月で、俗世に戻ることになり、藩の危機を救うべく立ち上がります。

奇兵隊を結成する

晋作は、吉田松陰の教えである、「身分の隔たりをなくし全ての人が世の中のために立ち上がる」という思想のもとに、武士や町民など身分にこだわらす、有志を募集し「奇兵隊」を結成します。

厳格な身分制がまだまだ根付いていた当時にしては革新的なことでした。晋作は、この奇兵隊の初代総督に就任したのですが、藩の正規軍との度重なる衝突を起こし、晋作は結成3ケ月で総督を解任されてしまいます。

1864年 – 25歳「日本からも欧米からも攻められる長州藩、そのとき晋作は…」

晋作、脱藩し投獄される

長州では、武力派と慎重派の2つの勢力が対立しており、慎重派だった晋作は、京都にいる武力派を説得するべく、藩に無許可で京都へ。これが脱藩の罪に問われ、投獄されてしまいます。

しかし、この頃の長州藩は、禁門の変で朝敵となり、第一次長州征伐として幕府は長州に軍を送ります。また下関では、イギリス・アメリカ・オランダ・フランスの四国連合艦隊による攻撃が仕掛けられていました。

このとき松下村塾の四天王として、たった一人生き残っていたのは高杉晋作。長州藩はこの藩滅亡の危機を救うため、晋作を呼び戻したのです。

このころの長州藩は、欧米からの報復のダメージがあり、幕府に従おうという保守派が、家老3人に責任を追わせ幕府に謝りをいれることで、実際は幕府との争いにはなりませんでした。

1864年 – 25歳「晋作、連合国と交渉する」

連合国との講和談判をまとめあげる

連合国艦隊との戦いに敗戦の色が濃くなり、長州藩は戦いをやめるよう講和することを決め、そのすべてを晋作に任せます。このとき通訳として同席したのは、伊藤博文でした。

晋作は、交渉の場で延々と古事記を読みあげるという突拍子もない態度をとって、欧米人を驚かせたといいます。そして、何度か話し合い、講和談判をまとめあげるのです。連合艦隊の要求である長州藩の領土を渡すことをかたく拒否しながら、攘夷はきっぱりやめると約束したのです。

晋作は、この交渉をまとめあげたことで、藩をのちに攘夷から討幕へと固めさせたキーマンといえる人物なのです。

1866年 – 26歳「第二次長州征伐、その時晋作は…」

晋作、クーデターを起こす

連合国との争いがなんとかおさまると、長州藩の中では、幕府に従おうとする恭順派が実権を握っていました。倒幕への強い信念を持っていた晋作は、藩に対してクーデターを起こします。

藩兵2,000人に対して、同じく藩に不満をもつ有志をつのり、晋作のもとに集まった兵は80人ほど。それでも晋作は、功山寺で挙兵し、なんとこの戦いに勝利しクーデター成功となり、長州藩を倒幕に統一させたのです。

幕府軍を撃破する

第二次長州征伐のころには、薩長同盟のおかげもあり、長州藩の武力もじゅうぶんに備わっていました。晋作は長州藩の海軍司令官として、次々に幕府軍を撃破し勝利します。

これで一気に幕府の権威はおち、のちに大政奉還へとつながるきっかけになりました。

1867年 – 27歳「晋作、大政奉還を見ずにこの世を去る」

晋作、肺結核で死去

長州藩を倒幕へと統一し、前線で幕府軍と戦い勝利した晋作ですが、このころには晋作の体は肺結核におかされていました。

1867年5月17日、療養先の下関で両親・妻・息子に見守られながら、27年という短い生涯を閉じました。大政奉還の7ヶ月前でした。

高杉晋作の関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

高杉晋作

高杉晋作の一生を描いた小説で、全3巻で完結します。晋作の太く短い一生を知ることができる入門書として読む価値があるシリーズです。最終章では、思わず涙してしまうほど、本にのめり込んでしまいます。

高杉晋作の「革命日記」

高杉晋作が書いた日記を、現代語訳にして読みやすくまとめたものです。晋作の、日々の仕事内容や、思い、時には愚痴など、晋作の素の人間性を垣間見ることができる、ファンにはたまらない一冊です。

幕末・維新人物伝 吉田松陰と高杉晋作

高杉晋作と吉田松陰にフォーカスした、子供にも分かりやすい歴史漫画です。コンパクトですが非常にまとまった内容です。活字ではあまり頭に入ってこないようなことでも、当時のことを想像しながら読み進められるのは、漫画ならではです。

おすすめ動画

最高にかっこいい、高杉晋作の生涯

高杉晋作の一生を写真とともに紹介している動画で、現代では考えられないような晋作の生き方に、かっこよさを感じます。歴史の授業では習わないエピソードも盛り込まれており、高杉晋作の魅力がより分かる内容です。

高杉晋作が挙兵した功山寺

高杉晋作が挙兵した功山寺の映像です。「維新発祥の地」と書かれた石碑を見ると、このとき歴史が動いたのだと感慨深い思いになります。馬に乗って挙兵する晋作の勇ましい銅像もあり、ファンにはたまらない聖地です。

おすすめ映画

長州ファイブ chosyu edition

幕末、イギリスへ命がけで密航した5人の若者を描いた映画です。高杉晋作が生きた長州からは、なぜたくさんの偉人があらわれたのか分かるような気がします。長州ファンにはたまらない映画です。

幕末太陽傳 デジタル修復版

舞台は幕末の品川宿で、高杉晋作が出入りしていたことでも有名な、攘夷派志士の根城となった遊女屋で繰り広げられるストーリーです。志士たちや遊女たちの日常を描きながら、たくましく乱世を生きる人たちの人間模様が映し出され、この時代の物語を楽しく観れる作品です。

おすすめドラマ

奇兵隊

年末時代劇シリーズの5作目となった作品です。松平健さん演じる高杉晋作を中心に、長州藩の若き志士たちを描いた青春と、彼らが命をかけて戦った激動の時代を描いた、感動のドラマです。

NHK大河ドラマ総集編 花神

幕末、明治維新と激動の時代を生き生きと描いた大河ドラマです。吉田松陰グループの活躍や、高杉晋作が連合艦隊と講和したシーンも深く描かれており、晋作ファンにとってはたまらない作品です。

関連外部リンク

高杉晋作についてのまとめ

幕末の風雲児と呼ばれる、高杉晋作の27年の生涯をたどってきましたが、いかがだったでしょうか。

幕末と言えば、坂本龍馬や西郷隆盛などが脚光をあびることが多いですが、高杉晋作の強い志と行動力で幕府を撃墜したからこそ、維新へと進むことが出来たのではないでしょうか。

新時代の幕開けを目前にして亡くなってしまった高杉晋作。もっと取り上げて欲しいですよね。この記事を読んで、高杉晋作ファンが増えれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。