【新着】日本で起きた凶悪事件TOP30

世界&日本で起きた最悪な殺人事件ランキングTOP15

「これまで日本や世界で起きた最悪な事件って何?」
「事件の詳細だけでなく、犯人がその後どうなったのかも気になる…」

今回は、そんな疑問を持つ人に向け、世界と日本で起きた最悪な事件15選をランキング形式でまとめました。事件の詳細はもちろん、犯人のその後についても解説します。

この記事を書いた人

一橋大卒 歴史学専攻

京藤 一葉

Rekisiru編集部、京藤 一葉(きょうとういちよう)。一橋大学にて大学院含め6年間歴史学を研究。専攻は世界史の近代〜現代。卒業後は出版業界に就職。世界史・日本史含め多岐に渡る編集業務に従事。その後、結婚を境に地方移住し、現在はWebメディアで編集者に従事。

15位:市川一家4人殺害事件 – 1992年(日本)

事件現場(赤い×印)
出典:Wikipedia

1992年に起きた市川一家4人殺害事件は、関光彦が金銭目的で起こした殺人事件です。犯人の関は、暴力団都の女性関係を巡るトラブル解決のため、お金が必要でした。

そのため、関は以前強姦した少女の生徒手帳の住所から少女の家に赴き、強盗と殺人を行いました。この事件で少女以外の家族4人は死亡。生き延びた少女は、関に強姦されるという被害を受けます。

騒ぎを聞きつけた警察によって、関は現行犯逮捕となりました。また、この事件の前に強姦事件や恐喝事件を起こしていたことも明らかになっています。

裁判では、強盗殺人や強姦、傷害の罪に問われ、未成年でありながら死刑判決を言い渡されました。ちなみに、未成年犯罪の死刑は1968年に起きた連続ピストル射殺事件以来です。

2017年に死刑執行。関は44歳で亡くなりました。

14位:秋葉原通り魔事件 – 2008年(日本)

加藤智大
出典:NEWSポストセブン

2008年に起きた秋葉原通り魔事件は、別名「秋葉原無差別殺傷事件」と呼ばれています。この事件は、トラックに乗った犯人の加藤智大が秋葉原中央通りの横断歩道を信号無視で突入。

5人をはねた後に、救助活動を行う通行人や警察官12人を刺した事件です。加藤は駆け付けた警察官によって、現行犯逮捕となりました。

加藤がこの事件を起こした動機は、電子掲示板での荒しに対する心理的な攻撃をするためでした。裁判では、精神鑑定の結果で精神の異常がなかったことから死刑を求刑。しかし、まだ執行されてはいません。

この事件で被害に遭った17人のうち、7人が死亡する通り魔事件の中で最悪な事件として後世に残りました。

13位:コロンバイン高校銃乱射事件 – 1999年(アメリカ)

犯人のエリックとディラン
出典:COURRIER

1999年に起きたコロンバイン高校銃乱射事件は、2人の高校生が銃を乱射し死者が出た殺人事件です。コロンバイン高校のスクールカースト下位にいたエリックとディラン。彼らはスクールカースト上位からいじめや罵詈雑言を入学から卒業の頃まで受けていました。

そして、我慢の限界に達した彼らはカフェテリアを爆破し、そこから逃げる生徒たちを銃撃する計画を立てます。

しかし、爆弾が不発だったことで彼らはカフェテリアを直接襲撃。無差別に銃を乱射しました。その後は図書館に移動し、52人の生徒や2人の教師、2人の図書館スタッフに銃を乱射し、惨劇を生みました。

図書館を後にしたエリックとディランは、カフェテリアを過ぎた高校の主な通路で銃を乱射してから図書館に移動。そして、彼らは自殺しました。

この事件で12人の生徒と1人の教師が死亡、24人の生徒が負傷しました。また、この事件は2人の自殺までたった45分間で行われました。

12位:津山事件 – 1938年(日本)

都井睦雄
出典:Wikipedia

1938年に起きた津山事件は、犯人は都井睦雄が村人を大勢惨殺した殺人事件です。都井の名前を取って別名都井睦雄事件とも呼ばれています。事件を起こす前の都井は、肺の炎症が起こる病気を患っており、何もしない自由な暮らしをしていました。

しかし、1937年に徴兵検査に肺の病気のことで不合格になって一転。心のない風評と意中の女性から避けられるようになります。

不満を募らせた都井は、散弾銃を購入し犯行準備を着々と行いました。そして、意中の女性が里帰りした1938年に犯行が実行されます。1時間半の犯行時間内で次々と村人を殺害。最終的に、30人の死亡者と3人の重傷者を出しました。

その後都井は、自らの散弾銃で自殺しました。ちなみに、犯行の理由になった意中の女性は、犯行時に逃げ出しており助かっています。

11位:ミルウォーキーの食人事件 – 1978年~1991年(アメリカ)

ジェフリー・ライオネル・ダーマー
出典:Wikipedia

ミルウォーキーの食人事件は、アメリカのオハイオ州とウィスコンシン州で起きた殺人事件です。犯人はジェフリー・ライオネル・ダーマー。別名として、ミルウォーキーの食人鬼と呼ばれています。

由来は、ジェフリーがアメリカの都市・ミルウォーキーで生まれたことに起因しています。彼は物心つく頃から、虫や動物の死骸をホルマリン漬けにする猟奇な趣味を持っていました。

そんなジェフリーの最初の殺人は、1978年。高校卒業後まもなく、音楽の趣味で親しくなったスティーブンを酒とドラッグの勢いで殺害します。その後、1987年から1991年までで16人殺害しました。

その期間中に、ジェフリーは食人行為を行います。また、自分の言いなりになる理想の恋人を作るため、黒人の青年にロボトミー手術を施そうと試みました。しかし、ロボトミー手術は失敗に終わっています。

逮捕後は終身刑を言い渡されました。そして1994年、人種の隔たりが原因で黒人の囚人にベンチプレスで撲殺されました。

ジェフリー・ダーマーとはどんな人?ミルウォーキーの食人鬼の全て
1 2 3

コメントを残す