十字軍をわかりやすく解説!遠征の目的や経緯、与えた影響も紹介

「十字軍ってなに?何で遠征をしたの?」
「何度も遠征したみたいだけど、実際どれくらい遠征したの?」

十字軍は、11世紀から13世紀にかけて活躍した遠征軍です。全9回の遠征でヨーロッパ諸国に大きな影響を与えました。

十字軍のイメージ

そんな十字軍ですが、書籍等で調べてたものの、結成された目的や全9回に及ぶ遠征を行った理由がいまいち理解できない人は多くいますよね。

そこで、今回はそもそも十字軍とは何なのか、その特徴を結成された目的や遠征の概要も交えわかりやすく解説します。また、十字軍の主要人物や十字軍が世界に与えた影響も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人

一橋大卒 歴史学専攻

京藤 一葉

Rekisiru編集部、京藤 一葉(きょうとういちよう)。一橋大学にて大学院含め6年間歴史学を研究。専攻は世界史の近代〜現代。卒業後は出版業界に就職。世界史・日本史含め多岐に渡る編集業務に従事。その後、結婚を境に地方移住し、現在はWebメディアで編集者に従事。

十字軍とは?

十字軍の胸には十字架があしらわれている

十字軍は、ローマ教皇を中心に1096年からキリスト教徒で結成された遠征軍のことを指します。十字軍の主な目的は、異教イスラム教徒が支配する『聖地エルサレム』の奪還。その目的を果たすため、十字軍は約200年間で9回に及ぶエルサレム奪還の遠征を続けました。

そんな十字軍は、参加した兵士たちが胸に十字架の印を付けていたことから十字軍と名付けられました。

遠征の目的はエルサレム奪還

エルサレム
出典:Wikipedia

十字軍が奪還したがっていた目的地エルサレムは、イエス・キリストが処刑された後に、復活した地です。しかし、638年にはイスラム教徒の支配下に置かれていました。そのため、聖地を奪還するにあたり、兵士のみならず奪還に熱狂的な民衆も武器を持ちました。

十字軍の遠征は、キリスト教徒に多大な影響を与えた出来事と言っても過言ではないことがうかがえます。

十字軍が行った各遠征の概要

ここからは、十字軍が行った全9回に及ぶ遠征の概要を解説します。

  • 第1回十字軍(1095年~1099年)
  • 第2回十字軍(1147年~1149年)
  • 第3回十字軍(1189年~1192年)
  • 第4回十字軍(1202年~1204年)
  • 第5回十字軍(1218年~1221年)
  • 第6回十字軍(1228年~1229年)
  • 第7回十字軍(1248年~1249年)
  • 第8回十字軍(1270年)
  • 第9回十字軍(1271年~1272年)

十字軍は9回に及ぶ遠征で聖地エルサレムは奪還できたのか、各遠征の概要を詳しく解説します。

第1回十字軍(1095年~1099年)

ウルバヌス2世
出典:Wikipedia

第1回十字軍は1095年にローマ教皇ウルバヌス2世を中心に、フランスや神聖ローマ帝国の兵士たちや民衆で結成されました。また、第一回十字軍が結成されるきっかけになった出来事は、イスラム王朝セルジューク朝に苦戦していた東ローマ帝国からの援軍要請でした。

ウルバヌス2世はこれを好機とし、イスラム教が支配するエルサレムの奪還を大義名分として立ち上がります。エルサレムの奪還という目的を持った十字軍の士気は高く、ドリュラエウムの戦いやのアンティオキア攻囲戦でイスラム軍に勝利しました。

レーモン4世
出典:Wikipedia

そして1099年、レーモン4世やゴドフロワ・ド・ブイヨンに率いられた十字軍は聖地エルサレムの奪還に成功します。その後、シリアからパレスチナにかけての地中海東岸にエルサレム王国、トリポリ伯国といった4つの十字軍国家が誕生しました。

1 2 3 4

コメントを残す