最後に言わせろ!附属池田小事件の犯人が残した言葉の真意とは

「附属池田小学校の犯人が残した「最後に言わせろ」ってセリフの真意は?」
「拓間守ってどんな人なんだろう?」

附属池田小学校事件を起こし、8人もの罪なき子どもを殺害した宅間守。彼は裁判で判決を言い渡された時に、「(どうせ死刑になるなら)最後に言わせろ」と暴論を吐いたとされています。その暴言の内容や真偽が気になる人もいるのではないでしょうか。

今回の記事では「最後に言わせろ」の真偽を、宅間守の生い立ちや人柄も交えて紹介します。この記事を読めば、附属池田小学校事件の凄惨さや、宅間守の人物像について詳しく知る事ができますよ。

この記事を書いた人

Webライター

吉本 大輝

Webライター、吉本大輝(よしもとだいき)。幕末の日本を描いた名作「風雲児たち」に夢中になり、日本史全般へ興味を持つ。日本史の研究歴は16年で、これまで80本以上の歴史にまつわる記事を執筆。現在は本業や育児の傍ら、週2冊のペースで歴史の本を読みつつ、歴史メディアのライターや歴史系YouTubeの構成者として活動中。

附属池田小学校事件とは?

事件の起きた大阪教育大学附属池田小学校
出典:Wikipedia

附属池田小学校事件は、2001年6月8日に大阪府池田市の附属池田小学校で起きた児童殺傷事件です。犯人の宅間守は、附属池田小学校にナイフを持って忍び込み、2年生の教室と1年生の教室に侵入して、生徒たちを次々と殺傷しました。

宅間守は駆けつけた教員に取り押さえられ、まもなく警察に逮捕されます。わずか10分ほどの間に、児童8名が殺害され、生徒と教員合わせて15人が負傷。宅間守は後の裁判で死刑が確定し、2004年9月14日に刑が執行されました。

この事件が社会に与えた影響は大きく、学校の安全管理が見直される契機になります。学校は「地域に開かれた施設」から、安全対策を重視した「閉ざされた施設」へと変わりました。

また宅間守は当初、自らを「精神障害者」と偽るような言動をみせていました。こうした虚偽の行動が、「精神障害者は危険」という認識を社会に浸透させます。精神疾患を抱えた者達が苦しむ事となり、事件後に自殺した患者もいたようです。

附属池田小学校事件の犯人が残した「最後に言わせろ」の真意

犯人の宅間守
出典:MATOMEDIA

宅間守の初公判は2001年12月27日に開廷され、2003年8月28日に判決が言い渡されました。彼は判決を言い渡される前に、「えー、発言してもよろしいか?」と遺族に「ある暴言」を述べたとされています。この暴言がネットで噂になった「最後に言わせろ」です。

この時の発言は残酷なものであり、宅間守の人間性を表しています。ただ、この発言はデマとも言われていて、実際の内容とは異なる可能性が高いです。

続いては、この暴言の真偽を考察します。

法廷で述べた暴言

宅間守が述べたとされる発言は以下の通りです。こちらはネット上で簡単に探せます。

334 :予想。:03/08/28 08:24 ID:exNxQd68

裁判長「判決の前に、被告は何か言いたい事はありますか?」

宅間「えー、発言してもよろしいか?・・・なら話すわ。まあ、まだ判決はでとらんのやけども、もうすぐ  出るし、わかっとる事やから、最初に言うとく。
どうも死刑にしてくれて、ありがとう裁判長さん。感謝するわ!
わし、死にたい思うてたから、ほんま助かる。やっと死ねるんやなーと思うとほっとしたわ」

 ・・・どよめく室内。怒号が飛び交う・・・

裁判長「静粛に!・・・被告は裁判を誹謗しないよにしてください。これ以上、不穏当な発言を続ければ退廷させます。いいですね」

宅間「今のは、誹謗とか批判ではのうて、純粋のワシの心から出た ほんまの気持ち。わかってもらわんでもええ。
言いたい事はまだある。それは、殺してしもーた子供達にや!」

 ・・・どよめく室内。まさか?謝罪するのか?との期待感・・・

宅間「わしが殺したガキどもは、わしの自殺の為の踏み台の為に生きていたんやな!ほんま、感謝しとる。あのガキが8人死んでくれたから、俺が死ねるんやから
感謝せなあかん!死んでくれてありがとう!!でも、死刑になるだけやったら3人で十分やったな。残りの5人はおまけで感謝しといたる!」

 ・・・どよめく室内。裁判長が退廷を命じる・・・

宅間(引きづられなから) 「おい、くそガキの親!おまえらのガキの8人分の命はワシ一人を殺して終わりの程度の
価値やったんやぞ!エエ学校に行かせて偉そうにしとったから死んだんや!
ガキどもが死んだ原因はおまえらあるんや!せいぜい一生反省せいよ!
あの世でもおまえらの子供しばき倒したるからな!あははははは!あははは!こらおもろい!」

 ・・・どよめく室内。退廷・・・

アニヲタWiki(仮) – atwiki(アットウィキ)

宅間守は謝罪の言葉を一切述べず、死刑になる為に子供達を襲ったと供述。更に遺族を刺激する発言を繰り返し、最後に退廷を命じられました。

一連の発言は宅間守の「異常性」を示す逸話として、今でもネット上で語り継がれています。

この発言はデマの可能性が高い

宅間守が判決を受けた大阪地方裁判所
出典:Wikipedia

ただ前述した通り、「最後に言わせろ発言はデマ」という説が濃厚です。コピペの投稿時刻は「03/08/28 08:24」であり、判決が言い渡される当日の朝になっています(判決が言い渡されたのは10時2分)。

また、名前の欄は「予想」となっている他、前述した書き込みには続きがあります。

349 :名無しさん@4周年:03/08/28 08:30 ID:exNxQd68
 >>343
今までの彼の発言の傾向と爆発力と、被害者に精神的ダメージを
与える事を喜んでいる事、それと死刑判決は聞いてやらないやめに
絶対退廷させられる発言にしてみました。

彼はあるいみ天才ですから、こんなものでは済まないかもしれませんが・・・

アニヲタWiki(仮) – atwiki(アットウィキ)

先ほどの書き込みは、「宅間守なら言いかねない言葉」を予想として書き込まれたものでした。仮にこちらの書き込みが判決後でも、おかしな点が散見されます。

1つ目は、遺族も傍聴している場でこのような発言をすればすぐに退廷させられる点です。2つ目は、傍聴席に録音機器の持参は不可能という点です。メモや記憶だけでは、これだけの長文を間違えずに覚える事は不可能でしょう。

以上の点から、先ほどの暴言はデマという事がわかります。それでもこのコピペが真実だと考える人が多いのは、宅間守がそれだけ異常な人物という認識が世間に浸透しているからでしょう。

実際のやり取りとは

判決確定時の新聞(最後に言わせろが見出しに載る)
出典:MATOMEDIA

宅間守が判決を言い渡された際、何かを述べようとしたのは間違いないようです。傍聴者の話によると宅間守は、裁判長の「主文を言い渡します」という発言を遮るように、「最後にちょっと言わせてえな」と叫んだそうです。

ただ裁判長は宅間守の発言を認めず、「今日は発言を認めません」と述べています。宅間守は、「どうせ死刑になるんやったら、言わせてくれ。たったメモ3枚や」と述べ、メモを突き出しながら矢継ぎ様に何かを叫んでいます。

裁判長は厳しい口調で、「発言をやめなさい」と述べたものの、宅間守は叫ぶ事を止めませんでした。宅間守は刑務官に連れられて退廷しますが、傍聴席にいた遺族の実名を挙げて強く罵っています。宅間守が退廷した後で、宅間守の死刑判決が言い渡されました。

宅間守はコピペのような長文は述べていません。そしてメモに書いてあった言葉が何かについても、聞き取る事はできませんでした。ただ仮に発言を最後まで述べていたのなら、コピペと同じような事を発言していた可能性はあります。

やはり宅間守は、私たちが思っている通り「生粋の殺人犯」なのでしょう。

1 2 3

1 COMMENT

コメントを残す