知らないと恥ずかしい現代アーティストTOP90

三十年戦争とは?原因や経緯、戦地、勝敗など分かりやすく解説

1600年代に現在のドイツを中心して起こった30年戦争は、後世では最後にして最大の宗教戦争と呼ばれ、その後のドイツの近代化を1000年遅らせたと言われるほどの大規模な戦争です。

そんな30年戦争ですが、戦争の期間が30年とかなり長く様々な国が参戦していて複雑化しています。そのため、いまいちどんな戦争だったのか、後世にどんな影響を残したのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

また、30年戦争というとカトリックとプロテスタントの宗教的対立が大元の原因というイメージがありますが、それは一つのきっかけに過ぎません。

この記事では中世ヨーロッパを揺るがせた30年戦争の原因と経緯、なぜ戦争が30年も続いたのかを詳しく解説していきます。

ドイツ30年戦争とは?

ジャック=カロ作 新教徒に対する拷問を行っている様子

ドイツ30年戦争とは1618年に現在のチェコで起こった、ベーメンの反乱をきっかけにその後30年続いた世界規模の戦争のことです。当時のイギリスやフランス、スペインなどを含めたヨーロッパの20カ国が参戦し、主な戦場となったドイツの市街や農村は荒廃していき死者は400万人にも及んだと言われています。この戦争を経てドイツは国民の数が約3分の2ほどに減少しました。まずは、戦争の原因と勝敗、どうして30年も戦いが続いたのかを要点別に見ていきましょう。

30年戦争の原因

30年戦争は1618年に起こったベーメンの反乱をきっかけに起こり、争いは国内に留まらずに周辺国を巻き込んで大規模化していきます。ここで、カトリックとプロテスタントはなぜ対立していたのか、2つの宗派の違いをおさらいしていきましょう。

ベーメンの反乱とは?

第二次プラハ窓外投擲事件

30年戦争が勃発した大元の原因はカトリックとプロテスタントの対立です。戦争のきっかけとなったベーメンの反乱は当時のチェコ共和国で起こりました。当時のヨーロッパではチェコ共和国やドイツ、オーストリア、イタリアを含む周辺国はすべて神聖ローマ帝国という一つの国に統治されています。そして、この神聖ローマ帝国ではキリスト教が国教と決められていて、それ以外の宗教を侵攻する人間は全て異端者として弾圧されていました。

現在のキリスト教には様々な宗派がありますが、1500年代に起こった宗教改革以前にはカトリックと正教会の2つの宗派が主流で、東方教会と西方教会に分かれています。中でもカトリックは神聖ローマ帝国の保護を受けていて、カトリックの聖職者が強い権力を握っていました。しかし、時代が進むにつれて聖職者たちの腐敗に人々の不満が募る様になり、宗教改革をきっかけにプロテスタントが誕生します。そのため、当時の神聖ローマ帝国はカトリックとプロテスタントの2つの宗派が主流だったのです。

反乱が起こったベーメンは神聖ローマ帝国の一部でしたが、住民のキリスト教宗派はプロテスタントの方が優勢でした。しかし、帝国で権力を握っていた貴族ハプスブルク家はベーメンの人々にカトリックを信仰するように強制したことで反乱が勃発し、大規模な戦争に発展します。

カトリックとプロテスタントの対立

贖宥状を販売している様子

なぜ30年戦争当時にカトリックとプロテスタントが対立してたのかというと、カトリックの聖職者たちの腐敗が原因として上げられます。特に有名なのが1515年頃に行われたローマ教皇レオ10世による免罪符の販売です。

免罪符とは、本来は罪を犯した人間が死後受ける筈の罰を、生きている間に償えば免れることができるというものでした。しかし、時代が進むとに免罪符は聖職者のお金儲けに利用されるようになり、「持っていれば生前にどんな罪を犯しても許されて天国に行ける。」というものに変わって安易に販売されてしまいます。レオ10世の免罪符の販売もこのようななものでした。

これに疑問をもったドイツの思想家であるルターは95ヶ条の論題で「免罪符って本来はそういうものじゃないでしょ?」とカトリックを批評して宗教改革が始まり、プロテスタントは生まれます。

しかし、国内外にプロテスタントの信者が減ってしまうとカトリック教会が得られる資金も減ることになってしまうので、権力者たちにとってプロテスタントは都合の悪い存在でした。そのため、当時のカトリックはプロテスタントの存在を受け入れられないという事情があったのです。

また、宗教改革後は信仰の自由を巡って戦争になり1555年にアウクスブルク和議にて、神聖ローマ帝国に属する領主はカトリックとプロテスタントのどちらかを自由に信仰でき、民衆はその宗派に合わせるという決まりができました。このような理由から、ベーメンの反乱当時には農民や領主の配下の貴族たちには信仰の自由は認められなかったという背景があります。

2つの宗派の違い

カトリックとプロテスタントの違い

カトリックとプロテスタントの2つの宗派の特に異なる点は信仰に姿勢や考え方です。カトリックでは聖書の内容や伝承などを教皇や聖職者たちが解釈して人々に伝えるという方式になっています。そのため、カトリックではローマ教皇の言葉はそのまま神の言葉として扱われることも多く、聖職者が強い権力を持っている宗派です。

しかし、プロテスタントでは信者1人1人が聖書を読み、その意味を解釈するので個人主義ともいえる考え方を持っています。このような理由からプロテスタントと一口に言っても考え方は色々で、それぞれ解釈の違いから様々な流派に細分化されています。

つまり、2つの宗派の考え方を説明するなら、カトリックはローマ教皇が伝える神の教えを信仰していて、プロテスタントは聖書に書いてある内容のみを信仰しているということです。

また、カトリックでは巡礼や寄付などの善行を積むことで神に救われるという教えを持っていますが、プロテスタントはどんな罪人でも信仰すれば救われると説いているのも大きな違いの一つですね。

30年戦争の勝敗

ウエストファーレン条約 絵

30年戦争は名目上は宗教戦争なのでカトリック側の国とプロテスタント側の国に分かれて戦争を行っていました。カトリック側の国は現在のオーストリアやドイツにあった神聖ローマ帝国とベーメン王国(現在のチェコ)、スペイン、デンマーク。プロテスタント側にはスウェーデンやフランス、オスマン帝国(現在のトルコ)、イギリスなどが加勢しています。

30年戦争は1648年に締結されたウエストファーレン条約で終結しました。この条約は2つの講和条約をまとめた総称です。条約はそれぞれ神聖ローマ帝国とスウェーデンの講和を内容としたオスナブリュック講和条約、神聖ローマ帝国とフランスの講和を内容としたミュンスター講和条約という名前があります。

この講和会議はドイツのウエストファーレン地方で開かれ、オスマン帝国とロシアを除いたヨーロッパほぼすべての国が参加していました。

ウエストファーレン条約ではプロテスタントの信仰の権利が認められて、カトリックとプロテスタントは同権であることが定められています。そのため、宗教的な観点で見ると30年戦争はプロテスタント側の勝利という結果になりました。

また、この条約ではプロテスタント側に味方したフランスは神聖ローマ帝国の領地の一部であったアルザス地方と、ロレーヌ地方のいくつかの都市を獲得しています。さらに、スウェーデンは賠償金と北ドイツの都市を獲得。当時神聖ローマ帝国の統治下にあったスイスとオランダはこれを期に独立を果たします。

特に、フランスは勢力拡大を目的として戦争に参加していたので、目論見は大成功しました。スウェーデンも神聖ローマ帝国の帝国議会への参加権を取得しています。そのため、30年戦争の戦勝国の中でも最も得をしたのはフランスとスウェーデンと言えるでしょう。

30年戦争はなぜ長期化したのか

ハプスブルク家 紋章

30年戦争はその名の通り、1618年から1648年まで30年という長い時間をかけてようやく決着がつきました。ただの宗教戦争や、カトリックによるプロテスタントの弾圧だけであれば、戦争の中心にあった神聖ローマ帝国はカトリックが圧倒的な優位にあったので他国の介入が無ければ国内での内乱で済むはずでした。それでは、なぜ30年戦争は終結するのに30年もかかったのか、その理由を見ていきましょう。

ハプスブルク家とブルボン家の対立

30年戦争が周辺国を巻き込むに至った理由には、当時ヨーロッパ諸国で有力な力を持っていた名門貴族のハプスブルク家とブルボン家の対立が挙げられます。

戦争は他家に任せておけ。幸いなオーストリアよ、汝は結婚せよ。

ハプスブルク家はの周辺国と結婚をして各地に血族を増やすことで自分たちの領地を広げることに成功した貴族で、後にこのような言葉が残されています。政略結婚による勢力の拡大は当時の貴族や王族の中では、珍しいことではありませんでしたが、ハプスブルク家はこの政略によって強大な権力を維持していました。

30年戦争時には戦争の中心となったオーストリア大公国の皇帝はハプスブルク家出身で神聖ローマ帝国の皇帝を兼務しています。さらに、ハプスブルク家は婚姻戦略でスペインやハンガリーにも影響力がありました。

これに脅威を抱いたのが当時のフランスで強い力を持っていたブルボン家です。フランスは神聖ローマ帝国とスペインに挟まれていたため、実質的にハプスブルク家に包囲されていた形になります。そのため、ハプスブルク家の勢力拡大を抑えるためにも、カトリックを信仰している国でありながらプロテスタントに味方しなければならないという事情があったのです。

周辺国による覇権争い

当時の皇帝・フェルディナント2世

30年戦争当時、神聖ローマ帝国の実権を握っていたハプスブルク家は他国であるベーメン王国やハンガリーにも領地を持っていて実質的な支配権を握っていました。しかし、当時のヨーロッパは封建制度を利用していて皇帝が全ての土地を治めるのではなく、その土地の領主が独立で土地を治めるという手法を取っていて国境も明確ではありません。そのため、神聖ローマ皇帝の支配力が弱く、広い国土で影響力を維持するのが難しかったのです。

神聖ローマ皇帝はこの状態を打破して影響力を強めるために、プロテスタントの弾圧を行い皇帝の権力を高めようとしました。そこで、力を強めていく皇帝に危機感を抱いた他の領主たちがプロテスタントに味方するようになります。

このような事実から権力を強化していくハプスブルク家に危機感を抱いたのはフランスのブルボン家だけではなかったことが分かります。また、1624年にはフランスを仕掛け人としてイギリス、オランダ、スウェーデン、デンマークは対ハプスブルク同盟を結んでいました。

周辺国の傭兵業

傭兵による略奪行為

30年戦争の戦いで主力を担ったのはカトリック側もプロテスタント側も国民ではなく、傭兵軍でした。傭兵とはお金で雇われた兵士たちのことで、当時のヨーロッパでは穀物を栽培する土地の少ない国や貧しい国では若い男性が出稼ぎのために傭兵を務めることが多かったという事実があります。

さらに、中世ヨーロッパでは封建制度を利用していたので皇帝は直接国民を戦争に駆り出すことができず、領主の配下の騎士たちによる軍に依存するしかないという事情がありました。そのため、戦争を行うにしても動員できる人員に限りがあり、それをカバーするには傭兵を雇うしかなかったという事情があります。

しかし、この傭兵を使った戦争は一見国民に被害が及ばないようにも思えますが、実際には戦場での傭兵による略奪行為や農民の虐殺が横行し、主戦場となったドイツの農村や都市が荒廃してしまうという問題がありました。さらに、お金を稼ぐために戦争に参加しているので、戦争が終わってしまうと失業してしまい、収入減が絶たれてしまうので戦争が終結しても傭兵たちには何のメリットもありません。このような理由から、30年戦争が終わってしまうと困る人が居たことが戦争を長引かせる原因の一つとして挙げられます。

また、30年戦争終了後にドイツの人口が2/3まで減少したのは、傭兵による略奪行為も原因の一つです。

30年戦争が後世に残した影響

30年戦争の終結時に結ばれたウエストファリア条約では、神聖ローマ帝国の支配下にあった国々の主権が認められたことに加え、カトリック以外のキリスト教宗派の権利が認められました。これは、それ以前に絶大な力を持っていた神聖ローマ帝国皇帝や教皇の地位が失墜したことを示しています。

さらに、ハプスブルク家の影響下にあったスイスは中立的立場をとっていたことを評価されて独立。オランダも独立を果たしてしまったので中世ヨーロッパで強い権力を持っていたハプスブルク家も衰退し代わりにフランスのブルボン家が台頭し始めました。

また、当時は領主がそれぞれの土地を治める封建制度が一般的だったヨーロッパの政治体制は、これを機に各国の君主や皇帝が最上の権力を持つ主権国家体制に切り替わります。この主権国家体制が作られることで国と国同士の権力が対等となり、内政不干渉の原則で他の国の君主が違う国の政治に干渉することができなくなりました。当時のドイツはいくつもの領邦に分かれていましたが、これらの領邦も主権が認められてそれぞれ分裂してしまい神聖ローマ帝国は名前だけの国なってしまいます。

つまり、30年戦争が終結したことがきっかけで国と国同士の境界がはっきりと分かれてしまい、神聖ローマ帝国の衰退がはっきりと運命づけられてしまったのです。

30年戦争の詳しい経緯

30年戦争 白山の戦い

30年戦争は大きく4段階に分かれていて、全ての戦いに全ての国が参加していたというわけではありません。ここで、30年戦争の詳しい経緯を見ていきましょう。

ベーメン・プファルツ戦争

ベーメン・プファルツ戦争は1618~1622年に起こります。ことの発端はベーメンの新しい皇帝に就任したハプスブルク家出身のフェルディナンドが熱心なカトリック教徒で、他の貴族たちにカトリックの信仰を強要した事から始まります。それまで、プロテスタントを信仰していた貴族たちは不満が溜まり、国内は二分化しプロテスタント側の貴族が皇帝代官を王宮の窓から落としたプラハ窓外投擲事件が起こりました。

これをきっかけにベーメン国内はカトリック側の貴族とプロテスタント側の貴族たちで内乱が発生し、1920年には白山の戦いでカトリック側が勝利を収めました。内乱が起こるとカトリック側には同じくハプスブルク家の所領があるスペイン、プロテスタント側にはオランダが支援を行い国際戦争に発展します。この時オランダは独立をかけてスペインとオランダ独立戦争の真っ最中だったという事情もありました。

また、この時フランスはカトリック側に間接的に味方をしています。また、この時の戦いでベーメンの反乱視力は処刑されて、ベーメンはハプスブルク家の所領となりました。

そして、この戦いをきっかけにフランスの政治家リシュシューはオランダとイングランド、スウェーデン、デンマークと対ハプスブルク同盟を結びます。

デンマーク・ニーダーザクセン戦争

初代バッキンガム公 肖像画

デンマーク・ニーダーザクセン戦争は別名グランビュンデン戦争とも呼ばれ、1620~1639年に起こります。ベーメン・プファルツ戦争の真っ只中、イタリアの最北部でアルプスの山中に位置している都市バルテリナはスイスの州であるグラウビュンデンに従属していました。しかし、オーストリアとスペインを最短距離で繋がれる都市だったのでハプスブルク家に狙われてしまい、1620年にカトリック側であるスペイン軍に占拠されます。バルテリナではその後もフランスやスペインの奪い合いが続き、最終的には1639年のミラノ講和でグラウビュンデンごとスペインの従属になりました。

その頃ドイツのニーダーザクセンでは1625年にデンマークの国王が勢力拡大のために、イギリスとオランダの資金援助を受けてプロテスタントを擁護する形で戦争に介入します。ここで起こったのが、カトリック側の皇帝軍とデンマーク軍のニーダーザクセン戦争です。デンマーク軍は当初スウェーデン軍や傭兵軍と一緒に進軍していましたが、度重なる仲間割れで単独で皇帝軍に挑むこととなり、敗北しました。その後は1629年のリューベックの和議でデンマークは帝国への介入ができなくなってしまいます。

また、イギリスは当初は戦争に介入していたものの、手を組んでいたフランスと仲違いを起こして、宣戦布告しフランスとスペインを敵に回してしまいました。これらの経緯には政治を執り行っていた初代バッキンガム公の失策が関わっていて、バッキンガム公の死後は1629~1630年にフランス及びスペインと和解し30年戦争から離脱しています。

スウェーデン戦争

ヴァレンシュタイン暗殺 絵

スウェーデン戦争は1630~1635年間の間に起こったスウェーデンと神聖ローマ帝国皇帝軍の戦争です。当時スウェーデンの力は強大で北ヨーロッパのにあるバルト海の覇権を握っていました。しかし、度重なる戦争で領地と影響力を強めていた皇帝軍は、傭兵であるヴァレンシュタインにバルト海・大西洋提督に任命したため、この地位が揺らぎ始めることになります。これを危惧したスウェーデンはフランスの支援を得て30年戦争に参加し皇帝軍を撃破します。

スウェーデン軍はマクデブルクの戦いやブライテンフェルトの戦いなどで皇帝軍に圧倒的勝利を収めますが、国王の死亡により士気が落ちてしまいます。さらに新しく即位した女王がまだ幼いことからプロテスタント側の諸侯も分裂状態に陥りました。これを危惧したスウェーデン宰相は1633年に南ドイツの複数の帝国とハイブロン同盟という軍事同盟を結び、フランスもこれに参加します。

また、この一年後にヴァレンシュタインは独断でスウェーデンと和睦を結んだことを理由に、謀反を疑われ暗殺されました。

その後、皇帝軍は暗殺と同じ年の1934年にネルトリンゲンの戦いで、スウェーデン・プロテスタント諸侯の同盟軍に勝利し南ドイツを手に入れます。そして一部の南ドイツ諸侯とカトリックの強制の撤回と諸侯同士の同盟禁止を交換条件として1635年にプラハ条約を結びました。

フランス・スウェーデン戦争

ブライテンフェルトの戦い 絵

フランス・スペイン戦争は1635~1648年の間に起こります。それまでのフランスは各国に資金援助などをしていたものの戦争の表舞台に立つことはありませんでした。しかし、その当時にはフランスの周囲の国はほぼハプスブルク家の支配下となっていたので、フランスのブルボン家は自分たちの権威と国土を守るためにも参戦せざるを得ません。こうしてフランスは1631年にハプスブルク家所領のロレーヌ地方のいくつかの都市とアルザスを奪取して、スペインに宣戦します。

また、スウェーデン軍は1638年に皇帝軍に宣戦し、4つの軍はドイツの各地に分散して戦いを繰り広げました。これがフランス・スウェーデン戦争です。1638年には皇帝軍はヴィットストックの戦いでスウェーデンに敗北し、戦争はプロテスタント側が有利になります。

さらに、スペイン軍もフランスとの戦いに敗れるたことや、ポルトガルが独立したことによる反乱が原因で戦争どころではなくなってしまいます。そこで1940年ごろから皇帝軍は和平に向けて話し合いを行うようになりますが上手くいかずに、1642年のブライテンフェルトの戦いで更に敗北を重ねます。そして、1644年ごろようやく両国が話し合いの場に立ち、1948年にウエストファリア条約が結ばれました。また、この間にも何度か戦争が行われますが、皇帝軍とスペイン軍はどの戦争にも敗北したため、ウエストファリア条約はフランスやスウェーデンに有利な条件で結ばれたという事情があります。

30年戦争を題材にした作品

最後に30年戦争の内容をよく知れる動画や映画などの作品をご紹介します。文献などで調べるのは気が進まないという方や、当時の雰囲気や経緯をもっと深く知りたいという方は漫画や映画から勉強を初めてみましょう。

30年戦争に関する動画【5分で見る世界史 三十年戦争とウエストファリア条約】

この動画は三十年戦争の原因と経緯が4つのパートに分かれていて、1つの動画の長さは約5分程度とかなり短いので、手短に戦争の経緯を知りたい方におすすめの動画です。また、この動画はアニメ調になっていて、当時の時代背景なども踏まえてわかりやすく解説されているので、中世ヨーロッパの歴史に関する知識が少ない方でもとっつきやすい内容となっています。

30年戦争を題材にした映画【アラトリステ】

アラトリステはスペインの人気長編小説を映画化したもので、アメリカの有名俳優であるヴィゴ・モーテンセンが主演を務めています。この映画は30年戦争当時のスペインを舞台としていて、傭兵として生きる主人公アラトリステの半生を描いた作品です。そのため、作中の時間軸が飛び飛びになっていて、スペインの歴史がわからないとストーリーを追いきれないという部分が難点となっています。

しかし、当時のスペインの状況や戦う兵士たちの暮らし、戦場の様子などを傭兵であるアラトリステの視点から見ることができるので、30年戦争についてより深く知りたい方にはおすすめの映画です。

30年戦争を題材にした漫画【イサック】

イサックは講談社のアフタヌーンで連載されている青年漫画で、30年戦争の中でも序盤のベーメン・プファルツ戦争が舞台になっています。この物語はスペインの将軍ㇲピノラが登場してプファルツ遠征で城攻めを行っているところから始まり、日本人である主人公イサックが傭兵としてプロテスタント側に味方して戦うことになるというストーリです。そのため、史実とは異なる点もありますが、漫画なので楽しく読めるというのが魅力的なポイントですね。

また、当時の騎士や傭兵たちの使っていた武器や甲冑なども細かく描かれているので、中世ヨーロッパではどんな戦い方をしていたのか気になる方にもおすすめです。

30年戦争に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。今回は中世ヨーロッパのドイツを中心にして起こった30年戦争についてご紹介しました。

30年戦争は日本史との関りがほとんど無いので、学校の授業等では勉強する機会が少ないですが、この出来事がきっかけでヨーロッパの宗教や政治に対する体制が大きく変化したので世界史の中でもかなり重要な出来事と言えます。そのため、戦争の流れだけでも知っておけば、より世界史に対する理解が深まるのではないでしょうか。

また、30年戦争は期間が長く、参戦した国も多いので事実関係が分かりにくくなってしまいやすいですが、当時の国土の広がりと一緒に歴史を辿っていくと各国の動きや参戦の動機がよくわかるので、おすすめです。

長々とこの記事にお付き合い頂きありがとうございます。この記事をきっかけにより多くの人が中世ヨーロッパの歴史に興味を持ってくだされば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。