いくつ答えられる?ダヴィンチクイズ

ディープパープルとはどんなバンド?功績や逸話、名曲、アルバムまとめ

「ディープパープルってどんなバンド?」
「おすすめのアルバムや代表曲は?」
「伝説や逸話を知りたい!」

ディープ・パープルと言えば、イギリス出身の有名ハードロックバンドです。いわゆる「ヘビメタ」や「ハードロック」というジャンルの先駆けと言えるバンドですね。

1972年に日本でもシングル「ブラック・ナイト」がヒットしコマーシャルでも使われていたので、聴いたことある方も多いかもしれません。

この記事ではそんなディープ・パープルの功績や伝説、おすすめアルバムや曲などを紹介します。

ディープ・パープルってどんなバンド?

ディープ・パープル

ディープ・パープルのプロフィール

ディープ・パープルは1968年にイギリスで結成されたロックバンドです。同じイギリス出身のバンドであるレッド・ツェッペリンと並んでハードロックバンドの先駆けとされています。

結成時のメンバーはジョン・ロード (キーボード)、リッチー・ブラックモア (ギター)、イアン・ペイス (ドラム)、ニック・シンパー (ベース)、ロッド・エヴァンス (ボーカル)の5人でした。活動の中で何度もメンバーチェンジを繰り返し、解散や再結成を経て現在も活躍しています。

代表曲には、「ブラック・ナイト」「バーン」「スモーク・オン・ザ・ウォーター」などがあり、日本でもCMソングなどで使われています。

2016年にはロックの殿堂入りを果たし、ロックバンドとして新たな一歩を踏み出しました。

ディープ・パープルの名前の由来

オリジナルメンバーでのディープ・パープル

ディープ・パープルというバンド名の由来は、結成メンバーであったリッチー・ブラックモアの祖母が大きく関係しています。姉弟デュオである「ニノ・テンポ&エイプリル・スティーヴンス」が歌う「ディープ・パープル」という曲があり、ブラックモアの祖母が好んで聞いていたことから名付けられたと言われています。

日本でも人気があるハードロックバンド

日本では1971年にシングル「ブラック・ナイト」が発売され約10万枚を売り上げました。これは当時のハードロックのシングル盤の売上としては驚異的な数字です。1994年からは缶コーヒーのUCCブラック無糖のCMに起用されています。

翌1972年には初来日を果たし、伝説となったツアーが開催されました。このライブの模様は1972年発売のライブアルバム「ライブ・イン・ジャパン」で聞くことができます。

ディープパープルの音楽性や特徴

サイケデリックなロック

ビートルズ

ディープ・パープルがデビュー当時に演奏していたのはハードロックではありませんでした。ファースト、セカンド、サードアルバムまでを聴いてみると、サイケデリック・ロックといった方が良いかもしれません。

サイケデリック・ロックとは1960年後半ごろに流行したロックの種類のひとつです。主にLSDなどのドラッグによって生じる幻覚を、音で表現したロックのことを言います。1966年に発売されたビートルズの7作目のアルバム「リボルバー」が、サイケデリック・ロックの先駆けだと言われています。

流行りに乗ったハードロック

1970年に発表された「イン・ロック」からディープ・パープルはハードロックに方向転換します。当時は1968年にデビューしたレッド・ツェッペリンなどの影響で、ハードロックの人気が高まってきていました。

そのためリッチー・ブラックモアはディープ・パープルでもハードロック路線に変更することを提案します。しかし従来の幻想的な音楽性を続けたいという、キーボードのジョン・ロードの意見もありました。

諦めきれないブラックモアは、一度ハードロック寄りのアルバムを制作しファンの反応を見たいとロードに提案しました。ロードはこれを承諾し、1970年に新作アルバムの制作が開始されました。こうして発表された4作目のアルバム「イン・ロック」は、イギリスチャートで第4位にランクインし大ヒットしました。

ロックとクラシックの融合

ディープ・パープルの楽曲を聴いていると、クラシカルなフレーズがとても印象的です。クラシック音楽に強く影響を受けていたリッチー・ブラックモアとジョン・ロードによって、ロックとクラシックが融合されました。

代表曲である「ハイウェイ・スター」や「バーン」の間奏部分には、J.S.バッハの曲などで使われているバロック音楽の形式が引用されています。

また1969年にはジョン・ロードが作曲したコンチェルト(協奏曲)を、ロイヤル・フィル・ハーモニック・オーケストラと一緒に演奏しアルバムも発表しています。

ディープパープルの功績や逸話

ロックの殿堂入り

ディープ・パープルは2013年と2014年にロックの殿堂にノミネートはされましたが、殿堂入りは逃してきました。メタリカのラーズ・ウルリッヒやキッスのジーン・シモンズらは、20年も前から殿堂入りの資格を持っていながら選ばれないことについて疑問を口にしています。

2015年にローリングストーン誌の読者投票で「殿堂入りすべきバンド」第1位に選ばれ、3度目のノミネートののち翌2016年にやっと殿堂入りを果たしました。

しかしメンバーチェンジの激しさから、今までディープ・パープルに関わったすべてのメンバーが殿堂入りとはなりませんでした。この事態にメンバー内からも疑問の声が上がっています。

偽ディープパープル事件

ディープ・パープルが一時解散していた期間中に、結成時のオリジナルメンバーであるロッド・エヴァンスが1980年に起こした事件が「偽ディープパープル事件」です。

ロッド・エヴァンスは勝手にディープ・パープルの名前をかたり、メンバーにそっくりの売れていないミュージシャンを集めコンサートを開いたのです。しかし観客にあっけなくバレてしまい、ビンなどがステージに投げ入れられたといいます。エヴァンスが脱退した後の楽曲なども歌っていたと言うので驚きです。

この事件によりロッド・エヴァンスは本家ディープ・パープルのマネジメント会社に告訴されてしまい、672,000ドルもの損害賠償を請求されてしまいました。そのうえ、自身が関わっていたころの楽曲の印税の権利も失ってしまいました。

世界一の大音響バンド

リッチー・ブラックモアとマーシャル・アンプ

ディープ・パープルは1973年度版のギネスブックに「世界一の大音響バンド」として認定されています。ロンドンのコンサートホールで最大117デシベル(飛行機のエンジンの近くにいるくらいの騒音)を計測しました。残念ながら1976年に同じイギリスのロックバンドであるザ・フーにこの記録は破られてしまいます。

吹奏楽でも大人気のディープ・パープル・メドレー

高校野球の応援などでお馴染みの吹奏楽にもディープ・パープルの楽曲は人気があります。甲子園で「バーン」や「ハイウェイ・スター」などがメドレーにして演奏されているのを聴いたことがあるのではないでしょうか。

ディープ・パープルの疾走感あふれるリズムとキャッチーなフレーズが、迫力ある吹奏楽の演奏との相性がいいのでしょう。吹奏楽用の楽譜「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」の第24集に掲載された佐橋俊彦さんのアレンジが有名です。

ディープ・パープルのメンバー

ボーカル

ロッド・エヴァンス

ロッド・エヴァンス

ディープ・パープル結成時のオリジナルメンバー。在籍中に3枚のアルバムに関り、「ハッシュ」や「ケンタッキー・ウーマン」などのヒット曲に恵まれました。しかしハードロックに傾いていくほかのメンバーとすれ違うようになり、1年でバンドを去ることになります。

1980年に「偽ディープ・パープル事件」を起こして、表舞台から姿を消しました。現在もバンドのメンバーとは絶縁状態が続いています。

イアン・ギラン

イアン・ギラン

バンドのハードロック化に伴って加入したボーカリスト。在籍中に「イン・ロック」「ファイアーボール」「マシン・ヘッド」「紫の肖像」のアルバムに参加し、1972年には初来日を果たし武道館などで公演を行いました。

金切り声のような独特な歌唱法で、のちのヘヴィメタルのボーカリストに大きな影響を与えました。1973年に一度バンドを脱退しますが、1984年のディープ・パープルの再結成時に再びバンドに復活しています。

デイヴィッド・カヴァデール

デイヴィッド・カヴァデール

ディープ・パープルに加入時にはまだ無名のボーカリストだったデイヴィッド・カヴァデール。1973年に行われたディープ・パープルのボーカリスト募集のオーディションに勝ち残り、正式にメンバーとして加入します。

しかし1976年にはバンドの絶望的な状況に脱退を表明し、翌年にハードロックバンド「ホワイトスネイク」を結成します。1993年にはレッド・ツェッペリンのギタリストであるジミー・ペイジと「カヴァデール・ペイジ」としてアルバムを発売し話題となりました。

ジョー・リン・ターナー

ジョー・リン・ターナー

1984年の再結成時に復活していたイアン・ギランが再び脱退した際に、代わりに加入したのが元レインボーのジョー・リン・ターナーでした。13作目のアルバム「スレイヴズ・アンド・マスターズ」に参加しますが1992年に脱退。

ギター

リッチー・ブラックモア

リッチー・ブラックモア

結成時のオリジナルメンバーのひとり。ロックの楽曲にクラシックのフレーズを取り入れたことで、のちのロックの発展に大きな貢献をしました。ディープ・パープル脱退後は、別のロックバンド・レインボーを結成しました。

ギターはフェンダー社のストラトキャスターを使用。ステージでギターを破壊するなどの過激なパフォーマンスは、ロックギタリストのヒーローとして現在も語り継がれています。

トミー・ボーリン

トミー・ボーリン

リッチー・ブラックモア脱退後に加入したバンド初のアメリカ人ギタリストです。ドラマーのビリー・コブハムのアルバムへの参加や、自身のソロアルバムでもジャズ・フュージョン系のミュージシャンとの共演が目立ちます。

1975年にディープ・パープルに加入しアルバム「カム・テイスト・ザ・バンド」を発表しますが、翌1976年にバンドは解散してしまいます。

ジョー・サトリアーニ

ジョー・サトリアーニ

再結成時のメンバーだったリッチー・ブラックモアが1993年の日本ツアーの直前に脱退し、サポートとして参加したのがジョー・サトリアーニでした。加入から日本公演までわずかな時間しかなかったにもかかわらず、素晴らしい演奏でバンドを支えました。

そのまま正式メンバーに迎える提案もありましたが、サトリアーニがすでにソロ・ミュージシャンとして歩みだしていたため実現はされませんでした。

スティーブ・モーズ

スティーブ・モーズ

1993年のリッチー・ブラックモアの脱退後、正式メンバーとして迎えられたのがスティーブ・モーズです。ディキシー・ドレッグスやカンサスなどで活動していたため、ディープ・パープル以外の活動も認めるという条件での加入でした。

キーボード

ジョン・ロード

ジョン・ロード

ディープ・パープル結成からのメンバーで、バンドのまとめ役でもあったキーボーディスト。幼い頃からクラシックピアノを習っていましたが、ジャズ・オルガニストのジミー・スミスの演奏を聴いてハモンドオルガンに目覚めます。

ジョン・ロードが演奏するアンプで歪ませたオルガンの音色は、ロックオルガンのお手本となりました。ひざを痛め演奏に支障をきたしたため、2001年にバンドを脱退します。

ドン・エイリー

ドン・エイリー

ジョン・ロードの跡を継ぎ、バンドに加入したのがドン・エイリーでした。ゲイリー・ムーアとのジャズ・ロック・バンド「コロシアムⅡ」での活動や、セッション・キーボーディストとしてブラック・サバスのアルバムへの参加などが有名です。

1979年にはディープ・パープルを脱退していたリッチー・ブラックモアのグループであるレインボーにも参加しています。

ベース

ニック・シンパー

ニック・シンパー

オリジナルメンバーのひとり。セッション活動をしていたころにリッチー・ブラックモアやジョン・ロードと出会いディープ・パープルに参加します。

ハードロック路線へと舵を切るために迎えたボーカルのイアン・ギランが、同僚であったロジャー・グローヴァーの加入を強く希望したため解雇される形でバンドを脱退しました。

ロジャー・グローヴァー

ロジャー・グローバー

ニック・シンパーの席を奪う形で加入となった2代目ベーシスト。黄金期を支え活躍しますが、メンバー間での対立が原因でバンドを去ります。

その後、ディープ・パープルが設立したレコード会社「パープル・レコーズ」で音楽プロデューサーとしての道を歩み始めます。1979年にはリッチー・ブラックモアに誘われレインボーに参加しました。

グレン・ヒューズ

グレン・ヒューズ

1973年に脱退したロジャー・グローヴァーの後継者。トラピーズというミクスチャー・ロックバンドでボーカル兼ベースを担当してたヒューズに、イアン・ペイスとジョン・ロードが熱心に勧誘したといいます。

ディープ・パープルにスカウトされたことで世界的に注目を浴び、脱退後はソロ活動や様々なアーティストのアルバムに関わっています。

ドラム

イアン・ペイス

イアン・ペイス

ディープ・パープルのメンバーの中で唯一、現役のオリジナルメンバー。1960年代から活動を始め、現在も第一線で活躍しているロックドラムの立役者のひとりです。ローリングストーン誌の「歴史上最も偉大な100人のドラマー」で第9位を獲得しました。

またペイスは左利きで、ドラムセットを通常と反対に配置する珍しいセッティングで演奏します。非常に細かいフレーズを正確に叩くパワフルなドラミングが持ち味です。

活動履歴

1967年:バンド結成

クリス・カーティス

ディープ・パープルの前身となったのは、サーチャーズのドラム兼ボーカルだったクリス・カーティスが始めたラウンドアバウトというバンドでした。カーティスはメンバーとして同じアパートに住んでいたジョン・ロードとセッション・ギタリストだったリッチー・ブラックモアに声を掛けます。しかし他のメンバーが集まらず、ラウンドアバウトは解散してしまいました。

1968年〜1976年:結成から解散まで

1968年 – 第1期

ラウンドアバウトが解散したあと、ブラックモアとロードは再び集結します。二人共の知り合いだったニック・シンパ、ボーカル・オーディションに勝ち残ったロッド・エヴァンス、エヴァンスに同行してきたイアン・ペイスを引き入れ、バンド名を「ディープ・パープル」と改め再始動しました。

当時はまだハードロックではありませんでしたが、デビュー・アルバムの「ハッシュ」はヒットしバンドは順調な滑り出しを見せました。

1969年 – 第2期

第2期のディープ・パープル

黄金期と呼ばれるのはこの時期です。バンドのコンセプトを当時流行し始めたハードロックにするため、新しくイアン・ギランとロジャー・グローヴァーを迎えます。

1970年に発売された「イン・ロック」は大ヒットを記録。続けてアルバム「ファイアー・ボール」「マシン・ヘッド」を出し、「ハイウェイ・スター」や「スモーク・オン・ザ・ウォーター 」などのヒット曲を量産しました。

1973年 – 第3期

ポール・ロジャース

ギランとグローヴァーが1973年に脱退したことによる新メンバー探しは難航を極めました。ペイスとロードがグレン・ヒューズを勧誘しているさなか、ブラックモアは元フリーのポール・ロジャースにも声をかけていました。結局ポール・ロジャースが誘いを断り「バッド・カンパニー」を結成したため、ヒューズが加入することになりました。

その後に行われたボーカル・オーディションで当時無名だったデイヴィッド・カヴァデールが加入します。1974年にはこのメンバーで「紫の炎」が制作され世界的なヒットを記録しました。

1975年 – 第4期

新しく加入したヒューズとカヴァデールとの音楽性が合わなかったことで、ブラックモアが脱退を表明します。後任としてカヴァデールの案でトミー・ボーリンが加入しました。しかし以前のディープ・パープルとは違う方向性になってしまい、ファンたちを困惑させてしまいます。

その結果バンドは空中分解の状態に陥り、ついには1976年の7月にディープ・パープルは解散を発表しました。この解散期の間にロッド・エヴァンスは「偽ディープ・パープル事件」を起こしました。

1984年〜2020年:再結成から現在

1984年 – 第5期

ディープ・パープル再結成

1984年に8年間の沈黙を破りディープ・パープルは再結成を果たします。黄金期と言われた第2期のメンバーでの復活でした。この当時世界ではヘヴィ・メタルが流行していて、ディープ・パープルに影響を受けたミュージシャンたちに歓迎されました。

同年11月には再結成第1作となる「パーフェクト・ストレンジャーズ」を発売し、第2期のディープ・パープルとレインボーの良いところを折衷したアルバムだと高評価を受けました。

1989年 – 第6期

レインボー

再結成したものの、またしてもメンバー通しの関係性が悪化しイアン・ギランが脱退します。代わりに元レインボーのジョー・リン・ターナーが加入。

ターナーの加入でレインボー寄りの音楽性になるかと思われましたが、ディープ・パープルの雰囲気もしっかり残したアルバム「スレイブス・アンド・マスターズ」を発表しファンを安心させました。

1992年 – 第7期

3年ほどメンバーだったジョー・リン・ターナーが脱退すると、バンド結成25周年の名目で再びイアン・ギランが復帰します。1993年には通算13枚目となるアルバム「紫の聖戦」を発表しました。

しかしギランとブラックモアの対立が決定的になり、日本ツアー直前の同年11月にブラックモアが脱退してしまいます。ブラックモアが抜けた穴を急遽埋めたのが、ギタリストのジョー・サトリアーニでした。

1994年 – 第8期

カンサス

自身の活動のためメンバーにはならなかったサトリアーニの代わりに、ディキシー・ドレッグスやカンサスなどで活動していたスティーヴ・モーズが加入します。1996年に「紫の証」、1998年には「アバンダン」を発表しました。

2002年 – 第9期

イングウェイ・マルムスティーン

身体を壊し脱退したジョン・ロードの変わりにドン・エイリーが加入し、2003年には「バナナズ」、2005年には「ラプチャー・オブ・ザ・ディープ」を発表します。

2011年にジョン・ロードがすい臓がんを公表し、翌年に肺塞栓症のため71歳でこの世を去ります。2009年のイングヴェイ・マルムスティーンとのジョイント・ツアーでの来日が、最後の公演となりました。

おすすめアルバム

1968年 – ハッシュ

ハードロックに転向する前のサイケデリックなディープ・パープルを聴くならこのアルバムです。オリジナル曲とカバー曲が半分ずつ収録されています。キーボードのジョン・ロードが制作の指揮を執ったので、キーボードが全編に渡っていい味を出しています。

1970年 – イン・ロック

レッド・ツェッペリンの成功に影響を受け、ハードロック・バンド「ディープ・パープル」となった記念すべき作品。アルバムジャケットにはラシュモア山の歴代大統領をかたどった彫刻に、メンバーの顔を当てはめパロディ化したものが使用されています。

1972年 – マシンヘッド

名曲「ハイウェイ・スター」と「スモーク・オン・ザ・ウォーター」が収められた歴史的名盤です。全英1位・全米7位にチャートインし大ヒット。アメリカではトップ200位に118週間ランクインするほどロングセラーとなりました。

ディープ・パープルの代表作でもあり、その後のコンサートではこのアルバムの曲が必ず選曲されています。

1972年 – ライブ・イン・ジャパン

1972年に初来日した時の公演を収録したライブ・アルバム。絶頂期のディープ・パープルのライブ演奏を聴くことができる名盤です。

最初ディープ・パープル側はこのアルバムの制作に難色を示していましたが、交渉の末いくつかの条件をクリアすることで発売が認められました。内容は想像以上に素晴らしく、ローリング・ストーン誌が選んだ「オールタイム・ライヴ・アルバム50」において32位にランクインしました。

1974年 – 紫の炎

1974年に発表された8作目のアルバム。元々からのハードな曲とこのアルバムから参加のグレン・ヒューズとデイヴィッド・カヴァデールの影響によるファンキーな曲が混在する異色の作品です。

アルバムの発売直後に出演したロック・フェスティバル「カリフォルニア・ジャム」でのステージが高評価だったのも、アルバムの成功につながりました。

おすすめ名曲

スモーク・オン・ザ・ウォーター

1972年に発表された「マシン・ヘッド」に収録されていて、アメリカ盤シングルがチャートで第4位を獲得した曲です。ギター少年たちが一度は弾いたことがあるであろうイントロが有名。

この曲の誕生には逸話があります。アルバム「ファイアーボール」のツアーの際、演奏予定だったカジノが火事になってします。滞在していたホテルの窓から湖の上に煙が立ち込める様子を見ていたギランが、「スモーク・オン・ザ・ウォーター」とつぶやいたと言います。

ハイウェイ・スター

アルバム「マシン・ヘッド」の一曲目に収められたスピード感のあるロックの名曲。ツアー中にポーツマスに向かうバスの中で生まれたと言われています。

クラシック音楽に影響を受けていたブラックモアとロードの試みで、ギターソロにクラシックのバロック音楽を使用しています。

バーン

1974年に発表された8作目のアルバム「紫の炎」のタイトル曲。ギターのイントロが有名で、日本でも「タマホーム」のCMや番組の効果音などで使われています。

ブラックモアのギターとロードのオルガンのソロは圧巻で、それぞれのソロの後にあるクラシックのバロック音楽調のパートがディープ・パープルらしいアレンジです。

ハッシュ

デビューアルバムのタイトル曲である「ハッシュ」。アメリカのシンガーソングライターのジョー・サウスのカバー曲で、シングルカットされ全米チャート第24位になりました。子気味良いオルガンの演奏と、時折顔を出すブラックモアらしいギタープレイが格好いい楽曲です。

ブラック・ナイト

アルバム「イン・ロック」の宣伝用に制作されたシングル曲。アルバムの発売に先だって販売され全英チャートで第2位のヒットを記録しました。

有名なリフはアメリカのミュージシャンであるリッキー・ネルソンの「サマータイム」という曲を参考にして作られました。歌詞は即興で作られたそうで、当初は「Black Night」なのか「Black Knight」なのかも決まっていなかったといいます。

ディープ・パープルに関するまとめ

日本でも知名度の高いハードロック・バンド「ディープ・パープル」。ブラックモアやロードたちがその後のロックシーンに与えた影響は、決して小さくありません。

長い音楽活動の過程でメンバー通しの意見の不一致などにより、度々メンバーチェンジを繰り返しました。そのおかげで幅広い音楽性を持っているロックバンドとも言えるでしょう。

ディープ・パープルを初めて聴く方は、ぜひいろんな時期のアルバムを聴いてみてください。好みのアルバムを探すのも楽しいですよ!

コメントを残す