小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

大鳥圭介とはどんな人?【生涯・年表まとめ】功績や土方歳三との関係も紹介

大鳥圭介は、江戸時代末期から明治時代を生きた、軍人・教育者・技術者・外交官と多彩な顔を持った人物です。一番知られているのは、榎本武揚や土方歳三とともに幕臣として最後まで新政府軍と戦い、箱館戦争で降伏した軍人という顔でしょう。

大鳥圭介

しかし、彼の功績として、次世代を担う人材の育成と最先端の技術紹介を挙げないわけにはいきません。

例えば国内での石油採掘事業は、大鳥圭介が欧米で視察した技術を利用して進められました。明治時代から石油を輸入に頼っている日本の現状を憂いて行動したのは、彼に先見の明があった証です。地質学・測量学に則ったアプローチに始まり、石油生産の方法論までも自ら学び、次の世代に伝えました。

また、日清・日露戦争で軍の幹部を占めていたのは、大鳥圭介に学んだ軍人たちでした。日清戦争では初代連合艦隊司令長官を、日露戦争では作戦を指導する軍令部長を務めた伊東祐亨、日露戦争の満州軍総司令官大山巌、日露戦争陸軍第4軍司令官野津道貫など、煌びやかな経歴の彼らは皆、圭介の教えを受け、翻訳書の恩恵を受けて軍人となったのです。

この記事では、知れば知るほどその業績に驚かされる、そんな大鳥圭介の波乱に満ちた生涯や面白いエピソードを紹介していきます。

大鳥圭介とはどんな人物か

名前大鳥圭介
誕生日1832(天保3)年もしくは1833(天保4)年生まれ。誕生日も2月25日(新暦4月14日)と2月28日(4月17日)の説あり。
没日1911(明治44)年6月16日
生地播磨国赤穂郡細念村小字石戸(現・兵庫県上郡町岩木石戸地区)
没地神奈川県足柄下郡国府津町にあった別荘
前妻道子(ヒナ、富士太郎、キク、次郎、六三を出産)
後妻すず(ツル、イナ、鴻子、玉枝を出産)
埋葬場所青山霊園(東京都港区南青山2丁目32−2 青山霊園1種イ1-2)
身長148cm
習得した外国語オランダ語、英語、フランス語
子孫富士太郎(外交官 1865-1931)、大鳥蘭三郎(医史学者 1908-1996)、アヤ(河上徹太郎の妻 1904-1994)

大鳥圭介の生涯をハイライト

故郷・上郡町役場前にある大鳥圭介銅像

大鳥圭介は江戸時代末期に村医者の子供として兵庫で生まれました。小柄な体格でしたが、活発で好奇心が強く、勉学に打ち込みました。

家業を継ごうと医学を修めるうちに蘭学に興味を持ち、さらに緒方洪庵やジョン万次郎といった一流の師に学ぶ機会に恵まれて、語学の才能が花開きました。当時、西洋兵学の知識が求められていたこともあり、翻訳作業に関わるうちに軍事や工学にも目覚めていきます。

20歳代半ばから30歳代半ばにかけて、江川塾で塾頭として、さらに開成所でも教授として招聘され、未来を担う若者たちに兵学や語学などを教えました。幕府陸軍では伝習隊を作り、フランス式の精鋭軍隊を組織します。戊辰戦争が始まると、幕臣として取り立ててくれた徳川幕府への恩義もあり、伝習隊を率いて旧幕府軍に参加します。

最終決戦となった箱館戦争では、榎本武揚や土方歳三とともに戦うも、追い詰められ降伏します。しばらく牢獄生活が続きましたが、牢内で「南柯紀行」を書くなど、勉学に励みました。40歳代に入り釈放されると、技術者として欧米を視察し、日本の殖産興業を押し進めるために尽力します。

大鳥圭介が外交官として親交を育んでいた李鴻章

50歳後半になり、圭介は外交官として日清戦争直前の外交交渉をまとめるべく奔走しました。相手となった李鴻章には漢詩を送るなどして親交を育みます。李鴻章は下関条約の折、圭介に友誼の証とし臥龍梅を贈りました。圭介の別荘があった国府津で今も早春に花を咲かせています。圭介はその別荘で息を引き取りました。享年79歳でした。

葬儀には晩年交流の多かった徳川慶喜をはじめ、徳川宗家16代徳川家達、政治家の後藤新平、実業家の渋沢栄一など二千名が参列しました。訃報を知らせた新聞には、今日の工業の隆盛は大鳥圭介に負うところがとても大きいと書かれています。現在は東京の青山墓地に眠っています。

エリート教育を受けた幼少期

大鳥圭介が幼少期に通った閑谷学校

大鳥圭介は岡山藩の郷学である閑谷学校に通い、漢学・儒学・漢方医学を学びました。閑谷学校は日本の三代学府の一つとして知られ、武士以外にも地域の上層農民の子弟も通うことができただけではなく、他藩からの入学者も受け入れていたため、レベルの高い教育活動が行われていました。

閑谷学校には、寛政三奇人の一人と言われる尊王家の高山彦九郎や陽明学者の大塩平八郎、儒学者の横井小楠、「日本外史」の執筆で知られる頼山陽も訪れたと記録にあります。大鳥圭介は優秀な成績で卒業したようで、卒業後は医師であった父の後を継ぐために、蘭学を学び始めます。

師事した先生も超一流

大坂にあった蘭学塾として有名な適塾

蘭学知識を深めるため、大鳥圭介は緒方洪庵の適塾に入塾します。ここで2年間西洋医学を学びましたが、どうやら語学の才能の方が秀でていたようで、江戸へ行き坪井(大木)塾に入塾しました。

坪井塾は、緒方洪庵の師にあたる坪井信道の婿養子となった坪井為春(結婚前は大木忠益)の蘭学塾です。坪井為春は薩摩藩の奥医師だったので、もちろん医学を学べる塾でしたが、原書を多く所蔵していることで知られていました。大鳥圭介は適塾で鍛えたオランダ語の能力を生かし、当時需要のあった洋書を通じた兵学研究に勤しんだようです。

海の遭難がきっかけでアメリカに留学した最初の日本人と言われるジョン万次郎

そして中浜万次郎(ジョン万次郎)に英語を学びます。この時の同窓生には、後に箱館戦争を共に戦う榎本武揚や明治の近代法を整備した箕作麟祥(みつくり りんしょう)がいます。更に横浜へ行き、ヘボン式ローマ字の考案をしたヘボンやトムソン、ブラウンからは英語の発音も学びました。

明治の世を作る若者を育成

西洋文化・文物の導入を目的にした丸善雄松堂(明治20年頃)

大鳥圭介は江戸幕府の洋学教育機関である開成所で教鞭をとっています。この時に、後に政治家となる後藤象二郎をはじめ、日本の植物分類学の先鞭をつけた矢田部良吉、「洋書の丸善」の基礎を築いた小柳津要人などに英語を教えました。

タカジアスターゼとアドレナリンを発明したことで世界的に知られる化学者・高峰譲吉

明治時代になって工部大学校初代校長に就任します。酵素化学・ホルモン化学の発展に貢献した高峰譲吉や、東京駅など日本の近代建築を設計した辰野金吾、琵琶湖疎水など日本の近代土木工学の楚を築いた田辺朔郎など、新しい時代に近代のレールをひこうと尽力する若者たちを育てました。

大鳥圭介の功績

功績1「日本初の金属製の活版印刷を行う」

大鳥活字最初の印刷物「築城典刑」

大鳥圭介は、日本で初めて金属活字を開発し、西洋兵学の翻訳書を印行した人です。俗に「大鳥活字」と呼ばれています。最初は錫と亜鉛などでできた明朝体の漢字と仮名文字を鋳造して使いましたが、その後は銅に彫刻して原型を作り、銃の弾丸鋳造機を利用して活字にしました。

江川塾があった江川太郎左衛門屋敷跡

当時圭介は江川塾で塾頭として西洋兵学を教えていました。洋書の輸入が厳しく制限されていた江戸時代末期において、原書は貴重で、教科書としては写本が一般的でした。しかし写本は手間がかかる上、写し間違いもあって問題だと悩んでいた圭介は、西洋で活字という方法があると聞き、やってみようとチャレンジしたのです。

功績2「西洋の最新知識を広めた」

晩年の天璋院(篤姫)

日本最初の写真家として知られるのは上野彦馬ですが、大鳥圭介はそれより前の1856年、坪井塾時代に、書物から写真術を学んで習得しました。後に天璋院として知られる篤姫が、第13代将軍徳川家定に輿入れする前に、圭介の指導のもとで写真を撮ったという話もあります。

大鳥圭介が殖産興業のために発刊していた中外工業新報

明治時代に入ってからは、「中外工業新報」という日本で初めての工業雑誌を発刊しました。工業の発展に結びつきそうなものなら何でも記事にしていたようで、面白いものでは、「衛星」「避雷針」「シャワー」「漂白粉」といった項目もあります。内容的には時代を先取りしすぎているものも多く、圭介が最先端の知識人であったことがうかがえます。

功績3「明治時代の殖産興業に尽力 」

明治時代に建てられた工部省品川硝子製造所(登録有形文化財)

大鳥圭介には、工業を発展させ、製品を輸出することで国を富ますという自論がありました。工部省工作局長を務めていた際、国がそのバックアップをするべきとして多くの官営工場を監督しています。ガラスや紙といった大衆工業製品の品質を均一化することが、輸出できる製品を生み出す道であると、開発試験費用を国が用立てるよう主張しています。

近代に日本一の産油量を誇った新津油田金津鉱場跡(国指定遺跡)

また、日本初の石油本「山油編」を記したのは大鳥圭介です。海外の石油事情を紹介するとともに、採掘方法も学んだ圭介は、当時輸入に頼っていた石油を国内で採掘できないか試みます。石油採掘には莫大な資金が必要で、圭介は大久保利通や大隈重信の協力を取り付けるために奔走しました。

結局この事業には最後まで関われませんでしたが、圭介の元で石油採掘試験に携わった人たちが、日本の石油会社の立ち上げに尽力することになります。

大鳥圭介の名言

江川塾時代に大鳥圭介の教え子だった黒田清隆

己より出ずるものは己に返るの理なるかと一笑を催せり

大鳥圭介は晩年、自分の人生を振り返ってこう述べています。幕末、自ら翻訳した兵学書を使って教えを授けた志士たちが新政府軍として圭介の前に立ちはだかり、箱館戦争で戦うも降伏することになりました。しかし、圭介の知能を高く買っていた黒田清隆らの尽力により、明治新政府でも活躍することになります。

圭介の人生には、こうした縁の巡り合わせが多く訪れました。自分の利害のためというより、国のために良かれと思うことは何でも実践してみる圭介には、多くの人が慕いました。苦境に陥った時には手を差し伸べてくれる素地を、圭介は自ら作り上げていたのでしょう。

明治14年に竣工した旧北陸線の小刀根トンネル

政府は民心を鎮静する政策を実施しているが、却って反動を招いている。政略と察せられるものは政略の極意ではない。籠絡と見抜かれるものは籠絡の秘伝ではない。真の政略籠絡とは、知らず知らず行われ最後まで気付かれないものだ。

明治15年、工部省時代に大鳥圭介は加越地方鉄道計画に関わっていました。現在の北陸線です。この意見は事業化計画書で述べています。明治時代の、特に前期に活躍した官僚は、圭介に限らず大久保利通など、自分のことはそっちのけで国のために奔走した人が多くいました。だからこそ政略も籠絡も成り立っていたのでしょう。

しかし、時代を経るにつれ、その場凌ぎのような、己の立場を守るための政策も増えてきていました。圭介はそれを危惧していたようにも思われます。兵学を教えていた圭介の一面を垣間見るような意見です。

明治初期の殖産興業政策を担った工部省の庁舎

社会は疲弊し、大商人や豪農すら困窮する者が増えている。一方、華族諸侯は俸禄を得て大金を有しながら、これを傍観するだけで無策だ。華族の義務を果たしているとはとても言えない。世の中、金銭が尊いのはそれが流通しているからだ。流通しない財は石ころに等しい。よって、社会の疲弊を救う為、貯蓄している金銭を運用し、大事業を起こし全国を豊かにするよう計画すべきだ。

華族の資産を政府の鉱山開発の資金として使うべきだとする、工部省時代の意見書です。これはまさに今、内閣府が推進しているPPP/PFI事業のことです。世界的に見ても1980年代のイギリスで初めて実施された事業で、圭介の発想がどれだけ斬新であったか、時代を先取りしていたかがよくわかります。

圭介の献策は結局、炭鉱や鉱山が財閥に払い下げられたことで実施されませんでした。しかし、このノーブレス・オブリージュの発想は、欧米通の圭介ならではとも感じます。そして渋沢栄一の考え方にも通じる鋭い経済感覚を持っていたことは、圭介の知られざる才能の一端を見るようです。

大鳥圭介にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「相棒の土方歳三に、負けちゃったよと笑って語る」

箱館で大鳥圭介と共に戦っていた頃の土方歳三

大鳥圭介が戦いに負けても笑って帰隊するという話はよく耳にします。戊辰戦争ではかつて新撰組の鬼の副長として恐れられた土方歳三とコンビを組んで戦っていたので、こうした圭介の姿勢は、土方歳三の何かに取り憑かれたような「必死」の戦い方と比べて、弱腰に映ることが多いようです。

しかし、圭介が戦上手であったことは、多くの史料で確認できます。宇都宮戦争で戦った薩摩藩士野津鎮雄(弟は日露戦争第4軍司令官で知られる野津道貫)は、圭介の戦略は神の如きで、負けても恥ではないと述べています。勝率も5割以上で、将才がなかったわけではないようです。負けてもそれを引きずらず、切り替えが早かったのでしょう。

都市伝説・武勇伝2「洒落こんで降伏しようと言い出す」

箱館戦争降伏式を行った亀田八幡宮に残る弾丸跡

箱館戦争で土方歳三も戦死してからは、大鳥圭介の周りでも降伏の話が本格化していきます。この議論の席上で圭介が「ここは一つ降伏と洒落込もう」と言って降伏を決断したという話が有名です。

しかし、記録にそのような言葉は残っていません。わかっているのは、降伏するかどうかの議論直前まで、圭介は連戦の疲れで押入れに入って眠りこけており、探し回った部下に起こされたという話と、降伏は決して薩長に下るという意味ではなく、朝廷の大命に随うというこだと述べて議論をまとめたということです。

都市伝説・武勇伝3「収監された牢内生活も新時代方式に!」

明治時代初期の江戸城

大鳥圭介は箱館戦争で降伏後、榎本武揚らとともに江戸城辰ノ口牢獄に送られます。ここは圭介が幕臣時代に作った牢屋でした。圭介は牢内で「南柯紀行」を記し、「日本外史」などを読み漁り、外国の戦記物や化学・物理書は読むだけでなく翻訳も手掛けます。収監者に英語を教えたり、和歌を読んだりと、サロンのような様相を呈していました。

また、牢内は封建制が敷かれ、牢名主が仕切っていましたが、圭介は民主制に変え、牢獄生活も新時代のものにしました。どんな状況でも前向きに考える圭介の性格がよくわかるエピソードばかりです。木戸孝允は圭介たちを死刑にすべきと主張していましたが、黒田清隆の助命嘆願や外国の恩赦を見習うべきとの声もあったことから、釈放されることになります。

大鳥圭介の簡単年表

1832(1833)〜1851年 - 1〜19歳
腕白だったが求学心旺盛な少年時代
6年間にも及んだ天保の飢饉

1832(天保3)年2月28日(25日)、赤穂郡細念村に村医者大鳥直輔の息子として慶太郎(後の圭介)が誕生します。全国的に天保の飢饉が襲っていた時期です。

幼少期の圭介は読書好きで親孝行に励む一方、年嵩の子供も率いてガキ大将として走り回っていることで有名でした。圭介は博学だった祖父の純平に可愛がられ、祖父亡き後は、祖父の学び舎でもあった閑谷学校へ通うことになります。

1852〜1856(1857)年 - 20〜24(25)歳
蘭学に目覚めた学生時代
幕末の始まりとされる黒船来航

閑谷学校を卒業した圭介は、蘭方医学を極めるため、大坂にある緒方洪庵の適塾に通います。元々記憶力が良かった圭介は、ここで語学の面白さに気づきます。そこで江戸へ行き、原書に多く触れることのできる坪井(大木)塾に通い始めました。

1853年にはペリーが浦賀に来航し、日米和親条約が調印され、江戸が大騒ぎになっていた時期のことです。

1857〜1867年 - 25〜35歳
幕臣として取り立てられる
徳川幕府が採用したフランス式日本軍歩兵部隊

1857年ごろ、江川塾に塾頭として呼ばれ、更に尼崎藩で取り立てられ武士になります。1859年には幕府に出仕し、幕臣となりました。1867年、幕府軍の精鋭部隊である伝習隊を作り、圭介自らもフランス式操練を学びます。

日本は開国したことで需要と供給のバランスが崩れ、貨幣価値も変わって経済が混乱しただけではなく、尊王攘夷運動が激しさを増し、江戸幕府の権威は失墜の一途を辿り、時代の波は倒幕へと一気に傾きました。

1868〜1871年 - 36〜39歳
戊辰戦争と牢獄生活
戊辰戦争最後の戦いと言われる箱館戦争(五稜郭の戦い)

1868年、江戸開城とともに伝習隊を率いて脱走、関東や東北各地を転戦するも、箱館戦争で敗北し降伏しました。その後は江戸で牢獄生活を送ります。

戊辰戦争終結後、明治新政府は次々と新しい政策を打ち出しました。1869年に版籍奉還、1871年には廃藩置県を実施しています。

1872〜1888年 - 40〜56歳
技術者・教育者時代
自由民権運動の中心人物・板垣退助

釈放後は海外に産業視察へ行き、帰国すると技術官僚となって殖産興業を押し進めるために尽力しました。その後は教育者として、工部大学校初代校長、学習院院長、華族女学校学長となります。

国内では自由民権運動が起こり、藩閥政治打破、そして国会開設を求める声が高まっていた時期です。

1889〜1911年 - 57〜79歳
死を覚悟して望んだ外交
朝鮮の支配権を争った日清戦争

1889年には清国在勤全権公使、1892年には朝鮮公使も兼任し、圭介は日清戦争勃発直前の外交交渉にあたります。1900年には長年の功績を認められて男爵を授けられました。そして1911年、神奈川県国府津にあった別荘で、食道癌によって亡くなりました。

国内では1889年に大日本帝国憲法が発布され、1890年には第一回帝国議会が開催されました。1894年に日清戦争が、1904年には日露戦争が勃発し、圭介の多くの教え子が軍の幹部として出征します。1911年に関税自主権を回復し、明治政府の懸案だった条約改正が成ったことを見届けて、大鳥圭介の波乱の生涯が幕を閉じました。

大鳥圭介の関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

南柯紀行・北国戦争概略衝鉾隊之記

戊辰戦争で戦った大鳥圭介と今井信郎、小杉雅之進の記録が載っています。筆者が初めて大鳥圭介に興味を持ったきっかけが「南柯紀行」でした。真面目な話もあるのですが、所々に挟まれる圭介のぼやきのような内容が、読みながら吹き出しそうになることもしばしばでした。

待ち合わせ場所に行ったら相手が寝ていたとか、おにぎりがもらえて嬉しかったとか、厠を汚したのは誰かと口論になり、掃除を譲り合って大騒ぎだったとか、この人は本当に旧幕府軍の偉い人だったのかと言いたくなるほどです。文語で書かれていますが、大鳥圭介の愛すべき人柄がよく表れています。

維新と戦った男 大鳥圭介

大鳥圭介が主人公の、数少ない小説のうちの一冊です。波乱万丈の一生だったので、その全体像を掴むには小説がおすすめです。元は「死んでたまるか」という題名小説で、その通り不屈の精神を描いています。戊辰戦争で敗者だった圭介が、明治政府でも爪痕を残すことができたのは、その精神力があったからでしょう。

司馬遼太郎の土方歳三を描いた小説「燃えよ剣」に出てくる大鳥圭介は、鼻持ちならない奴ですが、この大鳥圭介はあくまで土方歳三を輝かせるための脇役です。史実にない創作が多く含まれています。大鳥圭介という人間の魅力を感じたいなら、「燃えよ剣」の大鳥圭介に違和感を感じたなら、この小説がおすすめです。

明治5・6年ー大鳥圭介の英・米産業視察日記

大鳥圭介がイギリスとアメリカを視察した際に書き残した日記です。欧米の進んだ技術を書き留めているというより、それがどうやったら出来るのかにスポットを当てています。圭介自身のメモ書きのようなものです。そのため科学的素養がないと理解できない部分も多いのが正直なところです。

しかしこの本は、圭介の好奇心と熱意が詰まっていて、どれもこれも本気で自分で実践しようとしたことが伝わってきます。それを感じただけでも読んだ甲斐がありました。また、表紙にデザインされている圭介の直筆の英語が素敵です。この洋行における彼の覚悟が見えるようです。

Nothing is so easy as the discovery of yesterday; Nothing is so difficult as the discovery of tomorrow.

おすすめの動画

けいすけじゃ

大鳥圭介の没後100周年記念事業として、大鳥圭介の出身地である上郡町が制作したアニメです。まちおこしのために作られたようですが、大鳥圭介の半生がとてもわかりやすく、楽しい作品です。何より、制作に携わった人たちの、大鳥圭介と上郡町に対する愛情の深さを感じます。

地元では小学校にアニメのDVDを配ったとのことですが、郷土を学ぶツールとしては素晴らしいと思います。日本史にあまり馴染みのない、大鳥圭介と聞いても誰だかわからないという人にもぜひ見て欲しいです。

上郡町(「日本昔話in上郡町」 本編:歴史・空撮・智頭線)

上郡町に関わる英雄として大鳥圭介が取り上げられています。上郡町にある大鳥圭介関連の史跡も紹介されているので、大鳥圭介を更に身近に感じられる動画です。

なお、一緒に取り上げられている赤松円心は室町幕府誕生を支えた武将で、曽孫にあたる満祐は室町幕府第6代将軍足利義教を謀殺した嘉吉の変で知られています。この子孫である赤松喬二に、大鳥圭介の娘いなが嫁いでいます。ちなみに赤松喬二の姉、登志子は森鴎外の妻です。

おすすめの映画

燃えよ剣

司馬遼太郎原作の「燃えよ剣」を映画化した本作は、アクションも演技も定評のある岡田准一が土方歳三を演じることで話題になっている作品です。予告編を見る限り、五稜郭の戦いも描いているため、大鳥圭介も登場すると思われます。

2020年公開予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、公開延期となっています。

映画『燃えよ剣』公式サイト

おすすめドラマ

新選組!! 土方歳三最期の一日

2004年放送のNHK大河ドラマ「新選組!!」の後日譚として制作された本作では、箱館戦争での土方歳三を描いています。一般的によく言われているような、大鳥圭介は尽く土方歳三と対立する軍人として登場していましたが、大鳥圭介役が吹越満だったこともあり、憎めない圭介像で新鮮な印象を受けました。

五稜郭

年末時代劇スペシャルとして1988年に放送された本作では、榎本武揚を主人公に、主として箱館戦争が描かれました。あまり知られていませんが、明治政府とは別に蝦夷共和国が北海道に作られたことや、宮古湾海戦というアボルタージュを行った戦闘があったりと、箱館戦争はドラマ要素を多く含む題材と言っていいでしょう。

製作費約10億円という、今では考えられないほど贅沢な時代劇ドラマです。蝦夷共和国の一員として大鳥圭介も登場しています。

関連外部リンク

大鳥圭介についてのまとめ

絵の具、石鹸、ゴム製品、鏡、食肉保存、防腐剤、化織、ウイスキー。これらは全て大鳥圭介が欧米視察で観察し、研究し、作り方や方法まで学び日本に紹介したものです。

幕末に舎密学など理系の知識も学んでいた圭介は、専門性の広い人でした。そして生来のチャレンジ精神、常に先を見て考えられる視野の大きさを持っていたので、日本の近代化に必要な知識は全て持ち帰るぐらいの覚悟を持って欧米を周り、知識を吸収していたのだと思います。

大鳥圭介は近代の種を蒔き続けた人です。今の私たちの文明生活のどこかには、必ず大鳥圭介の蒔いた種が結実したものがある訳で、これは本当にすごいことだと言わざるを得ません。

先人たちの努力があって今の私たちの生活があるということを認識し、感謝する気持ちを持つことが、歴史を学ぶ意味の一つであると思っています。大鳥圭介の生涯は、まさにそれを実感するものです。この記事を通して少しでも同じ思いを抱く人がいてくれたなら、とても嬉しく思います。

コメントを残す