小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

良寛とはどんな人?生涯・年表まとめ【名言や代表作品、功績やエピソードも紹介】

良寛は生涯に渡って「無為自然」の生き方を貫いた、人徳のあるお坊さんです。子供たちと仲良く遊んでいる姿をイメージされる人が多いのではないでしょうか。そして、そのイメージ通り、庶民の生活の中に溶け込みながら、仏の心を普及していった人物なのです。

子供達と遊ぶ様子を再現した良寛像 国上山にて

良寛は托鉢僧として町や村を巡る一方で、多くの詩歌や漢詩を残しました。そして、その書は当時から絶大なる人気を誇り、奪い合いが起こるほどだったのです。明治の文豪・夏目漱石も良寛の書を絶賛し、筆跡を真似していたのではないかと言われています。

良寛の書を絶賛した夏目漱石

良寛は何か大きな功績を残しているわけでもないのにも関わらず、なぜこれほどまでに時代を超えて語り継がれているのでしょうか?良寛の生き方に共感する人が非常に多いことも理由の一つですが、それだけではありません。

今回は良寛の生き様に共感し、どのような人生を送ったのか興味を持った筆者が、良寛について様々な文献を読み漁った結果得た知識をもとに、良寛の生涯・名言・意外なエピソードまで幅広く紹介していきたいと思います。

良寛とはどんな人物か

托鉢の様子を再現した良寛像
名前良寛(本名:山本栄蔵)
誕生日1758年11月2日(12月という説もある)
没日1831年1月6日(2月18日という説もある)
生地越後国出雲崎(現在の新潟県三島郡出雲崎町)
没地越後国島崎(現在の新潟県三島郡和島村)
配偶者なし
埋葬場所越後国島崎 隆泉寺境内

良寛の生涯をハイライト

良寛と子供達を描いた日本画

良寛の生涯をダイジェストすると以下のようになります。

  • 1758年11月2日、出雲崎の町名主である山本以南・おのぶの長男として誕生
  • 幼少期から漢学塾に通い「論語」や「四書五経」などを学ぶ
  • 名主見習役として仕事を覚えている最中に家出
  • 21歳にして出家を果たし、仏の道に進む
  • 12年間の修行を終えて独立するも、托鉢僧として生きる道を選択
  • 39歳の時に故郷近くの国上寺五合庵に移住し、20年間をここで過ごすことに
  • 托鉢しながら、人々と交流する日々を送る
  • 59歳で山の麓にある乙子神社へ移住
  • 托鉢を行いつつ、詩歌や漢詩を書にしたためる生活を送る
  • 晩年の良き理解者となる貞心尼との出会い
  • 直腸癌を患い帰らぬ人に、享年73歳

良寛の「無為自然」の生き方

無為自然 書道

良寛の生きた時代は自然災害や慢性的な飢饉が続き、多くの人々が苦しんでいる時代でした。その上、貧富の差が激しく、地主や大商人などは豪勢な暮らしをしている一方で、庶民は満足な食事も得られないような貧しい生活を送っていました。

そのような中、町名主の長男として誕生した良寛は、そのまま進めば、名主として豪華な暮らしをすることができたのにも関わらず、家出をして出家する道を選んだのです。そして、自然の成り行きに自らの人生を任せるという「無為自然」の生き方を全うしたのです。

便利になった現代社会

現代は物に恵まれた社会となりましたが、その一方で人々の交流が疎になってしまい、精神的に悩みを抱える人が多くなっているといいます。このような時代だからこそ、「無為自然」に人々との交流を大切にして、人情第一で生活した良寛の生き方が響いてくるのではないでしょうか。

富や名声に溺れない高い精神力の持ち主

富の象徴 金塊

良寛はその生き方からもわかるように、富や名声を全く求めていませんでした。富や名声は求めれば求めるほど、以前にも増して渇望していくようになってしまうと考えていたのです。「足るを知る」という現在の自分に満足することが、自らの心を一番満たしてくれるのだという思想が良寛の根底にあるのでした。

賄賂政治で有名な権力者 田沼意次

良寛は権力にも負けない精神力の持ち主でした。良寛が生きた時代は田沼意次による賄賂政治がはびこっていたので、なおさら権力を振りかざす者が嫌いだったのでしょう。一方で、1828年の三条の大地震が起こった際に越後藩主・井伊直経が死者を厚く法要したという事実を聞いた良寛はこれを絶賛しました。良寛は権力者全般が嫌いだったのではなく、私利私欲による悪政を行う権力者が嫌いだったのです。

人一倍の子供を愛する心を持っていた

子供と遊ぶ良寛

良寛といえば、子供と仲良く遊んでいる姿が印象的だという人が多いのではないでしょうか。良寛は弱者の味方であったため、その代表でもある子供たちとは非常に親しく交流をしていたそうです。純粋な子供の心の中に「仏のこころ」を見出していたのではないかとも言われています。

有名なエピソードとしては、夕方のかくれんぼの最中に子供たちが帰宅時間となり、帰ってしまった後でも、良寛は1人だけ翌日の朝まで隠れ通したという話や、子供と鞠付きをしたいがために猛練習をして一番上手くなってしまったという話、お手製の手毬を持参していたという話まで残っています。

人形で再現された良寛像

子供に愛情を注ぎ続けた良寛ですが、最初から子供たちに歓迎されたわけではありませんでした。良寛は托鉢僧であったため、乞食と同じような格好をしています。そのため、子供によるいじめの対象となってしまうのでした。それでも辛抱強く、子供たちと近づいて行った結果、最終的には仲良くなることができたのです。

年齢とともに変化した女性たちとの関係性

吉原遊郭の古写真

良寛は生涯独身を貫きましたが、女性との関係性は年齢とともに変化していきました。名主見習役として仕事に精を出していた10代後半の頃は、実家の近所に遊郭が多く軒を連ねていたため、そこで遊びを覚えていったのではないかと言われています。特に将来の名主候補であった良寛は女性にモテる素質を備えていたのです。

その後、家を飛び出して出家してからは女性との肉体関係は一切ない禁欲生活となりました。そして、結婚をすることもなく、独身で生涯を全うしたのです。女性との交流といえば、托鉢して周る際に談笑をする程度のものでした。

良寛と貞心尼 新潟県長岡市

そして、晩年は良き理解者・貞心尼との関係です。良寛と貞心尼はともに和歌を読むことが好きだったため、出会った当初から意気投合し、生涯に渡り仲睦まじい生活を送ったようです。結婚にまでは至りませんでしたが、病床に伏してからの良寛を、親身になって支えたのも貞心尼でした。

良寛の代表的な詩歌・漢詩

良寛といえば、詩歌や漢詩、そしてそれをしたためた書が人気となっているので、ここで代表的な作品をいくつかご紹介したいと思います。

子供との遊びを詠んだ歌

子供と戯れる良寛

霞立つ 永き春日を 子供らと 手毬つきつつ この日暮らしつ
この里に 手毬つきつつ 子供らと 遊ぶ春日は 暮れずともよし

子供好きな良寛らしい歌となっています。子供たちと夢中になって遊ぶ朗らかな春の日は、日が暮れずに永遠に続いても良いくらい幸せな時間だという良寛の気持ちがよく現れています。

新潟市にある良寛像

十字街頭 食を乞い了わり 八幡宮辺 方に徘徊す 児童相見て 共に相語る 去年の痴僧 今又来ると
(じゅうじがいとう じきをこいおわり はちまんぐうへん まさにはいかいす じどうあいみて ともにかたる きょねんのちそう いままたきたると)

こちらは七言四句の漢詩です。良寛がまだ子供たちと親しくなっていない頃に読まれた歌なのでしょう。「去年もこの町を徘徊していた、変で、馬鹿そうな坊さんがまたやって来たと子供たちが噂している」という意味となっています。

世間や人生についての歌

良寛が晩年を過ごした乙子草庵

世上の栄枯は 雲の変態 五十余年は 一夢の中 疎雨蕭蕭たり 草庵の夜 閑かに衲衣を擁し 虚窓に倚る
(意味:栄枯盛衰は雲が形を変えていくようなものだ。私のこの50年はつかの間の夢のようであった。小雨そぼ降る草庵での夜、私はひっそりと着物に身を包み、窓にわびしく寄り添うのだ。)

「世の中は雲が形を帰るように激変していくけれども、思えば自分自身の人生も、名主見習役から禅僧として出家をして今はこのように1人侘しく過ごしているという激動の人生だった、しかし、つかの間の夢のようだったなあ」と感慨に耽っている様子が伺えます。

恋の歌

貞心尼像

君にかく あひ見ることの 嬉しさも まだ覚めやらぬ 夢かとぞ思ふ 貞心尼・作
夢の世に かつまどろみて 夢をまた 語るも夢も それがまにまに 良寛・作

「良寛という師の君に出会うことができていまだに覚めることのない夢のようです」と歌うの貞心尼の歌と、「あなたが夢だと思うのなら夢のままで良いではないか、夢と現実と区別をつけないままに語ろうではないか」と言う良寛の歌が一対となっています。

良寛と貞心尼

いかにせむ 学びの道も 恋草の 茂りていまは 文見るも憂し 貞心尼・作
いかにせん うしにあせすと 思ひしも 恋のおもにを 今はつみけり 良寛・作

一途に良寛を思い続け、「良寛を恋の世界に誘い込んだ」と貞心尼が詠んだのに対し、「恋の重荷を背負いこんだようだがどうすれば良いだろう」と問う良寛の歌がそれに呼応しています。

良寛の功績

功績1「托鉢僧として里を行脚し、庶民に仏教の教えを普及」

現代まで続く托鉢の文化

托鉢僧とは仏法の恵みを民家に「布施(相手の利益になるような教えを説くこと)」しながら、その返礼として米や麦、衣類などの「喜捨(金品や物資を相手に与えること)」してもらう僧のことです。12年の修行を経て一人前になった良寛は寺の住職としても生活していくことは可能でしたが、あえて托鉢僧としての道を選んだのです。

托鉢の鉢

その理由としては町や村の人々と交流を何よりも大切に思っていたからなのです。托鉢の合間には子供たちと遊んだり、老人たちの介護も買って出たりするなど、仏の教えを普及して回るだけでなく、人助けをしながら民家を周ったのでした。この人柄の良さが人から人に伝わり、後世にも語り継がれるような人物となったのです。

功績2「文豪・夏目漱石も認める、書の達人」

良寛の書を真似た夏目漱石

良寛が書いた書は当時から人気で、奪い合いになるほどでしたが、良寛が亡くなった後もその評判は衰えませんでした。「無償の布施行」で書いた良寛の書には「霊力」が宿っているのではないかとまで噂されたのです。

良寛の書

また、文豪・夏目漱石も良寛の書に憧れ、その筆跡を真似ていたという逸話が残っています。夏目漱石は晩年に良寛の書に触れる機会があり、その際に「ああ、これなら頭が下がる」と感服しました。そして、芥川龍之介をはじめとする漱石の弟子たちに良寛の思想である「則天去私」を提唱してまわるほど心酔したのです。

功績3「万葉集を徹底的に研究し、注釈入りの万葉集を完成させる 」

万葉集 角川書店編

良寛は万葉集の朱注(注釈)入れを行ったことでも有名です。朱注入れのきっかけとなったのは、友人の阿部定珍からの依頼でした。阿部定珍は造り酒屋の当主で、よく良寛と共に酒を飲み交わしたり、歌を詠み合ったりする仲間だったのですが、ある日、万葉集を購入したのでそこに朱注を入れて欲しいと良寛に頼んだのです。

朱注に用いられる朱墨

かねてより万葉集に興味を持っていた良寛はそれを快く引き受けます。当時の万葉集はあて字が万葉仮名で書かれていたため、読みづらく、良寛も注釈を入れるのに相当な苦労をしました。そして、約1年をかけて万葉集の朱注入れを完成させたのです。この作業は良寛にとっても、和歌の研究に役立ったので一石二鳥の仕事となりました。

良寛の名言

自惚れることも卑下することもない。上もなければ下もない。

知らないことを知っているように言うのは良くない。

食べ物は大事に少しだけいただくこと。

地獄へ行こうと極楽へ行こうと、行ったところがちょうど良い。

幸も、不幸も、喜びも、悲しみさえも、ちょうど良い。

人を差別するようなことを言ってはいけない。

一度言ったことは取り返しがつかないから、注意してしゃべりなさい。

良寛にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「『親をにらむと鰈になるぞ!』という言葉を信じていたた幼少期」

朝寝坊が習慣だった幼い日の良寛は、よく父親から叱れられました。その度に父親のことをにらみつけていたため、父・以南が良寛に向かって、「親をにらむと鰈になるぞ!」と怒鳴っていたのです。

その言葉を信じていた良寛はある日、夕暮れになっても家に帰らずに海岸の岩に腰掛けて海を見下ろしていました。それを発見した母・おのぶに向かって「わしはまだ、鰈になってはいないかえ」と聞いたそうです。純粋な心を持っていた良寛少年の姿が思い浮かびますね。

都市伝説・武勇伝2「名主や学者を有望視されていたのに家出を敢行」

家出 イメージ

良寛は名主の家に生まれたため、将来はその後を継ぐことを嘱望されていました。あるいは勉学にも優れていたため、学者になっても成功するのではないかと期待されていたのです。

しかし、良寛が名主見習役として、仕事を覚えている最中に、父・以南が周囲の人々との和を乱すようなトラブルを起こしたため、このような環境で名主をやっていくことはできないと思い余った良寛は家を飛び出してしまうのでした。

安泰の将来を捨ててまでして家出を敢行した良寛でしたが、この家出事件がなければ、人々に愛される托鉢僧・良寛が生まれなかったと考えると、運命というものはわからないものだなと思わされますね。

都市伝説・武勇伝3「破戒(宗教の戒律を守らない)僧だった?」

談笑を楽しむために酒を楽しんでいた良寛

良寛は周囲の人々に優しい反面、自分には厳しい人物だったのではないかと思われがちですが、必ずしも厳格に宗教の戒律を守っていたわけではありませんでした。人との交流を大切にしていたので、酒を酌み交わしたり、タバコをくゆらせて談笑したりすることをいとわなかったのです。

つまり、宗教の戒律を守らない破戒僧でした。この言葉だけが一人歩きをすると、悪いイメージを持たれてしまいそうですが、裏を返せば、その場の空気を第一に考える人間味のある僧だったと言い換えることもできます。

1 2 3

コメントを残す