小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

マタ・ハリとはどんな人?生涯・年表まとめ【スパイの逸話や伝説も紹介】

マタ・ハリとは、19世紀末から20世紀最初期の第一次世界大戦期を生きた女性です。公的な記録としてはダンサーやストリッパー、軍の将校などを相手にする高級娼婦として活動していた女性であり、当時のヨーロッパで一世を風靡した美貌の人だったことも記録されています。

ダンサーとしてのオリエンタルな衣装に身を包んだマタ・ハリ

しかし彼女が現代でも有名なのは、ダンサーとしての活躍によるものではありません。マタ・ハリはダンサーや高級娼婦として活動する傍ら、フランスやドイツなどのスパイとして暗躍。第一次世界大戦期における各国の甚大な被害の引き金となった、と言われる人物として有名です。

しかしその一方で、マタ・ハリ自身がスパイとして活動していたことを示す証拠はほとんど残っておらず、彼女が本当にスパイだったのかどうかすら、現在では怪しむ声も非常に多く見受けられている状況であり、その真相は未だに分かっていません。

ということでこの記事では、「マタ・ハリは本当にスパイだったのか」という部分はもとより、彼女自身の歩んだ人生をまとめていきたいと思います。

マタ・ハリとはどんな人物か

名前マルガレータ・ヘールトロイダ・ツェレ
芸名マタ・ハリ
職業ダンサー、ストリッパー、高級娼婦、(スパイ?)
誕生日1876年8月7日
没日1917年10月15日(享年41)
生地オランダ、レーワルデン
没地フランス共和国、ヴァンセンヌ、サンラザール刑務所
配偶者ルドルフ・ジョン・マクリード(1895年~1903年)
子供 ノーマン・ジョン・マクラウド(1897年~1899年)、ルイーズ・ジーン・マクラウド(1898年~1919年)
埋葬場所不明(遺体はパリの教育病院に寄付されたとされる)

マタ・ハリの生涯をハイライト

ダンサーとしてデビューした頃のマタ・ハリ

マタ・ハリという人物の生涯は、転落から始まったと言ってもいいでしょう。彼女はオランダのレーワルデンの裕福な帽子屋の家に生まれ、何不自由のない生活を送る少女時代を過ごしました。父親は石油産業などの投資にも成功し、マタ・ハリは父からの溺愛を受けつつ高等教育を受けることができたと記録されています。

しかしそんな状況が一変したのは、彼女が13歳になった頃。父が石油株の投資に失敗し、借金を抱えることになったあげく破産。これにより両親は離婚し、一家は離散することになってしまいます。これが彼女の悲劇の人生の始まりでした。

一家離散の憂き目にあったマタ・ハリは、後見人を頼ってライデンに移住。そこで幼稚園教諭になるための勉強に励みますが、マタ・ハリに対する学長のセクハラに後見人が激怒し、彼女は学校を辞めさせられることになってしまいました。

夫に帯同して東南アジアを巡ったことが、彼女がダンサーとして一世を風靡するきっかけとなった。

その後叔父のいるデン・ハーグに逃れ、結婚相手募集広告に載っていたオランダ軍将校と結婚。結婚後は夫に従って東南アジア各地を転々とするも、元々愛のない結婚だったことや、夫の暴力癖や女癖の悪さによって夫婦仲はすぐに悪化。そこに息子の死が重なり、1902年に二人は離婚してしまいます。

こうして一人になってしまったマタ・ハリは、職を求めてパリに移住するも生活は困窮。しかし友人のパーティーの余興として披露した、見様見真似のジャワ舞踊がヒットし、彼女はダンサーとしてデビューすることになります。一役スターダムにのし上がった彼女は、この頃から「マタ・ハリ」という東洋系の芸名を名乗り始めたそうです。

スパイ活動をしていたとされる頃のマタ・ハリ

しかし、そんな成功も長くは続きませんでした。暗号名「H-21」というスパイがマタ・ハリであるとしたスペインの暗号文書がフランスによって解読されたことで状況は一変。マタ・ハリは逮捕され、軍法会議によって死刑判決を受けることになってしまいました。

そして1917年10月15日。落ち着いた様子で刑場に現れたマタ・ハリは、木にくくられることと目隠しを拒絶し、銃口を正面に見据えたまま銃殺刑に処され、41歳でこの世を去ることになったのです。

マタ・ハリは何故スパイになったのか

スパイ活動とは無縁だったころのマタ・ハリの写真

生涯ハイライトを読んでいただいた時、おそらく大部分の方が疑問に思ったのはこの部分だと思います。しかし「マタ・ハリが何故スパイになったのか」という部分については非常に謎が多く、現在の通説としては「金のため」とするのが最も適当だと言われているほどです。

というのも、マタ・ハリが活躍した第一次世界大戦期は、当然ながらダンサーやストリッパーの仕事は激減し、一世を風靡したマタ・ハリの仕事も、それに比例して減少していたようです。そして彼女の名声と人脈に目を付けたドイツ軍によって、彼女は金銭と引き換えにスパイとしての活動を開始したとされています。

美貌と話術で情報を操る女スパイのイメージは、確かにマタ・ハリと合致している。

ヨーロッパ各国を巡るダンサーであり、軍官僚や政治家を相手にする高級娼婦としての人脈も持っていたマタ・ハリは、スパイとしてはうってつけの人材だったことに間違いはありません。「金のため」というスパイ活動の動機も、劇的でこそありませんが筋が通っている以上、彼女がスパイ活動に手を染めた理由としては十分だと言えるのではないでしょうか。

そもそもマタ・ハリは本当にスパイだったのか?

妖艶なマタ・ハリのイメージと合致する女スパイという職業だが、実際にマタ・ハリはスパイだったのか…?

ヨーロッパ各地を巡業して公演を行う、売れっ子のダンサーだったマタ・ハリという女性。日本における歩き巫女や、旅芸人の一座などがスパイとして疑われがちなように、彼女もまた「疑わしいからこそスパイに仕立て上げられた人物」だという説があり、その説は現在も完全に否定されてはいません。

この説は基本的に「マタ・ハリの処刑は、フランス軍の陰謀である」として語られることが多い説でもあります。

当時の情勢的に、フランスはマタ・ハリをスパイに仕立て上げるだけの理由があった。

というのも、当時の戦況においてフランスは圧倒的な窮地に立たされ、その咎で国民からの批判も厳しいものがありました。その批判をかわすため、フランス軍部は当時の戦況の悪化をスパイの――つまりマタ・ハリのせいにして、彼女に全ての責任を被せて処刑したのだというものです。

実際フランス軍の記録において、マタ・ハリが得たとされる情報は「とても有用なもの」と「全く役に立たないもの」に極端に二分されており、その「有用なもの」はフランスにとって不利な情報に集中しているという不自然さも確認されています。

そのため、マタ・ハリが本当にスパイだったのかという説には疑問が残るほか、スパイだったとしてもそこまで優秀な人物だったのか、という部分については、現在も様々な議論が存在しているようです。

「マタ・ハリ」という芸名の意味と理由

東南アジア系の妖艶さを感じさせるマタ・ハリの衣装。その芸名もやはり東南アジアの言葉だったようで…

オランダに生まれ、マルガレータ・ヘールトロイダ・ツェレという現在の価値観からすると相当優美な名前を持ちながら、「マタ・ハリ」という東洋系の芸名を名乗ってスターダムを駆け上った彼女。

彼女が名乗った「マタ・ハリ」という芸名は、マレー語における「太陽」「陽の目」という意味を持告言葉であり、その芸名は彼女のダンサーとしての価値を高めるための、いわゆる”売り出し戦略”だったと言われています。

妖艶かつエロティック、それでもどこか気品のあるマタ・ハリの衣装は「陽の目」の意味に相応しい。

記録から見るに、彼女のダンサーとしての活動は、主にジャワ舞踊などの「オリエンタル・スタイル」の踊りが多く、観客たちはマタ・ハリのエキゾチックな容姿と、徐々に晒されていく裸の肢体に熱狂していたのだとか。

また、彼女を表すキャッチコピーも「インドネシア・ジャワ島からやって来た王女」や「インド寺院の踊り巫女」というオリエンタルなものが多飼ったことが記録されています。ともかく、彼女はそういったアジア系の踊りによって、一役ヨーロッパのスターダムに輝くこととなったのです。

処刑にも残る”美貌”のエピソード

オランダに残るマタ・ハリの銅像。単なる悪女としてだけでない彼女の評価が伝わる。

スパイとしての容疑で逮捕され、銃殺刑に処されてこの世を去ったマタ・ハリという女性。様々な陰謀に翻弄された彼女ですが、その美貌を示すエピソードは、その最期の瞬間に至るまで残されています。

中でもとりわけ有名なのは、「処刑隊がマタ・ハリの美貌に惑わされないように、目隠しをして処刑を執行した」というエピソードでしょう。

もちろんトンデモエピソードであり、実際にそのような形式で処刑が行われたわけではない(そもそも目隠し状態で正確に処刑執行できるわけがない)エピソードですが、少なくともそんなとんでもない話が噂されるほどに、マタ・ハリという人物の美貌は万人に愛されるものだったのでしょう。

とはいえ、学生時代のセクハラや愛のない夫婦生活、そして女スパイとしての最期など、マタ・ハリの人生がその美貌によって狂わされたのもまた事実。どうにも複雑な気分になる話ですが、最期まで自身の美貌に翻弄されながら、マタ・ハリはこの世を去ることになるのでした。

現代に描かれるマタ・ハリの姿

『007カジノロワイヤル』に登場するマタ・ボンドは、マタ・ハリとジェームズボンドの娘という設定。

「各国を巡り、最期は悲劇的に処刑された女スパイ」というマタ・ハリのキャラクター性は、現代においても様々な創作の題材となっています。

史実を描いたミュージカルや映画などが多数発表されているのはもとより、スパイ映画の金字塔として親しまれている『007シリーズ』のパロディ作品、『007カジノロワイヤル』では、ジェームズ・ボンドと恋愛して娘を生んだという設定が付けられるなど、「美貌の女スパイ」としてのイメージをほしいままにしています。

また、現代の若者の間ではスマートフォン向けゲーム『Fate/Grand Order』に登場するキャラクターとしてのイメージが最も馴染み深いのではないでしょうか。

『Fate/Grand Order』に登場するマタ・ハリ

スパイらしからぬ”穏やかで心優しい、面倒見のいいお姉さん”として描かれる本作の彼女ですが、キャラクターを使いこむことで手に入る”絆礼装”のテキストなどからは、『Fate』らしさと史実らしさが上手く混ざったどこか仄暗い解釈が読み取れるなど、非常に奥深いキャラクター性を発揮する、使えば使うほど愛着の湧くキャラクターです。

このように、様々な媒体で「女スパイの代名詞」として描かれるマタ・ハリという女性。事実はさておき、そのように現代でも親しまれる辺りに、彼女の特異性が現れているとも言えそうです。

1 2 3

コメントを残す