小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ジル・ド・レとはどんな人?生涯・年表まとめ【功績や逸話も紹介】

ジル・ド・レの生涯年表

1405年 – 0歳「有力貴族の子として生を受ける」

ジル・ド・レの居城だったシャントセの城の現在の姿

有力貴族ラヴァル家の子として生まれる

※便宜的に、ジルの生年は”1405年”として年表を執筆させていただきます。

ジル・ド・レは1405年頃に、シャントセの城で誕生したと言われています。父はブルターニュ地方の有力貴族の家系であるラヴァル家の生まれであり、母もブルターニュやアンジューに広い影響力を持つ家系の生まれという、サラブレッドとしての誕生でした。

そのような有力貴族の子として産まれたジルは、幼い頃から非常に高水準な教育を施され、有力貴族の子として恥じるところのない子供に成長していきます。

父の養子入りにより「レ」の名前を名乗る

ロワール川一帯の広大な領地を手にしたレ家は、後のジルの豊かさの源泉となる。

ジルが生まれてすぐの頃、父は遠縁であるレ家に養子入り。これによってラヴァル家として治めていた領地だけでなく、実質的にレ家の領地も手に入れたことで、ジルの生家の権威は拡大していくことになりました。

このような父の領土拡張政策により、ジルは後にロワール川とセーヴル・ナンテーズ川に跨るほどの広大な領地を受け継ぐことになり、結果的に非常に莫大な財を成すことに繋がりました。

1415年 – 10歳「父母の死により祖父に引き取られる」

両親の死により、ジルの人生の歯車はゆっくりと狂い始めていく。

立て続けに起こった父母の死

有力貴族の子として、様々な分野に才能を発揮していたジルでしたが、この年に彼を悲劇が襲います。

理由は不明ですが年の初めごろに母が死去。そしてその後を追うように、9月には父も狩猟中の事故で還らぬ人となってしまったのです。これによってジルは母方の祖父であるジャン・ド・クランに引き取られることになり、祖父によって教育を受けることになります。

しかし、ジルの父は自分にもしものことがあった時、「子供たちを母方の祖父には預けないように」という遺言を残していました。そしてその理由こそが、ジルの人生に暗雲をもたらすことになっていくのです。

祖父からの放任教育

貴族の子弟としてオールマイティーな教育を施していた両親とは違い、祖父の教育は軍事と領地経営方面に非常に偏っていました。一方で軍事や領地経営以外の部分については家庭教師すらつけられず、放任と甘やかしの中でジルは育てられることになったのです。

このジルの祖父――ジャン・ド・クランという人物は非常に悪名高い人物であり、強引な婚約や取引で周辺の領地を自分のものとする行為を度々繰り返していました。このような祖父の一面や教育方針は、まだ幼かったジルに大きく影響を与え、彼の後の暴力性として残ることになってしまいます。

1417年、1419年 – 12歳、14歳「政略的な二度の婚約」

祖父の領地拡大政策によって、ジルは10代前半の若さで政略結婚を打診されるようになる。

ジャンヌ・ペインル

領地の拡大に腐心していた祖父は、幼いジルをも領地拡大のための戦略の道具に使うことを決定します。これにより1417年、12歳のジルは、ペインル家の子女であるジャンヌ・ペインルとの婚約を祖父によって推し進められることになるのです。

とはいえ、当時のジャンヌ・ペインルはなんと4歳。この婚約はさすがに高等法院が許可を出さず、ジャンの目論見は失敗に終わることとなりました。

ベアトリス・ド・ロアン

一度目の婚約は失敗に終わりましたが、ジルが14歳になった1419年、祖父は再びベアトリス・ド・ロアンという有力貴族の子女とジルの婚約を、強引に推し進めようとします。

ベアトリスはブルターニュ公の姪に当たる人物であり、この婚約は成功寸前までこぎつけることになりますが、その直前にベアトリスは急逝。これにより縁談も無かったことになってしまい、ジャン・ド・クランの目論見は二度目も失敗ということになってしまいました。

1420年 – 15歳「カトリーヌ・ド・トアールとの結婚」

祖父の意向により遠縁の貴族と結婚。しかしその手段はあまりにもひどいものだった。

カトリーヌ・ド・トアールとの政略結婚

この年の11月22日、ジルは祖父によって半ば強引に、遠縁の貴族の子女であるカトリーヌ・ド・トアールと結婚させられることになりました。

当時の教会法の規定では近親婚となるために多くの手続きが必要となり、そもそもカトリーヌには別の婚約者がいる状況でしたが、ジャン・ド・クランは手続きを面倒がりつつもトアール家の領地を得ようと、なんとカトリーヌを誘拐。その上でジルと強引に既成事実を作らせ、それによって強制的な結婚を実現させたのです。

1424年 – 19歳「祖父のコネによって騎士として宮廷入り」

騎士として宮廷入りしたジルは、祖父のコネもありつつ地位を確立していく。

祖父に付随する形での宮廷入り

19歳になったジルは、アンジュー公からの信任が厚かった祖父のコネによって騎士として宮廷入りを果たすことになりました。

この当時はシャルル7世政権下の政争が激しい時期ではありましたが、この時のジルには祖父のコネと幸運が味方し、彼は1427年にシャルル7世の側近であるラ・トレモイユ侍従長の側近として抜擢を受けることになります。

これによって宮廷の中での地位を得たジルは、騎士としての栄光に向けて歩みだすことになるはずでした。

1429年3月 – 24歳「ジャンヌ・ダルクと駆けた百年戦争~出会い~」

ジャンヌ・ダルクが登場したことで、ジルの運命は栄光の方へと大きく動き出した。

ジャンヌ・ダルクの登場

1429年の3月。シャルル7世とジャンヌ・ダルクが謁見を果たすことになります。その席にはジルも同席していたことが記録され、おそらくはこの時が、ジャンヌとジルが初めて出会った時だったと言えるでしょう。

そしてこの出会いから約半年の間、ジルはジャンヌの率いる軍に同行し、祖父によって叩き込まれた軍事教育の成果をいかんなく発揮。「救国の英雄」として称えられるジル・ド・レの人生の光の部分は、この短い半年間に集約されています。

ラ・トレモイユ侍従長への誓い

ジャンヌとの出会いから1か月。ジルは自身の後ろ盾であるラ・トレモイユ侍従長と誓約を交わすことになります。

国王に対する敬愛の念と、終生トレモイユ侍従長に味方することを確約した誓いの言葉は、ジルの生涯に大きな影響を与えました。彼はその生涯にわたって、誓い通りにこの言葉を守り通そうとしていくことになるのです。

また、この時の誓いの中で、ジルはラ・トレモイユ侍従長からジャンヌ・ダルクの監視を命じられたとも言われていますが、詳細については今も分かっていないようです。

1429年4月 – 24歳「ジャンヌダルクと駆けた百年戦争~オルレアン包囲戦~」

激戦となったオルレアン包囲戦は、ジャンヌ・ダルクのカリスマ性によってフランス軍が勝利を収める。

オルレアン包囲戦

4月29日、大規模な補給部隊を率いたジャンヌ・ダルクがオルレアンに入城。その軍勢の中には、当然ジルの姿もありました。

そこから始まったオルレアンの戦いでは、ジャンヌのカリスマ性と増援の到着で士気の上がったフランス軍が次々と砦を奪取。オルレアンを包囲していたイングランド軍は瞬く間に瓦解し、5月8日に撤退。こうしてオルレアンは解放されることとなりました。

この時の戦いで、ジルは主に左翼方面で戦いに参加していたようですが、詳しい状況は記録に残っておらず不明なままとなっています。しかしこの戦いのジルについては「『まことに勇敢な戦士』という名声を得るにふさわしい勇猛ぶりを見せた」と記録されており、ジルがこの戦いで活躍をしたことは事実であると見られています。

イングランド軍を追撃

ジャルジョーで起こった追討戦も、ジャンヌのカリスマ性によってフランス軍が勝利を収める。

オルレアンで勝利を収めたフランス軍は、撤退したイングランド軍への追撃を計画。ジャルジョーの開放やパテーでのイングランド軍の殲滅を行いました。

この追撃軍にはジャンヌとジルも参加していたことが記録されていますが、二人がこの戦いでどのような戦果を上げたのかは不明瞭なままとなっているようです。

1429年7月 – 24歳「シャルル7世の戴冠と元帥の叙任」

シャルル7世の戴冠と同時に、ジルはフランス軍の元帥に叙任されることになった。

シャルル7世の戴冠式にて、元帥に叙任される

7月16日、シャルル7世が戴冠式の舞台となるランス市に入城。その舞台で元帥杖を授与されたジルは、24歳という若さでフランス軍の最高権力の一つである元帥の位に叙任されることとなりました。

この異例の人事は、ジルの後ろ盾であるラ・トレモイユ侍従長の意向が入った人事ではありましたが、その部分を差し引いてもジルが挙げた戦果は国王からも評価されており、結果的に異例ではありましたが真っ当な人事であると認識されていたようです。

1429年9月 – 24歳「ジャンヌ・ダルクと駆けた百年戦争~パリ包囲戦~」

パリ包囲戦を描いた絵。この頃のジャンヌは和平派との間に少しわだかまりができつつあった。

パリ包囲戦

戴冠式以降、ジャンヌ・ダルクら主戦派とラ・トレモイユ侍従長ら和平派の対立が深まる中、ジルは主戦派が起こしたパリ包囲戦にも参加。一説ではこれはジャンヌからの呼びかけに応じてのものだったとも言われています。

この戦いにおいてはジルの活躍はさほど記録されておらず、またジャンヌとジルが共に戦ったのもこの戦いが最後となっています。

しばしの順風満帆な生活

パリ包囲戦の後、ジルはジャンヌと別れて自領に引っ込むことになります。この年には妻であるカトリーヌとの間に娘であるマリーが生まれ、彼の人生の中でも数少ない穏やかな時が流れていました。

また、戦争における多くの働きが認められたことで、フランス王家の紋章である”白百合”を使用することが許されるなど、この時期の彼の針路は、まさに光に満ちているものでした。

1431年 – 26歳「ジャンヌ・ダルクの死」

ジャンヌ・ダルクの処刑は、「救国の英雄」だったジルを狂気へと叩き落すファクターとなってしまう。

ジャンヌ・ダルクの処刑

しばらく表立った活動をしていなかったジルでしたが、この年にジャンヌ・ダルクが処刑されたことで、彼の運命は再び動き出すことになります。

ジャンヌの捕縛を知ったジルは、彼女の救出のために軍を動かすなどの行動を起こしましたが失敗。以降の彼は黒魔術や悪魔崇拝に耽溺し、湯水のように財産を消費するなどの問題行動を起こすほどに成り果ててしまいました。

そしてこの頃に接触してきたフランソワ・プレラーティによって「悪魔の召喚儀式」を教えられたことで、彼は狂気の殺人鬼へと落ちていくことになるのです。

1433年~1435年 – 28歳~30歳「殺人と浪費の放蕩生活」

潤沢な財産を浪費し、食いつぶしていくジル。その根底には昔を懐かしむ哀しさがあった。

宮廷内の政争により後ろ盾を失う

ジルが狂気に落ち、少年に対する凌辱と殺人を繰り返すようになったころ、宮廷ではラ・トレモイユとリッシュモン大元帥の主導権争いが激化し、結果としてラ・トレモイユは失脚してしまいます。

これによって後ろ盾を失ったジルでしたが、もはや彼は宮廷の事情などは何一つとして興味を示さず、ただ狂気の赴くままに少年を惨殺し、財産を片っ端から消費する生活を送り続けました。

ただ昔を懐かしむばかりの暮らし

1434年9月から1435年8月まで、ジルはジャンヌと駆けた戦場だった街・オルレアンに滞在。そこで彼は聖歌隊や劇団を招き入れ、オルレアン包囲戦を題材にした劇を演じさせたという記録が残っています。

とはいえ、ジルの経済状況はもはや傾く寸前であり、さすがにこの事態を重く見た者たちの手によって1435年7月、ジルは禁治産者としての指定を受け、領地の売買を禁じられることになってしまいました。

1438年 – 33歳「もはや完全な”殺人鬼”に」

この頃のジルは政治にも騎士としての務めにも興味を示さず、ただの殺人鬼となっていた。

政争とは無縁に殺人を重ねていく

アンジュー公とブルターニュ公の政争に巻き込まれ、居城であるシャントセを占領されたジルでしたが、もはや彼は政争などには全く興味を示すことのない、ただの快楽殺人鬼と成り果てていました。

この時シャントセの城を占拠されたことで、ラヴァル家に子供の白骨死体を発見されたという記録が残っていますが、その直後にジルの家臣が城を奪い返したことで全てはうやむやに戻されてしまっています。

とはいえ、この頃のジルはもはや正常な状態ではあり得ず、「救国の英雄」だった彼の姿はどこにも見当たりませんでした。そしてだからこそ彼に訪れる破滅は、刻一刻と近づいていたのです。

1440年 – 35歳「逮捕と処刑」

宗教裁判に掛けられたジルは、もはや誰が見ても異常な状態にあったとか。

所領を巡る争いによって逮捕

この年の5月、所領を巡っての争いの中で聖職者を拉致監禁した罪で、ジルは裁判を受けることになります。そしてこの時にジルの身辺調査が行われたことが、彼の運命を決定づけることになりました。

身辺調査の結果として、少年たちへの凌辱と惨殺、悪魔崇拝や背教、黒魔術への傾倒などを明らかにされたジルは9月15日に逮捕。ナント宗教裁判所で裁判を受けることになりました。

宗教裁判にて

こうして裁かれることになったジルは、数度の裁判を経て自らの罪を自白。この裁判における彼の様子は尋常ではなく不安定だったようで、軍人らしい言葉で裁判官を罵ったかと思えば、次の瞬間には許しを求めて泣き崩れるような有様だったそうです。

ともかく、こうして自らの罪を自白したジルは、その場にいた聴衆に許しを懇願。これによって彼は処刑こそ免れなかったものの、一定の尊厳を保ったうえで処刑されることが決定されました。

狂気の殺人鬼の最期

ジル・ド・レの処刑を描いた絵。多少の尊厳を残した死は、彼にとっての救いとなったのかどうか。

そして10月26日。ジルと彼の寵臣である2人の処刑が行なわれました。ジルは処刑に際しての願いとして、「自身が処刑を免れる疑いをもたれないように、二人よりも先に自分を処刑して欲しい」と嘆願。これが受理された結果、ジルの処刑は一番先に行われたと言われています。

こうしてジルは絞首刑に処され、その遺体は火で焼かれた後に埋葬されることになりました。その死にはジルの魂が救われるよう、民衆たちからの祈りがささげられ、彼は殺人鬼でありながら一定の尊厳を保ちつつこの世を去ることになったのです。

ジル・ド・レの関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

ジル・ド・レ論―悪の論理─

ジル・ド・レという人物の生涯から、「悪とは何なのか」という哲学的な問いを論じる一冊です。

ジル・ド・レの殺人鬼の側面が中心にクローズアップされるため、彼の伝記として読むには不足になるかと思いますが、伝記的な彼の生涯の先を考えるにはぴったりの一冊であると思います。「自分で考えること」が好きな方にはぜひおすすめしたい一冊です。

青ひげ

ジル・ド・レをモチーフにしたシャルル・ペローの童話です。グリム童話として編纂されたものもありますが、モチーフが色濃く出ているという意味で、筆者はペロー版をおすすめいたします。

「好奇心は猫をも殺す」という言葉に代表される教訓や、ジル・ド・レの生涯を知っていると思わずニヤリとしてしまう皮肉なラストは、モチーフを知らずして味わえない部分だと思います。この記事をお読みになった皆様には、是非読んでいただきたい作品です。

Fate/Zero

数多くの偉人が登場するメディアミックス作品です。この作品のジル・ド・レは殺人鬼のイメージが強い狂人として描かれ、中盤の壁として主人公たちに立ち塞がります。

かなりぶっ飛んだ設定は非常に好みが分かれるところですが、史実の要素を上手にアレンジして、濃いながらも史実に連動したキャラクターを作り出すその手腕は見事の一言。殺人鬼としてのジルだけでなく、「彼が何故狂気に落ちたのか」などのバックボーンに興味がある方におすすめの小説作品となっています。

ジル・ド・レについてのまとめ

ジャンヌ・ダルクの戦友として百年戦争の英雄となりつつも、彼女の死によって人生を踏み外して処刑されていったジル・ド・レという人物。

少年たちを凌辱し惨殺したことは許されることではありませんが、その一方で「信じていたものをすべて否定された時、自分もジルのようにならないと言えるか?」と問われると、明確に「そうはならない!」と言える方はあまりいないのではないかと思います。

英雄然としたエピソードが多くなる”歴史”というコンテンツの中で、人間的な栄光と破滅を辿ったジル・ド・レは、ある意味で貴重な存在。そう言った部分から、筆者である私はジルにある種の共感を覚え、どうにも嫌悪しきれない部分があるのだと記事を書きながら再確認させていただきました。

それではこの記事におつきあいいただき、誠にありがとうございました。この記事が皆さまにとって少しでも学びになっていれば、それ以上の光栄はございません。

1 2

コメントを残す