小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

北条時政とはどんな人?生涯・年表まとめ【性格や初代執権の活躍、家紋や家系図についても紹介】

北条時政は鎌倉幕府の初代執権を務めると共に、尼将軍・北条政子北条義時の父親にあたる人物です。伊豆の小規模な豪族に過ぎなかった時政ですが、この地に源氏の嫡流である源頼朝が流れ着いた事で運命が大きく変わりました。時政は頼朝と共に挙兵。鎌倉幕府の創設に大きな功績を残したのです。

源頼朝が謎の死を遂げた後は、鎌倉将軍の政務を統括する執権に就任。幕府の実質的な支配者となったのです。僅か1代で地方の豪族から幕府の執権に上り詰めた時政は、日本史の中でも特に有能な人物と言えるでしょう。

北条時政

鎌倉幕府に与えた影響とは裏腹に、時政の知名度や評価は実は低いのが現状です。北条氏の権力の地固めをした2代目執権の義時や、御成敗式目を制定した泰時に比べるとその扱いは極めて小さく、不思議に思うかもしれません。

時政は息子である義時と対立し失脚。失意のうちにその生涯を終えました。時政の生涯については謎も多いものの、鎌倉時代を語る上では最重要人物です。「鎌倉殿の13人」の放送も決定した今だからこそ、時政について再考察が必要ではないでしょうか?

今回は鎌倉時代が大好きで、時政の老獪さやスケールの大きさに心を奪われてしまった筆者が、北条時政の生涯について解説します。

北条時政とはどんな人物か

北条時政の生涯をダイジェスト

北条時政の木像

北条義時の生涯をダイジェストすると以下のようになります。

  • 1138年 0歳 北条時政誕生
  • 1160年 23歳 源頼朝が伊豆国へ配流
  • 1177年頃 40歳 娘・政子が頼朝と結婚
  • 1180年 43歳 頼朝と挙兵する
  • 1185年 48歳 頼朝の命で入京し京都守護となる
  • 1199年 62歳 頼朝が死去し、十三人の合議制に加わる
  • 1200年 63歳 源氏一門以外で初めて国司となる
  • 1203年 66歳 比企能員の変 初代執権となる
  • 1205年 68歳 畠山重忠の乱 牧氏事件で失脚
  • 1215年 78歳 伊豆国で死去

娘の政子が源頼朝の妻になる!頼朝と共に挙兵

源頼朝(足利尊氏の弟の足利義直説あり)

平治の乱で源頼朝が伊豆国へ配流となった時、時政は監視役に任命されています。当時の頼朝は14歳、娘の政子は僅か4歳です。頼朝はこの地で20年に及ぶ日々を過ごしました。政子と頼朝が結婚したのは1177年頃とされます。

当時は平清盛率いる平家が全盛期の時代。時政は結婚に反対したものの、政子は駆け落ち騒動を起こす等に頼朝が好きでした。最終的に時政は2人の結婚を認めたのです。

背景には「平家政権が長く続かないと予測した」「政子の熱意に押された」等の説があります。1180年には以仁王(後白河天皇の第三皇子)が打倒平家の令旨を出し、全国的な騒乱である治承・寿永の乱が発生しました。

時政は頼朝と共に挙兵し、石橋山の戦い等に参戦します。様々な戦局を経て壇ノ浦の戦いを経て平家は滅亡し、奥州合戦を経て源氏の支配は全国に広がりました。当然北条氏は幕府での確固たる地位を築きます。

もし時政が平家の終焉を見越して政子との婚姻を認めたのであれば、時政の先見の明は確かなものだったと言えるでしょう。

鎌倉幕府最高職である初代執権に就任

頼朝亡き後に十三人の合議制が始動する

1199年の頼朝の死去後、鎌倉幕府は有力御家人による集団指導体制が作られました。これを十三人の合議制と呼び、時政と息子の義時も名を連ねています。当然のように御家人同士の権力争いが勃発しました。

1203年の頃には、頼家(2代目将軍)の外祖父である時政と、頼家の妻の実家である比企氏の間で対立が起こります。時政は比企一族を滅亡させた後、頼家の弟である実朝を将軍に擁立させました。

源実朝

実朝はまだ14歳と幼く、時政は「将軍を補佐する執権」に任命されました。時政は初代執権と共に、「幕府の政務や訴訟を担当する政所」の別当にも就任した結果、鎌倉幕府における確固たる地位を築きます。

やがて時政から義時に執権の座が移る時、義時は「軍備や警察の役目を担う侍所」の別当にも就任しています。幕府の要職を一手に引き受けた結果、北条氏に逆らえる御家人はいなくなります。

北条氏はこれ以降も歴代の執権に就任。執権=幕府の最高権力者という構図が出来上がったのでした。

年の差婚で身を亡ぼす?最後は伊豆で幽閉

鎌倉幕府の公式書である吾妻鏡

時政は北条氏から見れば鎌倉幕府の地固めの祖を築いた存在です。にもかかわらず北条氏の子孫達は「初代執権を北条義時」として時政を祭祀から外す等、存在を抹消しています。これは時政と義時・政子の対立が原因でした。

時政の前妻は「伊東入道の娘」と推測され、宗時・阿波局・義時が生まれています(ちなみに政子の母は不明)。1180年頃に時政は「牧の方」という歳の離れた女性を妻に迎え、1男3女を授かりました。

牧の方の年齢は不明なものの、2人の仲は良かったそうです。1205年頃には牧の方は権力志向を持つようになり、娘婿の平賀朝雅を次期将軍に擁立しようと実朝の暗殺を時政に持ちかけました。時政もそれに応じています。

結果的には義時・政子が計画を未然に防ぎ、御家人の多くも時政に反旗を翻しました。時政と牧の方は出家し、伊豆国の北条へ幽閉されます。時政は表舞台に復帰する事はなく、10年後に腫物にて亡くなっています。

時政は牧の方にそそのかされ、無理な計画を実行しようとして失脚したと言うイメージが強いです。やはり晩節を汚すと、その評価は厳しいものになるのですね。

北条時政の家族構成は?源頼朝や北条義時との関係性

北条時政の家族構成

時政は前述した通り「伊東入道の娘」と「牧の方」と言う2人の妻がいました。2人の妻からは7人の子が生まれていますが、その他にも政子を含めて1人の男子と7人の女子がいたようです。

これらの15人の子のうち、鎌倉幕府に大きな影響を与えたのは、北条政子と北条義時でしょう。政子は時政の長女であり後に源頼朝と結婚。時政は頼朝の舅として頼朝の後援者となりました。

また義時は時政の次男です。時政には宗時と言う長男がいたものの、石橋山の戦いで戦死。結果的に嫡男となり、後の2代目執権に就任しました。

足利宗家2代目当主の足利義兼(尊氏は昆孫にあたる)

その他の子として、頼朝の義弟・阿野全成に嫁いだ阿波局。足利尊氏の先祖・足利義兼に嫁いだ時子。牧の方の唯一の男子でありながら16歳で急死した政範。1240年まで生存し、北条氏の重鎮となった時房らがいます。

時政の子達は鎌倉幕府の創設だけでなく、後の室町幕府の創設にも関与しているのですね。

北条時政の功績

功績1「後白河法皇に守護・地頭の設置を認めさせる」

日本一の大天狗と呼ばれた後白河法皇

1185年の壇ノ浦の戦いで平家が滅亡後、頼朝は時の権力者・後白河法皇から「守護・地頭の設置」を認めさせる必要がありました。後白河法皇の交渉役を務めたのが時政であり、時政は千騎の兵を連れて入京しています。

守護は軍事指揮官・行政官であり、地頭は公領や荘園の管理をする役職です。これらの任命権を鎌倉幕府が担う事で、朝廷ではなく武士が政治をする体制を作ろうとしたのですね。

時政は公卿・吉田経房を通じて後白河法皇と交渉を行い、「守護・地頭の設置」を認める勅許を得る事に成功。鎌倉幕府発足の足がかりを作ったのです。

時政は入京時に「守護・地頭の設置の説得」だけでなく、「京都の治安維持」「平氏残党の捜索」等の任務をこなしました。後に時政の職務は京都守護と呼ばれ、朝廷の監視役となる六波羅探題の前身となるのです。

功績2「比企能員の変で日企氏を追放!幕府における北条氏の地位を引き上げる」

北条時政と比企能員の関係図

歴史を学んでいると、頼朝死去後には北条氏がすぐに鎌倉幕府の実権を握ったと勘違いするかもしれません。実際には北条氏は有力御家人の一角に過ぎず、他の有力御家人が台頭する可能性もありました。

その代表が比企一族です。頼家の妻・若狭局は比企能員の娘でした。頼家は母・政子の実家である北条氏のりも比企氏との結びつきを強めており、若狭局との間に出来た一幡を将軍にする事を考えていたのです。

もし一幡が将軍になれば、将軍の外祖父の立場は時政から比企能員に移り、北条氏は血筋の意味でも比企氏に劣る事になり、最悪の場合粛清される可能性もあったのです。

比企能員の変により比企一族は滅亡。若狭局や僅か5歳の一幡も殺害されています。現在の価値観では残酷に感じるかもしれませんが、当時は生きるか死ぬかの世界であり、北条氏にとっては比企能員の変は大きな功績なのです。

北条義時の名言

りもる山のいちごさかしく成にけり

伊豆の地で時政と頼朝が狩をした時に、頼朝に向けて詠んだ連歌です。頼朝が自分の庇護のもとで立派に成長した事を喜ぶ歌です。

頼朝の暗殺疑惑もある時政なので、本心は実のところは分かりまへん。ただ時政も歌人としての一面があった事が分かりますね。

北条時政の人物相関図

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のキャストであり人物相関図

この相関図はキャストだけでなく、登場人物の役柄も書かれており、複雑な人間関係を学ぶ上でもおススメです。時政役の坂東彌十郎はもちろんの事、義時役の小栗旬や源義経役の菅田将暉等も見どころでしょう。

北条義時にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「北条氏の家紋は三つ鱗!由来は大蛇だった?」

北条氏の家紋である三つ鱗

北条氏の家紋は3つの三角形を鱗の形に見立てた「三つ鱗」です。この家紋の由来はなんと大蛇でした。

これは時政が子孫の繁栄を江ノ島弁財天に祈願した21日目の夜の事。時政のもとに弁財天という女神が現れ「非道を行なえば家が滅びる」とお告げを残し、蛇に変化して海中に消えたそうです。

時政はこの時に残された3枚の鱗を家紋にする事を決めました。比企能員の変や実朝暗殺未遂等、非道と言う点ではかなり怪しいものの、北条氏の一族は鎌倉幕府の中で大いに繁栄したと言えますね。

豊後大神氏の家紋 丸に三つ鱗

なお遠く離れた豊後(現大分県)の大神氏も似た大蛇伝説を持ち、家紋は「丸に三つ鱗」となっています。家紋研究家の中には、北条氏のルーツはこの大神氏ではないかと推測する人もいるのです。

都市伝説・武勇伝2「北条時政の先祖は本当に平氏?謎に包まれた家系図」

北条氏の祖とされる平直方(疑問説も多い…)

北条氏は自らを「桓武平氏の平直方の子孫」と称しています。これが正しいなら時政と平清盛ら平家一門は遠い親戚になるのですが、疑問視もされているのです。

北条氏の家系図はいくつか存在するものの、系譜は全て異なるのです。一応祖父が時家、父が時方もしくは時兼と言う点に相違はない為、時家が実在の確認出来る北条氏の祖と言われています。

鎌倉幕府の公式記録である「吾妻鏡」でも時政の出生はうやむやになっています。「高貴な血筋であった」と系譜を繋げる事も出来ない程、時政の一族は小さな地方豪族に過ぎなかったのかもしれません。

もし時政が地方の豪族に過ぎなかったのならば、時政は僅か1代で鎌倉幕府の執権に登りつめた事になります。時政は日本の歴史における下克上の1人なのかもしれませんね。

都市伝説・武勇伝3「源頼朝暗殺未遂の黒幕は北条時政?謎の多い曽我兄弟の仇討ち」

曽我兄弟の仇討ち(歌川国芳画)

1193年に頼朝は暗殺未遂事件に巻き込まれます。それが「曾我兄弟の仇討ち」という事件ですが、それに時政も関与していたという説があるのです。

1193年5月に頼朝は富士の鷹狩りを行いますが、その最中に曾我祐成と曾我時致の兄弟が、親の仇である工藤祐経を討ち取りました。仇討ちは達成したにもかかわらず、曾我兄弟は頼朝の宿所を襲うつもりでいたのです。

曽我兄弟の弟・時致と時政には繋がりがあった…

頼朝の暗殺は未遂に終わり、曽我兄弟も討死・斬首されるものの、なぜ2人が頼朝の宿所を襲うつもりだったのかは不明です。一説では曽我兄弟を操っていたのは時政ではないかとも言われているのです。

実は弟の時致の元服において加冠を行ったのは北条時政であり、両者には繋がりがありました。兄弟は事件の顛末について深く語らなかった為、真相は闇の中です。

ちなみに「曾我兄弟の仇討ち」から6年後に頼朝は死去。未だに多くの謎があり、こちらについても北条氏の暗殺が示唆されているのです。

源頼朝の死因とは?落馬は本当?暗殺説や吾妻鏡に記述がない理由も解説
1 2

コメントを残す