小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

アーサー王とはどんな人?生涯・年表まとめ【伝説や円卓の騎士も紹介】

アーサー王の功績

功績1「ヨーロッパのヒーローとなったこと」

ガーター騎士団の正装をする現在のイギリス王室

やはり一番の功績は、ヨーロッパのヒーローとなったことでしょう。「アーサー王物語」は多くの歴史上の人物に影響を与え、騎士道の鏡と言われてきました。一番有名なのは、百年戦争を仕掛けたイングランド王エドワード3世が円卓の騎士に習ってガーター騎士団を設立したことでしょう。

ガーター騎士団の正装

フランス国の象徴が「カール大帝」であったのに対し、イングランドが「アーサー王」でした。そして「薔薇戦争」終結後に即位したヘンリー7世も自身の即位を正当化するために、王太子に「アーサー」という名前を付けています。イングランドの誇りだったのです。そしてイングランドだけに限らず、現在もヨーロッパを中心にアーサー王は憧れの象徴となりました。

功績2「多くのエンターテイメントの題材となったこと」

1979年放送の「円卓の騎士燃えろアーサー」は白馬の王子のイメージ

アーサー王は多くのエンターテイメントの題材となっています。日本でも1979年に「円卓の騎士物語燃えろアーサー!」というアニメが放映されました。そして80年代から90年代にかけて、「ファイナルファンタジー」や「聖剣伝説」といったゲームも色濃く「アーサー王伝説」が影響しています。

大ヒットした聖剣伝説もエクスカリバーが登場する

特に「聖剣エクスカリバー」はゲームで必ず取得する強い剣として登場します。本場のヨーロッパでもちろん現在でも、映画化・ドラマ化され続けています。その煌びやかな世界は現在も世界中を魅了し続けているのです。

アーサー王の名言

騎士道の根本の言葉であろう

この先、どのような困難にも、騎士の勇気と誇りを胸に、果敢に立ち向かうのだ!

アーサーの言葉で特に人気の言葉です。騎士の勇気と誇りというワードに年代を超えて、ロマンを感じるからと考えられます。

皆の意見を聞き取り組むことは大事だという

みんなの声を聞け。そうすればやるべきことが見えてくる!

円卓の騎士に支えられながら、イングランドを治めたアーサーの言葉です。現在でも通用する言葉です。周りの意見を聞くことは大事ですね。

アーサー王にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「ゲシュタポもアーサー王に憧れていたらしい」

ゲシュタポ本部では円卓の騎士の儀式を行っていたらしい

20世紀の悪名高いドイツのナチス親衛隊「ゲシュタポ」の責任者「ハインリヒ・ヒムラー」が「アーサー王物語」のファンでした。その為に、ゲシュタポ司令部の大食堂には「オーク製の円卓」を置いて、司令部のある城の騎士と認められた人物のネームプレートが並んでいたといいます。

城の地下には石造りの台が12基準備されていて、死亡したときには安置されたそうです。これは、アーサー王の円卓の騎士が12名だったことに由来しているといわれています。

都市伝説・武勇伝2「アーサー王のモデルがいた!?」

アーサー将軍という勇猛果敢な英雄がいた

「アーサー王」は架空の人物ですが、モデルはいたと考えられています。その人は「アーサー将軍」という人です。アーサー王の舞台となった時代は、ローマの支配下になったり東からサクソン人が攻めてきたりと非常に乱れていました。

このままだとブリトン人はサクソン人の奴隷になってしまうという状況の時に、立ち上がったのがアーサー将軍だったのです。彼は幾度も勝利を収めて、ブリトン人諸民族軍隊の総司令官になっています。このイングランドの守護神的なアーサー将軍が、アーサー王伝説を生み出したと推定されているのです。

アーサー王の生涯年表

ファンタジーな内容です

この年表は、史実に基づく内容と、「アーサー王物語」を織り交ぜて作成しています。ほとんどがフィクションですので予めご了承下さい。

5~6世紀ごろ「偉大なケルト人の指揮官がいた」

ブリタニア人に果敢に戦う英雄がいたという

「ブリトン人の没落」という史書でアーサーらしき人物の記述があります。アーサーという名前はありませんが、アングロサクソン人と戦い勇敢な指揮官がいたとかかれています。そして「ブリトン人の歴史」という史書には、アーサーは王ではなく軍の指揮官、あるいは戦士として登場し12の会議が記録され、1人で960人のサクソン人を倒したといいます。

この頃はブリタニアがローマ帝国の支配から離れて、ブリタニア人の王が擁立されました。そしてゲルマン人の大移動が開始され、ゲルマン民族系のアングロサクソン族が侵略に来るようになります。アーサーはサクソン族と勇敢に戦う戦士だったと考えらえています。

物語でのアーサーの誕生(物語)

アーサーはあっさり聖剣を引き抜く

イングランドのユーサー王と、敵国コンウォールの王妃イグレインの間にアーサーは誕生します。そしてユーサー王の死後、岩上に突き刺さった剣「カリブルヌス」が現れ「この剣を抜いたものがイングランドの王となる」という神のお告げがあります。そして成長したアーサーが難なく剣を抜き、イングランド王として即位しました。

516~518年 -「ベイドン山の戦いが起こる」

ベイドン山の戦いを描いた絵画

「カンブリア年代記」に、ベイドン山の戦いでアーサーは3日3晩十字架を両肩に担ぎ、アングロサクソン人の戦いに勝利したという記述があります。ここでも王ではないですが、勇敢な人物として描かれています。

聖剣エクスカリバーによりブリタニアを統一する(物語)

アーサー王は湖で聖剣エクスカリバーを手に入れる

アーサーはぺリノア王と戦い、引き抜いた剣は折れ敗北します。しかし魔術師マーリンに連れられて、とある湖を訪れるとそこで聖剣「エクスカリバー」を手に入れます。エクスカリバーを手に入れたアーサー王はサクソン人やウェールズ人の数々の戦いに勝利し、ブリタニア全土を統一するのです。

ロデグランス王の娘グィネヴィアと結婚する(物語)

騎士に任命するグィネヴィア

アーサー王はモルゴースという異父姉と一夜を共にし、後の円卓の騎士のモルドレットを授かります。その後に美しいグィネヴィアと恋に落ち、魔術師マーリンの反対を押し切って結婚します。グィネヴィアの嫁入り道具として、「円卓」がキャメロット城に運び込まれました。

これによりアーサーに仕えた騎士は円卓を囲み、語り合う「円卓の騎士」と言われるようになりました。アーサーは多くの騎士を集めて、円卓の騎士を結成しました。この中にフランスから来たランスロットとグィネヴィアは恋に落ち、円卓の騎士は崩壊していきます。

円卓の崩壊(物語)

モルドレッドの挿絵

アーサー王の不義の子供モルドレッドも円卓の騎士に入ります。そしてランスロットと王妃グィネヴィアの関係に気づき、二人の不貞の現場を押さえ告発します。ランスロッドは逃亡し、グィネヴィアは捕らえられてしまいました。

グィネヴィアは不義密通の為に火あぶりの刑を宣告されましたが、死刑執行の場にランスロットが現れてグィネヴィアを救出しています。アーサーはランスロットへの復讐を近い、フランスへ大軍を連れて向かいました。

ランスロットと王妃グィネヴィア

しかしランスロットに味方をする円卓の騎士も多く、円卓の騎士は敵味方に別れて争い戦闘は激化します。しかしランスロットはアーサー王と戦う意思はなく、妃の命の保障を条件にアーサー王にグィネヴィアを返還し和解に至っています。

カムランの戦い(物語)

アーサーとモルドレッドは刺し違えてしまう

フランスでの戦いの間に、息子のモルドレッドが反乱を起こします。そしてアーサーはカムランでモルドレッドと対峙し、戦います。この戦いでモルドレッドと一騎打ちになり、アーサーの槍がモルドレッドに貫通し、モルドレッドの剣もまたアーサーを一撃します。この戦いでモルドレッドは戦死、アーサーも瀕死の重傷を負います。

アーサー王の最期(物語)

船に乗り消えていったという

自らの死期を悟ったアーサーは従士ベディヴィエールにエクスカリバーを湖の乙女に返すように託しています。ベディヴィエールは湖に剣を投げると、現れた手が剣を受け取り、再び水中に消えます。

そして、アーサー王は「私はアヴァロンに行って傷を癒さなければならない。けれど、いつかこの世が窮地に立ったときには戻ってくる」と言い残し、姉のモーガン・ル・フェイや湖の乙女らに付き添われ、船に乗り、消えてゆきました。アーサー王の墓碑には、「ここに過去の王にして未来の王アーサーが眠る」と記されています。

アーサー王の関連作品

おすすめの書籍・本・漫画

アーサー王物語

昔からある訳本です。「アーサー王物語」の本では一番メジャーな本と言えるでしょう。kindleで無料で読めるようですので、利用するのもおすすめです。

アーサー王物語〈1〉

こちらの訳本もよく見かける「アーサー王物語」です。同じ作品の訳なので、好みで選んでよいと思います。文字の大きさなどで好みの本を選ぶのがおすすめです。

マンガでわかる世界の英雄伝説 (池田書店のマンガでわかるシリーズ)

文字で読むのはパワーが必要な方におすすめです。漫画ですので、かなりお手軽に読めます。絵柄も読みやすいです。子供さんに購入するのもおすすめできます。

おすすめの動画

動画で分かるアーサー王物語と円卓の騎士「ゆっくりFGO」

ゆっくり解説シリーズの「アーサー王と円卓の騎士」です。独特の口調で解説をしてくれます。非常に分かりやすいのでおすすめです。

おすすめの映画

キング・アーサー

英雄の原点といわれる「アーサー王」をヒットメーカーのジェリー・ブラッカイマーが演じるアクションロマン。作品全体に壮大なロマンが漂い、各シーン共に見ごたえがあります。

魔術師マーリン

イギリスで大ヒットした映画です。「アーサー王物語」で名脇役の魔術師マーリンを主人公としています。日本語吹き替えもされているので、あまりアーサー王に詳しくないという方でも気軽にみることができる作品です。

おすすめのアニメ

ANIMEX 1200シリーズ 76 組曲 円卓の騎士物語 燃えろアーサー

日本で1979年に放映されたアニメです。日本人に馴染みが薄い題材で、当時の人気はいまいちだったらしいですが、最近はイギリス文学も日本に多く入ってきて、コアなファンに人気の作品です。ヨーロッパのロマンに浸れます。

関連外部リンク

アーサー王についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?筆者は子供の頃に「円卓の騎士シリーズ燃えよアーサー!」を見ていたので、ヨーロッパの騎士に非常に憧れた一人です。最近はファンタジーな世界観の作品をあまり見かけなくなりましたが、今でも記事を書いていると心躍る気分です。やはり騎士は永遠の憧れだなと再確認しています。

「アーサー王物語」の訳本はかなり古めかしい印象で、最初は違和感があるかもしれませんが、次第にその世界に引き込まれていきます。多くの歴史上の人物が憧れた気持ちがわかってきます。この記事を見て少しでもアーサー王に興味を持ってもらったり、作品を見てくださる方がいたらとても嬉しく感じます。最後まで読んでいただきありがとうございました。

1 2

コメントを残す