小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

松下幸之助の名言を厳選!人生に行き詰まったときに役に立つ言葉の数々とは

松下幸之助といえば現在のパナソニックの前身、松下電気器具製作所(これが後にナショナルとなり、パナソニックへと発展していきます)を創設した人物として有名です。多くの人が知っているのは、すでに社長になった松下幸之助です。その人生の明るい部分しか私たちは知らないわけです。

現在のパナソニック本社

しかし、彼の歩んだ道は平坦ではなく、さまざまな障害を乗り越えた結果がパナソニックの発展だったのです。そんな彼は多くの名言を残していますが、どれも真実に裏付けられた重みがあります。

私たちが人生につまずいたとき、松下幸之助の言葉はどちらに歩んでいけばよいかを教えてくれるかもしれません。

今回は数多くある松下幸之助の名言から、30個を厳選してお伝えしたいと思います。

  • これから人生を出発させる人に
  • 今社会で活躍している人に
  • 今挫折してしまったと感じている人に
  • 今の社会を変えたいと思っている人に
  • 人生の円熟期を迎えた人に

このように人生のさまざまな場面ごとに名言を紹介していますし、背景や意図についてもできる限りお知らせしていますから、自分の求めていた名言が見つかるはずです。

今回紹介する名言の中の1つでも、胸の中に深く根を下ろし、花を咲かせる日が来ることを願っています。

松下幸之助の名言・これから人生を出発させる人に

1960年代初期の松下幸之助
すでに社長になっている

これから新しい世界に飛び込む人には大きな不安があるかもしれません。そんなときに力を与えてくれる名言を紹介します。実際に力強く人生を送った松下幸之助の言葉の力は間違いありません。

諦めなければきっと幸せに続く道がある

道がないのではない・探し出せないだけ

無限に発展する道はいくらでもある。要はその道を探し出す努力である。

松下幸之助は1894年、現在の和歌山県和歌山市に生まれました。5歳のころに父が破産、幸之助は小学校を4年で中退せざるを得なくなり、働きに出ることになりました。

少年の道は閉ざされたように感じますが、彼は諦めませんでした。働きながら自分で商売をするために知識を蓄え、必要とあれば仕事の終わった後の夜に学校に通い、ついには社長になりました。松下幸之助の人生を思うと、一層重みを感じる言葉です。

奇跡が起きたわけじゃない。努力の積み重ねが幸せを作った

仕事先の自転車屋で幸之助の商才が花開いた

私は小さい頃貧しかったので、最初は腹一杯食べたい夢でした。丁稚奉公にいってからは、貯金して早く店を持ちたいと思いました。商売をはじめても、大きな会社など望みませんでした。一段上の夢を着実にこなしていっただけです。

松下幸之助は小学校を中退して、住み込みで働くことになりました。自分が腹いっぱい食べたいというシンプルな願いが、段階を追うごとに大きく発展して、最終的には人を幸せにしないと自分も幸せになれないと気が付きました。

目の前のことをこなしていくと、次はこうしたら良いということが見えてきます。それもこなしていると、そのうち自分が一段上の段階に来ることができるわけです。こうして幸之助は一段階ずつ上っているうちに、思いの外高い場所に来ることができたのでしょう。

幸之助の成功を奇跡と呼ぶのは、もしかすると失礼なことなのかもしれません。

悔やんでいる時間があるなら、前進しよう

現在のPHP研究所

どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。いま、現在に最善を尽くすことである。

社長となった松下幸之助は第二次世界大戦中に、軍需産業に手を貸していました。戦後にそれをアメリカから咎められ、幸之助の築いた松下電気器具製作所(当時は松下電器産業株式会社)の役員のほとんどは公職追放されました。

幸之助も社長職から追われてしまいますが、このとき彼は新しい事業を展開しました。現在でも自己啓発のための書籍を多く出版しているPHP研究所を創設したのです。

書籍の出版などを通して人々の心を支えたため、世間の評判が上がり、幸之助は社長に復帰することができました。この事実を知っていると、心から幸之助の言葉にうなずくことができるでしょう。

見方を変えれば別の道が開ける

違う方向から登る、これをなかなか思いつけない

山は西からも東からでも登れる。自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける。

どんな仕事でも目的はその人が幸せに暮らすことのはずです。それは皆変わらないはずです。1つの目的に向かっているのですから、その手段にこだわって意地を張り、争うのは時間の無駄だと幸之助は言いたかったのではないでしょうか。

たくさんの人をまとめなくてはならなかった幸之助にとっては、大切なのは山を登ることで、どの方向から行くかは関係ないことだったのでしょう。行く先を見失わないリーダーには安心してついていけます。

社長じゃないから、関係ないとは言えません。家族が困難な場面に直面しているとき、別の方法はないのかを考えられるのは大切なことです。

自分のことしか考えない人は成功できない

常に世の為、人の為を考えるのは難しいが…

世の為、人の為になり、ひいては自分の為になるということをやったら、必ず成就します。

少年時代の幸之助は、自転車屋で働いていましたが、来店した客にタバコを買いに行かされることがありました。何度もタバコを買いに行かされたために、幸之助は前もってタバコをまとめて買っておくことを思いつきました。

こうすることで、いちいち買いに行く手間が省けるし、まとめて買うために値段が安くなり、浮いたお金が手元に残ったのです。良い考えだと思われましたが、これが仲間たちに反感を買ってしまいます。

いくら良い考えでも、周りに反感を持たれるようでは成功はできない、まず周りの人たちのことを考えなくてはいけないと幸之助は学んだのです。

松下幸之助の名言・今社会で活躍している人のために

仕事がうまくいっている時ほど、立ち止まって考えよう

人は社会に出て活躍の場が与えられると、時として大切なことを忘れてしまいます。それを思い出させてくれる名言を紹介します。忙しい毎日を送っていても、時には名言をじっくり味わい、立ち止まってみてはいかがでしょうか。

人生で迷うなんて、贅沢だ

迷う、ということは、一種の欲望からきているように思う。ああもなりたい、こうもなりたい、こういうふうに出世したい、という欲望から迷いがでてくる。それを捨て去れば問題はなくなる。

人生のあらゆる場面で人は迷います。中にはもう過去になったことにまで、こうしていれば、ああしていれば、どうなっただろうと迷っている人もいます。

2つの人生を同時に生きられない以上、迷うのは当然のことだと思う人もいるでしょうが、幸之助はこれを欲望から来ているのだと断じています。欲望を持つことは決して悪いことではありませんが、迷って結論が出ない状況では、事態は先に進んでいきません。

迷っていないで前進しろ、と活を入れられたような気がして、背筋が伸びる言葉だと思います。幸之助は欲望を捨てて、人生をひた走ってきたのでしょう。

儲かってもそうでなくても、いつでも自分は変わらないし、変わりたくない

1929年ころの幸之助・この先も紆余曲折が
待っている

恵まれた生活も結構だし、恵まれない暮らしも結構、何事も結構という気持が大切だと思います。

松下幸之助が長年働いている間は、うまくいっているときだけではなかったはずです。特に幸之助と妻のむめ、妻の弟、友人2名が事業を立ち上げたばかりのときは、事業はうまくいかず、友人は幸之助のもとを去っていきました。

会社が大きくなってからも、公職追放を受けて仕事ができなくなったり、不景気で業績が落ちたりしました。この言葉はこれらのことをすべてくぐり抜けて来た幸之助だからこそ、言えた言葉だったのでしょう。

何事も結構、この気持を忘れなければ、どんなときでも心穏やかに暮らしていけるのではないでしょうか。

自分が楽しまないとお客さんも喜ばない

パナソニックの電器製品は多くの人を喜ばせた(写真は象印製)

自らも楽しみ人々にも喜びを与える。大切な人生をこうした心構えで送りたい。

松下幸之助が先頭となって作り出した家庭用電器製品で、どれだけ多くの女性が家事労働から解放されたかはよく知られています。洗濯機、冷蔵庫、炊飯器は今や家庭ではなくてはならない存在です。幸之助は商売をして利益を得るだけでなく、多くの人々に実際に喜びを与えました。

多くの人が喜んでくれたことは、幸之助の喜びにもなったでしょう。そこで幸之助は利益以上の何かを受け取っています。そして、それがさらに幸之助を成功させました。

自分の喜びとお客さんの喜びは切っても切り離せないものなのです。やはり、何事も自分のことだけではダメなようです。

無理やり売りつけるばかりでは、いつか必ず行き詰まる

ナショナルショップで幸之助の精神が発揮された

無理に売るな。客の好むものも売るな。客のためになるものを売れ。

現在でもそうですが、松下幸之助が活躍していた時代、電器製品は高価なものでした。1台でも多くの電器製品を売れば、そのときは儲かるかもしれませんが、幸之助はそれを良しとはしませんでした。

客の好みを優先せずに、役に立つものを売るというのは、一歩間違えると余計なお世話だと受け取られてしまいます。ですが幸之助は長い間使う電器製品を買うからには、決して後悔して欲しくなかったのでしょう。

この言葉を守るなら、客は必ず次の機会も同じ店、同じ人から買いたいと思うはずです。売る側も買う側も満足して幸せになり、経済も発展してすべてが丸く収まるのです。

才能よりも大切なことがある

熱意のある人と一緒に仕事がしたい、
誰でもそう思っているのでは?

才能なきことを憂うる必要はないが、熱意なきことをおそれなくてはならない。

何かを成し遂げるためには才能よりも熱意が大切です。社会で働くためには、才能が必要だと思いこんでいる人はたくさんいることでしょう。もちろん才能はないよりもあった方が良いです。

しかし、仕事に対する熱意があれば、障害があっても乗り越えていけます。逆に熱意がなければどんなに才能があったとしても、ちょっとしたことで仕事に行き詰まってしまいます。知識や経験は熱意を持って仕事をしていれば、後からついて来ます。

これは勉強や家庭生活についても言えることです。自分には才能がない、この言葉を逃げるために使ってはいけないのです。

人の言うことにも耳を貸せ

人の話をちゃんと聞くのは、意外に難しい

どんな賢人でも、その人ひとりの知恵には限りがあって、だから自分の知恵、才覚だけで事を運べば、考えがかたくなになる。視野が狭くなる。

幸之助の興した事業は大きくなりましたが、それは幸之助1人の力ではなし得なかったことです。たくさんの従業員がいたからこそ、現在のパナソニックが存在しているのです。

そこには幸之助の姿勢が大きく関係していたと感じられます。もし彼に、周りの人々の言葉に耳を貸す姿勢が欠けていたとしたら、ついて来る人は今よりもずっと少なかったかもしれません。

人は自分が認められ、必要とされていれば、喜んで力を貸すものです。幸之助1人ではなく、多くの人の力で作られているからこそ、パナソニックは誰からも愛される企業になったのではないでしょうか。

1 2 3

コメントを残す