小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

グリゴリー・ラスプーチンとはどんな人?生涯・年表まとめ【死因も紹介】

グリゴリー・ラスプーチンにまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「現代にも残る性豪・ラスプーチンの証拠!?」

奇怪なエピソードを数多く残すラスプーチンだが、実は彼の○○○が現存しているとか。

超人的な精力による肉体関係で、宮廷中の女性を手籠めにしたと噂されるラスプーチン。女性の敵であり、ある意味で男のロマンとも言える彼の生き様ですが、そんな彼の”凄まじさ”を示す”あるもの”が、現在のロシア・エロチカミュージアムに残されていることはご存じでしょうか?

ラスプーチンのペニスのホルマリン漬けとされているが、本当にそうなのかは誰にもわからない…

その”あるもの”というのは、なんとラスプーチンのペニスのホルマリン漬け!28センチという巨大なペニスの標本が、サンクトペテルブルクの博物館に飾られている異様な光景は、上記の画像を見てみるだけでも開いた口が塞がらないこと請け合いです。

とはいえ、このペニスが本当にラスプーチンのものなのか、という点については議論の余地が残されており、専門家の間では馬か牛のペニスであるという説が一般的となっています。

とはいえ議論の接結となったのが、娘のマリアによる「父のペニスはもっと大きい」という発言だったということが、ラスプーチンの凄まじい性豪エピソードを一層高めているように筆者には感じられました。

都市伝説・武勇伝2「実はかなりの平和主義者だったとも」

機械の風貌とエピソードが取り沙汰されやすいラスプーチンだが、その思想には頷ける部分もあった。

「怪人」「漁色家」といったイメージが先行し、結果的に帝政ロシアの崩壊を速めた人物として悪名を知られるラスプーチン。そんな彼の失脚を速めたのは第一次世界大戦ですが、実は彼の思想には、現代に通じる部分もありました。

ロシアの戦争への参戦について否定的な立場をとっていたことが、その一番の証拠だと言えるでしょう。

ラスプーチンに反目する勢力からは「民主主義の敵」や「ドイツの代理人」などと糾弾されていましたが、実は彼がロシアの戦争行為に賛成したことは生涯に一度もなく、彼は一貫してロシアの戦争に対する反発姿勢を取り続ける平和主義者でもあったのです。

また、自身の暗殺の動きが顕在化して、もはや死が逃れられないものになったことを悟った彼は、自分が死ぬ前に財産を全て娘の口座に移しておくなど、自身の死後の家族を心配する一面も見せています。

イメージとは裏腹に、平和主義で家族を思いやる人物であったことも、彼を両面的に見るにあたっては必要な情報であるかと思います。

グリゴリー・ラスプーチンの生涯年表

1869年 – 0歳「後の”怪僧”の誕生」

シベリアの貧しい田舎町に生まれたラスプーチンは、手の付けられない粗暴な若者だったとか。

貧しい田舎町での誕生

1869年1月、グリゴリー・ラスプーチンはシベリアの寒村ポクロフスコエ村の農夫の第5子として生を受けました。彼の名前であるグリゴリーは、4世紀の神学者であるニュッサのグレゴリウスから取って名づけられたものだと記録されています。

首都から遠い寒村に生まれ、識字教育も満足に受けられなかったラスプーチンは、村の中でも鼻つまみ者として嫌われる、素行不良の乱暴者として成長していくことになりました。

”神の教え”との出会い

粗暴な乱暴者として成長していたラスプーチンでしたが、少年期から青年期の間に、彼はロシア正教会古儀式派のスコブツィ教派の教えと、運命的な出会いを果たすことになりました。

「犯した罪を告白し、改めることで神に近づける」という教えに傾倒したラスプーチンは、識字こそ満足にできなかったものの、その真面目な態度によって次第に熱心な宗教者として評価を受けることになっていきます。

1892年 – 23歳「修行僧としての目覚め」

ラスプーチンとその妻子とされる写真。

マリヤの啓示を受ける

18歳の頃にプラスコヴィア・フョードロヴナ・ドゥブロヴィナと結婚したラスプーチンでしたが、この年に彼は突如として村を出奔。数か月の間、両親や妻との交流を絶って、修道院での修行に明け暮れる日々を送ったと言われています。

この出奔に際して、ラスプーチンは「聖母マリヤの啓示を受けた」と語っていたとされていますが、その真相は彼の頭の中にしかないため、詳細は想像するしかありません。

1905年 – 36歳「サンクトペテルブルクへ赴く」

アレクサンドラ皇后、ニコライ2世の二人との出会いが、ラスプーチンの運命を大きく変えた。

サンクトペテルブルクへ

修行を終えて村に戻ってからも、ラスプーチンは度々村を出奔。多くの場所の修道院を巡り、その熱心な姿勢はいずれも高く評価されたと伝わっています。

そして1905年、彼はサンクトペテルブルクへ赴き、そこで人々を治療することで信者を獲得。サンクトペテルブルクにおいて、ラスプーチンは一躍時の人となりました。

皇室との謁見

当時のサンクトペテルブルク、とりわけ宮廷では神秘主義(オカルティズム)が盛んに流行を見せており、特に大皇妃であるミリツァとアナスタシアの姉妹は、そのブームに非常に傾倒していました。

そんな流行も手伝ってか、「神秘の力で民衆を治療している」というラスプーチンは彼女たちとの謁見を許されることに。そしてそこで気に入られたラスプーチンは、更に皇帝であるニコライ2世とアレクサンドラ皇后に謁見することになりました。

こうして皇室に顔を知られたラスプーチン。もしかするとこの時点が彼の絶頂期であり、彼が後に辿る運命の転換点だったのかもしれません。

1907年 – 38歳「アレクセイ皇太子の治療にあたる」

アレクセイ皇太子の治療によって、ラスプーチンは皇室から重用されるようになった。

アレクセイ皇太子の治療

皇帝一家との謁見により、サンクトペテルブルクで活動を行うようになったラスプーチンは、この年に皇帝夫妻に頼まれて、血友病に苦しむアレクセイ皇太子の治療にあたります。

皇室お抱えの侍医にも手のつけようがないその病状に、多くの貴族や医者が「治せるわけがない」と疑っていましたが、なんとラスプーチンが祈りを捧げたことで、アレクセイ皇太子の病状が快復。これによってラスプーチンは、皇室から絶大な信頼を得ることになりました。

「聖なる人」の抱える闇

ラスプーチンとその信者たち。見事に女性ばかりが集まっていることが、彼の特異性を象徴する。

アレクセイ皇太子の治療によって、皇帝夫妻から「聖なる人」「我らの友」と呼ばれるまでに至ったラスプーチンですが、その絶大な信頼は強い影を生む結果にもなりました。

元より好色な気質の持ち主だったラスプーチンですが、この頃になると彼には常に背教の疑いが欠けられるようになります。宮廷内に多くの女性信者を持ち、そのような女性たちと淫乱な生活を送っている――そんな風聞が新聞で取り上げられたことで、世間には反ラスプーチンの機運が起こる事になってしまったのです。

実際、この頃のラスプーチンが大層な酒池肉林の生活を送っていたことは事実であるようで、そのような側面を持ちながらも皇室には重用されるという評価のギャップも、彼やロマノフ王朝の命運を決定づける遠因となってしまいました。

1914年 – 45歳「暗殺未遂事件が勃発」

暗殺未遂によって入院中のラスプーチン

ラスプーチン暗殺未遂

1912年ごろから、徐々に議会や貴族などを中心に反ラスプーチンの機運が増大。しかし皇室は一貫してラスプーチンを庇い続け、もはや議会と皇室の対立は避けがたいものになりつつありました。

そのような中で1914年、帰郷していたラスプーチンを刺客が襲撃すると言う暗殺未遂事件が発生。ラスプーチンは腹部を刺される重傷を負いながらも刺客を返り討ちにして九死に一生を得ますが、この事件は彼の心に影を落とす結果となりました。

ヤール・レストラン事件

ヤール・レストラン事件は、反ラスプーチンを掲げる者たちによるでっち上げとする説が一般的。

暗殺未遂事件から約1年が経った1915年、ラスプーチンはヤール・レストランの前で女性に向けて下半身を露出するという、ヤール・レストラン事件と呼ばれる事件を起こしたと報告されています。

しかしこの事件には非常に不可解な点が多く、警察組織の捜査が行われた様子もほとんどないため、現在は「ラスプーチンの失脚を狙った、議会や貴族派閥による自作自演」として考える方が一般的です。

1915年 – 46歳「高まり続ける”反ラスプーチン”」

皇室を操るラスプーチンを描いた風刺画。

皇室を操る男?

第一次世界大戦の長期化と、それに伴う食糧の不足や戦死者の増加により、国民感情は”反皇室”――ひいては”反ラスプーチン”へと流れ、もはや止めようもなくなっていきました。

特に「皇室に取り入って、皇帝と皇后を操っている」と目されたラスプーチンへの反感は抑えが効かないほどに高まりを見せ始め、アレクサンドラ皇后が内政をラスプーチンに任せたこともまた、その機運に油を注ぐことになってしまいました。

こうして市民や議会、貴族からも厳しい目を向けられることになったラスプーチン。しかしアレクサンドラ皇后はラスプーチンに反する者を次々と罷免しようとするなどの暴挙に出てしまい、結果的にこの対立は泥沼化していくことになります。

1916年 – 47歳「怪僧ラスプーチンの死」

ケーキとワインと銃弾、そして靴によってラスプーチンの命運は絶たれることになった。

暗殺前夜

1916年11月ごろになると、議員や貴族たちは結託して、様々な手段でラスプーチンを政治から遠ざけようとするようになりました。

しかしそのような買収の動きは、ラスプーチンを盲目的に指示するアレクサンドラ皇后によって阻止されてしまい、結果的に貴族たちは結託してラスプーチンの暗殺を実行することを決定します。

ラスプーチン自身も、このような暗殺の動きを半ば察知していたらしく、彼はこの頃「自分はもうすぐ殺される」と外出を控えるようになったほか、娘の口座に自身の財産を移すなどの死に支度めいた行動が増えていたことが記録されています。

暗殺決行

ラスプーチン暗殺の実質的な実行犯であるフェリックス・ユスポフ

1916年12月17日、ラスプーチンは貴族であるフェリックス・ユスポフに、邸宅へと呼び出されて歓待を受けることになります。そしてこの呼び出しこそが、ラスプーチン暗殺計画の始まりでした。

美人で有名なユスポフの妻と会うことを餌に呼び出されたラスプーチンは、まず青酸カリが混入したプチフールと紅茶を与えられ、デザートワインを泥酔するまで飲まされますが、何故か彼は毒によって苦しむ様子もなく生存。

リボルバー拳銃の弾丸を至近距離から受けても、ラスプーチンは死なずに逃げ出そうとしたとか。

しかし泥酔したラスプーチンは酩酊状態に陥り、その隙をついてユスポフはラスプーチンの背中に向けて二度発砲。これによって心臓と肺を貫かれたラスプーチンは、床に倒れ込みました。

しかしそれでもラスプーチンはまた死なず、それどころか逃げようとしたと伝わっています。そしていよいよ焦った暗殺犯たちは、逃げるラスプーチンに向けてさらに発砲。静脈から背骨に欠けて貫通する重傷を負い、ラスプーチンはとうとう倒れ伏しました。

しかし彼はまだ死んでいなかったようで、ユスポフはまだ起き上がって逃げようとする彼を靴で何度も殴打し、トドメに額を打ち抜くことでようやく暗殺を終えたとされています。

死体の行方と暗殺事件の顛末

川から引き揚げられたラスプーチンの遺体。死後硬直が写真でも見て取れる。

常軌を逸した生命力を発揮したラスプーチンの遺体は、簀巻きにされて冬の川に投げ入れられる事で処理されたと記録されています。死体が見つかったのは事件発生の三日後であり、発見された死体は死後硬直で伸びきっていたそうです。

この暗殺事件に関しては、実行犯がロシア有数の貴族であるユスポフであり、多くの議員や貴族が実質的な共犯であったため、ろくな捜査も成されずに迷宮入りとして処理されたと言われています。

また、その一応の捜査資料もソビエト連邦の成立によって破棄されてしまったため、ラスプーチンの死の詳細や真実については、現在も想像するしか知る余地がない状態となっているようです。

ラスプーチンの死、その後…

このイパチェフ館でロマノフ王家が虐殺されたことで、ロシアの一つの時代が終わりを迎えた。

ラスプーチンの死後、彼とその信望者であるアレクサンドラ皇后によって不安定化した政情は、ラスプーチンを重用していたニコライ2世へ牙を剥くこととなります。

そして1917年2月には二月革命が勃発。一部の兵士すら暴徒に加わったこの事件は皇室の権威の零落を示すには十分すぎる事件となり、これが引き金となってニコライ2世は退位を決定。これによってロマノフ朝ロシア帝国は崩壊することとなりました。

その後ロマノフ家の者たちは監禁生活を強いられた末に、1918年にイパチェフ館にて惨殺。この残虐な事件によってロマノフ朝の血筋は断絶し、ロシア帝国はソビエト連邦として新たに歩みだすことになったのです。

グリゴリー・ラスプーチンの関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

真説 ラスプーチン

ラスプーチンについての評伝です。「聖人」あるいは「怪人」としての評価に偏りがちなラスプーチンについての評伝の中では、おそらく最も中立的な視点を保っている書籍だと言えるでしょう。

訳の問題からか、かなり読みにくい部分も散見されますが、それでもラスプーチンという人物を知るには最も参考になる書籍としておすすめしたいと思います。

怪僧ラスプーチン―ロマノフ朝の最期

ラスプーチンに関する評伝…ということになっていますが、情報が古いため、現在では「ラスプーチンに関するイメージと風説について」という形で読める一冊です。

ラスプーチンについてだけでなく、彼の台頭と没落によって終焉を迎えることになったロマノフ王朝についても描かれているため、ラスプーチンについてだけでなく当時の謎に満ちたロシア帝国について知りたい方にお勧めの一冊となっています。

おすすめアニメ、ゲーム

Fate/Grand Order

スマホでフェイト!|Fate/Grand Order 公式サイト

多数の歴史や神話上の偉人がキャラクター化して登場する『Fate』シリーズのスマートフォン版です。スマホゲームとは思えない重厚なストーリー展開が特長となっているため、じっくりとプレイできるゲームが好きな方にお勧めの作品となっています。

本作におけるラスプーチンは、シナリオの第二部で登場。Fateシリーズにおける人気キャラ、言峰綺礼に憑依してプレイヤーと敵対する勢力の幹部として暗躍する、謎めいた魅力あるキャラクターとして登場しています。

DRIFTERS

歴史上の登場人物が多数登場する漫画作品のアニメ版です。この作品においても、ラスプーチンは敵方の勢力として登場します。

本作のラスプーチンは、怪人というよりは祈祷僧の一面が強調されて描かれているほか、史実とはかけ離れた外見イメージもとても特徴的です。興味がある方はぜひご覧になってください。

グリゴリー・ラスプーチンについてのまとめ

ある人からは「奇跡を起こす聖人」、ある人からは「ロマノフ王朝を滅びに導いた怪人」と、人や立場によって非常に評価が分かれるグリゴリー・ラスプーチンという人物。

けっして英雄視ができる人物ではありませんが、割合現代に近い人物であるにも関わらず正確な記録が非常に少ないことや、それを後押しする奇々怪々なエピソードなど、歴史を学ぶのではなく”楽しむ”事に関して考えるならば、非常に興味深い人物であるように感じました。

どんな事柄であれ立場によって評価軸が変わることは当たり前ではありますが、ラスプーチンに対する評価は特に二極化が激しくなっています。皆様も是非、自分で様々な情報を調査し「ラスプーチンはどういった人物か」という自分なりの評価をしてみて頂ければ幸いです。

それでは、この記事にお付き合いいただき誠にありがとうございました。この記事が皆様にとって、多少なりと学びになっていれば何より光栄でございます。

1 2

コメントを残す