小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

エイブラハムリンカーンとはどんな人?生涯・年表まとめ【偉大な大統領の名言や演説も紹介】

リンカーンとは、19世紀のアメリカ合衆国において弁護士、政治家として活躍した後、第16代アメリカ合衆国大統領に就任した人物です。「偉大な解放者」や「奴隷解放の父」と呼ばれており、アメリカの政治学における調査では、最も偉大なアメリカ合衆国大統領の1人として数えられています。

彼は数々の功績を残していますが、その中でも特に有名な功績が「奴隷解放宣言」です。リンカーンは、アメリカ合衆国南部を中心に拡大していた奴隷制に反対し、南北戦争の最中に奴隷解放宣言を発布しました。その結果、アメリカ合衆国における黒人奴隷の解放が実現したのです。

奴隷解放の父 エイブラハム・リンカーン

また、リンカーンは「ゲティスバーグ演説」を行ったことでも知られています。「人民の人民による人民のための政治」のフレーズで知られるこの演説は、アメリカ合衆国の歴史において最も有名な演説の1つとなりました。

19世紀後半から20世紀、そして現在に至るまで、アメリカ合衆国が世界をリードする存在として君臨する大国となったきっかけを作った人物であるエイブラハム・リンカーン。

この記事では、そのような彼の人物像や生涯、功績について紹介していきます。また、リンカーンにまつわる名言や謎、逸話についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

リンカーンとはどんな人物か

名前エイブラハム・リンカーン
誕生日1809年2月12日
没日1865年4月15日
生地アメリカ合衆国
ケンタッキー州ラルー郡
没地アメリカ合衆国
ワシントンD.C.
配偶者メアリー・トッド・リンカーン
埋葬場所アメリカ合衆国イリノイ州
スプリングフィールド

リンカーンの生涯をハイライト

リンカーンの高解像度写真

まずはリンカーンの生涯を簡単に解説しましょう。

農家であるトーマス・リンカーンと妻ナンシー・ハンクスの間に生まれたリンカーンは、貧困のため各地を転々とする幼少期を過ごしました。そして、船乗りや郵便局員などの様々な職業を経験した後に、政界へ進出していきます。

この頃、アメリカ合衆国では南部を中心に奴隷制度が拡大していました。これに対し、反対の立場をとっていたリンカーンは、奴隷制度廃止と保護貿易主義を掲げる共和党を結成。そして、奴隷制度拡大に反対する力強い弁舌が評価され、共和党の大統領候補に指名されたのです。

そして、1860年のアメリカ合衆国大統領選挙に勝利し、共和党初の大統領になりました。しかし、奴隷制度の維持・拡大を主張する南部諸州がアメリカ合衆国から離脱し、アメリカ連合国を形成。その結果、1861年に南北戦争が勃発したのです。

リンカーンが大統領に当選した後、アメリカ合衆国から離脱したアメリカ連合国

南北戦争において、リンカーンは最高司令官として北軍の指揮を取りましたが、当初は南部勢力が優勢な状況にありました。しかし、1863年に奴隷解放宣言を行い、国際世論の支持を集めた後、ゲティスバーグの戦いで北軍が南軍を破ったことで形勢は逆転します。

そして、1865年に南軍の降伏によって4年にわたって続いた南北戦争が終結しました。しかし、その直後に過激な南部派の俳優ブースによって、リンカーンは暗殺されてしまいます。その結果、リンカーンはアメリカ史上で初めて暗殺された大統領となってしまったのです。

「奴隷解放の父」と呼ばれる

リンカーンは黒人奴隷制度の拡大に対して反対の意思を示していた

アメリカ合衆国南部を中心に黒人奴隷制度が拡大して行く中で、リンカーンは黒人奴隷制度の拡大に反対の立場をとっていました。そして、自らが大統領となった後、奴隷制廃止を目的の1つとした南北戦争に勝利し、「奴隷解放の父」となったのです。

大統領に就任した当初、リンカーンは奴隷制度の拡大に反対してはいましたが、奴隷制度が広く浸透していた南部諸州がアメリカ合衆国から脱退することを恐れており、奴隷制度の即時廃止は求めていませんでした。しかし、最終的に南部諸州は離脱して南北戦争に発展。その結果、リンカーンは奴隷制度の廃止を戦争目的へ昇華し、内戦の終結をもって奴隷制度を崩壊に追い込んだのです。

また、このようなリンカーンの思想の背景には、父の思想が関係していたかもしれません。リンカーンの父は、キリスト教プロテスタントの一教派であるバプテスト教会の熱心な信者であり、宗教的な観念から奴隷制度を嫌っていたのです。

演説の才能は生まれつき

リンカーンが大統領に就任した際の演説の様子

リンカーンは、雄弁な演説によって民衆を惹き付けたことで人気を集めた大統領です。その力強く勇ましい演説は、リンカーンがアメリカ合衆国において最も尊敬される大統領として挙げられる理由でもあります。

そして、彼が持つ演説の才能は、大統領選挙に出馬する以前から既に発揮されていました。生まれつきの雄弁家であったリンカーンは、州議会議員選挙へ立候補した頃や、弁護士としての活動をしていた頃からその実力を見せつけており、周囲から高い評価を獲得していたのです。

その後、リンカーンは大統領就任演説やゲティスバーグでの演説において、国の統一と平和を強調する力強い演説を行いました。そして、リンカーンが行った数々の演説は、アメリカ合衆国における後世の政治家たちに強い影響を与えたのです。

リンカーンはノーベル賞を受賞したのか

ダイナマイトを発明し、自身の遺産をノーベル賞の創設に使用させたアルフレッド・ノーベル

結論から言いますと、リンカーンはノーベル賞を受賞していません。その理由は、リンカーンがノーベル賞の受賞資格を保有していなかったことにありました。実はノーベル賞を受賞するには、受賞決定発表の段階で本人が生存していることが条件となっているのです。

ノーベル賞とは、ダイナマイトの発明者であるアルフレッド・ノーベルの遺言によって1901年より開始された、物理学、化学、生理学・医学、文学、経済学、平和へ貢献した人物に送られる世界的な賞。

1901年の時点で既に死去していたリンカーンには受賞資格がありませんでした。しかし、もしリンカーンにノーベル賞の受賞資格があれば、彼は奴隷解放やアメリカ合衆国の分断を回避した功績によってノーベル平和賞を受賞していたかもしれません。

宗教を信仰していたかは不明のまま

幼い頃より勉強家だったリンカーン

勉強家として多くの本を読み、様々な学問に精通していたリンカーンは、アメリカ大統領としては珍しく、自らの信仰を公表していませんでした。

リンカーンは、知識や理性に基づく自由思想家であり、無宗派であったと言われています。しかし、彼は演説や論文において、主に聖書を参考にした宗教的なイメージを持つ言葉を度々引用していました。その理由は、民衆へのアピールであったという説もありますが、現在では確かめようがありません。

また、リンカーンの父であるトーマス・リンカーンは、キリスト教プロテスタントの宗派の1つであるバプテスト教会の熱心な信者であり、最終的には指導者にまで上り詰め、教会の管財人も務めていました。その結果、リンカーンが成長して自由で理論的な思想をもつようになった頃には、次第にトーマスと対立するようになっていったのです。

リンカーンはなぜ暗殺されたのか

リンカーン暗殺事件の現場を描いたイラスト

1865年4月14日、リンカーンはアメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.にあるフォード劇場で喜劇を観ている最中に、拳銃で至近距離から頭部を撃たれました。そして、翌日の朝7時22分に亡くなったのです。

リンカーン暗殺事件の犯人である俳優のブースは、リンカーンと対立したアメリカ連合国の狂信的な支持者でした。ブースの目的は、大統領であるリンカーンと国務長官のウィリアム・スワード、副大統領のアンドリュー・ジョンソンを殺害し、アメリカ合衆国の北部政府を転覆させることにあったのです。

最終的に、ブースはリンカーンの暗殺には成功しましたが、スワードとジョンソンの殺害は叶わず、アメリカ合衆国政府を混乱に陥れることができないまま射殺されることになります。そして、リンカーンの死は急進派共和党員の台頭を招くことになり、それ以降の南部諸州は過酷な政策を敷かれることになるのです。

リンカーンの功績

功績1「奴隷解放宣言を発布」

奴隷解放宣言の草案を作るリンカーンと閣僚たち

リンカーンの功績として、まず挙げられるのが奴隷解放宣言です。奴隷解放宣言とは、南部諸州の支配地域における黒人奴隷たちを解放するよう命じた宣言であり、南北戦争が続いていた中でリンカーンが1862年9月に予備宣言を行い、翌年1月1日に発布されました。

そして、南北戦争に北軍が勝利したことで、南部諸州の奴隷制度は廃止されます。リンカーンによる奴隷解放宣言をきっかけに、それまで奴隷だった人々は白人支配から解放され、アメリカ合衆国の国民として自由と人格が認められたのです。

しかし、自由の身となった黒人たちを待っていたのは、現代においても深刻な社会問題となっている人種差別問題でした。黒人たちは、リンカーンによって奴隷という身分からは解放されましたが、経済的に不利な立場は続いており、社会的弱者として差別され続けているのです。

功績2「ゲティスバーグ演説」

リンカーンはゲティスバーグにある国立戦没者墓地の追悼式典において演説を行った

Four score and seven years ago our fathers brought forth on this continent, a new nation, conceived in Liberty, and dedicated to the proposition that all men are created equal. Now we are engaged in a great civil war, testing whether that nation, or any nation so conceived and so dedicated, can long endure. We are met on a great battle-field of that war. We have come to dedicate a portion of that field, as a final resting place for those who here gave their lives that the nation might live. It is altogether fitting and proper that we should do this. But, in a larger sense, we can not dedicate – we can not consecrate – we can not hallow – this ground. The brave men, living and dead, who struggled here, have consecrated it, far above our poor power to add or detract. The world will little note, nor long remember what we say here, but it can never forget what they did here. It is for us the living, rather, to be dedicated here to the unfinished work which they who fought here have thus far so nobly advanced. It is rather for us to be here dedicated to the great task remaining before us – that from these honored dead we take increased devotion to that cause for which they gave the last full measure of devotion – that we here highly resolve that these dead shall not have died in vain – that this nation, under God, shall have a new birth of freedom – and that government of the people, by the people, for the people, shall not perish from the earth.

「87年前、我々の父祖たちは、自由の精神にはぐくまれ、人はみな平等に創られているという信条にささげられた新しい国家を、この大陸に誕生させた。 今我々は、一大内戦のさなかにあり、戦うことにより、自由の精神をはぐくみ、自由の心情にささげられたこの国家が、或いは、このようなあらゆる国家が、長く存続することは可能なのかどうかを試しているわけである。我々はそのような戦争に一大激戦の地で、相会している。我々はこの国家が生き永らえるようにと、ここで生命を捧げた人々の最後の安息の場所として、この戦場の一部をささげるためにやって来た。われわれがそうすることは、まことに適切であり好ましいことである。 しかし、さらに大きな意味で、我々は、この土地をささげることはできない。清めささげることもできない。聖別することもできない。足すことも引くこともできない、我々の貧弱な力をはるかに超越し、生き残った者、戦死した者とを問わず、ここで闘った勇敢な人々がすでに、この土地を清めささげているからである。世界は、我々がここで述べることに、さして注意を払わず、長く記憶にとどめることもないだろう。しかし、彼らがここで成した事を決して忘れ去ることはできない。ここで戦った人々が気高くもここまで勇敢に推し進めてきた未完の事業にここでささげるべきは、むしろ生きている我々なのである。我々の目の前に残された偉大な事業にここで身をささげるべきは、むしろ我々自身なのである。―それは、名誉ある戦死者たちが、最後の全力を 尽くして身命をささげた偉大な大義に対して、彼らの後を受け継いで、我々が一層の献身を決意することであり、これらの戦死者の死を決して無駄にしないために、この国に神の下で自由の新しい誕生を迎えさせるために、そして、人民の人民による人民のための政治を地上から決して絶滅させないために、我々がここで固く決意することである。」

ゲティスバーグ演説とは、「人民の人民による人民のための政治」のフレーズで知られる、リンカーンの名演説です。この演説は、アメリカ合衆国の歴史において最も重要な演説の1つとして数えられています。

ゲティスバーグ演説において、リンカーンは勇敢に戦った兵士たちの死は無駄ではなく、自由と平等のために捧げられたものであると言いました。そして、その結果として奴隷の解放や民主主義の未来が実現されるということを強く主張し、民衆を奮い立たせたのです。

このリンカーンの演説は、わずか2分間という短いスピーチでした。しかし、簡潔でありながらも力強いリンカーンの言葉は、当時のアメリカ国民の心を動かし、後世において世界的に知られることになる名演説となったのです。

功績3「自由と民主主義を守った英雄」

リンカーンの政策により、黒人たちは自由への道を1歩踏み出した

南北戦争に勝利し、奴隷制を廃止に追い込んだリンカーンは、人々の自由を推進して民主主義の未来を守った英雄として、現在においてもアメリカ合衆国で最も尊敬される人物の1人とされています。

そして、彼は暗殺されてしまったことでアメリカ合衆国の殉教者となり、自由を象徴する神話の登場人物であるような扱いを受けるようになっていきました。その結果、リンカーンの銅像がワシントンD.C.に建てられたほか、彼はアメリカ合衆国で初めて流通貨幣に肖像が使用された人物となったのです。

リンカーンの肖像画が使用された紙幣

また、20世紀前半にサウスダコタ州にあるラシュモア山国立記念公園において、アメリカ合衆国の歴史に名を残す偉大な4人の大統領をイメージした巨大な胸像が掘られました。ここに並ぶのは、初代大統領のジョージ・ワシントン、アメリカ独立宣言を起草した第3代大統領のトーマス・ジェファーソン、アメリカ人で初めてノーベル賞を受賞したセオドア・ルーズベルト、そしてエイブラハム・リンカーンなのです。

4人の偉大な大統領の胸像が並ぶラシュモア山国立記念公園

リンカーンの名言

government of the people, by the people, for the people 「人民の人民による人民のための政治」

この名言は、リンカーンがゲティスバーグで行った演説を締めくくる言葉として知られています。正確には「人民の人民による人民のための政治を地上から決して絶滅させないために、われわれがここで固く決意することである。」と続きます。

自由と民主主義の未来を守ることを主張し、歴史上において非常に重要な意味を持ったこの台詞は、後世においても高い評価を得ています。

別に何とも思わないさ

この台詞は、リンカーンが暗殺される前に発した最後の言葉です。暗殺される前、リンカーンは共にフォード劇場を訪れていたメアリー夫人の手を握っていました。そして、夫人はリンカーンに対して「ハリス嬢が見たらどう思うかしら。」とたしなめました。ハリス嬢とは、リンカーン夫妻と共に劇場に来ていたヘンリー少佐の婚約者です。

メアリー夫人の言葉に「別に何とも思わないさ。」と返したリンカーン自身は、妻の手を握りながら何を思っていたのでしょうか。そして、この言葉を残した後に始まった喜劇を見ている最中に、リンカーンは密かに劇場へ忍び込んでいた南部派の俳優ブースによって射殺されてしまったのです。

1 2

コメントを残す