小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

足利義輝とはどんな人?生涯・年表まとめ【性格や最期についても紹介】

「足利義輝ってどんな人?」
「足利義輝が剣豪だったって本当?」

この記事をご覧の皆さんはそんな疑問を持っているかもしれません。足利義輝は、室町幕府13代将軍となった人物です。剣豪塚原卜伝の直弟子で、抜群の剣の腕前を持ちました。

ところが、義輝が将軍になった時代は既に戦国時代。室町幕府将軍の権威は地に落ち、京都を含む畿内では下剋上の嵐が吹き荒れていました。義輝は三好長慶ら新興勢力と対決・妥協をしながらも幕府再興に命をかけて活動するも、30歳の若さで松永久秀らに滅ぼされます。

今回は、大河ドラマ『麒麟が来る』で向井理さんが演じ話題となった、剣豪将軍足利義輝の生涯や義輝にまつわるエピソードを紹介します。

足利義輝とはどんな人物か

名前足利義輝
誕生日1536年3月31日
没日1565年6月17日
生地東山南禅寺
没地二条御所
配偶者近衛稙家の娘
埋葬場所不明

足利義輝の生涯をハイライト

義輝の父で12代将軍だった足利義晴

足利義輝は1536年に生まれました。父は12代将軍の足利義晴で、幼名は菊幢丸といいます。父の義晴は管領の細川晴元と敵対していたため、将軍としての地位が不安定でした。そのため、義輝は父ともどもたびたび京都を追われています。

義輝と対立した三好長慶

1546年、彼は元服し義藤(以後、義輝と表記します)を名乗ります。義輝は元服の直後に父から征夷大将軍の地位を譲られ、室町幕府13代将軍となりました。しかし、将軍の地位の不安定さは変わりません。その理由は三好長慶との対立でした。

義輝は長慶を排除しようと暗殺を試みますが失敗。さらに対立が激化します。結局、義輝と長慶の争いは10年に及びました。その間、義輝は諸大名の和睦をあっせんするなどして存在感を高め幕府の力を取り戻そうとします。1588年、長慶と伊勢貞孝が対立すると義輝は長慶を支持し、彼を味方に取り込みました。

ところが、1564年に三好長慶が病死すると状況は一変。将軍を傀儡にしようとする三好三人衆や松永久秀は、独断で政治を行う義輝を排除し、都合の良い人物を将軍にしようと画策します。そして、ついに三好や松永は二条御所を包囲して義輝を攻め滅ぼしてしまいました。

武勇に優れ勇気ある気性の持ち主だった足利義輝

ルイス・フロイスの『日本史』

足利義輝の性格について、宣教師ルイス・フロイスは著書『日本史』の中で次のように述べています。

とても武勇に優れ、勇気ある人だった

たしかに、何度挫折しても京都に舞い戻り将軍権威の復興に取り組む姿は、自らの命を顧みず、幕府再興に執念を燃やす勇気ある人柄を示しています。また、自ら剣を取り戦った姿から武勇に優れた様子をうかがい知ることができるでしょう。こうした点から、フロイスの義輝への評価は的を射ているのではないでしょうか。

イエズス会にキリスト教布教を許可した

足利義輝は1560年にイエズス会宣教師ガスパル・ヴィレラを謁見(えっけん)します。彼は南蛮渡来の砂時計を献上し義輝に京都での布教を許可してくれるよう願いました。義輝はヴィレラの願いを受け入れ、京都布教を許可します。

ヴィレラは四条坊門姥柳町を拠点とし、その場所を教会として使用しました。ヴィレラが九州に去ったのち、京都布教はルイス・フロイスに託されます。フロイスは義輝を後ろ盾として本格的に布教を進めようとしました。

京都布教のため1576年に建てられた南蛮寺の跡

ところが、義輝が1565年に永禄の変で殺害されると、フロイスは三好らに畿内を追い出されます。その後、義輝の弟である義昭を奉じて上洛してきた織田信長に謁見し、後ろ盾とすることに成功するのです。ちなみに、義輝の死の様子はルイス・フロイスが書いた『日本史』に詳しく記述されています。

足利義輝の愛刀の名は”基近造”

足利義輝の愛刀”基近造”

足利義輝の愛刀は”基近造”といいます。この刀は備前国(現在の岡山県)にいた刀工集団「福岡一文字派」の流れをくむ基近が鍛えた刀です。福岡一文字派の刀の特徴は刃文(刀身に見られる白い波のような模様)の華麗さにあります。

美しい刃文を持つ福岡一文字は、武士たちの間で珍重されました。義輝が持っていた”基近造”は、刃文(刀身に見られる白い波のような模様)の表裏がほとんど一緒でつくられた非常に美しい刀、愛用した義輝の美意識が伺えますね。

ちなみに、現在残る福岡一文字の最高傑作は上杉謙信や上杉景勝の刀として知られる「山鳥毛」です。この刀は国宝に指定されています。

足利義輝の最期と辞世の句

足利義輝は最期、三好三人衆や松永久秀に襲撃され亡くなりました。この事件を永禄の変といいます。将軍を操り人形にし、自ら権勢をふるおうと企てていた三好三人衆や松永久秀にとって、幕府復興を掲げ自ら政治を行うとする義輝は邪魔だったのでしょう。

美しい声で鳴くホトトギス

足利義輝の辞世の句は

五月雨は 露か涙か ほととぎす 我が名をあげよ 雲の上まで

永禄の変が起きたのは旧暦の5月でした。その5月に降るのは雨か、それとも志半ばで殺される自分の涙なのか。(そこにいる)ホトトギスよ、私の名前を雲の上まで高らかに響かせてくれ、という内容です。足利義輝の享年は30歳。まだまだ働き盛りで死を迎える無念さが伝わる辞世の句です。

剣豪将軍といわれるだけあり、義輝は圧倒的多数の三好・松永軍に対して善戦します。しかし、最後は敵兵の槍よって殺されたとも、畳をかぶせられ、上から刺されてとも言われていますが壮絶な最期だったのは間違いないようです。

足利義輝の功績

功績1「諸大名の争いを調停した」

将軍になった足利義輝は、積極的に諸大名の争いを調停しました。強大な軍事力を持たない義輝は、諸大名の争いを調停することで幕府や自らの存在価値を高めようとしたのです。実際、義輝の調停により多くの戦いが休戦状態となりました。

武田晴信と長尾景虎が戦った川中島の戦い

東北の伊達氏の内輪もめや関東の北条氏康と里見義堯の争い、武田晴信と長尾景虎の第三次川中島の戦い、徳川家康と今川氏真の戦い、中国地方の毛利元就と尼子晴久の戦い、九州の島津氏と大友氏の争いなどが義輝の仲裁によって休戦となります。戦国大名の争いの仲裁において、足利将軍が一定の役割を果たしたといってよいでしょう。

功績2「政敵の三好長慶を取り込んだ」

畿内で下剋上を果たした三好長慶

義輝は、10年来の政敵である三好長慶を自分の味方とすることで幕府の力を強めようとしました。三好長慶はもともと幕府管領細川氏の家臣です。しかし、細川氏が内紛などで弱体化した時、三好長慶は細川氏にとってかわり畿内で最強の勢力となりました。

義輝が将軍になりたてのころ、義輝と三好長慶は敵対関係にありました。1550年の中尾城の戦いで、義輝は三好長慶に城を攻め落とされ朽木に脱出しています。また、義輝は1551年に三好長慶の暗殺を謀りますが失敗しました。さらに1553年の京都東山の霊山城での戦いでも義輝は三好長慶に敗北します。

もはや力三好を退けるのは不可能だと悟った義輝は、三好長慶を幕府の相伴衆に加え、幕臣とすることで敵対関係を解除します。義輝と長慶の仲は修復されたわけではありませんでしたが、共倒れを防ぐための苦肉の作だったと言えるでしょう。

功績3「長尾景虎(上杉謙信)を関東管領にした」

義輝に頼りにされた長尾景虎(上杉謙信)

1561年、足利義輝は越後の実力者、長尾景虎を関東管領に任じました。長尾景虎は越後の守護代でしたが、越後守護の上杉定実が子を残さず死去したため、義輝により越後守護の代行を命じられたのです。

その景虎が関東管領上杉憲政の養子となり、上杉家の家督と関東管領職を相続しました。関東管領は室町幕府の役職の一つで、関東を支配する鎌倉府のナンバー2です。このころ、鎌倉府は実態を失っていましたが、関東管領になることで長尾景虎(上杉謙信)は関東出兵の大義名分を得ます。

景虎は1553年と1559年に上洛し、義輝に拝謁しています。その際、将軍家に対する忠誠を誓っていました。若いころから武勲を重ね、歴戦の勇将だった長尾景虎を京都に呼び寄せるのは、幕府再興を願う義輝の悲願だったといえるでしょう。しかし、皮肉にも関東管領の役職を与えたことにより、景虎は一層関東に縛られてしまいます。

足利義輝と関係性が深い人物

義輝の弟、足利義昭

足利義昭の木像

足利義昭は義輝の同母弟です。義輝は嫡男で将軍の後継ぎとして育てられたのに対し、弟の義昭は仏門に入れられます。これは、兄弟間の家督争いを避けるための措置でした。1565年の永禄の変で義輝が殺害されると、義昭も三好らに命を狙われます。

命の危険にさらされた義昭は、細川藤孝ら義輝の側近たちに救い出され近江に脱出します。その後、義昭は越前の朝倉氏を頼りましたが、朝倉義景は上洛して幕府を再興するのに消極的でした。

尾張・美濃を統一し勢力を急拡大させていた織田信長

そこで、義昭は破竹の勢いで領土を拡大していた織田信長に接近し、彼の力を借りて京都に返り咲きます。しかし、あくまで幕府再興を願う義昭と自身の権力基盤拡大を望む信長とでは目指すものが違いました。そのため、両者は反目するようになります。

そして、1573年に足利義昭は京都を追放されます。義昭と手を切った信長は代わりの将軍をたてませんでした。そのため、室町幕府は義昭で最後となります。

義輝の死後、弟の義昭を補佐した明智光秀

義昭に仕え、のちに織田信長の重臣となった明智光秀

明智光秀は、義輝の弟である足利義昭に仕えた人物です。光秀は朝倉義景よりも織田信長のほうが上洛に積極的だと考え、義昭に信長を頼るよう勧めました。そして、義昭と信長の仲を取り持ちます。

信長は光秀を通じて義昭の要請を受諾し、軍を率いて上洛します。美濃を平定し勢いに乗る信長軍は、三好三人衆を打ち破り京都を制圧、義昭を征夷大将軍としました。その後、義昭と信長が対立すると、光秀は信長の家臣として生きることを選択します。

大河ドラマ『麒麟が来る』では義輝と光秀の間に接触があったように描かれていますが、実際のところは諸説あり定かではありません。ただ、光秀が義昭に仕え幕府再興に動いたのは事実であり、その意味で義輝の目標と一致していたといえるでしょう。

1 2

コメントを残す