小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

チェ・ゲバラとはどんな人?生涯・年表まとめ【名言や最後の様子も紹介】

「チェ・ゲバラってどんな人?」
「キューバ革命のカリスマと聞いたけど…」

チェ・ゲバラ(本名:エルネスト・ゲバラ)はアルゼンチン生まれの政治家で、革命家です。キューバのゲリラ指導者であり、評価は別れるものの彼の生きざまは多くの人が注目し、今も語り継がれています。

チェ・ゲバラ

革命家である彼は、南アメリカの英雄として絶大な人気を誇っていますが、「アウトロー的」な雰囲気と、壁に自ら体当たりしていくような生きざまにどこか憧れを感じてしまうのかもしれません。

ビートルズのジョンレノンが、「世界一かっこいい男」と言ったというチェ・ゲバラ。この記事では彼の功績やエピソードを踏まえて、彼がどの様な人物だったのかを迫っていきます。

チェ・ゲバラとはどんな人物か

名前エルネスト・ゲバラ
通称チェ・ゲバラ
誕生日1928年6月14日
没日1967年10月9日
生地アルゼンチン・ロサリオ
没地ボリビア・バジェグランデ地方
イゲラ
埋葬場所キューバ中部・サンタクララ

チェ・ゲバラの生涯をハイライト

革命家チェ・ゲバラの人生をハイライト

チェ・ゲバラの生涯を簡単にダイジェストします。

  • 1928年:アルゼンチンのロサリオで裕福な家庭に生まれる
  • 1932年:喘息が酷いためにコルドバに転居する
  • 1948年:ブエノスアイレス大学の医学部に入学する
  • 1950年:北部アルゼンチンをモペッドで走破する
  • 1951年:オートバイで南アメリカを放浪する
  • 1953年:医学部を通常6年かかるところを3年で卒業する
  • 1956年:長女誕生、そして25ヶ月に及ぶゲリラ戦に参加
  • 1959年:キューバ革命を成立、この年に日本も訪問している
  • 1960年:「ゲリラ戦争」を出版
  • 1964年:国際連合主席でキューバ代表として演説
  • 1965年:「別れの手紙」を残しキューバを去る
  • 1967年:ボリビアの革命に参加し、捕らえられ死去。享年39歳。

「チェ・ゲバラ」と呼ばれる由来

「チェ」とはスペイン語で親しい人に対する挨拶という

ゲバラの本名は「エルネスト・ゲバラ」ですが、現在「チェ・ゲバラ」の呼び名で呼ばれることがほとんどです。元々「チェ」はスペイン語で「やあ」「おい」「お前」「ダチ」といった親しみを込めた呼び方であり、ゲバラは初対面の人に「チェ、エルネスト・ゲバラだ」と挨拶していたそうです。

それをキューバ人たちが「チェ」と面白がってあだ名をつけたのが由来だそうです。ラテンアメリカでも今でも「チェ」「エル・チェ」というと彼を指します。

カストロとキューバ革命を起こす

フィデル・カストロ

ゲバラはメキシコで亡命中の反体制派のキューバ人のリーダー、フイデル・カストロと出会い、「キューバ革命」を起こしました。メキシコでカストロと出会ったゲバラは、カストロに共感し、反バティスタのゲリラ闘争へ参加したのです。

グランマ号、この小さな船で渡ったというから驚きだ

革命の経緯は、1956年に反乱軍82名でプレジャーボート「グランマ号」に乗り込んでいます。7日後にキューバに到着し、反乱軍は上陸直後に政府軍の攻撃を受けて壊滅状態となります。生き残ったのは、82人中ゲバラ・カストロを入れて12名だったそうです。

そして上陸から1年後には、第2軍という大きな部隊のコマンダンテ(司令官)に任命され指揮官と少佐の階級を与えられました。名実とともにカストロに続く反乱軍のナンバー2となったのでした。

ゲバラとカストロ

1958年に、第2軍300人は政府軍6000人が迎え撃つキューバ第2の都市サンタクララに突入し政府軍を混乱させ奮闘しています。1959年にはフルヘルシオ・バティスタがドミニカ共和国へ亡命し、カストロはハバナに入場し「キューバ革命」は達成されることとなりました。

決別の手紙を残しキューバを去る

アメリカ大統領アイゼンハワーはキューバへの経済封鎖を行った

ゲバラは革命から6年後に、「別れの手紙」を残してキューバを去りました。革命後のゲバラは工業相に就任しますが、アメリカの経済封鎖による資源不足と、福祉事業の無料化により財政はひっ迫していきます。徐々に理想主義者のゲバラは、キューバ首脳陣の中で孤立していったといいます。

そこにとどめを刺したのが、キューバの最も主要な外交相手だったソ連を「帝国主義的搾取の共犯者」と非難し論争を巻き起こしてしまいます。

キューバ党大会でゲバラの「決別の手紙」は読まれ世間に知れることとなった

ソ連はキューバに対し、「ゲバラをキューバ首脳陣の中から外さなければ物資の援助を削減する」と通告します。そしてゲバラはキューバの政治の一線から退くことを伝え、カストロ・父母・子供達に手紙を残してキューバを離れたのです。

チェ・ゲバラの死因と遺骨の行方

ゲバラが収容されたイグラの学校

ゲバラの死因はボリビア兵による銃殺刑です。銃殺までの経緯は、ゲバラはキューバを去った後に、各国を転々としますが、最終的に再度キューバに戻ってきています。そしてカストロとの会談の後に、新たな活動の場としてボリビアに渡り大陸革命を目指しました。しかし親ソ的なボリビア共産党の支援を得られず、またCIAなどを顧問に政府軍がゲリラ対策の訓練を受けていたために苦戦を強いられました。

洗濯場に乗せられ見世物にされるゲバラの遺体

1967年アンデス山脈のチューロ渓谷で、政府軍に捕えられてしまいます。近くの小学校に待機していましたが、CIAから「ゲバラを殺せ」という電報を受信。ゲバラは政府軍によって計4発の銃弾を浴びて絶命しました。最後の言葉は「お前の目の前の男は英雄でも何でもないただの男だ。撃て!臆病者め!!」だったといいます。享年39歳でした。

ボリビアにあるゲバラの墓、現在遺骨はキューバの霊廟に安置されている

遺体は無名のまま埋められました。しかし1997年のキューバとボリビアの合同捜索隊により、死後30年でボリビア空港の滑走路の下で遺骨が発見されて、遺骨は遺族らがいるキューバに送られています。キューバではゲバラの「帰国」に遺体を霊廟に送る列に、多くのキューバ国民が集まりました。遺体はキューバ中部の都市サンタクララに設けられた霊廟に葬られました。

革命家としてのゲバラの思想

帝国主義を追い出したとしてベトナムのような国を作ることを理想とした

ゲバラのモットーは、「2つ、3つ、もっと多くのベトナム(反帝国主義人民戦争)を作れ!」だったといいます。また非常に理想主義者であり、「共同体のために尽くし、労働を喜びと感じる『新しい人間』」の育成を目指し、その出現を国家展望としました。

彼の言葉に「何キログラムの肉が食べられるか、あるいは一年に何回休みの日に海岸に遊びに行けるか、あるいは現在の給料でどれほどの美しい輸入品を買えるか、それは問題ではない」といい、理想論的すぎるとキューバ国内でも反感を招いています。

ゲバラの理想主義は戦火をまき散らしたのも否めない

この彼の理想主義は結果的に、「戦火をまき散らす男」という負のイメージと、「清廉で理想に燃えた革命家」という対極的な評価が与えられる理由となりました。

1 2 3

コメントを残す