小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

古事記とは?どんな内容?特徴や作者、成り立ち、日本書紀との違いなどを紹介

「古事記って何?どんな内容なの?」
「だれがいつ書いたもの?」

このような疑問を持たれている方もいるのではないでしょうか?古事記は、奈良時代の712年に完成した現存する日本最古の歴史書です。天地の始まりから神々が生まれて日本の国土を作り、それを治める歴代天皇の事績や伝説が書かれています。

国宝に指定されている古事記写本

とくに全体の3分の1を占める神話部分では、日本の神様が国を造り、文化を創造していく様子など日本国の精神と文化のルーツともいえる物語が展開されています。古代日本のことを知る上で欠かせない書といえるでしょう。

ここでは古事記は誰がいつどういった目的で作ったのか?その特徴や魅力、その書かれている内容などをご紹介します。

神話や歴史といえばとっつきにくく感じるかもしれません。しかし古事記は物語風に描かれ、現代語訳であれば読み物としても十分親しみやすく楽しめます。この記事が古事記を読むきっかけになれば幸いです。

古事記とは

日本最古の歴史書・古事記
書名古事記
巻数3巻
成立年712年
編纂者稗田阿礼と太安万侶
収録期間天地初発~推古天皇
表記変体漢文

冒頭でもご紹介した通り、古事記は現存する日本最古の歴史書です。第40代天武天皇が編纂を命じて奈良時代の第43代元明天皇の時代に完成しました。

古事記には、日本の国土の成り立ちから建国、天皇の国土支配へと続く壮大な神話、そして第33代推古天皇までの代々の天皇の系譜と伝説が記されています。それらが物語風にまとめられ、文学的価値も高い作品です。

以下で古事記がどういったものなのか詳しく見ていきましょう。

日本神話『古事記』の内容を簡単に解説

白うさぎを助けたオオクニヌシ

古事記は上・中・下の3巻に分かれています。ここではざっとあらすじを解説します。

上巻(神話)

天地が分かれた時から神武天皇が誕生するまでの神話です。はるか昔、天と地に分かれ、天の神々が誕生しその最後に生まれたイザナキ・イザナミという男女の神が日本列島を生み出します。続いてこの神々は海や川、火といった様々な神を生み、イザナキからは最後にアマテラス、ツクヨミ、スサノオが生まれました。

スサノオの子孫オオクニヌシは地上で国を造りますが、天の神アマテラスが地上の国は自分の子孫が治めるべきだと宣言。力負けしたオオクニヌシが国を譲ることを承諾し、地上にアマテラスの孫のニニギが降臨します。

中巻(伝説的)

ニニギの子孫であるイワレビコが初代・神武天皇となり、以降第15代応神天皇までの物語です。神武天皇が即位するまでの経緯や、ヤマトタケルの遠征物語などが描かれています。神話から歴史へと移る過渡期を描いています。

仁徳天皇陵ともいわれる古墳

下巻(歴史的)

第16代・仁徳天皇から第33代・推古天皇までの物語。歴代天皇の実績など、歴史的な記録が多く記されています。雄略天皇、継体天皇などヤマト朝廷の混乱期の様子も垣間見えます。

古事記の性質や目的・作られた経緯とは

第40代天武天皇

古事記を編纂した目的は、天皇が国を支配する正統性を明らかにするためだったとされています。そのため古事記は天皇を神聖化し、その皇統を伝える役目を果たしています。

この編纂を命じたのは天皇を中心とした集権国家作りを進めていた天武天皇です。当時、歴史を伝える『帝紀』(天皇の系譜)と『旧辞』(豪族の伝承)は、各豪族によって都合がよいように書き換えられ、その伝承がバラバラになっていました。

天武天皇は天皇のもとで国をまとめるためには歴史は一つであるべきと考え、正しい歴史書を作るべく古事記と日本書紀の制作を命じたのです。

しかし天武天皇は古事記が完成しないうちに崩御します。そのため事業は一時中断しましたが、奈良時代の元明天皇の命で太安万侶(おおのやすまろ)が本にまとめ、和銅5年(712年)に天皇に献上しました。

なお、読み方は当初から「コジキ」と呼ばれていたのかどうかは不明です。

古事記の作者は誰なのか

古事記の編纂に携わった太安万侶

古事記には特定の作者はいません。古い伝承として伝えられてきた物語を本にまとめたのが古事記なのです。

その編集に関わったのが稗田阿礼(ひえだのあれ)と太安万侶という人物です。古事記序文によれば、天武天皇が稗田阿礼に誦み習わせた『帝紀』と『旧辞』を、元明天皇の命を受けた太安万侶が編集して本にまとめ和銅5年(712年)に献上したとあります。

稗田阿礼は一度聞いたことは忘れないという優れた暗記能力の持ち主。そして太安万侶は文才に秀でており、4か月で古事記を完成させています。古事記はふたりの傑出した才能によって生み出されたものでした。

古事記の作者は誰?作成に至る経緯や稗田阿礼、太安万侶などもわかりやすく解説

表記法は太安万侶が生み出した

表記はすべて漢字で書かれている古事記

古事記は全部漢字で書かれていますが、変体漢文という変わった表記法が使われています。当時の日本語は音声言語で文字を持っていなかったため、文字を表記するときには中国から入ってきた漢文を使っていました。

しかし太安万侶は古事記を書くにあたり、日本の伝承は日本の言葉で表現すべきだと考えます。それには日本の音に一文字ずつ漢字を当てていく音読みの方法もありました。

たとえば「ヌナトモモユラニ」は「奴那登母々由良迩」と漢字の意味に関係なく一音に一文字(音読み)をあてることで、玉の音が軽く、ユラユラと揺れる様子をそのまま表現できています。ただしこれは今でいえばすべてをひらがなで書くようなもの。全部これで表記すると無駄に長くなってしまいます。

そこで太安万侶が生み出したのが、訓(漢文)を下書きにしながらも、日本語で伝えたい場面や固有名詞などは音読みにするという音訓両用という変体漢文でした。ただしこの方法を使った場合、音と訓のどちらで読めばよいかわかりません。そこで音、訓という読み方も表記しています。

日本書紀との違い

古事記とほぼ同時期に作られた正史・日本書紀

天武天皇は日本書紀の制作も命じています。日本書紀は約40年かけて、古事記に遅れること8年後の720年に完成しました。

なぜ歴史書を2種類作ったのかというと、日本書紀は外国に向けた日本の正史、古事記は国内向けに天皇の正統性を示そうとしたものという目時の違いだったのではないかといわれています。両書の具体的な違いは以下の通りです。

 古事記日本書紀
完成年712年720年
巻数全3巻全30巻と系図1巻
編者稗田阿礼、
太安万侶
川島皇子、
舎人親王ほか
収録期間天地初発
~推古天皇
天地開闢
~持統天皇
文体変体漢文漢文
日本書紀の編纂を率いた舎人親王

日本書紀は10名以上のチームに編纂させた国家の大事業で、当代一流の学者たちも加わったとみられています。一方で古事記は2人の天才がまとめたものでした。

気になる内容の違いですが、古事記が叙情豊かな物語風にまとめているのに対し、日本書紀は淡々と時系列に出来事を並べています。古事記は「その人が何をしたか」を、日本書紀は「いつ何があったかという出来事」をそれぞれ重視していたようです。

また、それぞれの目的の違いもあるのか、同じ神話でも内容が異なり、片方にしかない部分もあります。また、日本書紀は圧倒的に天皇の事績部分が古事記より多いのも特徴です。

古事記と日本書紀の違いや共通点は?神話の真実や編纂した時代も解説

風土記・万葉集との関わり

出雲国風土記

風土記は奈良時代の初め、元明天皇が各国の様子(地名、産物、状態、土地の起原、伝承など)をまとめ提出させた各国の地誌です。現存しているのは出雲国、播磨国、常陸国、豊後国、肥前国の5つの国の風土記で、このうち出雲国風土記のみがほぼ完全な形、他の4つは一部が欠けた状態で残されています。

これ以外にも他の書物に引用された形で一部だけが残る「風土記逸文」があります。

古事記と風土記は共通する神話であってもその内容が少しずつ違う場合もあり、例えばオオクニヌシの国造り神話は古事記と各国の風土記で少しずつ内容が異なっています。このように古事記と風土記の物語を比較することで日本の神話の多様性や豊かさを知ることができます。

日本最古の和歌集・万葉集

万葉集は奈良時代後期にまとめられた日本に現存する最古の和歌集です。天皇から庶民、作者不明の歌まであらゆる階層の人々が詠んだ歌が約4500首収録されています。大伴家持が編纂されたとされていますが、古事記の編纂者でもある太安万侶が関わっていたという説もあります。

古事記と風土記、万葉集は直接の関係はありませんが、いずれも奈良時代に成立しており、この時代の歴史や風俗、言語を知る手掛かりになります。

古事記のその後と本居宣長の古事記伝

本居宣長の古事記伝

今では日本書紀以上に多くの人に親しまれている古事記ですが、じつは江戸時代まで日本の歴史書といえば日本書紀で、古事記はせいぜいその参考資料といった扱いをされていました。そのため江戸時代には古事記は後世に作られたものという偽書説も飛び出します。

一方で、江戸時代に賀茂真淵など古事記を研究する人が増えて注目を集めるようになります。そのような中で国学者本居宣長(もとおりのりなが)が古事記こそが日本の心を伝えるものと考え、35年間かけて古事記の研究に取り組み、全44巻からなる古事記の注釈書『古事記伝』を完成させました。

これは言葉の読み方や意味、日本人の心、古事記に登場するワニやイルカはどのような生き物かなど多角的な面から研究をした労作です。この古事記伝の刊行により、古事記は一躍注目を集めるようになりました。そして古事記伝は現代まで古事記研究の基本となっています。

なお、古事記の原本は残されていません。写本の伊勢本系統と卜部本系統が伝わっており、現在最も古い写本は伊勢本系統に属する14世紀の真福寺本(国宝)です。

本居宣長とはどんな人?生涯・年表まとめ【古事記伝や源氏物語、名言や思想についても紹介】
1 2

コメントを残す