小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

バラクオバマとはどんな人?生涯・年表まとめ【スピーチや功績、名言も紹介】

「バラクオバマってどんな大統領だったの?」
「オバマ大統領の功績やスピーチについて知りたい!」
「オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞した理由が知りたい!」

あなたはこのように思っているのではないでしょうか。

バラクオバマとは、2009年から2017年までアメリカ大統領を勤めた政治家です。「Yes,We can」のフレーズで知っている方も多いかもしれませんね。彼はアメリカ史上初の黒人大統領として、医療保険制度改革や経済政策、平和的外交と弱者救済に重きをおいた活動を行いました。

バラク・フセイン・オバマ

オバマの功績は多岐に渡りますが、最も大きい功績としてあげられるのが経済政策でしょう。彼が大統領に就任した時期は、ちょうどリーマンショックによる大不況の最中でした。

これを財政支出によって回復させたのがオバマです。2009年はマイナス成長だった米国ですが、翌年以降はプラスに転じ、毎年順調に成長していきました。

この記事では、オバマ大統領の生涯や功績、スピーチについて、「Yes,We can」のキーワードで彼に興味を持ち、調べていくうちにその人柄に魅せられてしまった筆者が執筆させていただきます。

バラクオバマとはどんな人物か

名前バラク・フセイン・オバマ
誕生日1961年8月4日
生地アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル
出身校オクシデンタル大学
・コロンビア大学・ハーバード大学
任期2009年1月20日〜2017年1月20日
配偶者ミシェル・オバマ

バラクオバマの生涯をハイライト

バラクという名前は旧約聖書の登場人物が由来

バラク・フセイン・オバマは1961年8月4日にハワイ州ホノルルで、黒人と白人の間に生まれました。その後僅か2年で両親が離婚し、オバマは母方に引き取られ10歳までインドネシアで過ごし、祖父母のいるハワイへ帰還しました。

高校卒業後はカリフォルニアの大学に入り、卒業後はニューヨークの出版社に就職しました。4年ほどニューヨークで過ごしたあとはイリノイ州シカゴに移り、ハーバードの法科大学院へ入学。1991年に法務博士の学位を取得し、弁護士として法律事務所で働きます。

人権派弁護士として有名となったオバマは2004年にアメリカ上院議員選挙に出馬し、見事当選。2008年には民主党から大統領選挙に立候補し、選挙戦でヒラリー・クリントンに勝利しました。そして2009年に大統領に就任し、医療保険や経済政策などの改革を行います。

ノーベル平和賞の受賞者を選ぶノルウェー議会

さらに対話と交渉を重視した外交と核廃絶への働きかけが評価され、同年にノーベル平和賞を受賞。2012年に再びアメリカ大統領選挙に出馬し、再選しました。

大統領2期目ではキューバとの国交を回復させます。2017年1月20日に大統領を退任してからはワシントンD.C.に残り、映像会社を創設。2020年には、大統領選挙に出馬したジョー・バイデンを支持し、応援演説や資金調達などの支援を行いました。

バラクオバマはどんな大統領だったのか

「弱者救済」を重視した大統領だった

オバマ大統領は、特に「弱者救済」に取り組んだ大統領でした。

大戦が終わった後の世界、アメリカは世界一の大国として急速にグローバル化が進んだ国です。これにより経済的にぐんぐん成長したアメリカですが、その裏では大量の失業者が出ました。アメリカの医療費は高く、貧しい人は医療を受けられません。

そこでオバマ大統領は、お金がない人も医療を受けられるようにする法律を成立させました。要するに、日本でいう国民保険を作ったわけですね。

他にも税制上の救済や失業保険の再承認、雇用創出法などを成立させ、アメリカ経済を立ち直らせました。

ノーベル平和賞を受賞した

ノーベル平和賞のメダル。1年に最大3人が選ばれる

2009年10月9日、オバマ大統領は「核なき世界」に向けて国際社会へ働きかけを行ったことが評価され、ノーベル平和賞を受賞しました。

理由は、4月のチェコ・プラハの演説で核兵器のない世界の実現を訴えたこと、対話や交渉を重視する平和的な国際外交や諸国民の協力を強くするための努力をしたことの2つです。しかし、これには時期尚早だという声も上がりました。

というのも、オバマ大統領は具体的な成果をあげたわけではないからです。実は過去に2人、現職のアメリカ大統領が受賞しているのですが、両者とも日露戦争の講和や第一次世界大戦の講和などの成果がありました。

こういった理由から、オバマ大統領のノーベル平和賞受賞は賛否が分かれています。

就任演説で強い印象を残した

オバマ大統領1期目の就任演説

このスピーチは2009年、大統領1期目の就任時に行われた演説です。オバマ大統領と言えば「Yes,We Can」のフレーズで有名ですが、この演説では、そういったキーワードは使用しませんでした。

代わりに、アメリカ国民の団結と現状の危機、未来への希望、先人たちの偉業を讃える言葉などを述べ、聴衆に強い印象を残しました。以下は就任演説の日本語訳の一部です。全文を読みたい方、英文も知りたい方は下記からご覧ください。

政府はできること、やらなければならないことをしますが、この国が頼りとするものは、詰まるところ、国民の信念と決意です。最も難しい局面を乗り切ることができるのは、堤防が決壊したときに見知らぬ人を助ける親切心や、友人が職を失うのを見るよりは自分の労働時間を削る無私の心があるからです。最終的に私たちの運命を決めるのは、煙に覆われた階段を駆け上る消防士の勇気であるとともに、子供を喜んで育てようとする親の意志です。

私たちの課題は新しいものかもしれません。それに立ち向かう手段も新しいかもしれません。しかし、私たちの成功の可否を左右する、正直さと勤勉、勇気と公正、寛容と好奇心、忠誠心と愛国心といった価値観は、古くからあるもので、真実です。これらは米国の歴史を通じて、前進するための静かな原動力となってきました。必要とされているのは、こうした真実に立ち返ることです。今私たちに求められているのは、新たな責任の時代です。米国人一人ひとりが、自分自身、国、そして世界に対して義務を負っていると認識することです。そして、全力を尽くして困難な仕事に取り組むことほど心を満たし、米国人らしさを示すものはないと確信して、この義務をいやいやではなく、喜んで引き受けることです。

これが市民であることの代償であり、約束です。

これが私たちの自信の源です。神が、定かではない運命に方向性を与えるように、私たちに求めているのです。

これが私たちの自由と信条の意味なのです。これが、あらゆる人種や信仰の男女や子供たちが、この巨大なモール(広場)に集まって祝うことができる理由、そして、60年足らず前に地元のレストランで食事することを許されなかったかもしれない父親を持つ男が、今、極めて神聖な宣誓を行うために皆さんの前に立つことができる理由です。

AMERICAN CENTER JAPAN

バラクオバマの家族構成とは

オバマの妻「ミシェル・オバマ」

バラクオバマの妻「ミシェル・オバマ」

オバマ大統領の妻ミシェルはイリイノ州シカゴの出身の、アメリカの法律家です。

オバマ大統領がシドリー・オースティン法律事務所に勤務しているときに出会い、1992年に結婚しました。そしてオバマが大統領になるとアメリカ史上初のアフリカ系アメリカ人のファーストレディとして有名になり、世界で最も人々を元気付ける女性25人の1人に選ばれました。

オバマの2人の娘「マリア」「サーシャ」

オバマ一家。左から2番目がマリアで4番目がサーシャ

オバマ大統領には「マリア」と「サーシャ」という2人の娘がいます。2人はホワイトハウスに住む最年少の子供で、2014年には最も影響力のある25人の若者として選ばれました。

家族仲は良好で、2人が大学へ進学し実家を離れることになったさいには、涙を流して見送ったそうです。

バラクオバマの功績

功績1「アメリカ史上初の黒人大統領」

演説とカリスマ性で多くの人から支持された

オバマ大統領の最も有名な功績といえば、やはりアメリカの歴史で初めての黒人大統領ではないでしょうか。

昔ほどひどくはありませんが、アメリカは黒人差別のある国です。そんなアメリカで、肌の黒いオバマが大統領に就任したことは、少数派の人々にとって大きな希望でした。そのため、特に貧困層や黒人、移民からの期待が集まりました。

オバマ大統領は彼らに希望を与えた、という点で最高の大統領と言われています。

功績2「世界経済を救った」

アメリカの経済は世界経済に影響する

あまり公になっていませんが、オバマ大統領は財政支出を行なってアメリカ経済を救い、そして世界経済を破局から守りました。

オバマが就任した2009年は、リーマンショックの不況真っ只中で「100年に1度の大不況」と言われるほどの危機でした。しかし、1929年に起こった世界恐慌の失敗から教訓を得ていたオバマ大統領は、財政支出を行なって経済に介入。金融機関や企業を倒産から救いました。

国家の借金は4.5倍に膨れ上がりましたが、結果的にアメリカの国内総生産成長率(GDP。国の経済を表す指標)はマイナス2.78%から回復し、毎年1.5〜2.5%ずつ成長しています。

アメリカの経済状態は世界に影響を及ぼします。オバマ大統領は、アメリカの経済危機を救って経済を軌道に乗せることで、世界の経済を救ったと言えるでしょう。

功績3「国民保険制度改革『オバマ・ケア』 」

国民全員に保険に入ることを義務付けた

先述しましたが、オバマ大統領が特に力を入れたのが国民保険制度改革、通称「オバマ・ケア」です。

実はこの国民保険制度は1901年のセオドア・ルーズベルト大統領のころから取り組まれていた案件だったのですが、リーマン・ショックによる不景気や財政の負担、個人の自由の損害などの理由で長年、法案の可決に至りませんでした。

これを可決まで持ってきたのがオバマ大統領です。とはいえ、かなり強引だったため可決後にはアメリカ26州から保険制度は違憲だと訴訟がおきました。さらには、後任のトランプ大統領が選挙公約の1つに医療保険制度の廃止を掲げ、支持を得ます。

オバマ大統領の「弱者救済」の政策は、残念ながら自由主義のアメリカとは相性が悪かったようです。

バラクオバマの名言

行動の大切さを説く名言が多い

Yes,We can

「私たちは、やればできる」

オバマ大統領が演説で繰り返し訴えた言葉です。直訳すると「はい、私たちはできます」ですが、演説の文脈から考えると「私たち(アメリカ)はやればできる」が正しいでしょう。

オバマ大統領は演説で、過去に不可能だと思われたことを可能にしてきた先人たちの偉業を、一つ一つ丁寧にあげました。先人たちと同じように、私たち(アメリカ)が直面している困難も乗り越えていける。「Yes,We can」私たちはやればできるのだ、と繰り返し訴えたのです。

私たちならより良い方向にアメリカを変えられると国民全員に強く訴えました。私たちも「やればできる」という言葉を胸にチャレンジしたいですね。

Change will not come if we wait for some other person or some other time. We are the ones we’ve been waiting for. We are the change that we seek.

「他の誰か、他の機会を頼りにしても「変革」は訪れない。「我々」こそ、我々が待ち望んでいたものだ。「我々」こそが、我々が捜し求めていた「変革」そのものなのだ」

「変化」という言葉はオバマ大統領が掲げるキーワードの一つです。世界のリーダーとして率先して変化を起こしていくという決意のみられる言葉ですね。現状を変えるためには、自ら行動する必要がある、行動することの大切さを教えられます。

The best way to not feel hopeless is to get up and do something. Don’t wait for good things to happen to you. If you go out and make some good things happen, you will fill the world with hope, you will fill yourself with hope.

「絶望を感じないようにする最善の方法は立ち上がって何かすることだ。何かいいことが起こるのを待っていてはいけないよ。外に出て何かいいことを起こすんだ、そうすれば世界を希望で満たすことができる。自分自身を希望で満たすことができるのさ」

辛い時にこそ、思い出したい言葉です。絶望的な状況にあると、ついつい思考もネガティブに偏りがちです。そんなときこそ、行動して自分にとって良いことをすると気持ちが晴れることもあります。辛い時こそ、行動しましょう。

You can’t let your failures define you. You have to let your failures teach you.

「失敗に君の在り方を決めさせてはいけない。失敗から学ばないといけない」

生きていると、失敗して落ち込むこともあると思います。しかし、失敗をしたからといって必ずしもあなたに価値がないわけではありません。むしろ、失敗から学ぶことによってより成長できます。

1 2

コメントを残す