小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

オウム真理教とは?起こした事件や幹部、修行法を解説【現在の活動も紹介】

「オウム真理教ってなに?」
「現在オウム真理教はどうなってるの?」
「オウム真理教事件について知りたい!」

オウム真理教とは日本に存在した新興宗教団体で、松本サリン事件や地下鉄サリン事件などの事件を起こしたテロ組織としても知られています。オウム真理教が引き起こした一連の事件によって403人の逮捕者を出し、うち起訴されたのは192人にも上りました。

ヨーガ教室として始まった宗教団体は、どのような経緯で世界中を震撼させたテロ組織へと変貌していったのでしょうか。

この記事では「オウム真理教」の歴史や重要人物、オウムが引き起こした事件を紹介します。

オウム真理教とは

オウム真理教の概要

オウム真理教が引き起こした地下鉄サリン事件
出典:東洋経済ONLINE

オウム真理教(以下、教団)は1988年から1995年に活動した日本の新興宗教団体及びテロ組織です。もともとは教祖であった麻原彰晃こと本名・松本智津夫がヨーガ教室として発足させ、1995年には信者15,000人を超える宗教団体へと成長していました。

しかし麻原彰晃の教えや考えを盲目的に信仰する信者が多数現れると、信者の家族と教団とが激しく対立するなどの問題が起こり始めました。揉め事や訴訟などを繰り返すうち、麻原は教団の障害となるものを排除しようと考えるようになります。

その結果、麻原と教団は坂本堤弁護士一家殺害事件、松本サリン事件、地下鉄サリン事件などを引き起こした凶悪なテロ組織へと変貌していったのです。

オウム真理教の考えや教え

信者とともに修行する麻原彰晃
出典:時事ドットコムニュース

オウム真理教は「宗教は1つの道」として、世界の宗教の起源は古代エジプトにあると言う概念を持っていました。そのため麻原は、儒教、キリスト教、仏教、ヒンドゥー教、イスラム教などあらゆる宗教の思想を含む「真理」を追求するという教えを説いています。

オウム真理教では修行によって欲望や煩悩などの苦悩から解放されることを「解脱」、精神的に超越した状態を「悟り」と呼んでいました。麻原は自身を「ヒマラヤで最終解脱した日本で唯一の存在で、空中浮遊などが可能になった超能力者」と宣伝し信者を集めました。

ヒマラヤ山脈
出典:Wikipedia

またダライ・ラマ14世などのチベットやインドの高僧や修行者との会談で教団の権威性を高めることにも成功し、より多くの信者を獲得しています。

「オウム」の名の由来

サンスクリット語のアルファベット
出典:考える人

「オウム真理教」の名前の由来はサンスクリット語にあります。

オウムはアルファベットでは「A・U・M」と表記され、「A」は創造、「U」は維持、「M」は破壊を意味しています。そして3文字を合わせると「すべては無常である」という意味になり、すなわち「変化するものである」という意味を表しています。

また麻原は釈迦やイエス・キリストが人間に説いた教えの根本を「真理」と呼び、その追及を目指していました。その真理を実践する宗教団体ということで、麻原は「オウム真理教」と名付けたとされています。

宗教施設の「サティアン」

サティアン
出典:Wikipedia

「サティアン」とはオウム真理教の宗教施設の名称で、山梨県の上九一色村や鳴沢村、静岡県富士宮市などにあった教団拠点に建造されていました。施設内では信者が共同で生活したり、パソコンの組み立てなどの作業や化学兵器の実験などが行われていました。

特に有名なのは上九一色村にあった麻原が逮捕された「第6サティアン」や、サリン製造プラントのあった「第7サティアン」でしょう。

建物の特徴としては無機質で質素な建築様式が挙げられます。宗教団体の施設というものは必要以上に装飾されていることが多いのですが、サティアンは一見工場や倉庫のように見えるほどシンプルな作りでした。

オウム真理教の重要人物

教祖・麻原彰晃

麻原彰晃
出典:BBC NEWS

麻原彰晃はオウム真理教の創始者で、本名を松本智津夫といいました。教団内部では教祖として絶対的な権力を持っていて、信者たちを過激な修行や暴力によって服従させていました。また不思議なカリスマ性も持ち合わせており、医者や科学者などの信者も数多く従えています。

麻原は幼少の頃から先天性緑内障を患っていて、左目がほとんど見えませんでした。そのため盲学校に通っていましたが、そのころから同級生や下級生を従え権力者として君臨していたといいます。

22歳の時に予備校で知り合った松本知子と結婚すると、6人の子どもを授かります。また麻原には愛人が100人以上いたとされていて、妻・知子との子ども以外にも婚外子が多数いるといいます。

麻原彰晃とはどんな人物?生涯年表まとめ【事件の理由や生い立ち、妻や娘についても紹介】

幹部・上祐史浩

上祐史浩
出典:デイリー新潮

上祐史浩はオウム真理教の元幹部で、オウムが破産によりアレフとなった際に代表として就任した人物です。現在はアレフからも退いて新しい宗教団体「ひかりの輪」を設立し活動を続けています。

大学時代からチベット仏教やヨーガに興味を抱いていた上祐は、雑誌に取り上げられていた麻原の記事を読んでオウム真理教の前身であるオウム神仙の会に入会しました。1992年には教団で二番目に高い位階の「正大師」に昇進し、翌年にはロシア支部長に就任しています。

1995年の地下鉄サリン事件が起きるまで上祐はロシアに駐留していましたが、事件後麻原に呼び戻され「緊急対策本部長」に就任すると教団のスポークスマンの役割を果たしました。

麻原彰晃の娘・松本麗華

松本麗華
出典:HUFFPOST

松本麗華は麻原の三女で、オウム真理教の元幹部です。麻原の子供たちの中でも格別の寵愛を受け、幼いころから後継者としての教育を受けていました。11歳にして早くも正大師となり、教団の中で麻原に次いで二番目の地位を与えられています。

オウム真理教が解体した後、小学校や中学校に通うことが出来ず小学校三年生から通信教育を受けました。高校も通信制の学校に進み、2004年には文教大学人間科学部臨床心理学科に入学して心理学を学んでいます。

オウム真理教事件について

オウム真理教在家信者死亡事件

「オウム真理教在家信者死亡事件」とは1988年9月22日にオウム真理教の信者だった男性が、修行中に死亡した事件です。原因は百日修行と呼ばれる厳しい修行に用いられた薬物による中毒といわれていて、死亡させるつもりが無かったことから過失致死事件として扱われました。

教団に関係する初めての死者が出たこの事件をきっかけに、教団は多くの違法行為に手を染め始めます。事件発覚を恐れた麻原の指示で遺体は秘密裏に遺棄され、のちに事件の一部始終を目撃していた別の信者を口封じのため殺害しています。

坂本堤弁護士一家殺害事件

殺害された坂本堤弁護士一家
出典:時事ドットコムニュース

「坂本堤弁護士一家殺害事件」はオウム真理教の幹部6人が、オウム真理教問題に取り組んでいた坂本堤弁護士とその家族を殺害した事件です。坂本弁護士は1989年5月から教団の反社会性を批判していて、「オウム真理教被害者の会」を組織していました。

事件が起こったのは1989年11月4日で、教団のナンバー2だった村井秀夫や古くからの信徒のひとり新実智光らによって実行されました。動機としては翌年から予定されていた衆議院議員総選挙への出馬や、今後の教団運営の障害になると麻原が考えたためとされています。

松本サリン事件

松本サリン事件の現場
出典:東京新聞

「松本サリン事件」とは長野県松本市にあった裁判所宿舎を狙って、オウム真理教がサリンを散布した事件です。散布されたサリンが周辺の住宅街を襲い、8人が死亡し約600人が負傷しました。

当時松本市にあったオウム真理教支部の、立ち退きを巡って行われていた裁判を担当した判事の殺害を狙ったのが犯行動機です。

松本サリン事件で犯人扱いされた河野義行さん
出典:琉球新報Style

松本サリン事件で警察は第一通報者だった無実の河野義行さんを、犯人であるかのように取り扱いました。長野県警は杜撰な捜査から河野さんを重要参考人として取り調べ、マスコミは容疑者扱いで報道しています。誤解が解け真犯人が分かったのは、地下鉄サリン事件の後でした。

地下鉄サリン事件

地下鉄サリン事件の現場
出典:ニッポン放送NEWS

「地下鉄サリン事件」は1995年にオウム真理教が引き起こした、化学兵器によるテロ事件です。大都市の一般市民を狙って化学兵器が使用されるという、世界でも類を見ない凶悪な犯行は人々を震撼させました。

東京の地下を走る地下鉄の3路線5編成の車両の中でサリンが散布され、乗客や駅員ら14人が死亡し負傷者数は約6,300人にも上りました。また救助に当たった警察や消防、被害者の搬送先の病院のスタッフにも100人以上の二次被害者が出ました。

地下鉄サリン事件とは?経緯や目的、犯人まとめ【被害者の後遺症も紹介】
1 2

コメントを残す