小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

足利義栄はどんな人?生涯・年表まとめ【死因や家系図、子孫も紹介】

足利義栄(あしかが-よしひで)は、言わずと知れた室町幕府14代将軍です。義栄は将軍としての在職期間は短いものの、先代将軍を殺害され心の拠り所もない中、幕府内の人事整理や政所のトップを代々受け継いでいた伊勢氏を再興するなど、独自の幕府政治を行いました。

足利義栄
出典:Wikipedia

とはいえ、歴史的にも有名な足利義輝と足利義昭の間で将軍を務めたため、この記事を訪れた方の中には

「足利義栄ってどんな人?」
「足利義栄の功績についてが知りたい!」
「義栄は室町幕府にどんな影響与えたの?」

など、足利義栄への印象が薄く、実際にどんな人物だったのかを詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、足利義栄のことを調べていく内に有能さに気が付いた筆者が、義栄が残した功績や逸話、子孫の有無までさまざまな角度から足利義栄とはどのような人物だったのか迫ってみたいと思います。

足利義栄とはどんな人物か

名前足利義栄
役職室町幕府14代将軍
誕生日天文7年(1538)
没日永禄11年(1568)9月
生地阿波国那賀郡平島の平島館
没地阿波国
配偶者結城氏
埋葬場所徳島県阿南市西光寺

足利義栄の生涯をハイライト

「麒麟が来る」で一ノ瀬颯さん演じる足利義栄
出典:MANTAN WEB
  • 天文7年(1538):足利義維の長男として誕生
  • 永禄8年(1565):三好三人衆によって次期将軍候補として擁立される
  • 永禄9年(1566):阿波国(現在の徳島県)から摂津国(現在の大阪府)へ移る
  • 永禄11年(1568)2月:室町幕府14代将軍に就任
  • 永禄11年(1568)9月:持病の悪化により病死。31歳。

三好三人衆から支援を受けていた義栄

三好三人衆の1人・岩成友通
出典:Wikipedia

足利義栄は、天文17年(1538)に足利義維(あしかが-よしつな)の長男として阿波国で生まれます。この当時の室町幕府は、三好氏の台頭によって権力は地に落ちる寸前でした。

そんな中、永禄8年(1566)に義栄の従兄弟で室町幕府13代将軍・足利義輝が暗殺される永禄の変が起こります。室町幕府再興を目指した義輝を暗殺した三好三人衆は、堺公方と称されていた義栄の父・足利義維を次期将軍候補に考えますが、病気を患っていたため、除外。

足利義輝とはどんな人?生涯・年表まとめ【性格や最期についても紹介】

そこで義維の代わりとして将軍候補に挙がったのが、義栄でした。三好三人衆の支援を受けた義栄は将軍になるべく阿波国から京都へ上洛を目指しました。

三好三人衆とは
三好政権を築いた三好長慶の死後、政権を支えた三好長逸、三好宗渭、岩成友通の3人を指した呼称。3人とも三好一族の重鎮または重臣であり、主君の三好義継よりも権力を有していました。

義昭の対抗馬でもあった義栄

歴代室町幕府将軍の中で一番長命だった足利義昭
出典:Wikipedia

足利義栄の他に将軍になるべく上洛を目指していた人物がいました。それは足利義昭で、室町幕府15代将軍となった人物です。

義昭は、永禄の変の際に逃げることを手助けした松永久秀に助けられます。そして、織田信長から支援を受け、上洛を目指します。しかし、三好三人衆の働きで上洛計画が中止になったことにより、義栄が一足先に将軍宣下を受け、永禄11年(1568)に室町幕府14代将軍となりました。

足利義昭とはどんな人?生涯・年表まとめ【信長や光秀との関係、子孫も紹介】

政治力に長けていた義栄

ケチだった松永久秀
出典:Wikipedia

三好三人衆の支援を受けたことから、傀儡将軍と評価を受けている足利義栄。実のところ、そんなことはありませんでした。

永禄8年(1566)、三好三人衆が松永久秀と対立すると、久秀討伐令を出したり、将軍になった後には頼みにできる先代将軍や義栄の父・義維がいない中で、人事の整理を行ったりと、幕府政治の手腕や判断力に長けていました。

死因は腫物

足利義栄の腫物は背中にあった

足利義栄は永禄11年(1568)9月に、将軍就任からわずか半年ほどで亡くなっています。死因は昔から患っていた腫物の悪化が原因となりました。

義栄死後により、三好三人衆の勢力が弱まったことで義昭が上洛を経て、同年10月に室町幕府15代将軍となりました。

足利義栄の子孫

足利義栄は若くして亡くなったため、子どもはいません。しかし、義栄の弟・足利義助の血筋は現代まで続いていました。

義助の血統は、義助が阿波国平島で生まれたことから「平島公方」と呼ばれており、現当主の足利義弘さんで14代目となります。ちなみに義弘さんは全国足利氏ゆかりの会特別顧問を務められています。

足利義栄の功績

功績1「頼れる人物がいない中、幕府を整えた」

足利義栄の祖父にあたる足利義稙
出典:Wikipedia

足利義栄が将軍になった当初、室町幕府を支える幕臣は父の義維や義栄の祖父にあたる足利義稙に仕えた家臣たちで構成されていました。しかし、幕臣の数は非常に少ないこともあり、盤石ではありません。

また、頼みとする義維も病気を患い隠居していたため、発言力はなく危機的状況に陥っていました。そこで義栄は先代将軍・足利義輝に仕えていた幕臣たちの取り込みを図ります。幸いなことに、幕臣たちの領地は三好三人衆の勢力下に位置していたので、領地の安堵を条件に義栄の幕臣とすることを実行。

これには、武家の習わしや作法に知識のある大舘氏や小笠原氏が従いました。

功績2「伊勢氏を再興する」

政所のトップは執事と呼ばれている

室町幕府における財政と領地に関わる訴訟を担った役職・政所のトップは、伊勢氏が代々受け継いでいましたが、永禄5年(1562)を契機に摂津晴門が掌握している状態でした。

義栄は本来の政所に戻すべく、永禄5年(1562)に失脚した伊勢貞孝の孫・伊勢貞為を政所のトップとします。義栄の手腕により、伊勢氏宗家が再興されました。

功績3「傀儡としてではなく、将軍としての責任を果たした 」

三好三人衆と松永久秀の対立が功を奏した

足利義栄は三好三人衆の支援もあり、将軍となったことで傀儡のような扱いを受けていました。しかし、朝廷と意見を交えたり、問題を解決したりと将軍としての責任を果たしていました。

永禄10年(1567)に大徳寺と京都住民が対立した際は、義栄は派遣した幕臣と朝廷から派遣された公卿とで仲裁を行っています。また、石清水八幡宮の人事に介入して朝廷と対立もしていました。

義栄がこのようなことができた背景には、三好三人衆が対立中の松永久秀に集中して義栄に目がいかなかったことで、自由に発言できる要因となりました。

足利義栄の家系図・人物相関図

足利義栄の家系図
出典:この世は夢のごとくに候

足利義栄の父「足利義維」

義栄の父・足利義維
出典:fumi1202のブログ

足利義栄の父・足利義維は父に11代将軍・足利義澄を持ち、養父に10代将軍・足利義稙を持つ人物です。兄で12代将軍の足利義晴と対立していた義維は、大永7年(1527)の桂川の戦いで義晴を追放し、堺にいながら京都を支配しました。

義維は天文元年(1532)までの5年間京都を支配し、朝廷から次期将軍になることを約束されていたため、堺公方と呼ばれていました。

しかし、義維の後見人だった三好元長が細川晴元によって自害に追い込まれると事態は一変。阿波国へ移ります。

そして、義栄が将軍になった後は足利義昭と戦うべく摂津国にて準備しますが、義栄の死により、再び阿波国へ帰国。その後、天正元年(1573)に病死しました。

足利義栄の弟「足利義助」

義助の支援により、四国統一を果たした元親
出典:Wikipedia

足利義栄の弟・足利義助は天文10年(1541)に生まれました。義栄が上洛した際、義栄について行かずに阿波国平島に留まりました。

義助は義栄死後に上洛を試みますが、阿波国の武将・小笠原成助から妨害を受けたことで失敗に終わります。また、足利義昭京都追放後に再び上洛を試みますが、義栄を支援していた三好氏の勢力は弱まっており、上洛は出来ませんでした。

やがて、長曾我部元親が四国統一に乗り出すと、義助は元親を支援したことにより領地安堵を受けます。天正13年(1585)に蜂須賀家政が阿波国へ入ると、これまでの領地が減少し、冷遇されました。

1 2

コメントを残す