小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

意外!?新撰組の最強剣士ランキングTOP7【武勇伝や愛刀、剣術も紹介】

「新撰組で一番強かったのは誰?」
「最強の剣客を知りたい!」

新撰組は幕末に京都で、尊王攘夷運動の取り締まりをした部隊です。剣の達人が多く在籍し、圧倒的な強さで尊王攘夷運動するものや、不逞浪士を取り締まっていました。

腕に覚えがある人物が多く所属していた新撰組
出典:雷蔵ワールド

腕に覚えのある人ばかりの新撰組で、誰が一番強いのか気になるのではないでしょうか?ある程度想像になってしまいますが、新撰組を知っている人の証言や戦歴などを考慮して一番最強だったのが誰だったのか、この記事では考察してみます。

新撰組とは?成り立ちや活動内容、主要メンバーを解説【組織図付き】

新撰組で最強候補の剣客

新撰組には道場の師範・師範代クラスも在籍していた
出典:Wikipedia

新撰組で最強候補に上がりそうな人物を13名ピックアップしました。

  • 芹沢鴨(初代局長・神道無念流剣術師範代)
  • 近藤勇(次代局長・天然理心流4代目宗家)
  • 土方歳三(副長・天然理心流中目録)
  • 伊東甲子太郎(参謀・伊東道場の師範)
  • 沖田総司(一番隊組長・天然理心流と北辰一刀流免許皆伝・新撰組四天王・撃剣師範)
  • 永倉新八(二番隊組長・神道無念流免許皆伝・新撰組四天王・撃剣師範)
  • 斎藤一(三番隊組長・吉田道場師範代・新撰組四天王・撃剣師範)
  • 藤堂平助(八番隊組長・新撰組四天王)
  • 服部武雄(二刀流の使い手)
  • 田中寅三(撃剣師範)
  • 荒井忠雄(撃剣師範)
  • 吉村貫一郎(鹿島新当流高弟・撃剣師範)
  • 池田小三郎(一刀流の使い手・撃剣師範)

の13名です。まず「近藤」・「土方」・「伊東」は局長などの役職がついていますが、やはり強くないと隊員はついてこないはずです。局長は道場の師範や師範代クラスが務めています。土方の肩書は中目録(一人前の実力を証明)ですが、路上での実戦が非常に強かったそうです。

土方歳三とはどんな武士?生涯・年表まとめ【死因や性格、エピソードについても紹介】
土方歳三は目つぶしや首絞め等型にとらわれない戦法を得意としていたそうだ
出典:Wikipedia

そして撃剣師範は剣を教えるポジションなので強かったことが想定できます。同時に隊の組長を務めていた「沖田」・「斎藤」・「永倉」の3名は特にでしょう。

新撰組四天王の一人永倉新八(前列中央)
出典:Wikipedia

やはり十番まである新撰組の一から三の組長は強い人を選ぶはずです。後の4名は詳細が分からない人物も多いですが、撃剣師範になるからにはやはり強かったと考えられます。

また藤堂・服部は後年の証言者が強い剣の使い手として名を挙げています。藤堂は「新撰組四天王」の一人に選ばれており、服部武雄は永倉が「一番の使い手」と明治時代に評した人物です。

最強を選ぶ上での根拠・史実

最強を選ぶ上で参考になるのはやはり知っている人の証言でしょう。新撰組を知る人の証言をまとめてみました。

元新撰組隊員の証言

斎藤一は討ち入りの時もかすり傷一つついていなかったといわれている
出典:Wikipedia

新撰組の隊士だった阿部十郎が後に、

「沖田総司、これがまあ勇の一番弟子で、なかなかよく仕いました。その次は斎藤一と申します。それから是は流派が違いますが、永倉新八という者がおりました。この者は沖田よりもちと稽古が進んでおりました。」

1に永倉、2に沖田、3に斎藤の名を挙げています。また生き残った一人である永倉は、「沖田は亡者の剣、斎藤は無敵の剣」と評しています。永倉本人が自分を褒めないだけで、やはり沖田・永倉・斎藤は強かったというのはゆるぎない事実と考えられそうです。

服部は二刀流の使い手だったという
出典:Wikipedia

また永倉は隊で1,2を争う使い手として「服部武雄」の名前を挙げています。そして沖田については、

「土方・井上・藤堂・山南は竹刀を持てば子供扱いされた。恐らく本気で立ち合えば師匠の近藤も敗れるだろうと皆言っていた」

と話しています。二人の証言を纏めると、永倉・沖田・斎藤・服部の4名が強いと感じていたようです。

新撰組の生き残り8人を紹介!残された家族の様子や子孫の有無も解説

屯所住人の証言

新撰組が屯所にしていた八木邸
出典:Wikipedia

新撰組の屯所となった八木邸の御子息・八木為三郎は永倉を隊中で、1,2を争う使い手といっています。また同じく屯所になった西本願寺の侍臣であった西村兼文は沖田と藤堂を、

「(沖田は)近藤秘蔵の部下にして、局中第一等の剣客なり」
「(藤堂は)経済に達し、撃剣を能くす」

といっています。纏めると永倉・沖田・藤堂が強いということです。

新撰組の目撃者の証言

小山は油小路事件の目撃者だった
出典:Wikipedia

桑名藩士小山正武という人が、いくつか証言を残しています、内容は、

  • 藤堂平助も有名の智勇ともに秀でている人
  • 永倉・沖田・斎藤・藤堂が新撰組四天王と呼ばれていた
  • 新撰組多しといえど服部武雄に敵するものなどいない

というものです。特に服部は二刀流を奮って活躍した話を残しています。

新撰組の最強剣客TOP7

誰が一番強いかを考察してみた

証言や役職・実績などを総合して、順位付けしてみました。著者の主観も入っているのでその点はご留意、ご了承いただけたら幸いです。新撰組メンバーの詳しいプロフィールは下記のリンクをご参照ください。

新撰組の主要メンバーを組織図・写真付きで紹介【性格や愛刀も解説】

第7位:藤堂敬助

アニメの藤堂敬助
出典:ガルスタ・オンライン

新撰組四天王にも選ばれ、屯所住人が強いと太鼓判を推していたものの、撃剣師範になっていなかったので、この順位に留めました。ただし文武両道であったといい、剣の腕だけでなく経済感覚も抜群だったという将来有望だった凄い剣士です。

第6位:伊東甲子太郎

伊東甲子太郎
出典:Wikipedia

伊東道場の師範をしていたことと、神道無念流を恐れた新撰組がわざわざ酔わせて襲撃しているあたりからも強いと考えられるためにランクインしました。新撰組に入隊したときに参謀というビップ待遇で入隊したことからも実力が想定できます。

第5位:服部武雄

二刀流だけでなく柔術も出来たという
出典:Wikipedia

隊でも1,2を争うと証言もあり、難しい二刀流の使い手です。剣術だけでなく槍術・柔術も長けていたといいます。そして油小路事件では、服部一人に対して新撰組40~50人で戦い奮闘したというために間違いなく強いはずです。最後は両手に刀を持ったまま、敵に背を向けず大の字で死亡していたと目撃した人が証言しています。

第4位:斎藤一

無敵の剣といわれた斎藤一
出典:Wikipedia

斎藤一は4位になりました。新撰組で一番人を斬った人間ではあるのですが、沖田や永倉の評価が高い証言が多いので4位になっています。ただし、影仕事の新撰組の中でもひと際影で活躍した人物なので証言が少ないだけかもしれません。実際に撃剣師範を務め、討ち入りの時も怪我一つせず活躍していたといいます。

第3位:近藤勇

近藤勇、やはり隊を率いる局長は強い人でないと務まらないのだろう
出典:Wikipedia

やはり新撰組の局長であり、天然理心流の4代目宗家の剣客でもある近藤がランクインしました。実戦に強く、新撰組を一躍有名にした「池田屋事件」でも「死番」として突撃し、多くの死傷者が出て刀がぼろぼろになった人が多い中近藤は、

「当時用ゐたる刀は御承知の新刀虎徹に御座候。劇戦の際、或は折れはせずやと懸念候処、中々折れる処では無之、見事十五人の胴骨を料理して、少しの撓みも無く」

と言っており15人を倒し、愛刀は折れもせず鞘に治まったといいます。誇張もあるかもしれませんが、それでも間違いなく強かったということでしょう。

新撰組局長!近藤勇とはどんな武士?生涯・年表まとめ【性格や死因についても紹介】

第2位:沖田総司

沖田総司は多くの人が強かったといっている
出典:ミドルエッジ

一番過酷な仕事をする一番隊組長であり、永倉や阿部の証言から2位となりました。本気で戦うと師である近藤よりも強かっただろうと隊の人間が噂をしていたといい、「三段突」という常人では出来ないような得意技を持っていました。また屯所の人間も一番強かったといっているために、証言の多さからも1,2を争う強さを持っていたのは間違いなさそうです。

沖田総司とはどんな人?愛刀や死因、子孫、イケメン説も紹介【年表付】

第1位:永倉新八

がむしゃらに敵に向かうため「がむしん」と綽名される勇猛さだったらしい
出典:幕末ガイド

阿部と八木邸の人が一番強かったといっていたために1位となりました。池田屋事件でも近藤たちと共に突入する4人の1人に選ばれ、二番隊の組長を任され撃剣師範も務めています。一番隊組長は近藤と同じ天然理心流の沖田が務めているので、神道無念流だった永倉が二番隊隊長になったのでしょう。

ですので二番隊の組長の永倉は、沖田と同等かそれ以上と推察できます。元新撰組の阿部も永倉の稽古が進んでいたと証言し、多くの死線を潜り抜けて明治を生きたところも間違いなく強かったことがわかります。

【番外編】槍・柔術の使い手たち

長いため槍の使い手を剣で倒すのは非常に困難らしい
出典:Wikipedia

新撰組は剣客だけでなく、槍や柔術を得意とする人が在籍していました。そんな剣以外を得意としていた隊員を紹介します。

原田左之助

アニメの原田左之助
出典:JapaneseClass.jp

種田流槍術を免許皆伝の腕前だったそうです。十番隊の組長として、池田屋事件や油小路事件など多くの事件に参加し活躍しています。油小路事件で服部に致命傷を与えたのが、原田の槍だったといいます。原田も実戦で多く活躍しているのには、槍という実用的な武器を駆使しての戦闘の結果ではないでしょうか。

松原忠司

ゲームでの松原忠司
出典:Seesaawiki

四番隊組長で、柔術師範も務めていました。新撰組入隊前は、北辰心要流柔術の道場を開いていたといいます。柔術とは別に棒術も教えていたそうです。そのため戦闘は薙刀を使っていたといいますが、柔術も身につけていたならば、相手を取り押さえるなど戦闘でも能力を発揮したのかもしれません。

新撰組最強は誰かに関するまとめ

今回新撰組の最強は誰だったのかということに焦点を絞って執筆しましたが、色々な証言を分析したりしてなかなか楽しい執筆となりました。書いている感想として、多くの腕に覚えがある人物たちの集まりだったのだなと驚いています。

今も私たちにロマンを与えてくれる新撰組の最強は誰だったのか?一つの意見として楽しんで頂けたならば嬉しく思っております。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す