小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

芥川龍之介とはどんな人?生涯・年表まとめ【性格や友人関係、死因について紹介】

芥川龍之介は、主に大正時代から昭和初期にかけて、多くの作品を残した小説家です。

短編小説の名手として、現在も広く名が知られ、「日本の文豪と言えば?」という質問があれば、彼の名前が上がらないことはまずないでしょう。

芥川龍之介

古典文学をオマージュした作風と、人間の醜い部分を克明に描く筆力を持ち味としており、『今昔物語集』『宇治拾遺物語』などのエピソードを、現代的に翻案した作品を数多く残しています。また、話の筋が分かりやすく、教育的な児童小説も残していて、特に『羅生門』『蜘蛛の糸』あたりは、現在でも教科書などの教育現場で親しまれています。

教育的で芸術至上主義的な作品や、人間が生きていくうえで、必ず付きまとってくる苦悩、あるいは人のエゴイズムや欲望を主題とした作品を、その鋭敏な感性と教養をもって数多く残した芥川。

繊細な性格だった芥川龍之介

そんな作風に違わず、一人の人間としての芥川は、とても繊細な人物であったらしく、ともすれば繊細すぎてメンドクサイ人物でもあったようです。その心根の繊細さが祟った故に、最後には自殺によってこの世を去ってしまうのですから、本当に細やかな感性を持った人物だったのでしょう。

そんな繊細な心に伴う視点から、「人の本質とは何か?」「生きるとは何か?」という、現在にも通じる普遍的な命題を問う作品を残し、若くしてこの世を去っていった文豪、芥川龍之介。

この記事では、そんな彼の生涯や、彼の残した人間的なエピソードについて、迫っていきたいと思います。

※本記事では、文章の読みやすさの観点から、名を「芥川」もしくは「龍之介」で統一させていただきますので、ご留意ください。

芥川龍之介とはどんな人?

名前芥川龍之介
誕生日1892年3月1日
生地東京府東京市・京橋区入船町8丁目(現在の東京都中央区・明石町)
没日1927年7月24日(享年35歳)
没地東京府・田端(現在の東京都北区・田端)
埋葬場所東京都豊島区巣鴨、慈眼寺
配偶者芥川文(あくたがわふみ)

芥川龍之介の生まれや性格は?

芥川龍之介生誕の地、京橋

芥川龍之介は、東京の京橋区入船町8丁目で牛乳の製造と販売業を営む、新原敏三(にいはらとしぞう)と、その妻であるフクの間に生まれました。姉が二人いたようですが、一番上の姉は、龍之介が生まれる1年前に病死。そのため、生後間もなくは家族4人で暮らしていたようです。

しかし、龍之介が生後7か月の頃、一番上の姉の死の悲しみに暮れたままの母が、突如として精神に異常をきたし発狂。幼い龍之介は母の実家、芥川家へ預けられ、伯母であるフキによって育てられることになります。フキは教育熱心な人物であったらしく、そんな彼女に教育を受けた龍之介も、文句のつけようがない程に賢い子供として成長していきました。

そして、龍之介が11歳の頃に、生母であるフクが死去。龍之介は叔父である芥川道章(あくたがわみちあき)に養子として引き取られ、それまでの“新原”姓から、“芥川”姓へと変わりました。

この頃の経験は、賢いが、それ以上に繊細な少年であった龍之介に大きく深い影響を与えたようで、彼は終生「頑張らねば見捨てられてしまう」という強迫観念に突き動かされるように生きることとなってしまいます。

芥川龍之介はどんな性格だった?人柄の分かるエピソードを紹介

芥川龍之介の文学的傾向は?

芥川龍之介全集

先述した通り、芥川の書く作品は短編作品が多いです。あまり時間を掛けずに手軽に読むことができる点も、芥川の作品が現在も愛される理由の一つなのかもしれません。

そんな芥川の描く題材は、割合一貫しており、彼は主に「人間のエゴイズム」「人間の醜さ」を、物語に絡めつつ繊細に描いた作品を数多く残しました。『羅生門』や『蜘蛛の糸』『地獄変』等の作品には、特にその色が濃く出ています。

他にも『今昔物語集』や『宇治拾遺物語』など、古典作品の一節をモチーフにした作品も多く見られます。その傾向は、特に『羅生門』や『鼻』、『芋粥』など、芥川の初期の作品に強く見られ、芥川の教養とユーモアを窺い知ることができるでしょう。

また、芥川は物語そのものよりも、文学的な技巧や表現技術を重視する作家だったようで、実際、現在の評価として「芥川の作品は、どこを切り取っても(最後まで読まなくとも)美しい」と評価されることがあります。

現実に根差した人間の本質を、繊細な文章と物語によって描いた芥川。そんな彼の作風は、当時の流行であった、理想的かつ個人主義的な「白樺派」と対極に位置する「新現実主義文学」として、人々から親しまれたようです。

芥川龍之介の友人関係は?

久米正雄らと写る芥川(右から2番目。久米は1番左)

繊細過ぎるほど繊細な人物であった芥川ですが、一方で友人は多かったようです。

中でも、高校時代の同期だった面々とは、晩年まで交流する親友関係だったと記録されています。とりわけ、同期生である作家の久米正雄(くめまさお)や菊池寛(きくちかん)らと共に取材旅行に出かけるなど、親しく交流していた様子が伝わっています。

また、画家の小穴隆一(おあなりゅういち)とも、親友とも呼べるほど仲のいい間柄であったようです。

さほどのエピソードが残っているわけではないのですが、芥川は自身の遺書で子供たちに対し「小穴くんを父親だと思いなさい」と、妻である文には「小穴くんには心配を掛けたくないから、僕が絶命した後に僕の死を知らせるように」と書き残しています。死に際しての友人への思いと、小穴に対する芥川からの信頼が読み取れる文章となっていますので、皆さまも是非一度お読みになってみてください(青空文庫にて無料で読めます)。

また、同期生ではない作家仲間としては、『痴人の愛』などに代表される、エロティシズムに満ちた作品の名手、谷崎潤一郎と親交があったことが伝わっています。

芥川と谷崎夫妻、それから佐藤春夫(さとうはるお)夫妻の5人で芝居を見に行ったという話が残っていますが、そのエピソードと同じ時期に、いわゆる「文学論争」と呼ばれる、芥川と谷崎の論争も記録されています。そのため、単純な友人関係と言うよりは、お互いを高め合うライバルのような関係性だったのかもしれません。

上記の「文学論争」については、年表で詳しく取り上げさせていただきます。

芥川龍之介の女性関係は?

女性の影が絶えなかった芥川

現在でも作品が広く知られ、それに伴って顔写真も知られている芥川。写真に写る際の独特のポーズが印象的ですが、その容姿も、現代基準で「イケメン」と評価できそうなくらいに整っています。

整った容姿を持つ、押しも押されぬ人気作家。そんな芥川を女性たちが放っておくはずもなく、彼の周りには女性が絶えなかったようです。このあたりは、後に芥川の影響を受ける作家、太宰治と似ていますね。

また、女性に対して高い理想を持っていたことも明らかになっており、結婚前は「頭のいい女性とは幸せになれない」と口にしていましたが、結婚後はその主張が一変。「教養のある女性と知識を共有したい」と浮気をしていたことが伝わっている事など、中々面倒なタイプの男性であったことが記録から読み取れます。

芥川龍之介が影響を受けた・与えた人物は?

芥川が影響を受けた人物としては、やはり夏目漱石が有名でしょう。芥川は漱石のことを「先生」と呼び慕っていたようで、作品の中にもたびたび漱石の名前や、漱石と思しき人物を登場させています。

そのエピソードからだけでもわかるように、芥川からの漱石へのリスペクトは中々に凄まじかったようで、芥川が若手作家だった当時、漱石が開いていた「木曜会」と呼ばれる作家仲間の会合では、万が一にも漱石の機嫌を損ねることが無いように、ずっと漱石の顔色伺いをしていたというエピソードが残っています。

また、芥川が作家としてデビューしたてで、自分の作品に自信を持てていなかったころ、漱石に作品『鼻』を絶賛されたことで一転、自分の作品に自信を持ったというエピソードも残っています。尊敬する人から褒められるのは嬉しい事ですが、ちょっと単純すぎるような気も……。

また、「話の筋より文章技巧を優先する」という彼の文学論に基づいては、ジュール・ルナールと志賀直哉(しがなおや)を「話らしい話のない、もっとも純粋な小説の名手」として絶賛しています。また、志賀直哉に対しては、単純に「好きな作家」として名前を挙げています。

反対に、芥川が多大な影響を与えた人物としては、やはり太宰治が有名です。

熱狂的な芥川フリークだった太宰は、学生時代のノートに芥川の名前や似顔絵を何度も書き、更に自分のペンネームを、芥川の名前と並べる形で考案していたことが明らかになっています。

また、芥川の自殺報道に関しても、太宰は「作家はこのように死ぬのが本当だ」と口にしたとされています。後の破滅的な大作家、太宰治の骨子は、もしかすると芥川が意図せずに作り上げてしまったものなのかもしれません。

もっとも、芥川の自殺に影響を受けたのは太宰だけでは無いようで、芥川の自殺報道の後、後追いで自殺をする「芥川宗」と呼ばれる若者たちが大きな社会問題になったことも記録に残っています。

芥川龍之介と太宰治の関係がよくわかる3つの逸話・エピソード

芥川龍之介の死因は?

睡眠薬の大量服薬による自殺

芥川の死が、睡眠薬を大量に服薬したことによる自殺だという事は有名ですが、その自殺の直接的な原因については、現在も様々な説が囁かれています。

芥川の遺書には「将来に対する、ただ漠然とした不安」が自殺の原因であると書き記されていますが、この頃の芥川の周辺では、「漠然とした不安」の原因と成り得る出来事が数多く起こっていたため、正確な原因の特定は出来ないようです。

原因として有力だと言われているものとしては、患っていた神経衰弱、腸カタル、不眠症の悪化による肉体的、精神的な苦痛の悪化。放火と保険金詐欺の嫌疑を掛けられた義兄が自殺したことにより、義兄の家族の面倒や、義兄の残した借金を背負わなければならなくなっていたことによるプレッシャーがあげられます。

また、芥川は自殺の直前に、家族や友人たちに対して自殺することをほのめかしていたとされており、実際は早期に発見してもらうつもりの狂言自殺だったが、発見が遅れたために本当に死ぬ結果となってしまった、と言う説も存在しています。

新潮文庫『河童・或阿呆の一生』

しかし、芥川の晩年の作品『河童』には、晩年の芥川の厭世的な気質が色濃く映し出されているほか、親友である久米正雄にあてた遺書には、自殺の場所や手段が具体的に書かれたうえで「2年ほどの間、死について考え続けた」「死ぬための薬品を手に入れる手段を考え、実行した」という趣旨の文言が書かれているため、芥川の自殺は計画的なことだったと考える方が自然です。

ともかく、そうして35年という若さで唐突に世を去り、その生涯を終えた芥川。彼の命日は、彼の晩年の作品にちなんで「河童忌」と呼ばれ、現在でも各地で芥川関連のイベントが開かれています。

芥川龍之介の死因は?その真実や理由、周りに与えた影響も解明

芥川龍之介の名言は?

「幸福とは、幸福を問題にしない時をいう。」

芥川の幸福論。この言葉を受けてから「幸福ってなんだ?」と考えてみると、確かにこれ以上の幸福はないような気がします。

「自由は山巓の空気に似ている。どちらも弱い者には堪えることは出来ない。」

芥川の自由論。自由と言うものの本質を見事に言い表し、「山嶺の空気」という文学的な修飾を加えた、お見事な言葉です。現代を生きる我々は果たして本当に自由なのか?少し考えてみたくなりますね。

「人間は時として、満たされるか満たされないかわからない欲望のために一生を捧げてしまう。その愚を笑う人は、つまるところ、人生に対する路傍の人に過ぎない。」

芥川の人生論その1。満たされるか満たされないかわからない欲望――つまりは夢を追う人は、時として愚かに見えることもあります。しかしそれを笑う人は、夢追い人にとってはただの路傍の誰かさんに過ぎないのです。

「人生の競技場に踏みとどまりたいと思ふものは、創痍を恐れずに闘はなければならぬ。」

芥川の人生論その2。生きるためには戦うしかないという、現代にも通じる一言。現代では『進撃の巨人』等で語られる人生論ですが、この時代では芥川がそのような考えを持っていたようです。

「正義は武器に似たものである。武器は金を出しさえすれば、敵にも味方にも買われるであろう。正義も理屈さえつけさえすれば、敵にも味方にも買われるものである。」

芥川の正義論。正義の反対は悪ではなく、また別の正義だというお話です。軍が強権を振りかざし、「正義と悪」という二元論が横行した時代においての、芥川の鋭い知見が見える一言です。

1 2 3

コメントを残す